フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲーム中心です。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

アルスターの猟犬

アルスターの猟犬(34)

「アルスターの猟犬(33)」の続きで,第14章の続きです。 “I am rejoiced at thy coming, my good friend Fergus,” said Cuchulain, as the chariot drew up beside him; “too seldom is it that on this Raid of Cooley we twain meet face to face.” “Gladl…

アルスターの猟犬(33)

FF14で撮影してきたゲイボルグ・ゼニス 「アルスターの猟犬(32)」の続きです。第14章に入ります。 CHAPTER XIV The Combat with Ferdia Now among the hosts of Meave was Ferdia, son of Daman, Cuchulain’s companion and friend when together they learn…

アルスターの猟犬(32)

メガテンD×2のクー・フーリン 「アルスターの猟犬(31)」の続きです。第13章の後半です。 Long and tedious seemed that night to Nacrantal, for eagerly he watched the coming of the hour when he should meet Cuchulain at the ford, and make an end of…

アルスターの猟犬(31)

メガテンD×2のAR機能で自室に喚んだクー・フーリン。でかい 「アルスターの猟犬(30)」の続きです。第13章に入ります。 エターコマル,残念でしたね。ただ「アサシンクリード・ヴァルハラ」をやっていると,仲間の野郎共が「死んだらヴァルハラへ行ける」とか…

アルスターの猟犬(30)

「アルスターの猟犬(29)」の続きです。第12章の最後です。 Laeg saw the chariot returning over the plain. “The last chariot-rider who went from us is coming back again, Cucuc!” said he. “What does he want?” said Cu. “He is challenging us by dr…

アルスターの猟犬(29)

「アルスターの猟犬(28)」の続きです。第12章の途中です。 “Truly I well believe it,” Fergus said. “Too well I know what straits for food and drink have fallen on thee in this raid, and well I know thy hospitable mind. But at this time we seek…

アルスターの猟犬(28)

「アルスターの猟犬(27)」の続きです。第12章に入ります。 CHAPTER XII Etarcomal’s Well-deserved Fate So Fergus turned his horses to go back where he had left Cuchulain. He thought to go alone, attended only by his charioteer, but as he drove …

アルスターの猟犬(27)

「アルスターの猟犬(26)」の続きで,第11章の最後です。ちなみに第30章まであります(・ω・) Mac Roth came to the place where Laeg was awaiting him. “Who is your master, man?” said he. “My master is the young man over there; I am his charioteer,”…

アルスターの猟犬(26)

「アルスターの猟犬(25)」の続きで,第11章の続きです。 Cuchulain set to work to trim the holly-poles, and quickly were they done. Simply by drawing them between his fingers and his toes, he finished them to perfect smoothness, and threw them…

アルスターの猟犬(25)

「アルスターの猟犬(24)」の続きです。第11章に入ります。 CHAPTER XI The Deer of Ill-Luck When Meave heard that already the Hound of Ulster stood upon her path, the words spoken by the fairy Feidelm and the Druid came back into her mind, and …

アルスターの猟犬(24)

「アルスターの猟犬(23)」の続きです。クー・フーリンが父のスアルタムを首都に帰還させ(メーヴの来襲を知らせる目的),1人でメーヴ軍を待ち受けます。 So Cuchulain hastened his father, and Sualtach bade him farewell, and slipped away to Emain Ma…

アルスターの猟犬(23)

「アルスターの猟犬(22)」の続きです。第10章に入ります。遂にメーヴの進軍が始まりました。 CHAPTER X The Plucking out of the Four-pronged Pole Then Meave gathered her hosts together and set out from Cruachan, each party under its own leader, m…

アルスターの猟犬(22)

「アルスターの猟犬(21)」の続きです。フィンヴェナハ(白い角)とドン・クアルンゲ(クーリーの茶色牛)の前世の話をしています。 “Then they became two monsters of the sea, and after that two warriors and two demon-men. But in each of all these f…

アルスターの猟犬(21)

「アルスターの猟犬(20)」の続きです。「クーリーの牛争い」の場面に入っているようです。 From pastures and meadow-lands, from hills and vales, she called in all her stock, her sheep and swine, her cattle and her steeds. Ailill also, her husban…

アルスターの猟犬(20)

「アルスターの猟犬(19)」の続きです。第9章に入り,再びメーヴの話に戻って参りました。 CHAPTER IX Meave demands the Brown Bull of Cooley and is refused For many years Meave had been making preparations for her war with Ulster. To the East an…

アルスターの猟犬(19)

