フレイニャのブログ

new!!→【ガチ英文法解説】カテゴリ創設! 元鉄緑会社員兼講師の英語・ゲームブログです。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

『鉄壁』未満英単語9(Ja-Jz)

『鉄壁』未満英単語8の続きです。N→E→W→Jの順で,Jに入ります。

 

Ja-Jz

jack-of-all-trades「なんでも屋,よろず屋」

※「器用貧乏」という悪い意味になることも(Jack of all trades and master of none.)

jade「翡翠(ヒスイ)」

ja.wikipedia.org

アイキャッチ画像の翡翠の仮面は以下の記事にあります(パレンケの王を象ったもの)

es.wikipedia.org

jail [gaol]「刑務所,拘置所

jam「詰め込む,塞ぐ,妨害する;ジャム」jamming

※ゲームの「ジャマー」とは「敵に妨害行動を仕掛ける人」の意味。「邪魔」に音感が似ていてうまい

jargon「隠語,ある職業だけに通用する用語」

jeer「やじる,あざける(at...)」

jeopardy /dʒépərdi/「危機」→jeopardize「危険に晒す」

jerk「ぐいと動かす,急に動く;重量挙げのジャーク;変なやつ」

jest「冗談,悪ふざけ」→jester「道化師」

jet-black「真っ黒の,漆黒の」

※この jet は「ジェット機」の jet ではなく,「黒玉」

ja.wikipedia.org

jewelry[不可算]「宝石類」jewel[可算]「宝石」

jobless「失業中の(unemployed)

jock「運動選手」←→nerd「内向的な文化系生徒,陰キャ

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

jolt「ガタガタ揺れる・揺さぶる,衝撃(を与える)」

FF14赤魔道士の「ジョルト」はこれ

www.freynya.com

jot「メモするjot down)

※他に note down,take down,get down など

Judaism「ユダヤ教

judicial「司法の,裁判の」

juggle「曲芸をする,両立する,ごまかす」

junction「合流地点,分岐地点,接合部」

jurist /dʒʊ́ərɪst/「法律家,法学生」

========

丁度 J だけでこの記事をまとめることができました。New job... と続くので,次回は O に入ります。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英単語・英熟語へ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

アルスターの猟犬(59)

アルスターの猟犬(58)」の続きで,第28章の続きです。

 

But to the rest it seemed as though the raven croaked, and they laughed loud to hear the bird of ill-omen croaking in the house. Cuchulain sprang to his feet to rush forth; but, as he rose, his mantle caught beneath his feet, and he was thrown backwards on his seat. Once more he rose in haste and red with shame, but the great kingly brooch that fastened his mantle, being loosened by his fall, dropped on his foot, and dropping pierced his skin. “Alas! alas!” he cried, “even my mantle warns me of ill-luck!”

しかし残りの者の目には,そのカラスが歪んでいるように見え,不吉なカラスが家の中でカーカーと泣いているのを聞いて大笑いした。クー・フーリンは急いで出かけようとパッと立ち上がったが,立ち上がると,マントを足で踏み,座席に背中から倒れ込んでしまった。急いで,恥ずかしさで赤くなりながらもう一度立ち上がったが,マントを留めていた大きな王のブローチが,倒れたことで緩んでおり,足の上に落ちて,落ちながら彼の肌を刺した。「嗚呼何ということだ」彼は叫んだ。「私のマントまでが不吉を告げるとは!」

・「警告する」の warnwarn A of Bwarn O to-Vwarn O that S V... を取れます。例えば「V しないように警告する」は warn O not to-V です。

 

And Emer said, “’Tis even so; heed now the warning of a friend. Let this pass, Cu; for three days stay with us, and then in peace thou mayest go forth to fight. For three days only have the Children of the Blast their fatal power. Not for thyself or thine own safety do we thus entreat, but for the sake of Ulster and her king. For Ulster is destroyed if Cuchulain falls. For three days then abide.” And for the sake of Ulster Cuchulain stayed, though heaviness and shame sat deep upon him, and in his heart he longed to go. And wearily he sat down again to play his game of chess.

それでエメルは言った。「マントすらそうなのですから,友人の警告を聞いて下さい。これは言わせて下さい。クー,3日,ここに留まって下さい。そうすれば戦いに行っても大丈夫です。嵐の子らは,3日しか決定的な力を持てないの。貴方自身のため,貴方自身の安全のためこのように懇願するのではありません。アルスターとアルスターの王のためにするのです。仮にクー・フーリンが倒れたら,国が亡ぶからです。だから3日,我慢してください」 それでアルスターの為にクー・フーリンは留まった。しかし重い気分と恥を知る気持ちが彼に重くのしかかり,心の中で彼は行きたがった。そしてだるそうに彼はまた座ってチェスのゲームをした。

Let this pass について,『ジーニアス英和辞典』に I am not going to let that one pass.「それは聞き捨てならない」というのが載っています。「それを言わせてはおけない」ということですから,Let this pass は「これを言わせてください」ということです。直訳は「これを通してください」ということですから,「そんな意見通ると思うか」のような意味で I won't let that pass. と言えるのでしょう。

 

For that night the Wild Women of the Blast went back, and they waited until another day was past, but towards the fall of night the horrid brood of mis-shaped children betook them to the Glen. On the swift magic wind of their own making they soared aloft, and at the very entrance to the Glen they lighted on the ground. There they began to work their noisome spells. Out of the light wee puff-balls and the rustling forest leaves they formed great lines of fighting-men, all armed with battle-weapons of the hooded sharp-spiked thistle-stalks. All round the lightsome, pleasant house the army stood, in marshalled band on band, and all the country rang with battle-shouts and cries of war and trumpetings, and loud pealing laughter, and the taunts of strong men when they mock at cowards.

その日の晩,嵐の子らは戻り,もう1日が経つのを待ったが,夜が訪れる頃に醜い子らの恐ろしい眷属は谷へ行った。自ら生み出した魔法の疾風に乗って高く舞い上がり,谷の入り口の真ん前で地上に降りた。そこで彼らは騒々しい呪文を練った。軽くて小さなホコリダケとサラサラ言う森の葉から戦士達の戦列を大勢造り出し,彼らはみな先端に薊の鋭い棘が付いた武器で武装していた。陽気で楽しい家の周りをぐるりと囲んで彼らは整列し,国中に喚声や鬨の声やラッパの音,うるさく轟く笑い声や強者が臆病者を嘲る時の嘲り声が響き渡った。

peal は「轟く」。peel は「皮をむく」です。appeal「訴える(アピールする)」という語がありますね。「轟くようにアピ-ルする」と覚えましょう。

 

In the palace Cuchulain caught the uproar and the mocking laughter of the phantom fairy hosts. He started up and would have rushed madly from the hall, but those around him stayed and hindered. “Close fast the doors,” they said, “if for this one day and to-morrow we can keep him fast, the magic evil spell is past.” And Emer came to him and said, “This one day yet abide, O dear one, noblest of the whole world’s race, my one and only love. These are but shows and phantoms that thou hearest wrought by the sprites to lure thee to thy doom. To-morrow, or the next day, or the next, comes Conall Cernach back from travelling. Alone, thou fallest; with him thou art a match for any host. For Ulster’s sake and ours, and for thine own, abide.”

宮殿の中でクー・フーリンは幽鬼の軍勢が騒いだり,嘲るように笑うのを聞いた。彼はパッと立ち上がって狂ったようにホールから飛び出して行ったところだったが,周りの者が押しとどめて妨げた。「ドアを固く閉めろ」彼らは言った。「この1日,そして明日,彼を閉じ込めておければ,邪悪な魔法の呪文は効力を失うのだ」 そしてエメルは彼の所に行って言った。「この1日も我慢して,愛する人,世界の全種族で最も気高き人,私の唯一の愛する人。貴方が聞いているのは見世物で亡霊です。貴方を誘き出して破滅させるために妖精たちが造り出しているのです。明日の朝,それか明日の昼,それかその次の日か,コナル・ケルナハが旅から還ってきます。1人では貴方は倒れます。彼となら貴方はどんな軍勢とも戦えます。アルスターのため,そして私達のため,そして貴方自身のため,堪えて下さい」

・どうも最後の日に我慢できず出て行ってしまうパターンぽいですな……。コナル・ケルナハが間に合えばよいですが。

would have rushed は仮定法過去完了でしょう。実際には飛び出して行っていないからです。「周りが必死に止めなかったら飛び出して行ったであろう」ということです。if 節が明記されていないのに仮定法だと分かるパターンの1つとして,「しかし(実際は)……だった」というのが明記されているものがあります。今回 but those around him stayed and hindered「しかし周りの者が押しとどめた」がありますね。これで仮定法(反実仮想)と分かるのです。

 

Then at this thing Cu felt a mighty shame; his soul was filled with storms of anger and reproach. “Alas! alas!” he cried, “henceforth there is no cause to guard my life. My span is ended, my honour is destroyed. Better for me than all the gold and riches of the world, if I had died before there fell on me this shame. In every tongue this noble saying is recorded, “Fame outlives life”; but by your urgency I keep my life, when all my fame and honour is destroyed. Come death, come life, to-morrow I go forth.”

