フレイニャのブログ

new!!→【ガチ英文法解説】カテゴリ創設! 元鉄緑会社員兼講師の英語・ゲームブログです。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

『鉄壁』未満英単語22(Ina-Ins)

『鉄壁』未満英単語21の続きです。N→E→W→J→O→B→F→I→Xの順で,I(アイ)に入っています。 Ina-Ins inability「できないこと(to-V)」 ※形容詞は unable inaugural「就任式の」→inaugural address「就任演説」 inbound「国内に向かう,市内に向かう,到着の」…

エルデンリングで英語のお勉強(11)

フロム・ソフトウェアの神ゲー「エルデンリング」をやっていて気付いた英語表現を取り上げて英語のお勉強の足しにするというコーナーです。(10)はこちら。 「動画そのn」とは私のゲーム実況動画のことです。実際にそこを観ていただくとセリフの音声も聞くこ…

アーサー王と騎士達(44)

「アーサー王と騎士達(43)」の続きで,第12章の続きです。 So he departed weeping, and cursed the day of his birth, for the words went into his heart, and he knew wherefore he was thus driven forth. Then he went to seek his arms and horse, but…

『鉄壁』未満英単語21(Ic-Im)

『鉄壁』未満英単語20の続きです。N→E→W→J→O→B→F→I→Xの順で,I(アイ)に入ります。 Ic-Im iceberg「氷山」 ※(only) the (visible) tip of an[the] iceberg「氷山の一角(に過ぎない)」 icicle「氷柱(つらら)」 ※「アイスィクル」 icing「アイシング(ケ…

アーサー王と騎士達(43)

「アーサー王と騎士達(42)」の続きで,第12章の続きです。 Anon he met the White Knight by the hermitage, and each saluted courteously the other. “Sir,” said Sir Galahad, “this shield I bear hath surely a full marvellous history.” “Thou sayest…

フレイニャ英語古語辞典

『アルスターの猟犬』や『アーサー王と騎士達』といった古い本を読むことで出会った古語をまとめて古語辞典とします。古い本を読む時には,これらの語に注意して下さい。 なお古語でなくても,詩語,文語,方言で載せているものもあります。 abide「待つ,待…

アーサー王と騎士達(42)

「アーサー王と騎士達(41)」の続きで,第12章の続きです。 While the king spoke there came in softly an old man robed all in white, leading with him a young knight clad in red from top to toe, but without armour or shield, and having by his si…

『ウィッチャー』英単語ノートその33

『ウィッチャー』原作小説を読み,お役に立ちそうor面白そうな単語を紹介するコーナーです。その32はこちら。 (321) reminisce(レマニス)「思い出話をする」 ヤーペンとシリラが思い出話をしながら丸薬を作っています。「ニ」に強勢です。 (322) mold [mould]…

アーサー王と騎士達(41)

「アーサー王と騎士達(40)」の続きで,第12章に入ります。 Chapter XII The Quest of the Sangreal, and the Adventures of Sir Percival, Sir Bors, and Sir Galahad After these things, Merlin fell into a dotage of love for a damsel of the Lady of t…

アーサー王と騎士達(40)

「アーサー王と騎士達(39)」の続きで,第11章の最後です。 On the day after, Sir Tristram met a herald, who told him of a tournament proclaimed between King Carados of Scotland, and the King of North Wales, to be held at the Maiden’s Castle. N…

『ウィッチャー』英単語ノートその32

『ウィッチャー』原作小説を読み,お役に立ちそうor面白そうな単語を紹介するコーナーです。その31はこちら。 (311) squirrel「リス」 スコイア=テルは森のゲリラ部隊ですが,エルフ語で「リス」を意味します。 (312) corporal「伍長;身体の」 corporal は…

かっこいいカタカナドイツ語大集合!

「かっこいいカタカナ語大集合!」からのスピンオフです! 適当な名詞(または形容詞)ドイツ語を調べ,そのカタカナ読みがやっぱカッコええ!と感動するコーナーです。20個ずつ増やしていきます。早速スタート。男性名詞(der ~),女性名詞(die ~),中性…

アーサー王と騎士達(39)

「アーサー王と騎士達(38)」の続きで,第11章の続きです。 “My name,” said he, “is Sir Tristram of Lyonesse.” “And mine, Sir Lamoracke of Gaul.” Then both cried out together, “Well met;” and Sir Lamoracke said, “Sir, for your great renown, I w…

『鉄壁』未満英単語20(Fr-Fy)

『鉄壁』未満英単語19の続きです。N→E→W→J→O→B→F→I→Xの順で,Fに入っています。 Fr-Fy fracture「骨折,折れる,折る」 fragrance[フレイグランス]「芳香,香水」 ※「フラグランス」ではないので注意 frail「虚弱な,脆い」 ※武器の「フレイル」は flail ja.wiki…

as early as… と as late(ly) as… 意味,訳し方,実例

久々の「ガチ英文法解説」です。 原級比較 as ... as ~ が「~も」という強調に使われることはご存知でしょうか。例えば He has as many as a hundred books.「彼は本を百冊も持っている」 He has as much as a million yen.「彼は百万円も持っている」 He …