「アルスターの猟犬(18)」の続きです。第8章の最後です。遂にクー・フーリンがエメルを妻にする時がやって来ました。 “Why, O maiden, dost thou talk thus to me? Dost thou not reckon me among the strong men, who know not fear?” “If thy deeds were …

アルスターの猟犬(18)

「アルスターの猟犬(17)」の続きです。クー・フーリンが御者ロイグとともにエメルのいるフォルガルの砦にやってきました。 Nearer and nearer yet it came as though at furious pace a band of warriors bore down towards the house. “Let one of you see …

アルスターの猟犬(17)

「アルスターの猟犬(16)」の続きです。第8章に入ります! タイトルのwooは「せがむ,求愛する」です。 CHAPTER VIII How Cuchulain Wooed his Wife It was on a day of the days of summer that Emer, daughter of Forgall the Wily, sat on a bench before…

アルスターの猟犬(16)

「アルスターの猟犬(15)」の続き,第7章の最後です。 全訳を始める前にちょっと蘊蓄話を。以前FF14黒魔道士の「コラプス」は英語版では「スケイズ(scathe)」と言い,「傷つける,害をなす」という意味で北欧神話の「スカディ(スカジ,スカージ)」と同根…

アルスターの猟犬(15)

メガテンD×2のスカアハ 「アルスターの猟犬(14)」の続きです(第7章途中)。クー・フーリンが謎のライオンに乗って影の国「ダン・スカー」に近づきました。 The boys rowed him across the loch to a house where he got meat and drink, and a young man w…

アルスターの猟犬(14)

「アルスターの猟犬(13)」の続きです。第7章に入り,遂に「影の国」への冒険が始まります。スカアハ(スカーサハ)がいる所ですね! CHAPTER VII Cuchulain’s Adventures in Shadow-Land While Cuchulain was still a little lad, but strong and brave and…

アルスターの猟犬(13)

「アルスターの猟犬(12)」の続きで,第6章の最後です。 At the foot of Slieve Fuad a herd of antlered deer were feeding beside a wood. Never before had Cuchulain seen a herd of deer; he marvelled at their branching antlers, and at the speed a…

アルスターの猟犬(12)

アルスターの猟犬(11)の続きです。アルスターの男の半数以上を斃したという3兄弟の1人フォルにクー・フーリンが挑みます。 Cuchulain in his sleep heard the affront that the charioteer put upon him, and from head to foot he blushed a rosy red. Hi…

アルスターの猟犬(11)

アルスターの猟犬(10)の続きです。第6章に入ります。 CHAPTER VI Of Cuchulain’s First Feats of Championship Then Ivar said, “If one might venture to make a suggestion to such a little one, I should rejoice if we might now turn back and find o…

アルスターの猟犬(10)

アルスターの猟犬(9)の続きです。クー・フーリンがコノール王に借りた戦車を乗り回しています。 “Not yet awhile,” said Cuchulain again; “too early is it to turn in; drive now towards the playing-fields that the boy-corps may salute me on this th…

アルスターの猟犬(9)

セタンタ少年が「クー・フーリン(クランの犬)」という渾名をもらったアルスターの猟犬(8)の続きです。実はまだフェルグスの回想の中なんですよね。 CHAPTER V How Cuchulain took Arms When Meave had thought awhile, she said, “Are there yet other sto…

アルスターの猟犬(8)

コノール王が鍛冶屋のクランに招待されたアルスターの猟犬(7)の続きです。実はまだフェルグスとコルマクの回想の中です。セタンタ少年も同席を許されたはずですが…… “‘It is only that I have an excellent watch-dog, fierce and strong; and when his chai…

アルスターの猟犬(7)

アルスターから離反したフェルグス(アルスター前王)らがクー・フーリンの事をメーヴに教えたアルスターの猟犬(6)の続きです。Chapter IVに入ります。 CHAPTER IV How Cuchulain got his Name That evening at supper, Meave sat silent, as though she wer…

アルスターの猟犬(6)

アルスターから離反したフェルグス(アルスター前王)らがクー・フーリンの事をメーヴに教えているアルスターの猟犬(5)の続きです。 “The youths had been practising martial exercises, but when Cuchulain came up they were hurling on the green. Witho…

アルスターの猟犬(5)

アルスターから離反したフェルグス(アルスター前王)らがクー・フーリンの事をメーヴに教えているアルスターの猟犬(4)の続きです。 “I will tell you that,” said Fergus. “When he was yet a tiny boy, not much past four years old, some one in passing…