フレイニャのブログ

new!!→【ガチ英文法解説】カテゴリ創設! 元鉄緑会社員兼講師の英語・ゲームブログです。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

ローランの歌

ローランの歌(27)

北アフリカのマルガニス(マルシルのおじのカリフ)にオリヴィエが致命傷を負わされた「ローランの歌(26)」の続きです。 CXLIX(149) You'd seen Rollant aswoon there in his seat, And Oliver, who unto death doth bleed, So much he's bled, his eyes are…

ローランの歌(26)

マルシル王がジェラールらを討ち取るも,ローランに右手を斬られ,息子も討ち取られた「ローランの歌(25)」の続きです。なおこの版では143連目ですが,最後の連(スタンザ)はCCXCI(291)です。まだ結構あるんですね。 CXLIII(143) But what avail? Though fl…

ローランの歌(25)

満身創痍でローランが角笛を吹き,ガヌロンが裏切り者として捕らえられた「ローランの歌(24)」の続きです。 CXXXVIII(138) High were the peaks and shadowy and grand, The valleys deep, the rivers swiftly ran. Trumpets they blew in rear and in the v…

ローランの歌(24):角笛の轟音/料理長によるガヌロンへの制裁

援軍を請う角笛を吹くかどうかでローランとオリヴィエが喧嘩をする「ローランの歌(23)」の続きです。「角笛の轟音」「料理長による……」ははてなブログのAIが考えてくれたタイトルです。 CXXXIII(133) Rollant hath set the olifant to his mouth, He grasps …

ローランの歌(23)

テュルパン大司教がアビームを討ち取り,フランク兵たちが奮戦している「ローランの歌(22)」の続きです。 CXXVIII(128) The count Rollant great loss of his men sees, His companion Olivier calls, and speaks: "Sir and comrade, in God's Name, That yo…

ローランの歌(22)

マルキアンにジェラン,ジェリエ,ベランジェらが討たれ,ローランがマルキアンを討ち取った『ローランの歌(21)』の続きです。 CXXIII(123) Marvellous is the battle in its speed, The Franks there strike with vigour and with heat, Cutting through wr…

ローランの歌(21)

カリムポリンにアンジェリエが討たれ,ヴァルデブロンにサンソンが討たれた『ローランの歌(20)』の続きです。 CXVII The count Rollanz, when Sansun dead he saw, You may believe, great grief he had therefor. His horse he spurs, gallops with great e…

ローランの歌(20)

ローラン軍がサラセン軍10万のうち9万8千以上を討ったという「ローランの歌(19)」の続きです。本格的な大軍がやって来ます。 CXII (112) King Marsilies along a valley led The mighty host that he had gathered. Twenty columns that king had numbered. …

ローランの歌(19)

アンジェリエ,オテ,ベレンジェが敵将を討ちとり,ローラン,オリヴィエがもう一度敵将を討ち取った「ローランの歌(18)」の続きです。 CVII (107) Then Oliver has drawn his mighty sword As his comrade had bidden and implored, In knightly wise the b…

ローランの歌(18)

ローラン,オリヴィエ,テュルパン,ジェラン,ジェリエ,サンソン,アンセイスが敵将を一人ずつ討ち取った「ローランの歌(17)」の続きです。あとオテ,ベレンジェ,(老)ジェラール,アンジェリエ,ゴーティエ(シャルル軍),エスクレミズ,エストルガン…

ローランの歌(17)

大司教テュルパンがフランク兵たちの告解を聞き,ローランが兵たちを勇気づけた「ローランの歌(16)」の続きです。 XCII Speaks Oliver: "No more now will I say. Your olifant, to sound it do not deign, Since from Carlun you'll never more have aid. H…

ローランの歌(16)

援軍要請することをローランが頑なに断った「ローランの歌(15)」の続きです。 LXXXVII Pride hath Rollanz, wisdom Olivier hath; And both of them shew marvellous courage; Once they are horsed, once they have donned their arms, Rather they'd die t…

ローランの歌(15)

マルシル王の軍勢が迫る音をローランたちが聞いた「ローランの歌(14)」の続きです。 LXXX (80) Oliver mounts upon a lofty peak, Looks to his right along the valley green, The pagan tribes approaching there appear; He calls Rollanz, his companion…

