フレイニャのブログ

new!!→【ガチ英文法解説】カテゴリ創設! 元鉄緑会社員兼講師の英語・ゲームブログです。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

ローランの歌(34) バリガン登場!

シャルルが新たな戦いを予感させる夢を見,妃ブラミモンドがマルシルのことを嘆く「ローランの歌(33)」の続きです。

CLXXXIX(189)

  That Emperour, by his great Majesty,
    I Full seven years in Spain now has he been,
  And castles there, and many cities seized.
  King Marsilies was therefore sore displeased;
  In the first year he sealed and sent his brief
  To Baligant, into Babilonie:
  ('Twas the admiral, old in antiquity,
  That clean outlived Omer and Virgilie,)
  To Sarraguce, with succour bade him speed,
  For, if he failed, Marsile his gods would leave,
  All his idols he worshipped formerly;
  He would receive blest Christianity
  And reconciled to Charlemagne would be.
  Long time that one came not, far off was he.
  Through forty realms he did his tribes rally;
  His great dromonds, he made them all ready,
  Barges and skiffs and ships and galleries;
  Neath Alexandre, a haven next the sea,
  In readiness he gat his whole navy.
  That was in May, first summer of the year,
  All of his hosts he launched upon the sea.

その皇帝はその威光によりスペインに丸七年留まっており,そこの諸城や街々を掌握した。それ故マルシル王は非常に心を痛めた。一年目に彼は書簡に封をし,バビロニアのバリガンに送った(そこの総督(アミール)で,ホメロスウェルギリウスより前に生まれている)

急ぎサラゴサへ救援を送るようにと。さもないとマルシルは神を見捨て,かつて崇拝していた全ての偶像を捨て,キリスト教に改宗し,シャルルマーニュと和解するだろうと。

長らくバリガンは遠くの地に留まった。四十の王国中で諸族を集め,デュロモイ,(はしけ),小船,船,ガレー船を用意させた。避難港のアレクサンドリア付近に艦隊は結集した。その年の初夏の五月のことで,全軍は地中海に漕ぎ出した。

バリガンホメロスウェルギリウスより前に生まれたと書いてありますが,ロンスヴォーの戦いが778年として,ホメロスは紀元前8世紀,ウェルギリウスは紀元前1世紀の人です,計算も面倒なので1500歳としておきましょう。

バリガンの年齢については,Wikipedia, Baligant に "He is sometimes described as a man from ancient times"「古代からの人と説明される」とあります。明確に1500という数字が著者の頭にあったかは分かりませんが,「ギリシア・ローマ時代からの人」という認識はあったようです。

・doromond は以下のような船です。

ja.wikipedia.org

CXC

  Great are the hosts of that opposed race;
  With speed they sail, they steer and navigate.
  High on their yards, at their mast-heads they place
  Lanterns enough, and carbuncles so great
  Thence, from above, such light they dissipate
  The sea's more clear at midnight than by day.
  And when they come into the land of Spain
  All that country lightens and shines again:
  Of their coming Marsile has heard the tale.
                      AOI.

その敵軍は大軍勢で,迅速に地中海を航行する。帆桁や帆柱には十分なランタンや大きな紅石をつけ,夜中でも昼より光を散らしていた。そしてスペインの土地に来ると国中が再び光に照らされる。マルシル王は彼らの到来を知る。

CXCI

  The pagan race would never rest, but come
  Out of the sea, where the sweet waters run;
  They leave Marbris, they leave behind Marbrus,
  Upstream by Sebre doth all their navy turn.
  Lanterns they have, and carbuncles enough,
  That all night long and very clearly burn.
  Upon that day they come to Sarragus.
                      AOI.

異教軍は全く休むことなく海から出て淡水域に入る。マルブリスを過ぎ,マルブルスも過ぎ,全艦隊はエブロ川を遡上する。十分なランタンと紅石により,夜通し燃えるように輝きながら。その日彼らはサラゴサに到着する。

sweet water は「淡水,真水」です。waters となっているのは「水」ではなく「水域」と言いたいからでしょう。要するに海から川に入ったということですね。

CXCII

  Clear is that day, and the sun radiant.
  Out of his barge issues their admiral,
  Espaneliz goes forth at his right hand,
  Seventeen kings follow him in a band,
  Counts too, and dukes; I cannot tell of that.
  Where in a field, midway, a laurel stands,
  On the green grass they spread a white silk mat,
  Set a fald-stool there, made of olifant;
  Sits him thereon the pagan Baligant,
  And all the rest in rows about him stand.
  The lord of them speaks before any man:
  "Listen to me, free knights and valiant!
  Charles the King, the Emperour of the Franks,
  Shall not eat bread, save when that I command.
  Throughout all Spain great war with me he's had;
  I will go seek him now, into Douce France,
  I will not cease, while I'm a living man,
  Till be slain, or fall between my hands."
  Upon his knee his right-hand glove he slaps.

