フレイニャのブログ

new!!→【ガチ英文法解説】カテゴリ創設! 元鉄緑会社員兼講師の英語・ゲームブログです。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

エルデンリングで英語のお勉強(5)

フロム・ソフトウェアの神ゲー「エルデンリング」をやっていて気付いた英語表現を取り上げて英語のお勉強の足しにするというコーナーです。(4)はこちら。 「動画そのn」とは私のゲーム実況動画のことです。実際にそこを観ていただくとセリフの音声も聞くこと…

『鉄壁』未満英単語12(Ov-Ban)

『鉄壁』未満英単語11の続きです。N→E→W→J→O→Bの順で,OからBに入ります。 Ov-Oy oval「楕円(ellipse)」 ※フランス語で卵はœuf overcast「雲でどんよりした,本曇りの」>cloudy overdose「過剰摂取,薬の飲み過ぎ」 ※dose は「服用量」といった意味 overe…

エルデンリングで英語のお勉強(4)

フロム・ソフトウェアの神ゲー「エルデンリング」をやっていて気付いた英語表現を取り上げて英語のお勉強の足しにするというコーナーです。(3)はこちら。 「動画そのn」とは私のゲーム実況動画のことです。実際にそこを観ていただくとセリフの音声も聞くこと…

エルデンリングで英語のお勉強(3)

フロム・ソフトウェアの神ゲー「エルデンリング」をやっていて気付いた英語表現を取り上げて英語のお勉強の足しにするというコーナーです。(2)はこちら。 「動画そのn」とは私のゲーム実況動画のことです。実際にそこを観ていただくとセリフの音声も聞くこと…

アーサー王と騎士達(13)

「アーサー王と騎士達(12)」の続きで,第5章に入ります。 Sir Balin Smites the Dolorous Stroke, and Fights with his Brother, Sir Balan Now there was a knight at the court more envious than the others of Sir Balin, for he counted himself one of…

エルデンリングで英語のお勉強(2)

フロム・ソフトウェアの神ゲー「エルデンリング」をやっていて気付いた英語表現を取り上げて英語のお勉強の足しにするというコーナーです。(1)はこちら。 「動画そのn」とは私のゲーム実況動画のことです。実際にそこを観ていただくとセリフの音声も聞くこと…

『ウィッチャー』英単語ノートその28

巨大な振り子で練習するシリラ(ウィッチャー3より) 『ウィッチャー』原作小説を読み,お役に立ちそうor面白そうな単語を紹介するコーナーです。その27はこちら。 (271) wobble「ぐらぐらする,よろめく,動揺する」 またランバートがシリラを特訓し,Don't…

アーサー王と騎士達(12)

「アーサー王と騎士達(11)」の続きで,第4章の最後です。 Now by chance there was at that time a poor knight with King Arthur, who had been prisoner at his court for half a year and more, charged with slaying unawares a knight who was a cousin…

エルデンリングで英語のお勉強(1)

フロム・ソフトウェアの神ゲー「エルデンリング」をやっていて気付いた英語表現を取り上げて英語のお勉強の足しにするというコーナーです。 わたくしこのゲーム,ブログ執筆に遅れが出るほどはまっています。 では早速見て行きましょう。「動画そのn」とは私…

『鉄壁』未満英単語11(Or-Out)

『鉄壁』未満英単語10の続きです。N→E→W→J→Oの順で,Oの途中です。 Or-Out oracle「神託・託宣,巫女」→oracular orator「雄弁家,演説者」 ※最初の o に強勢があり,「オレイター」ではなく「オラター」 ※oracle「神託」や orator「雄弁家」は oral「口頭の…

アメリカ歴代大統領32(F.D.ローズベルト)

「アメリカ歴代大統領29-31」の続きです。 (32)フランクリン・デラノ・ローズベルト(1882-1945;1933-1945) ・4選された唯一の大統領(3選もない)。在任12年だったが,病死しなければ16年務めていた ・「ロウザヴェルト」/roʊzəvɛlt/のような発音になる…

アーサー王と騎士達(11)

「アーサー王と騎士達(10)」の続きで,第4章の続きです。 On the morrow, all the host moved onwards into the country of Champagne, and Flollo, the Roman tribune, retired before them into Paris. But while he was preparing to collect more forces…

『ウィッチャー』英単語ノートその27

『ウィッチャー3』より 『ウィッチャー』原作小説を読み,お役に立ちそうor面白そうな単語を紹介するコーナーです。その26はこちら。 (261) be beaded with sweat「玉のような汗をかく」 この bead は「ビーズ玉」です。これが動詞になっています。ゲラルト…

東大の文法問題から表現を覚えましょう(21)

(20)に引き続き,(21)です。1983年のを見ます。 この年のは文法問題より読解問題の性格が強いですね。ただ熟語の知識も問われています。 次の文の内容に一貫性をもたせるように,空所(a)〜(e)にそれぞれ適当な一語を補充せよ。(注)windlass:巻上げ機 One …

アーサー王と騎士達(10)