するとこれを聞いてクーは大きな恥を感じた。彼の魂は嵐のような怒りと非難で満たされた。「嗚呼何たることだ」彼は叫んだ。「今後は自分の命を護る大義などない。私の天命は尽きた。私の名誉は損なわれた。この世のどんな金も富も,こんな屈辱にまみれる前に死んだ方がましなのだ。誰の口もこの高貴なセリフは知っているだろう。『命短し,誉れは永し』と。しかし貴方の懇願により,私は命を優先する。名声と名誉が損なわれたとしても。死のうが生きようが,明日は行くぞ」

・もう明日押しとどめるのは難しそうな勢いですね。

Fame outlives life outlivesurvive,live longer than と同義で「……より長く生きる」です。「命は短いが,名誉は死後も生き続ける」ということですね。

 

And gloomily and sadly he sat down, nor would he play or listen to the music of the bards, or hold sweet converse with the women, but all that night, till break of day, he tried and proved his weapons, and his spears and sword he polished lovingly, and he sent Laeg out to catch his chariot-steeds and bring them to the green beside the house. And his heart revived within him when he heard without the neigh of the Grey of Macha and the Black Steed of the Glen.

But the foul Children of the Blast were disappointed and dismayed because they could not tempt Cuchulain out. And all that night they sat in council, devising plans to snare him. “We have but one day more,” they said, “before our power is lost. To-morrow then and verily, we lure him forth.”

そして憂鬱そうに悲しそうに彼は腰を下ろし,ゲームをしたりも吟遊詩人の音楽を聴いたりもせず,女性達との楽しいお喋りもせず,その夜はずっと,夜明けまで武器を吟味し,槍と剣を心を込めて磨き,ロイグに言って軍馬を捕まえさせ,家の傍の緑地に連れて来させた。そしてリアト・マハとドゥブ・サングレンのいななきを聞くと彼の中で心が生き返る気がした。

しかし嵐の邪な子らは,クー・フーリンを誘き出せなかったので失望し困惑した。そしてその夜じゅう彼らは座って話し合い,彼を罠にかける計画を考案した。「我らの力が失われるまであと1日しかないぞ」彼らは言った。「だから明日必ず,彼を誘き出そう」

・「罠にかける」は ensnare,entrap とも言いますが,単に snaretrap とも言えます。

 

Before the morning’s sun was well arisen, on the blast of the swift moaning wind of their own making, and all unseen, they came around the glen. Then they put forth their magic spells and round the house they made the likeness of a mighty sea that wave on wave rolled ever nearer to the pleasure-house, threatening to overwhelm it as it stood. Amid the women’s talk and loving laughter, and the sweet music of the harps and singing men, Cuchulain heard the lapping of the waves, and the low distant ocean’s roar, and whistling of the wind upon the sea.

朝の太陽が十分昇りきらぬうち,自分達で作り出した唸るような疾風に乗り,皆姿を隠し,谷の周りに集まった。それから彼らは魔法の呪文を練り,屋敷の周りに巨大な海のようなものを造り出し,屋敷の傍まで波がやって来て,そのまま家を飲み込まん勢いだった。女性達の話し声や優しい笑い声,ハープや歌手の甘い音楽の中に,クー・フーリンは波が舐める音や,遠くから海が唸る音,風が海上でヒューヒューいう音を聞いた。

moan は「唸る」。mourn「嘆く,喪に服す」もあります。

lap は「くるむ」(サランラップ),「膝の上」(ラップトップパソコン),「(陸上競技などの)一周」(ラップ……秒),そして今回の「ぴちゃぴちゃ舐める」があります。

 

Then he rose up and seized his weapons in his hand, and for all Emer and the rest could do, he rushed forth from the house. And madness came upon him when he saw the rolling billows rising ever towards the house, and all the land covered with mist and spray; and he called Emer, and would have lifted her up above the waves to carry her in safety through the billows. But Emer and the rest could see no waves, only the green waving grasses of the pleasure-field, and nought they heard save the soft rustling breath of spring that whispered through the leaves.

すると彼は起き上がり,武器を手に掴んで,エメルや他の者達が何をしようと,家から飛び出して行った。そして渦巻く波が屋敷に向かって立ち上り,地面が至るところ靄としぶきで覆われているのを見ると,狂気が彼を囚えた。そして彼はエメルに呼びかけ,彼女を担ぎ上げて安全に波を越えて運び出そうとした。しかしエメルと他の者達には波が見えず,遊技場で緑の草が靡いているのが見えただけだった。また春の優しい息吹が,葉の間で囁いている他は何も聞こえなかった。

for all that だとか,for all... には「……にも拘わらず」という逆接の意味がありますね。for は「為」「目的」「理由」と逆接っぽくない意味なのにどうしてでしょうか。これは〈交換の for〉のせいです。分かりやすいのは以下の例でしょう。

 He failed for all his efforts.「いかなる努力をもってしても彼は失敗した」

 He failed for all his riches.「いかなる富をもってしても彼は失敗した」

これらは〈交換の for〉で理解することができます。「全ての努力・富と引き換えに彼は失敗した」→「全ての努力・富にも拘わらず彼は失敗した」ということです。今回の for all Emer and the rest could do も,「エメルと他の者達がなしえたこと全てと引き替えに(クー・フーリンは出て行った)」→「エメルと他の者達がたとえ何をやろうとも(クー・フーリンは出て行った)」と解釈できます。

 

And Emer said: “Little Cu, O my first love and darling of all earth’s men, never until this hour have I or any of thy women-folk put hindrance in thy way in any exploit or battle-raid that thou didst desire. Though oft we wept, and many a time we thought thou never wouldst return, we never held thee back. But now for my sake, my own chosen sweetheart, go not forth. No sea is that thou seest upon the green, but only waving grasses and the fluttering leaves. Heed not the magic noisome spells of those thy enemies, but one day more abide. Then never till the end of life or time will we restrain or hold thee back again.” But Cuchulain said, “Emer, restrain me not; I see the horses of Manannan riding on the waves; I hear Manannan’s fairy harp play gently o’er the billows; Manannan’s ancient face I see beckoning me o’er the main.”

それでエメルは言った。「ワンちゃん,私が世界で一番愛する人,この時まで一度も,私も,貴方の女家族も,貴方が望んだどんな偉業でも戦闘でも,貴方の邪魔をしませんでした。私達はよく泣いたし,貴方が二度と戻らない,二度と貴方を迎えられないと何度も思いましたけれど。しかし今は私のために,私が選んだ愛する人よ,行かないで下さい。貴方が芝生の上に見ているのは海ではありません。草が揺れ,葉がはためいているだけです。貴方の敵が発した不快な魔法の呪文に惑わされずに,ただもう1日,堪えて下さい。そうすれば私たちは死ぬまで,貴方を制限したり,連れ戻そうとは致しません」 しかしクー・フーリンは言った。「エメル,止めてくれるな。マナナーンの馬達が波に乗っているのが見える。マナナーンの魔法のハープが大波の上で優しく奏でているのが聞こえる。マナナーンの年老いた顔が,海の上で私に手招きしているのが見えるのだ」

exploit は色んな意味があり注意です。「(利用する→)開発する」「(利用する→)搾取する」「偉業」です。前二者の名詞形として exploitation があります。

 

Then Emer knew that the hour of Cuchulain’s fate was come, and that nought of all that ever they could do would avail to turn him back. For the seer had prophesied that when Cuchulain should see the horses of the ancient Ocean god upon the waves, and when he should hear Manannan’s harp play sweetly, the hour of his fate was come, and he must e’en go back to Shadowland.

それでエメルはクー・フーリンの運命の刻が来たと悟った。自分達がなし得るどんなことも彼を呼び戻すのには役に立たないと。というのは,万一クー・フーリンに,古代の海神の馬達が波の上にいるのが見えたら,そしてマナナーンのハープが優しく奏でているのが聞こえたら,彼の運命の刻が来たのだ,影の国に戻らねばならないのだ,と予言師が言っていたからである。

 

Then she herself called Laeg to prepare his chariot and harness his horses, and to set his fighting-gear in order, that not by phantasies or magic wild imaginings, but as a chariot-chief and champion facing his foes he might go forth to die; and she brought out his helmet and set it upon his head, and placed his mighty shield within his hand, that he might die as a hero should.

それで彼女は自らロイグに呼びかけ,彼の馬車を準備させ馬を繋がせ,武具をきちんと準備させた。幻想や魔法の幻影に駆られてではなく,戦車長として,敵に立ち向かう勇者として,死にに行けるようにである。そして彼女は彼の兜を出してきて彼の頭に被せ,彼の強大な盾を手に持たせ,彼が英雄として死ねるようにした。

 

And when Cuchulain saw his chariot standing ready for him, and Laeg therein awaiting him, and the noble steeds pawing the ground, the phantoms of his brain passed away from him, and his warrior strength and joyousness of mind came back, and he donned his armour with good-will and gladness, and made to spring into the chariot. But for the first time since the day when they rose out of the magic lake, the steeds obeyed not his hand, but started from him and turned the chariot round, evading him. And when Laeg drew them back, and Cuchulain prepared to spring again into the chariot, they fled away before him.