その日は晴れており,日は燦燦と輝く。艀から総督が出てくる。エスパヌリズが総督の右手に進み,十七の王と,数えきれない伯爵公爵達がその後に続く。野原の真ん中には月桂樹が生えており,緑の芝生の上に白い絹のマットを敷く。そこに象牙製のテーブルを置き,異教徒のバリガンがそこに座る。残りの者は彼の周りに並んで立つ。彼らの主君は皆の前で語る。

「聞け,自由で勇敢な騎士達よ! カール大帝,フランクの皇帝には,余が認めなければパンを食わさん。スペイン中で奴は大きな戦争を起こしてきた。余はこれから奴を追い,甘美なフランスまで進む。命ある限り留まることをせぬ。奴が殺されるか,余の手に落ちるまではな」 彼は右手の手袋で膝を叩く。

issue は「発行する」や「問題」という意味がありますが,「出てくる」から来ています。

CXCIII

  He is fast bound by all that he has said.
  He will not fail, for all the gold neath heav'n,
  But go to Aix, where Charles court is held:
  His men applaud, for so they counselled.
  After he called two of his chevaliers,
  One Clarifan, and the other Clarien:
  "You are the sons of king Maltraien,
  Freely was, wont my messages to bear.
  You I command to Sarraguce to fare.
  Marsiliun on my part you shall tell
  Against the Franks I'm come to give him help,
  Find I their host, great battle shall be there;
  Give him this glove, that's stitched with golden thread,
  On his right hand let it be worn and held;
  This little wand of fine gold take as well,
  Bid him come here, his homage to declare.
  To France I'll go, and war with Charles again;
  Save at my feet he kneel, and mercy beg,
  Save all the laws of Christians he forget,
  I'll take away the crown from off his head."
  Answer pagans: "Sire, you say very well."

彼は自分の言葉により縛られる。彼はこの天の下の全ての金に代えてもシャルルの宮廷があるアーヘンへ赴くのだ。部下達は拍手を送り,助言をする。そののち彼は二人の騎士を呼んだ。クラリファンとクラリエンだ。

「君達はマルトライエン王の息子達だ。たびたび私の伝言を進んで運んでくれた。君達にはサラゴサへ行って欲しい。マルシルに伝えて欲しい。彼を援け,フランク軍と戦うと。彼らの軍を見つければ,大きな戦が起こるであろうと。彼にこの手袋を渡して欲しい。金の刺繡が入っている。彼の右手にはめさせて欲しい。この美しい金の杖も渡して欲しい。彼にここへ来て,臣下の礼を取るよう言って欲しい。余はフランスへ行き,シャルルとの戦争を始める。シャルルが余に跪いて慈悲を乞うか,キリスト教を捨てるかしない限り,彼の頭から王冠を剥ぎ取ってやろう」

異教徒達は答える。「殿,よくぞ仰りました」

was wont to... は「よく……したものだった」です。

CXCIV

  Said Baligant: "But canter now, barons,
  Take one the wand, and the other one the glove!"
  These answer him: "Dear lord, it shall be done."
  Canter so far, to Sarraguce they come,
  Pass through ten gates, across four bridges run,
  Through all the streets, wherein the burghers crowd.
  When they draw nigh the citadel above,
  From the palace they hear a mighty sound;
  About that place are seen pagans enough,
  Who weep and cry, with grief are waxen wood,
  And curse their gods, Tervagan and Mahum
  And Apolin, from whom no help is come.
  Says each to each: "Caitiffs! What shall be done?
  For upon us confusion vile is come,
  Now have we lost our king Marsiliun,
  For yesterday his hand count Rollanz cut;
  We'll have no more Fair Jursaleu, his son;
  The whole of Spain henceforward is undone."
  Both messengers on the terrace dismount.

バリガンは言った。「さあ卿ら,馬を駆けよ。一人は杖を,一人は手袋を持って」 二人は答える。「殿,お任せ下さい」

馬を駆け,サラゴサに至る。十の門を抜け,四の橋を渡り,市民達が群れる通りを抜けて。城砦に近づくと,宮殿から大きな騒ぎ声が聞こえる。その辺りに多くの異教徒がおり,悲しみに涙を流し,声を上げ,彼らの神,テルヴァガン,マホメット,アポリンを,助けてくれなかったと呪う。互いにこう言い合う。

「情けなや!どうすればいい? ひどい運命が降りかかろうとしている。今やマルシル王は力を失った。ローラン伯爵に右手を斬られたのだ。立派なご子息のジュルサルーもお亡くなりになった。スペインはもう終わりだ」

二人の使者がテラスで馬を降りる。

draw nigh は draw near「近づく」です。

www.freynya.com