ローランの歌(14)

マルシル十二将の紹介が始まった「ローランの歌(13)」の続きです。 LXXII (72) An admiral is there of Balaguet; Clear face and proud, and body nobly bred; Since first he was upon his horse mounted, His arms to bear has shewn great lustihead; In…

ローランの歌(13)

ローランと11の将,2万の兵が戦闘準備を始めた「ローランの歌(12)」の続きです。 LXVI (66) High are the peaks, the valleys shadowful, Swarthy the rocks, the narrows wonderful. Franks passed that day all very sorrowful, Fifteen leagues round the…

ローランの歌(12)

ガヌロンの報告を受けてカール大帝がアーヘンに向けて出発した「ローランの歌(11)」の続きです。 LIX (59) The count Rollanz hath heard himself decreed; Speaks then to Guenes by rule of courtesy: "Good-father, Sir, I ought to hold you dear, Since…

ローランの歌(11)

ガヌロンがマルシル王の妃たちから私的な贈り物を貰い,シャルルへの貢物も預かってシャルルの下に帰還した「ローランの歌(10)」の続きです。 LIV (54) In morning time is risen the Emperere, Mattins and Mass he's heard, and made his prayer; On the g…

ローランの歌(10)

ガヌロンがマルシル王にローランとオリヴィエの謀殺を持ちかけた「ローランの歌(9)」の続きです。 XLVI (46) Said Marsilie — but now what more said they? — "No faith in words by oath unbound I lay; Swear me the death of Rollant on that day." Then…

ローランの歌(9)

ガヌロンがカール大帝の書簡をマルシル王に読ませた「ローランの歌(8)」の続きです。 XL (40) Then says Marsile "Guenes, the truth to ken, Minded I am to love you very well. Of Charlemagne I wish to hear you tell, He's very old, his time is near…

ローランの歌(8)

ランキング参加中受験英語ブログ ガヌロンがブランカンドランに連れられてマルシル王の前にやって来た「ローランの歌(7)」の続きです。 XXXIV King Marsilies is turn'ed white with rage, His feathered dart he brandishes and shakes. Guenes beholds: hi…

ローランの歌(7)

ガヌロンがブランカンドランと交渉を始めた「ローランの歌(6)」の続きです。 XXIX Says Blancandrins "Gentle the Franks are found; Yet a great wrong these dukes do and these counts Unto their lord, being in counsel proud; Him and themselves they…

ローランの歌(6)

カール大帝の義弟でローランの継父であるガヌロンがマルシル王の下へ行くことに決まった「ローランの歌(5)」の続きです。 XXIV Then says the King: "Guenes, before me stand; And take from me the glove, also the wand. For you have heard, you're chos…

ローランの歌(5)

マルシル王の降伏を受け入れるかで会議をしていた「ローランの歌(4)」の続きです。 XVIII "My lords barons, say whom now can we send To th' Sarrazin that Sarraguce defends?" Answers Rollanz: "I might go very well." "Certes, you'll not," says Oli…

ローランの歌(4)

ミュルグレスはガヌロンの剣だ マルシル王からの降伏の使者を受けて,カール大帝が側近たちを集めた「ローランの歌(3)」の続きです。 XIII "My Lords Barons," says the Emperour then, Charles, "King Marsilies hath sent me his messages; Out of his wea…

ローランの歌(3)

マルシル王の使者たちがカール大帝のもとに到着した「ローランの歌(2)」の続きです。 IX The foremost word of all Blancandrin spake, And to the King: "May God preserve you safe, The All Glorious, to Whom ye're bound to pray! Proud Marsilies this…

ローランの歌(2)

ブランカンドランがサラセンのマルシル王に対し,カール大帝への降伏を勧めている「ローランの歌(1)」の続きです。 IV Says Blancandrins: "By my right hand, I say, And by this beard, that in the wind doth sway, The Frankish host you'll see them al…

ローランの歌(1)

『北欧神話(Asgard Stories)』『クー・フーリン:アルスターの猟犬』『アーサー王と騎士達』に引き続き,4冊目の本はフランスの武勲叙事詩『ローランの歌』を訳していきたいと思います。幾つか注意点がございますが,先ずはこの物語を選んだ理由としての…