そして自分の戦車が用意されており,ロイグが中で待っていて,気高い軍馬が地面に蹄を下ろしているのを見ると,彼の頭から幻影が消え失せ,彼の戦士の力と喜びの心が戻り,彼は前向きに,喜んで武具を身に付け,戦車に飛び乗ろうとした。しかし馬達が魔法の湖から現れて以来,初めて彼らは彼の命令を拒み,彼から逃れて戦車を回転させ,彼をかわした。そしてロイグが馬達を御し,クー・フーリンが再び飛び乗ろうとすると,彼らは逃げてしまった。

・たった1日我慢するだけですからね。馬達も賢いです。

 

“How now, how now is this, good steeds?” said Laeg; “full oft before ye two came bounding at your master’s call, nor ever turned away. Ill deed is this of thine, for never upon any former day did he and I need help from you as now we need it. Presage of evil is this freak of thine!” This when the Grey of Macha heard he stood quite still, the Black Steed by his side, and they let Cuchulain mount into the chariot; but even as he sprang to take his seat, his weapons all fell down about his feet; to him a grim foreshadowing of ill. He saw, moreover, that from the horses’ eyes and down their cheeks coursed tears of dusky blood.

「どうした,これは,お前さん達」ロイグは言った。「今まで君達は実によく,御主人の呼びかけに跳んで来たよね。逃げることなんてなかった。今回の君達の行為はダメだよ。今まで彼も僕も,今ほど君達の助けを必要としたことはなかった。この奇怪な行動は不吉な前兆だよ!」 リアト・マハはこれを聞くととても静かになり,ドゥブ・サングレンは彼の傍に来て,彼らはクー・フーリンを馬車に乗せた。しかし彼が着席しようと跳んだ時,彼の武器がみな足元に落ちてしまった。彼には不吉な前兆だった。その上彼には,軍馬の眼から,彼らの頬に伝って,黒ずんだ血の呪われた涙が流れているのが見えた。

This when the Grey of Macha heard he stood quite still の読解にかなり時間を要しました。これ,When the Grey of Macha heard this, he stood quite still ですよね。こんな目的語の回し方があるんですね。

 

Yet for all that he stayed not, but without farewells or partings of any kind at all, joyously he set forth towards Murthemne’s Plain, to meet the hosts of Meave. But when the cruel Children of the Blast saw the imprisoned champion go forth and take the level road across the plain, up to the highest heavens they rose aloft with wild shrill cries and shriekings of delight, and through the air upon the whistling wind they sped before him, hastening to arouse the hosts of Meave to meet him in their strength. Before Cuchulain’s eyes they raised a vision of battle-troops and marshalled lines standing round Emain, with chariots, steeds and weapons in great plenty.

しかしそれでも彼は留まろうとはせず,いかなるサヨナラや別れの言葉もなく,嬉々として彼はメーヴの軍勢に対峙しようとムルセウネの野に進み出た。しかし囚われの勇者が進み出て,平野を横切る道を往くのを冷酷な嵐の子等が見ると,彼らは野卑で甲高い叫び声や喜ぶような金切り声と共に天高く舞い上がり,空中をヒューヒュー言う風に乗って彼の前に進軍し,メーヴの軍勢に,力で対抗するよう急いで喚起した。クー・フーリンの眼前に彼らは夥しい戦車,軍馬,武器を備えた,エヴァンを取り囲む戦隊や戦列の像を出現させた。

 

He saw the city red and dark with flames, and heard the shouting of the foe as Emain sank in ashes. That vision passed away, and then another came before his mind. He saw Dun Dalgan, his own home, aglow, like Emain, in the ruddy flame. He saw the women flying from the flames, with hair dishevelled, and with streaming eyes. He heard the crashing of the blazing walls, as inward one and then another fell. He saw the foe behind with swords upraised, slaying and cutting down the women as they ran. Then he saw Emer, his own loving wife, standing alone upon the outer wall, scanning the distant plain.

彼の眼には街が炎で赤く暗く染まるのが見え,エヴァンが灰に沈むと共に敵の叫び声が聞こえた。その像は消え去ったが,次いで別の像が彼の頭に現れた。彼には自身の故郷ダンドークがエヴァン同様,赤々とした炎に燃えているのが見えた。女達が髪を振り乱し,涙を流しながら炎から逃げ惑っているのが見えた。炎上する壁が,互いに折り重なるように大きな音を立てて崩れるのが聞こえた。背後の敵が剣を持ち上げ,逃げる女達を斬り殺しているのが見えた。そして自身の愛する妻エメルが1人外壁の上で,何かを探しながら遠くの平野を眺めているのが見えた。

 

She raised her hands and called on him for help, and down her face ran torrents of salt tears. Then he could see behind her, creeping slowly on, a fierce relentless warrior of Meave’s host. And with one spring he saw him seize her hair, the soft long locks Cuchulain loved to touch, and backward with his cruel pitiless hand he drew her head, and with a single blow he sheared it off, flinging it in disdain out o’er the rampart’s wall, and trampling her fair body under foot. When he had seen that deed, Cuchulain groaned, and sped along the plain with greater haste.

彼女は両手を上げて彼に助けを求め,彼女の顔から滝のような涙が流れた。それから彼は彼女の背後に,ゆっくりと,メーヴの軍勢の獰猛で容赦ない戦士が1人,近づいてくるのが見えた。そして彼の眼には一跳びで戦士が彼女の髪,クー・フーリンが撫でるのが好きだった柔らかい長い髪の房を掴むのが見え,冷酷で憐みのない手で戦士は彼女の頭を後ろに引き,一撃で彼女の頭を刈り取り,軽んじるように彼女の頭を城壁の上から投げ,彼女の美しい体を足で踏みつけた。そのような行為を見ると,クー・フーリンは呻き声を上げ,ますますスピードを上げながら平野を疾走した。

・魔法で作り出した虚像にしても許せないと思う挑発ですな。

torrent は「奔流,激流」です。激流のような涙ということです。滝のような雨,豪雨のことを torrential rain と言います。

disdain は「軽蔑,軽蔑する」です。

 

Then passing o’er a stream they saw a maiden stooping on the brink, as though she washed and rinsed the garments of the slain. Slender and white her body and her hands, but all the waters ran with crimson blood, and still she washed, and wept, and wrung her hands, and all her yellow hair hung down in tresses slowly dropping blood. Sharply and quick, without a word or pause, Laeg turned the chariot when he saw the girl, and made as though to flee. “How now?” said Cu; “what dost thou, Master Laeg? What spoils are these the maiden wrings and washes in the stream? and who and what is she?” “She is the Watcher of the Ford,” Laeg cried, “the daughter of the goddess of grim war. She wrings the garments of the slain, or those about to die. Dost thou not see that they are thine own garments that she washes out to-day; that it is thine own sword that runs with blood, dying the river red? Alas! alas! while there is time, let us now turn and flee.”

それから川を渡るときに彼らは1人の少女が川べりに屈み,まるで殺された者の衣服を洗い,ゆすいでいるように見えた。彼女の体や手は白くてほっそりしていたが,川の水は血で真っ赤であり,それでも彼女は洗い,涙を流し,両手を揉み,彼女の黄色い髪は全て,ゆっくりと血を垂らす房になって垂れていた。少女を見るとロイグは言葉も発さず止まることもなく,鋭く素早く戦車を回転させ,逃走しようとした。「どうしたんだ」とクーは言った。「ロイグ君,何してる? 女の子が揉み洗いしているあれは何の戦利品だい? 彼女は誰,何者?」 「彼女は浅瀬の見張りです」ロイグは叫んだ。「恐ろしい戦の女神の娘です。彼女は殺された者や死にかかっている者の衣服を洗うのです。彼女が今あそこで洗っているのが貴方自身の衣服だと分かりませんか? 血が滴って川を赤く染めているのは貴方自身の剣ですよ。嗚呼恐ろしい,時間があるうちに引き返して逃げるのです」

slainslay「殺す」の過去分詞(slay-slew-slain)。the slain は「殺された者達」です。誰も死んでいないのに slay したと言った時は「笑い転げさせる,いたく感動させる」です。

・この dying は「染める」の dye ですが,現代英語では dyeing が普通でしょう。

 

“Dear comrade, it is well,” the hero said, “I may not turn me back from this my hour of vengeance on the men of Erin, revenge for all the ill that they have wrought on us. What though the fairy woman wash my spoils? great spoil of arms, of armour and of gear, is that which by my spear shall shortly fall and lie there drenched in blood. None knows it better than I know myself that in this coming onslaught I must fall; whether I stay I am devoted to death, or whether I go, the span of my life is run out. No more then hinder or delay my course, for sad as you may be to see me go to Death, even so glad and cheerful I myself go forth to meet my fate. Let me but once more thus avenge my country’s wrongs, and gladly and with joy I give my life.”

