フレイニャのブログ

new!!→【ガチ英文法解説】カテゴリ創設! 元鉄緑会社員兼講師の英語・ゲームブログです。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

ローランの歌(27)

北アフリカのマルガニス(マルシルのおじのカリフ)にオリヴィエが致命傷を負わされた「ローランの歌(26)」の続きです。

CXLIX(149)

  You'd seen Rollant aswoon there in his seat,
  And Oliver, who unto death doth bleed,
  So much he's bled, his eyes are dim and weak;
  Nor clear enough his vision, far or near,
  To recognise whatever man he sees;
  His companion, when each the other meets,
  Above the helm jewelled with gold he beats,
  Slicing it down from there to the nose-piece,
  But not his head; he's touched not brow nor cheek.
  At such a blow Rollant regards him keen,
  And asks of him, in gentle tones and sweet:
  "To do this thing, my comrade, did you mean?
  This is Rollanz, who ever held you dear;
  And no mistrust was ever us between."
  Says Oliver: "Now can I hear you speak;
  I see you not: may the Lord God you keep!
  I struck you now: and for your pardon plead."
  Answers Rollanz: "I am not hurt, indeed;
  I pardon you, before God's Throne and here."
  Upon these words, each to the other leans;
  And in such love you had their parting seen.

ローランが鞍の上で気を失うのを見ただろう。そしてオリヴィエは血を失いすぎた。血を失いすぎて,目はぼんやりとかすむ。視界は近くも遠くもはっきりせず,目に入る人間も認識できない。彼の親友が近づいてくると,金で宝飾された彼の兜を攻撃し,鼻当ての所まで斬り下ろす。しかし彼の頭は斬られていない。額も頬も無事だ。そんな攻撃を受けローランは彼を睨みつける。そして彼に優しい声で問いかける。「こんな事をするなんて,友よ,どうしたんだ? ローランだよ。ずっと君の味方だった。僕らの間には何の誤解もなかった」

オリヴィエは言う。「ああ君の声が聞こえる。君が見えないのだ。主が君を守らんことを! 君を斬ってしまった。君の許しを請いたい」

ローランは答える。「実際傷は受けていない。神の御前で君を許そう」

こう語り合うや否や二人はもたれ合う。こんなに想い合って彼らは別れるのだ。

aswoon と swoon「失神する」の関係は awake と wake の関係でしょう。

CL

  Oliver feels death's anguish on him now;
  And in his head his two eyes swimming round;
  Nothing he sees; he hears not any sound;
  Dismounting then, he kneels upon the ground,
  Proclaims his sins both firmly and aloud,
  Clasps his two hands, heavenwards holds them out,
  Prays God himself in Paradise to allow;
  Blessings on Charles, and on Douce France he vows,
  And his comrade, Rollanz, to whom he's bound.
  Then his heart fails; his helmet nods and bows;
  Upon the earth he lays his whole length out:
  And he is dead, may stay no more, that count.
  Rollanz the brave mourns him with grief profound;
  Nowhere on earth so sad a man you'd found.

オリヴィエは今や死の苦痛がのしかかるのを感じる。頭の中で目が泳ぐ。何も見えない。何の音も聞こえない。それで馬を降り,地面に跪き,自らの罪をしっかりと声に出して述べる。両手を握りしめ,天に向かって突き出し,楽園に送られるよう神に祈る。シャルルと甘美なフランスに祈りの言葉を述べる。そして絆を結んだ盟友ローランにも。それから彼の魂は挫ける。彼の兜が項垂れる。地面の上に手足を伸ばして横たわる。そして彼は息を引き取る。かの伯爵はもうこの世にはいない。

勇敢なローランは深く悲しんで彼の死を悼む。これ程の悲しみに暮れる男がいただろうか。

CLI

  So Rollant's friend is dead whom when he sees
  Face to the ground, and biting it with's teeth,
  Begins to mourn in language very sweet:
  "Unlucky, friend, your courage was indeed!
  Together we have spent such days and years;
  No harmful thing twixt thee and me has been.
  Now thou art dead, and all my life a grief."
  And with these words again he swoons, that chief,
  Upon his horse, which he calls Veillantif;
  Stirrups of gold support him underneath;
  He cannot fall, whichever way he lean.