「アーサー王と騎士達(9)」の続きです。第4章に入ります。 King Arthur Conquers Ireland and Norway, Slays the Giant of St. Michael’s Mount, and Conquers Gaul — The Adventures of Sir Balin The land of Britain being now in peace, and many great …

アーサー王と騎士達(9)

「アーサー王と騎士達(8)」の続きです。第3章の最後です。 Then did they wheel their horses far apart, and running them together, the strange knight shivered Sir Griflet’s spear to fragments, and smote him through the shield and the left side,…

アメリカ歴代大統領29-31(ハーディング-クーリッジ-フーヴァー)

「アメリカ歴代大統領27-28」の続きです。 (29)ウォレン・ハーディング(1865-1923;1921-1923) ・任期中に病死(ウィリアム・ハリソン,ザカリー・テイラー)した3人目の大統領 ・暗殺された大統領(リンカン,ガーフィールド,マッキンリー)を含めると…

アーサー王と騎士達(8)

「アーサー王と騎士達(7)」の続きです。第3章の続きです。 Anon, while Arthur closely watched the city, came news that full six hundred ships had landed countless swarms of Saxons, under Cheldric, on the eastern coast. At that he raised the si…

アーサー王と騎士達(7)

「アーサー王と騎士達(6)」の続きです。第3章に入ります。 CHAPTER IIIThe Adventure of the Questing Beast — King Arthur drives the Saxons from the Realm — The Battles of Celidon Forest and Badon Hill Anon, thereafter, came word to King Arthur …

東大の文法問題から表現を覚えましょう(20)

(19)に引き続き,(20)です。1982年のを見ます。 次の(a)〜(e)の文は,それぞれ一語を補うと正常な英文となる。補うべき語と直前の一語を記せ。 (a) You must make certain the doors of the auditorium are not locked when it is use. (b) I do not think y…

アーサー王と騎士達(6)

「アーサー王と騎士達(5)」の続きで,第2章の最後です。 When the eleven kings beheld so small a band doing such mighty deeds of arms they were ashamed, and charged them fiercely in return. Then was Sir Ulfius’ horse slain under him; but he fo…

『鉄壁』未満英単語10(Oa-Op)

『鉄壁』未満英単語9の続きです。N→E→W→J→Oの順で,Oに入ります。 Oa-Op oaf /oʊf/「愚か者,無礼者」→oafish(形容詞) ※本来取り上げる程の語ではないですが,インターネット用語の「オウフ」(オタクが発しそうな間投詞)と音が似ているので載せました。…

アーサー王と騎士達(5)

「アーサー王と騎士達(4)」の続きで,第2章の中盤です。 But now the archbishop, fully seeing God’s will, called together, by Merlin’s counsel, a band of knights and gentlemen-at-arms, and set them about Arthur to keep him safely till the feas…

ピアノソロが心地よい日本の楽曲3選──フレイニャの好きな音楽(9)

中途半端に音楽をかじっているフレイニャです。 今まで書いた「音楽」カテゴリの記事は以下にリストされています。 www.freynya.com さて今回は3曲,好きな曲を紹介しますが,全体的に好きであるだけでなく,特に途中のピアノ(キーボード)ソロが妙に心地…

東大の文法問題から表現を覚えましょう(19)

(18)に引き続き,(19)です。2005年のを見ます。 次の英文 (1) 〜 (5) には,文法上取り除かなければならない語が1語ずつある。該当する語を記せ。 (1) In one of the earliest attempts at solar heating, energy from the sun was absorbed by and large m…

アーサー王と騎士達(4)

「アーサー王と騎士達(3)」の続きで,第2章に入ります。 CHAPTER IIThe Miracle of the Sword and Stone, and the Coronation of King Arthur — The Sword Excalibur — The War with the Eleven Kings Now Arthur the prince had all this time been nourish…

アメリカ歴代大統領27-28(タフト-ウィルソン)

「アメリカ歴代大統領25-26」の続きです。 (27)ウィリアム・タフト(1857-1930;1909-1913) ・「桂・タフト協定」(1905年)のタフト ・「タフト・ハートリー法」(1947年)のタフトは彼の息子 ・大統領と最高裁長官(大統領退任後)を務めた稀有な人物 1…

アーサー王と騎士達(3)

「アーサー王と騎士達(2)」の続きで,第1章の最後です。 Now, when Uther Pendragon had passed through all the land, and settled it—and even voyaged into all the countries of the Scots, and tamed the fierceness of that rebel people—he came to L…

『ウィッチャー』英単語ノートその26

エスケル(左)とランバート(ウィッチャー3より) 『ウィッチャー』原作小説を読み,お役に立ちそうor面白そうな単語を紹介するコーナーです。その25はこちら。 (251) orphan「孤児」 これは基本語ですね。小説では an orphaned child の形で使われていまし…

アーサー王と騎士達(2)

「アーサー王と騎士達(1)」の続きで,第1章の途中です。 “But as for thee, O Vortigern, flee thou the sons of Constantine, for they shall burn thee in thy tower. For thine own ruin wast thou traitor to their father, and didst bring the Saxon h…