「友よ,いいんだ」英雄は言った。「エリンの者達に復讐をし,奴等が我等になした全てのことに復讐するこの刻に,引き返したりはしないんだ。でもなんであの妖精は僕の装備を洗っているんだ? 大きな武器,鎧,装備は,もうすぐ僕の槍の傍に落ち,血に塗れて転がるものだ。来たる突撃で僕が斃れることは僕が一番分かっている。留まろうとも進もうとも僕は命を捧げている,僕の天命は尽きているのだ。ならばこれ以上何も僕の進む道を妨げたり遅らせる物はない。僕が死に逝くのを見るのが君は残念だろうが,僕自身は僕の運命に立ち向かって行けるのが嬉しく楽しいのだ。だからもう一度国の仇を討たせて欲しい,そうしたら喜んで僕は命を捧げよう」

 

So he turned again and faced the enemy, and all his gloom and heaviness passed from Cuchulain, and the delusions of the gruesome fairy folk troubled him no more. Cheerfully and free from care he rode on towards the host, and from his forehead, brighter than the sun, shone out the Hero’s Light. Right terrible and beautiful he stood, his mighty sword uplifted in his hand, his eyes beneath his helmet flashing fire. And when they saw him coming thus alone, a shout of triumph rose from all the host, and mounted to the very clouds of heaven.

それて彼はもう一度引き返し,敵に向かっていった。するとクー・フーリンからあらゆる憂鬱と重い気持ちが消え去り,妖精共のぞっとするような幻影はもはや彼を苦しめなくなった。陽気に,悩みもなく,彼は敵軍向かって戦車を走らせ,すると彼の額から,太陽よりも明るい英雄の光が輝いた。正に恐ろしくも美しい姿で,強力な剣を掲げ,兜の下の両眼は炎の如く輝いていた。そしてクー・フーリンが独り向かってくるのを見ると,敵全軍から勝利の雄叫びが上がり,空の雲まで響いていった。

 

==========

クー・フーリンの運命はどうなるのでしょうか。簡単にはやられなさそうですが。次回,第29章に入ります。

 

↓戦車に乗るロイグとクー・フーリン

ja.wikipedia.org

 

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

アメリカ歴代大統領25-26(マッキンリー-T.ローズベルト)

アメリカ歴代大統領22-24」の続きです。20世紀に入ります。

 

(25)ウィリアム・マッキンリー(1843-1901;1897-1901)

※リンカン,ガーフィールドに続き暗殺された3人目の大統領

南北戦争に従軍した最後の大統領

1843年,オハイオ州で9人兄弟の7番目として生まれる

マウントユニオン・カレッジ,アレゲニー大学で学ぶ。フラタニティはシグマ・アルファ・イプシロン(ΣΑΕ)

1861年4月,南北戦争勃発

1861年6月,北軍に入隊。上官にオハイオ州出身のラザフォード・ヘイズ

1865年,大尉。最終的に少佐に名誉昇進

1867年,弁護士

1868年,ラザフォード・ヘイズオハイオ州知事に。マッキンリーは彼の選挙活動を応援

1869-1871,オハイオ州スターク郡の検事官

1871年,イーダ・サクストンと結婚

1876年,ストライキ,のち暴動を起こした鉱山労働者達を弁護

※鉱山を経営していたのはマーク・ハンナ(のち上院議員)であったが,彼はのちマッキンリーの政治的盟友になったという

ja.wikipedia.org

1877-1882,オハイオ州選出共和党下院議員

民主党候補に敗れ落選期間)

1885-1891,オハイオ州選出共和党下院議員

1890年,マッキンリー関税を提案(ベンジャミン・ハリソン政権

1892-1896年,オハイオ州知事

1892年の大統領選でマッキンリーは共和党候補の第3位に終わる。候補に選ばれたのはベンジャミン・ハリソン(現職第23代大統領)だったが民主党クリーブランドが大統領に当選

1896年の大統領選挙で民主党のブライアンに271-176で勝利,大統領に

※前述のマーク・ハンナが資金面でバックアップした

“マークは、政治的貢献に対する見返りと見られることを恐れて、マッキンリー政権においていかなる官職にも就かないと表明した。1892年には既に広言していたように、上院議員になりたかったのである”ウィキペディア「マーク・ハンナ」)

マッキンリーは,帝国主義的政策を採った

1898年2月,メイン号事件(メイン号がハバナ湾で爆発,日本人ボーイ,コック数名を含む260名以上死亡)

アメリカはスペインが設置した機雷が原因と主張。他に事故説,米軍の自作自演説(いわゆる陰謀論)がある

1898年4月-8月,米西戦争

※大統領は当初開戦に乗り気でなかったが世論に逆らいきれず?

※戦場はマニラ湾海戦,グアム,キューバプエルトリコ

T.ローズベルトキューバ戦線で英雄となった

1898年,ハワイ併合

クリーブランド大統領は1893年にハワイ併合を却下していた

1898年,アメリカの帝国主義的進出に反対するマーク・トゥエイン,「鋼鉄王」アンドリュー・カーネギー,哲学者ジョン・デューイクリーブランド元大統領ら,「アメリ反帝国主義連盟」結成(-1921)

1898.12,パリ条約米西戦争の講和

※スペイン領キューバ独立,アメリカの保護国に。西領グアム,プエルトリコアメリカに割譲。西領フィリピン群島をアメリカから2000万ドル受け取って割譲

※太平洋におけるスペインの力はなくなり,アメリカが太平洋の帝国に

1899-1902年,米比戦争

※1896年からスペインに対し武装蜂起していたフィリピン人アギナルドは独立のためアメリカに協力してスペインと戦ったが,アメリカの思惑は違った

1899.1,フィリピン第一共和国樹立,アギナルド大統領に

1899.2,アメリカ議会,(スペインがフィリピンをアメリカに2000万ドルで割譲するという)パリ条約を批准。独立を宣言したフィリピン共和国アメリカの主張が対立

1899.2月末,米軍,マニラを掌握

1899.6,国務長官ジョン・ヘイ,列強に対し,中国に関する機会均等を求めて門戸開放宣言

1899.11月,有色人種同士で戦うことに疑問を持った黒人兵ファーゲンら,米軍を脱走しフィリピン軍に参加

1900年の大統領選挙で再び民主党のブライアンに292-155で勝利し再選。前回より差が開いたので,大統領の政策は支持されたということか。副大統領はT.ローズベルト

1901.3月,アギナルド,米軍の捕虜に。フィリピン軍,敗北が決定的に

※なお米軍の軍政長官はダグラス・マッカーサーの父

※この後はゲリラ戦や蜂起が10年ほど続いた

1901年9月,マッキンリー大統領無政府主義に傾倒したチェルゴッシュにより銃撃され,9日後死去

※狂信的禁酒主義キャリー・ネイション,大統領の暗殺は飲酒の罰と不謹慎発言

北米最高峰,マッキンリー(6190m)は彼が由来であるが,2015年,オバマ大統領によりデナリが正式名称となった

1964年,アギナルド,94歳で死去

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

 

(26)セオドア・ローズベルトルーズベルト(1858-1919;1901-1909)

初めてノーベル賞を受賞したアメリカ人1906年日露戦争仲裁により平和賞)

※昇格ではあるが就任時最年少の大統領(42歳10ヶ月)。ケネディは43歳

※Roosevelt は「ウザヴェルト」のような発音

 

1858年,ニューヨーク市で生まれる。父は成功した商人

※子どものころは喘息もちで病弱,運動で克服。彼のスポーツ好きは都会におけるスポーツの流行に影響した

1861年南北戦争勃発

※従軍しなかった世代。のちの米西戦争に従軍することになる。

1880年ハーバード大学を卒業

1882年,米英戦争におけるアメリカ海軍の歴史についての論文を書く

1882-1884年ニューヨーク州議会議員

1895年,ニューヨーク市公安委員長

1884年,母と妻アリスを同日に失う

ダコタ準州ノースダコタ州)に転居

1886年,イーディス・カーロウと再婚

1897年,アメリ海軍次官

1898年,米西戦争勃発(マッキンリー政権)。海軍省を辞し,第1合衆国義勇騎兵隊「ラフ・ライダーズ」を結成。任務はスペイン領キューバへの侵攻。同年7月のサンファン高地への突撃で活躍

※火星,金星についてのSFや,「ターザン」シリーズを執筆したバローズ(1875-1950)はこれに志願し不採用となっている

※米兵はマラリアに苦しんだという

※ローズベルトは「テディ」より「大佐」と呼ばれることを好んだ

1899-1901年,ニューヨーク州知事

※最近(2021.8)クオモ知事が辞任し,昇格ではあるが女性初のキャシー・ホウクル知事に

1900年の大統領選挙でマッキンリー再選。ローズベルト副大統領に

1901.9,マッキンリー銃撃され死去,ローズベルト大統領に昇格。42歳10ヶ月

1903年アメリカの画策によりパナマ,コロンビアより独立

※海軍力を背景にしたローズベルトの強硬外交は棍棒外交と呼ばれる

ja.wikipedia.org

1903年ライト兄弟,有人動力飛行に成功

※テレビ中継もない時代で『サイエンティフィック・アメリカン』を初め多くの科学者,雑誌がこれを信じなかった

1904年,アメリカ資本でパナマ運河建設開始(1914年開通)