そうやって彼の友は息を引き取り,それを見ると彼は地面に顔を付け,歯で土を噛み,とても優しい言葉で悼み始める。

「不運なことだ友よ,君は実に勇敢だった! 君と何日も何年も過ごしてきた。君と僕の間は良い事ばかりだった。君がいなくなったら僕の人生は悲しみだけだ」

こう言って彼は再びヴェイヤンティフと呼ぶ馬の上で気を失う。金の(あぶみ)が彼を支える。どちらに傾こうとも彼は落ちることはできない。

twixt, betwixt は between の古語です。

Veillantif「ヴェイヤンティフ,ヴェイランティフ」はローランの馬です。

stirrup(s)「鐙」は馬に乗るとき足を掛けるものです。「スティラップ」のような発音です(/stɪrəp/)。ニコイチなので基本複数形ですね。ラルフローレンの時計「スティラップ」はこれに由来します。

↓この記事のアイキャッチ画像は以下の記事にあります

ja.wikipedia.org

www.fashion-press.net

・「落ちることができない」(cannot fall)についてはもう一つのバージョンでも cannot fall です。本当は地面にばったり倒れたいほどショックを受けているが,鐙のせいで地面に落ちることもできないということでしょうか。

CLII

  Soon as Rollant his senses won and knew,
  Recovering and turning from that swoon.
  Bitter great loss appeared there in his view:
  Dead are the Franks; he'd all of them to lose,
  Save the Archbishop, and save Gualter del Hum;
  He is come down out of the mountains, who
  Gainst Spanish men made there a great ado;
  Dead are his men, for those the pagans slew;
  Will he or nill, along the vales he flew,
  And called Rollant, to bring him succour soon:
  "Ah! Gentle count, brave soldier, where are you?
  For By thy side no fear I ever knew.
  Gualter it is, who conquered Maelgut,
  And nephew was to hoary old Drouin;
  My vassalage thou ever thoughtest good.
  Broken my spear, and split my shield in two;
  Gone is the mail that on my hauberk grew;
  This body of mine eight lances have gone through;
  I'm dying. Yet full price for life I took."
  Rollant has heard these words and understood,
  Has spurred his horse, and on towards him drew.
                      AOI.

ローランが失神から回復し正気を取り戻すや否や,辛く大きな損害が眼前にはあった。フランク兵たちが斃れている。彼は皆を失った。ただ大司教とガルティエ・ド・ルムを除いては。彼は山間部から出てきて,スペイン兵相手に激しくやり合っていた。彼は部下達を異教徒に討ち取られて失っていた。否応もなく彼は谷間に逃げ,ローランに対し今すぐ助けてほしいと呼びかける。「伯爵殿,勇敢な兵士よ,どこにおられる? そなたの側なら怖いものなしだ。メルグートを征服したガルティエです,白髪の老ドロワンの甥です。これまで忠実に仕えてきました。槍は折れ,盾は真っ二つです。鎖帷子もボロボロです。私の体は八本の槍で突かれました。もう駄目です。しかし私の命は高くつきますよ!」

ローランはこれらの言葉を聞き取り,馬に拍車を当て,彼の方へ急いだ。

・Gualter del Hum はもう一つのバージョンでは Gualtier de l'Hum です。Gautier Del Hum と表記されることもありこの場合「ゴーティエ」です。

ja.wikipedia.org

↓「l(エル)」がある場合は「ガルティエ」

ja.wikipedia.org

ado は「大騒ぎ,骨折り」です。シェイクスピアの『空騒ぎ』は Much Ado About Nothing「何でもないことで大騒ぎ」です。

ja.wikipedia.org

CLIII

  Grief gives Rollanz intolerance and pride;
  Through the great press he goes again to strike;
  To slay a score of Spaniards he contrives,
  Gualter has six, the Archbishop other five.
  The pagans say: "Men, these, of felon kind!
  Lordings, take care they go not hence alive!
  Felon he's named that does not break their line,
  Recreant, who lets them any safety find!"
  And so once more begin the hue and cry,
  From every part they come to break the line.
                      AOI.

悲しみがローランに怒りと誇りを与える。大軍勢の間を突き進んでいく。20ものスペイン兵を何とか倒す。ガルティエは6人を,大司教は5人を。異教徒達は言う。「恐ろしい奴らだ! 卿らよ奴らを生きて逃がすな! 立ち向かわない者は罪が重いぞ。奴らを逃がす者は臆病者ぞ!」それで今一度鬨の声が起こり,あらゆる方向から三人を打ち破ろうと襲い掛かる。

break their line は「彼ら(ローラン達)の隊列を乱す」です。

hue and cry は「やかましい(非難の)声,大騒ぎ」です。「叫び声」の意味での hue は,hue and cry 以外の形では(廃)です。この他 hue には「色合い」という意味があります(別語源) 

==

遂に三人だけになったのですね。三人の運命やいかに。

www.freynya.com