アーサー王と騎士達(38)

「アーサー王と騎士達(37)」の続きで,第11章の続きです。 But when La Belle Isault was told the tidings she was very sorrowful and loth — yet made she ready to set forth with Sir Tristram, and took with her Dame Bragwaine, her chief gentlewom…

『ウィッチャー』英単語ノートその31

『ウィッチャー』原作小説を読み,お役に立ちそうor面白そうな単語を紹介するコーナーです。その30はこちら。 (301) rummage「かき回して探す,隈無く探す」 ゲラルトがローチの鞍袋(saddlebags)の中をかき回して薬を探しています。なお「ランメイジ」では…

欧州第一次・第二次世界大戦年表

ヨーロッパに限定して第一次世界大戦,戦間期,第二次世界大戦の年表を作っていきます。両大戦だけでなく戦間期も扱い,ロシア革命,ヴァイマル共和国,世界恐慌などにも触れますので膨大な年表になると思います。但し欧州に限りますので東はロシア,トルコ…

アーサー王と騎士達(37)

「アーサー王と騎士達(36)」の続きで,第11章の続きです。 “Alas!” replied the king, “I am full grieved thereat, for he is a good knight as ever I have seen in any field; but I charge thee leave thou him, and let me deal with him.” Then the ki…

『鉄壁』未満英単語19(Fl-Fo)

『鉄壁』未満英単語18の続きです。N→E→W→J→O→B→F→I→Xの順で,Fに入っています。 Fl flame「炎,燃え上がる」→flammable「可燃性の」 ※frame「枠」との混同注意 ↓名曲 Stand Ablaze(In Flames)。ジャンルはメロディック・デス www.youtube.com flank「側面…

映画で英語のお勉強(2)アメリカン・ギャングスター(2)

www.freynya.com ↑これの続きになります。 I came this far.「こんな遠くまでやって来たんだぞ」 この this は副詞で,this far で「こんなに遠く」です。どんなに遠くかと言うと主人公フランク・ルーカスはバンコクにいます。中間業者を排し,直接麻薬を生…

アーサー王と騎士達(36)

「アーサー王と騎士達(35)」の続きで,第11章の続きです。 Then he sent Sir Marhaus word, “That a better man than he should fight with him, Sir Tristram of Lyonesse, son of King Meliodas and of King Mark’s own sister.” So the battle was ordain…

イギリス史・アイルランド史年表1454年~1509年

「イギリス史・アイルランド史年表~1453年」の続きです。 www.freynya.com 1450【大陸】この頃までにグーテンベルク,印刷術の営業開始 ~薔薇戦争~ 1454.3.27,ヘンリー6世(1422に9ヶ月で即位)の精神異常に伴い,ヨーク公リチャード(エドワード3世の曾…

アーサー王と騎士達(35)

「アーサー王と騎士達(34)」の続きで,第11章に入ります。 Chapter XI The adventures of Sir Tristram of Lyonesse Again King Arthur held high festival at Caerleon, at Pentecost, and gathered round him all the fellowship of the Round Table, and …

参議院選挙各政党比例得票数一覧(1980~2022年)

英語・ゲームの次に歴史・政治が好きなフレイニャでごニャいます 選挙の日なんかはお祭りで,選挙特番を朝方まで延々と見ています。 「日本の政治史年表」からのスピンオフで,参議院選挙の政党別・比例得票数を調べて一覧にしました。各党で一番票を取った候…

アーサー王と騎士達(34)

「アーサー王と騎士達(33)」の続きで,第10章の最後です。 When King Anguish of Ireland saw this, he marvelled what that knight could be who seemed at one time green and at another blue; for so at every course he changed his colour that none m…

『鉄壁』未満英単語18(Fe-Fj)

『鉄壁』未満英単語17の続きです。N→E→W→J→O→B→F→I→Xの順で,Fに入っています。 Fe feasible「実行可能な」→feasibility ※s は濁る(フィーザブル) federation「連盟,連邦」 feeler「触覚,触手;(「探りを入れる」の)探り」 feline(フィーライン)「ネ…

「重要英単語漢字テスト」「名詞の熟語集」「2007年度東大英語第4問(B)和訳解説」

noteに公開した記事の宣伝です。 ↓live up toといった動詞熟語(句動詞),once and for allといった副詞熟語はよく対策されていますが,natural selection「自然選択・自然淘汰」,division of labor「分業」といった名詞熟語はほぼ無対策の受験生が多いで…

早稲田大の文法問題から表現を覚えましょう(1)2016-2017法学部

東大,慶應大,医大(慈恵医大)と見て来ましたが,今回は早稲田大学のを見ます。2016年度と2017年度の,第3問の英文法問題です。 下線が引かれた各部分に文法的誤りがあればその場所を記号で答えよ。誤りがない場合は (F) と答えよ。 2016年度 1 (A)The g…

アーサー王と騎士達(33)

「アーサー王と騎士達(32)」の続きで,第10章の続きです。 So Sir Beaumains rode away from the castle very sorrowrul at heart, and rode he knew not whither, and lay that night in a poor man’s cottage. On the morrow he went forward, and came at…