1904年の大統領選挙で民主党のパーカーに336-140で勝利,選挙でも大統領に選ばれる

1904-1905年,日露戦争

1906年ノーベル平和賞受賞日露戦争仲裁による)

ポーツマスは英・米共にあるがポーツマス条約アメリカの方

 イギリスのポーツマスハンプシャーにある

 アメリカのポーツマスニューハンプシャーにある

※他に平和賞受賞大統領はウィルソン,カーター,オバマ

1907年金融恐慌取り付け騒ぎ,ニッカーボッカー信託会社倒産,株価は前年度最高値から半減,失業者300-400万人

中央銀行がないことはアメリカ経済の脆弱性の原因とされた。連邦準備制度は1913年成立(ウィルソン政権)

1907年,マイケルソン=モーリーの実験で有名なアルバート・マイケルソン,ノーベル物理学賞を受賞(米国史上2人目)

1908年3月8日,ニューヨークで女性が女性参政権を求めデモ

※3月8日は国際女性デー

1908年,フォード・モデルT(T型フォード)発売

※流れ作業による大量生産で1927年までに1500万台生産

1908年,アメリカ連邦捜査局FBI)設立

1908年,ジェネラルモーターズGM)創業

1908年の大統領選挙で共和党のタフト民主党のブライアンに321-162で勝利

※ローズベルトは3期目は出馬しないという約束を果たした

※ブライアンは1896年,1900年,1908年に出馬して全敗。民主党ウィルソン政権で国務長官となった

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

==========

3期目は出馬しないということで引退したかに思えたローズベルトでしたが,タフト政権の時,ある意味とんでもない行動に出ます。なにせ,1908年時点でまだ50歳ですから。

20世紀に入り,重要事件も増え,なかなか大変になってきました。次回はタフト(27),ウィルソン(28)です。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

www.freynya.com

アルスターの猟犬(58)

アルスターの猟犬(57)」の続きです。第28章に入ります。

 

CHAPTER XXVIII

The Hound at Bay

Yet all this while Cuchulain’s foes drew closer round him, watching their opportunity, and the land was filled with smoke and flame, and omens foretold that the Hound was at bay at last, and that the King of the Heroes of Erin was doomed to die. For though Meave entered not again into open war with Ulster, never had she forgotten the disgrace put upon her armies by Cuchulain, in that he alone had beaten and held back her troops during the whole winter’s length, slaying and destroying her chosen men. His kindness to her in her weakness she soon forgot, or if she remembered it, it was made bitter by the laugh of Fergus; she felt humiliated that she, the mighty warrior queen, and leader of her forces, had stooped to ask help from the hands of her enemy. So she awaited the moment of revenge.

しかしこの間中ずっとクー・フーリンの敵達は彼の周りに集まって機会を窺い,国土は煙と炎に満ち満ちて,遂に猟犬は窮地に追い詰められたと,エリンの英雄達の王は死ぬ運命にあるという予言が語られた。というのもメーヴはあからさまにアルスターに戦争を仕掛けることはなかったものの,クー・フーリンによって自分の軍に付けられた恥辱を決して忘れてはいなかった。彼は冬の戦じゅうずっと,彼女の選りすぐりの兵達を殺戮し,彼1人で彼女の軍を打ち負かし撤退させたのであった。彼女の弱さに彼が慈悲を見せたことも彼女は忘れ,或いは覚えていたとしても,フェルグスの笑い声によって苦々しい思い出となっていた。彼女は辱められたと感じていたので,力強い戦士の女王,軍勢の指導者でありながら,自身の敵の手からの援助をなりふり構わず乞うた。それで彼女は復讐の瞬間を待った。

・久々のメーヴの登場ですね。

at bay は「窮地にあって」という熟語です。この bay は「湾」ではなく,「吠える」です。「声高に要求する(bay for...)」という意味もあるようです。他に「月桂樹」もあります。

stoop は「前かがみになる」ということから,「品位を落とす」の意もあります。「力強い戦士の女王」らしからぬことから,逆説っぽく訳しました。

 

Throughout all Ireland she sent messengers to stir up strife against Cuchulain, so that he was harassed and pursued on every hand; nor did he ever sleep a night in peace. To all those men whose fathers or brothers or sons Cuchulain had slain she whispered of revenge, and glad and pleased she was when one and another fell upon him unawares or led a raid into the country of Murthemne, to burn and spoil the land. Above all, she stirred up Luga, son of Curoi, prince of Munster, and Erc, the son of Tara’s royal king; and these awaited but a chance to fall upon Cuchulain unawares.

アイルランド全土に彼女は使者を送り,クー・フーリンとの戦いをけしかけ,彼があらゆる方面から攻撃され,追求されるようにし,1晩たりとも穏やかに眠れぬようにした。父や兄弟や息子をクー・フーリンに殺されたあらゆる者に対し彼女は復讐を囁きかけ,誰かが彼に奇襲したり,ムルセウネの国を襲撃して,国土を焼いたり荒らしたりすると彼女は喜び満足した。とりわけ彼女はマンスター王クー・ロイの息子ルガドと,タラの王の息子エルクをけしかけた。そしてこれらの者はクー・フーリンを奇襲する機会をひたすら待った。

Curoi「クー・ロイ」はウィキペディアに載っていました。「平原の猟犬」という意味らしく,クー・フーリンの「クー」と同じですね。マンスター(アイルランド南部の州)の王で,クー・フーリンに殺されたことになっています。その息子 Luga については,英語版に Lugaid mac Con Roi として載っています。Erc も英語版に Erc mac Cairpri として載っています。

アイルランドのマンスターを,ドイツの都市ミュンスターと混同せぬよう注意

ja.wikipedia.org

 

But worst of all, she sent a brood of monstrous, ill-shaped sprites, half-women, half-goblins, in their forms and minds, to learn throughout the whole wide distant world some secret way to bring Cuchulain to his death. Monstrous they were, for but one single eye was in their foreheads, and their right legs and left arms were lopped off at the stump. They did not move along the earth like men, but on the broad back of the whistling winds and wrapped in magic clouds of their own making, they sped o’er land and sea.

しかし最悪な者として,彼女は怪物のはらから,醜悪な悪鬼,姿も心も半分が女性で半分がゴブリンという者達を呼び,クー・フーリンを死に至らしめる秘技を世界の最果てまで探し求めた。彼らは額に1つだけ目があり,右脚と左腕が根元からなく,怪物であった。彼らは地上を人間のようには移動せず,ヒューヒュー唸る風に乗り,自分で作り出した魔法の雲に包まれ,地上も海上も素早く移動した。

of their own making は「自分自身で作った」という意味です。

 

Hideous and frightful were they to behold, and hideous were their thoughts and their designs. When they drew near, a poisonous ill-wind preceded them, and all the sky was dark with venomous clouds about them and above, so that although they saw them not, men shrank with fear and felt but ill at ease. These creatures then she sent through the wide spaces of the universe to learn all cruel magic arts that hurt and trouble men. And for five years they wandered through the earth, until they reached the fearful realm where Vulcan forged his weapons in the fire.

彼らは見るにも恐ろしく醜い存在で,彼らの考えも企みも醜悪だった。彼らが接近する時,有毒で邪悪な風が先行し,彼らの周囲と上空に出現した毒の雲で空全体が暗くなり,人々は彼らの姿が見えなくても,恐怖で縮み上がり,ひたすら不安を感じた。それでメーヴはこれらの怪物を世界に広く解き放ち,人々を傷つけ苦しめるあらゆる冷酷な魔法術を学ばせようとした。そして彼らは5年の間地上を彷徨い,遂にウゥルカーヌスが火で武器を造った恐ろしい国に到達した。

their designshideous だったというのを,「彼らのデザイン→外見」が「醜悪だった」と誤読してはいけません。design には「意図,企み」という意味があります。by design は「意図的に」という重要熟語です。

Vulcanローマ神話の火の神です。volcano「火山」の語源ですね。「ヴルカヌス」と言った方が伝わり易いかもしれません。

 

The secret of all poisonous herbs they learned, the use of every charm that spoils men’s lives and drives them to despair; they learned to raise a magic stormy sea upon dry land, in which men might be drowned; and out of forest twigs and fluttering leaves they learned to form a host of fighting-men and armed them with the spiked thorn of the thistle leaves or with the blackthorn’s barb.

彼らはあらゆる毒の薬草の秘訣,人の人生を破滅させ人を絶望させるあらゆる魔法の使用法を学んだ。また彼らは乾いた土地に,人々が溺死するような魔法の荒海を起こした。また彼らは森の木々の枝やはためく葉から戦士の軍勢を作り出し,彼らを薊の葉の棘や山査子の棘で武装させた。

thistle は「薊(アザミ)」です。ウィキペディアには “葉や総苞にトゲが多く、さわるととても痛いものが多い。触れれば痛い草の代表である” とあります。今初めて,『スカイリム』の「シッスル」が「薊」のことだと分かりました。

 

From Vulcan’s hand three cruel spears they took, their names, ‘Wind,’ ‘Good-luck,’ and ‘Cast’; three swords of magic power, too, they got, the ‘Wounder,’ and the ‘Hacker,’ and the ‘Hewer.’ “By these three spears or these three swords the splendid Hound shall die,” was Vulcan’s word; “each one of them shall kill a king of Erin, and among those kings will be the mighty king of Erin’s hero-chiefs, the triumphant, heavy-smiting, noble youth, whom men call ‘Ulster’s Hound.’”

ウゥルカーヌスの手から3本の冷酷な槍を彼らは受け取った。「風」「幸運」「投擲」と言った。また彼らは「傷つける者」「切り刻む者」「叩き切る者」という3本の魔法剣も受け取った。「この3本の槍と3本の剣であの見事な犬は殺せるだろう」というのがウゥルカーヌスの言葉だった。「これらの1本でエリンの王が殺せる。その王の中にはエリンの英雄の長達の力強き王,勝利,重き斬撃,気高き若武者,人が『アルスターの猟犬』と呼ぶ者も含まれるのだ」

 

Then with a fierce and cruel glee those hideous children of the storm bade Vulcan and his crew farewell, and on the rough and whistling blast that blows keen from the east, they rose on high and made their way to Erin’s coasts, alighting on the plain before the fort of Meave. She, rising early on the morrow, looked forth out of her bower, and saw them resting, each upon one leg perched on the rampart’s top. Her five-fold crimson mantle flung about her, straightway she stepped forth and made them welcome, and with a cruel joy she heard their news. The venomed spears and hard-wrought swords she took into her hands, and waved and brandished them to try their power, but though from point to hilt she bent them back, no sign of crack or failure could she find. “Well-tempered swords are these, indeed,” she cried, “by these my deadly foe shall fall at last.”

それを聞いて獰猛で冷酷な歓喜の声を上げ,その醜悪な嵐の子らはウゥルカーヌスと部下達に別れを告げ,東方より激しく吹き付ける,荒くて唸る風に乗って彼らは空高く上昇し,エリンの沿岸に向かい,メーヴの砦前の平野に降りた。彼女は朝早く起き,あずま屋から眺め,彼らが1本足で城壁の上に止まるのを見た。5重に折り畳まれた深紅のマントをはためかせ,メーヴは真っ直ぐ出て行って彼らを歓迎し,彼らの報告を聞いて冷酷な喜びを感じた。毒を含んだ槍や硬く鍛え上げられた剣を彼女は手に取り,その力を試すように振り回した。しかし先から柄まで曲げてみても,ひびや作り損じは見当たらなかった。「これは実によく鍛えられた剣じゃ」と彼女は叫んだ。「これで遂に我が不倶戴天の敵も斃れよう」

glee は「大喜び,歓喜」という意味です。

deadly には「命に係わるほど危険な」という意味もあるのですが,ここではクー・フーリンの危険性を形容したわけではなく,「生かしてはおけない」という意味です。deadly foemortal enemy は「死すべき敵」→「不倶戴天の敵」です。

 

Then straight to Ulster she sent forth the brood of ill-formed goblin women. “Seek out Cuchulain where he lies,” she said, “and on him try your spells. Set right before his face your magic tide of ocean-waves that he may rush into the flood and come thus to his death; or, if that fail, tempt him with magic troops and armed battalions made out of puff-balls or of fluttering leaves and armed with sharp and prickly thistle-spikes. Thus lure him forth, for I have heard it said that Emer and her women hold him with their gentle wiles within his own strong fort, till he be healed of all his pain and wounds. Tempt you him out into the open plain, and there his foes will find and speak with him and utterly and for ever strike him down. My hosts are there, and Luga’s hosts and Erc’s. Give to each one of them your magic spears, that he may not escape. Thus shall the strength of Ulster fall at last! Thus shall our vengeance come! Within the space of three short days bring in his head to me.”

それから彼女は真っ直ぐとアルスターに醜悪なゴブリン女の眷属を派遣した。「クー・フーリンの居場所を探せ」と彼女は言った。「そしてお前たちの呪文を試してみよ。奴の目の前に海の潮の魔法をぶつけ,奴を洪水に放り込み,それで奴を死に至らしめよ。或いは,もし効かぬなら,魔法の軍勢を,ホコリタケや揺れる葉から造り出し,鋭く痛む薊の棘で武装した大隊で奴を戦いに誘え。そうやって奴を誘き出せ。というのも噂ではエメルや侍女達が,奴が完全に傷を癒すまで砦から出ぬよう言葉巧みに抑えておるらしいのだ。奴を開けた野に誘き出せ。そうすれば奴の敵は奴を見つけ話しかけ,完膚なきまでに奴を叩きのめすだろう。わらわの軍もルガドとエリクの軍もおる。それぞれにお前たちの持っている槍を与えよ。奴が逃れられぬようにな。これで遂にアルスターの強者は斃れよう。これで我等の復讐はなされよう。僅か3日のうちに奴の首を持って来い」

・細かいですが,if that fail if that fails となっていないことが気になりますね。広い意味での仮定法でしょうか。少し後ろに till he be というのがあるのも同構造です。未来のことであるし,仮定のことだから原形にしたのでしょうかね。

tempt,lure 共に「誘惑する」です。砦に籠っているので誘き出せということですね。allure とも言います。あっ。lure は「ルアー,疑似餌」です。これから連想して覚えられますね。

hear O Vpp「O が V されるのを聞く」に it is said that... をはめ込んだ hear it said that... は「……と言われるのを聞く」です。「……という噂を聞いた(I heard a rumor that...)」とも訳せます(Vpp は動詞の過去分詞)

 なお,hear とか heard とか時制が揺れていますが,「私は……聞いた」という意味において,I hearI heardI have heard もあります。改めて文章を見直したら I have heard になっていますね。現在・現在完了の場合は「……と聞いている」と訳すのもよいですね。

utterly and for ever は「完全に,かつ永遠に」ですが,ここは「完膚なきまでに」と訳しても近いでしょう。

・ちょうど槍は3本あり,3軍いるので1本ずつですな。

 

So with deep wiles Meave laid her cruel plans, plotting Cuchulain’s death; Murthemne and Cuchulain’s country she filled with war-bands, marching through the land wasting and marauding, and they burned the villages and the forests of the plain, so that the whole region was a cloud of fire about them. Now the friends of Cuchulain, and Emer, his dear wife, had taken the hero away with them from his own home at Dun Dalgan to a secret glen in Ulster, that is called the Glen of the Deaf, because no sound of war or tumult reached it, where was a pleasant summer palace retired from mankind.

このようにメーヴは非常に狡賢くも冷酷な計画を練り,クー・フーリンの死を目論んだ。ムルセウネとクー・フーリンの国を彼女は軍勢で満たし,土地を荒らし略奪しながら進軍した。そして彼らは村々や平野の森を焼き,領域中に煙が蔓延した。さてクー・フーリンの友人達,愛する妻エメルは,彼をダンドークの自身の拠点からアルスターの隠れた谷に引き離していた。戦や騒動の音が届かないので音無しの谷と呼ばれており,人里離れた心地よい夏の宮殿があった。

 

There they entertained him with sweet music and pleasant tales and games of chess, to hold him back from rushing to meet the foe; and they took from him his chariot and his weapons, and turned his chariot-steeds out into the fenced green, for they knew that if he should go forth at this time, he must surely fall. But the hero was restless and unhappy, and save that he had plighted his word to Emer and to all his friends he would not have entered the Glen. For Emer’s sake and theirs he went with them to the lightsome summer palace, and sat down with the poets and artists and the women-folk to listen to sweet beguiling music and tales of ancient deeds to while away the time.

そこで彼らは甘い音楽や心地よい物語やチェスのゲームで彼を楽しませ,彼が敵を迎え討ちに飛び出さぬようにした。そして彼から戦車と武器を取り上げ,戦車の軍馬を柵で囲まれた緑地に放牧してしまった。というのも今回万一彼が戦に行けば,必ずや彼は斃れるだろうと考えたからである。しかし英雄は落ち着かず,不満で,エメルや友人達に約束でもしない限り,谷には入らなかったであろう。エメルと友人達の為に彼は陽気な夏の宮殿に彼らと赴き,詩人や芸術家や女達と座って甘くうっとりする音楽を聞いたり,古代の勲を聞いて時を過ごした。

turn out は「(灯り)を消す」「生産・輩出する」「追い出す・解雇する」といった意味があります。ここでは馬なので,労役から説いて放牧した(ある意味解雇した)ということです。

restless は「休みがない」→「落ち着かない」と,簡単に連想して覚えられます。

beguile は「欺く,迷わす,魅了する」。be を取った guile は「策略,狡猾さ」。wile のような意味で,かつ wile と同根です。ga と wa は随分違うように思えますが,例えばウィリアム,ヴィルヘルムに相当するフランス名はギョーム(ギヨム)ですね。日本語で主語を ga,wa で表現するのは偶然なのでしょうか?

 

Everywhere throughout the Province the horrid brood of mis-shaped children sought him, but they found him not, neither in Dun Dalgan nor in Emain, nor in his own country of Murthemne’s Plain; but at last one of them soared up to the very clouds of heaven and surveyed the whole wide land of Ulster, and from a hidden forest glen she heard the sound of joyous revelry and the high, shrill voice of women’s laughter, and the cheerful noise of a great company keeping festival together.

クー・フーリンの国中で醜い子らの恐ろしい眷属は彼を捜索したが,ダンドークでもエヴァン・マハでも,彼自身のムルセウネの野でも発見できなかった。しかし遂にその1匹が空高くの雲まで舞い上がり,アルスターの広大な土地を見渡し,森の中の隠れた谷から陽気などんちゃん騒ぎや女達の甲高い笑い声,そして大勢が一緒にお祭り騒ぎをしている陽気な声を聞きつけた。

・遂に見つかりましたか。というか逆に,国土を荒らされているのにどんちゃん騒ぎしていたのですね。

 

Then she transformed herself into the shape of a black raven, and swooped down and perched above the seat on which Cuchulain sat. And it seemed to Cuchulain that he heard words, inciting him to go forth.

“Dun Dalgan is burned,” they said to him, “and all the province is laid waste; the war-bands and the hosts of Meave have ravaged all the land, and everywhere but smoke and flames are seen. Arise, O Hound, arise!”

そこでそのゴブリンは黒いワタリガラスに変身し,舞い降りてクー・フーリンが座っている席の上に止まった。そしてクー・フーリンは,自分を進撃させる声を聞いた気がした。

ダンドークは燃えている」その声は彼に言った。「そして国中が荒らされている。メーヴの軍隊・軍勢が国中を破壊し,至る所煙と炎だらけだ。目覚めよ猟犬,立ち上がれ!」

they の訳に注意です。クー・フーリンの傍まで行ったゴブリンは1匹だけです。they は「彼ら」ではなく「それら(the words)」を指します。they を見た時に取り敢えず人間と思うのには注意しましょう

==========

いよいよ次回,戦闘が始まりそうですね。2回目のメーヴ軍対クー・フーリン戦です。今回は人ならざる者まで連れてきました。お楽しみに!

 

ja.wikipedia.org

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

『鉄壁』未満英単語8(Wir-Wz)

『鉄壁』未満英単語7の続きです。N→E→Wの順で,現在Wに入っています。

 

Wir-Wz

wire「針金;電報,電信,電話(回線)」

wistful「物思いに沈んだ」

wishful「願望に基づく」もあり

witchcraft「魔術」

witch「魔女」は鉄壁に記載

witch-hunt「魔女狩り

withhold「差し控える,保留する」

※本来の語源ではないが,「自分と一緒に保つ」と考えると覚えやすい

woe /woʊ/「悲しみ,悲痛」woeful「悲痛な,情けない」

wolfsbane「トリカブト(monkshood)

baneFF14 の魔法にある「ベイン」で,「破滅」。「狼を殺すもの」が「トリカブト」。monkshood は見た目からであろう

ja.wikipedia.org

womb /wuːm/「子宮」

※発音法則は tomb /tuːm/「墓」と同様。「ウゥーム」「トゥーム」といった感じだが,comb /koʊm/「櫛」は「クゥーム」ではなく「コウム」

woo /wuː/「せがむ,求婚する;(間投詞)やったー

woof /wʊf/「犬・狼のウーと唸る声」

※音響機器ウーファー(woofer)の語源

workforce「労働力,総労働人口,全従業員」

workshop「作業場,研究会(ワークショップ)」

workweek「週の労働日数(working week)」

five-day workweek「週5日労働制」,40-hour workweek「週40時間労働制」

worldly「この世の,現世の,世俗的な,世界的な」←→unworldly

※world のまま修飾する語法もあります(World War)

worsen「悪化する・させる」worsening「悪化」

wraith「生霊,死霊」

※ゲームではおなじみ

wrath /米ræθ 英rɔθ/「憤怒」

wreak /riːk/「もたらす」wreak havoc on...「大打撃を与える(play havoc with...)」

reek /riːk/「悪臭を放つ」と同音

wren「鷦鷯(ミソサザイ)」

※ちょっとマイナーだが,ウルティマオンラインで馴染みがあったので。Wren 姓もあり

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

wrench「ひったくる,ひねる,ねじる,ひねること,レンチ,スパナ」

wrinkle「しわ,しわをつくる」

writhe /raɪð/「身悶えする」

========

私はここに載っている英語表現を最初から知っていたわけではなく,毎回のまとめ作業で初めて知ったものもあります(なお,MacBook Air にインストールしてある『ウィズダム英和辞典』をしらみつぶしに見ています)。今回初めて知った表現は wreak havok「大打撃を与える」でした。そしてこれが何ヶ月後,何年後にニュースやドラマや小説で出会った時に,「昔覚えたやつや!!」と感動するのです。

そんな日が来ることを願っています。

タイトルは Wir-Wz となっていますが,writhe で終わりました。次は J です。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英単語・英熟語へ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

アルスターの猟犬(57)

アルスターの猟犬(56)」の続きです。第27章の後半です。

 

When the host of the Ulstermen saw Conall bound, a wail went up from them, for never since the day that Conall the Victorious first took arms had any man been able to overthrow him, though he had fought with the most famous warriors of the world. With one voice they cried, “Send for Cuchulain here, for the honour of Ulster is at stake before this child. Now that Conall lies bound in fetters, Cuchulain alone can retrieve our honour.” And the King said: “It is well; send now for Cuchulain.”

コナルが縛られたのをアルスター兵の軍勢が見ると,彼らから嘆き悲しむ声が上がった。というのも勝利のコナルが武器を取ったその日から,世界の非常に有名な戦士達と戦ってきたにも拘わらず,何人も彼を打ち倒したことはなかったからだ。彼らは異口同音に叫んだ。「クー・フーリンを呼びにやれ,この少年を前にアルスターの名誉が危機に晒されている。コナルが拘束された今,我々の名誉を取り戻せるのはクー・フーリンだけだ」 そして王は言った。「宜しい,さあクー・フーリンを呼びにやれ」

the day when S V「SVする・した日」を the day that S V と言うことができます。that に代わっても全体の構造は変わりませんから,この that は when と同じ〈関係副詞〉ということになります。〈関係副詞の that〉です。関係副詞 that は全ての関係副詞(when,where,how,why)の代わりになり得,かつ省略が可能です。ということは論理的には〈全ての関係副詞は省略可能〉ということになってしまいます。つまり

 the day when S V「SVする・した日」

=the day (that) S V

=the day S V

 the reason why S V「SVする・した理由」

=the reason (that) S V

=the reason S V

です。

stake には「賭け金」という意味があり(競馬の「ステークス」もこれが由来でしょう),at stake は「賭けに出されて」→「危うい」です。他に stake には「杭」→「火刑柱」の意味もあり,こちらから連想することもできます。食べるステイク(ステーキ)は steak です。

 

Cuchulain was in his own fort at Dundalgan when the messengers arrived. But he refused to go with them, saying, “Where Conall Cernach falls there is no hope for me; bravest and best of all the warriors of Ulster is Conall the Victorious, and skilled in every feat of championship. Who then is this stranger who has come, and what is his name and lineage? where has he learned arts to fright the men of Ulster?” For in his own mind Cuchulain thought, “There is but one who can have learned those feats which Scath teaches only to her most valiant pupils; what if it be my son who comes?” So, on that account, he was unwilling to go with the men.

使者が到着した時,クー・フーリンはダンドークの自身の砦にいた。しかし彼は同行を拒んで言った。「コナル・ケルナハが倒れたのだから,僕にも無理だよ。アルスターの戦士で最も勇敢で優れているのが勝利のコナルだよ。勇者のあらゆる戦技に通じているんだ。それで,やって来た来訪者は誰で,どんな名前と血筋なんだい? アルスターの戦士を怯えさせるような技をどこで学んだんだい?」 というのも頭の中でクー・フーリンはこう考えたのだ。「スカアハが最も勇敢な生徒にだけ教えるという,あの戦技を学んだ可能性があるのは1人だけだ。やって来たのが息子だったらどうしよう?」 それで,それを理由に彼は同行を嫌がったのだ。

・この論理よく分かりませんね。少年が息子だとクー・フーリンがほぼ推定したのであれば,「それは僕の息子だろう。仲間に入れてやってくれ」で済むはずですから。

lineage は「家系,血筋」です。percentage の age が使われており,percentage は「何パーセントであるか」→「百分率」,voltage は「何ボルトであるか」→「電圧」,そして lineage は「どの line(家系,血筋)であるか」ということでしょう。「リネージュ」というゲームがありますが,英語の発音は「ニイジ(ニイッジ) /lɪniɪdʒ/」です。

fright は「恐怖」。「恐れさせる」は frighten ですが,ここでは fright=frighten となっています。

 

But the messengers urged him, saying, “The honour of Ulster is at stake; the king also commands thee and thy people wait for thee. Wilt thou that Ulster be put to shame before her foes?”

When Cuchulain heard that the honour of Ulster was at stake, he said, “Go on before me, I will but don my fighting-gear, and I will come.” For he thought on Conall Cernach lying bound upon the beach, and he remembered their old love and pledge of ancient friend ship; for they had sworn in youth that if either of the twain were in any trouble or peril, the other should go forth to his aid, wherever he might be, and thinking on this, he put on his fighting array, and took his massive broad-sword in his hand, and the terrible spear, the Gae Bolga, which no man could withstand, and that moved like a living thing upon the water to find its enemy.

しかし使者はこう言って促した。「アルスターの名誉が危機に瀕しています。王も貴方に命を下し,貴方の人民が貴方を待っています。貴方はアルスターが敵に辱められることを望みますか?」

アルスターの名誉が危険だと聞くと,彼は言った。「先に行ってよ。僕は装備を身につけてから,行くよ」 というのも彼は浜辺で縛られて倒れているコナル・ケルナハのことを考え,かつて友人として交した友愛と誓いを思い出したからだ。というのは,若い頃彼らは,仮に2人のいずれかが何らかの危難に逢った時には,もう片方はその者がどこにいようと助けに行くというもので,これを思い出し,彼は装備を身に付け,巨大なブロードソードと,誰も敵わない,そして生き物のように水上を這って敵を見つけるという恐ろしい槍ゲイ・ボルグを手にした。

・クー・フーリンとコナル・ケルナハの,互いがどこにいようと助けに行くという誓いは覚えておいてください。

wilt は will の古い形でしょうが,むしろ注目すべきは wilt(=will) が that 節を伴う動詞になっていることです(意味は「望む」です)。will や would はかつては動詞でした。だから Would that... = I wish... が残っているのです。

 I wish (that) he were here!「彼がここにいればなあ」

=(I) would that he were here!

Oh that he were here!

If only he were here!

ゲイ・ボルグの方は簡潔に説明されていますが,剣の方は「クルージー」なんでしょうかね。「アルスターの猟犬(45)」では彼の剣は “Little Hard” と書かれていましたが,「クルージーン」は「硬い」に由来するためその時はクルージーンだと推定しました。

 

But for all that, Cuchulain’s heart was sad, for he thought on Aiffe, and on Scath, and on the child that was to be born to him.

Then when the men of Ulster saw Cuchulain coming towards them, clad in all the panoply of war, and his shield and massive two-edged sword held in his hand, their grief was turned to gladness, and their weakness to power, and their fear to courage. And they cried, “Welcome Cuchulain, Welcome, Hound of Ulster! With thee the honour of Ulster is secure! Lo! thy comrade and thy lasting friend is bound before thy eyes; lo! the glory of Ulster is laid low. Welcome, Cuchulain!”

しかしそれでもクー・フーリンの心は悲しかった。彼はオイフェ,そしてスカー,そして自分に生まれたはずの子どものことを考えたからである。

それで,クー・フーリンが全身盛装をし,盾と大きな両刃の剣を手にやって来るのをアルスターの男達が見ると,彼らの悲しみは喜びに変わり,弱気は強気に変わり,恐怖は勇気に変わった。そして彼らは叫んだ。「ようこそクー・フーリン,ようこそアルスターの猟犬! 貴方が来てアルスターの名誉は守られた! 見よ! 貴方の同志,貴方の永遠の友が貴方の眼前で縛られている。見よ! アルスターの栄光が倒れている。クー・フーリンよ,おいでませ!」

panoply は「盛装」です。“pan” が「総・汎」を意味します(パンデミックパンナム=パン・アメリカンなどのパン)

 

But Cuchulain came on slowly, and his head was bowed, for his mind was troubled within him, and he liked not the combat of that day. And he thought to put it off a while, so he stood and watched the boy, who was gone back to his games again. He took no heed of Cuchulain nor of the hosts; nor did any sign of weariness appear on him, though he had bound a hundred of the foe, and Conall the Victorious with them.

しかしクー・フーリンはゆっくりと,うつむき加減にやって来た。というのも彼は頭の中で悩んでいたのだ。彼はこの日の戦闘を好まなかった。そして彼は戦闘を暫し先延ばしにしようと考え,立ち止まって少年を眺めた。少年はまた獲物に向かっていた。彼はクー・フーリンにも,また軍勢にも気を払っていなかった。彼は勝利のコナルを含め百もの敵を縛り上げたにも拘わらず,彼には疲れた気配は全く見えなかった。

 

Then Cuchulain said: “You make delightful play, my boy. Who are you yourself? what is your name? what your nation and people, that we may know?” But the boy said: “I came not over-seas to tell my name or to give tidings of my people; never shall any man get such news from me. It is not to tell my name that I am come, but to get peaceful landing here; and if I get not peaceful landing in this place, I will give combat to any that resists me, for this is the condition that is laid upon me, that I should never turn back from any journey, and that I refuse not combat with any man that offers combat to me. Willingly would I now do battle and combat with thee, O noble warrior, save that I like thy face and mien, and thy person is as the person of a prince of men, and not with good-will would I do hurt to thee. Moreover, thou hast brought with thee no strong comrade and warrior to protect thee from my blows.”

そこでクー・フーリンは言った。「少年,素晴らしい演武だ。君自身の名は? 君の名は何という? 君はどこの国と一族の出身だ? 我らも知る所と思うが?」 しかし少年は言った。「僕は名前を名乗ったり,一族の話をするために海を渡って来たんじゃないよ。誰も僕から話を聞けないよ。僕が来たのは名前を言うためじゃない。平和にここに上陸するためさ。そしてここに平和に上陸できないなら,僕を邪魔する誰とでも戦うんだ。というのもこれが僕に課せられた条件なんだ。それは,旅に出たら決して引き返さないということさ。また僕に決闘を申し込んだ誰に対しても,決闘を断らないこともさ。快く僕は,立派な戦士の貴方と戦うよ。ただ,貴方の顔と物腰は気に入ったよ。貴方の人柄は王の人柄で,進んで貴方を傷つけたくないなあ。それに貴方は僕の攻撃から守らせるための,強い味方も戦士も同行させていない」

It is not to tell my name that I am come はとても綺麗な強調構文(分裂文)ですね。I am come は I have come のことです。

 I have come to tell my name.「僕は僕の名前を言うために来た」

→I have come not to tell my name.「僕は僕の名前を言うために来たんじゃない」

→この分の副詞句たる not to tell my name を,It is と that で挟みましょう。

It is not to tell my name that I have come.「僕が来たのは,僕の名前を言うためじゃない」

 これが〈It is... that~ の強調構文〉です。

 さて,この文には続き(but to get peaceful landing here)がありますね。つまり not は not A but B の not であり,「僕が来たのは,VA するためではなく VB するためだ」と言っているのです。この一般形は,

 It is not to-VA but to-VB that I have come.

となります。しかしこれは前半が長く重くなりがちです。そこで but to-VB は切り離して文末に回し,

 It is not to-VA that I have come, but to-VB.

としたのが今回の形です。実際,言いたいことを最後に回す(焦点後置)ということからも,こうなりがちです。

 

Now when Cuchulain heard the little fellow talk like that, he laughed, and all the men of Ulster sent up one shout of mirth and of derision. “It would have been necessary for me to bring with me a tiny boy, or a wee baby in my arms,” said the Hound, “if I were to fight without odds with thee. However, lad, no warrior or little boy can pass this bridge unless the toll be paid and unless the stranger tell his name and whence he comes. Therefore stand upon thy guard. And as I wish no harm to thee, come thou on shore and we will wrestle with each other.” Then the lad left his currach, his little boat of bronze, and stood upon the shore.

さてクー・フーリンは小さな少年がそんな風に言うのを聞いて笑い,アルスターの男達はみな明るく,嘲るように笑った。「小さな男の子,或いは小さな赤ん坊を腕に抱いて連れてくる必要があったかな」と猟犬は言った。「もし君と対等に戦おうとするならば。しかし少年,どんな戦士も少年でも,通行料を払い,身元不明の者は名を名乗り,出身地を言わぬ限り,この橋は通れないんだよ。だから身を護るといい。そして私は君を傷つける気はないから,岸に上がって互いに取っ組み合おう」 すると少年はクラッハ,つまり彼のブロンズの小さな舟を離れ,岸辺に立った。

 

But when he came beside Cuchulain he reached not up to his knees. “This will never do,” said the little fellow, “I cannot reach thy belt to wrestle with thee; set me up upon two stones that I may come on a level to fight with thee.” Then Cuchulain helped him up on two large stones, and he thought to play with him gently, but the lad planted his feet so firmly on the rock that Cuchulain could not move him the smallest hair-breadth from his place; while before ever he was aware of what was happening, the child had caught him, and thrust him backward between two standing pillar-stones, so that he was wedged between them, and could not free himself. And the men of Ulster groaned aloud when they saw their champion used like that.

しかし彼がクー・フーリンの傍に来た時,彼の膝にも達していなかった。「これではダメだ」少年は言った。「僕は貴方と取っ組み合うために貴方のベルトに手をかけることもできないよ。僕を2つの岩の上に置いて,貴方と戦える高さにして」 それでクー・フーリンは彼を2つの大きな岩の上に乗せてやり,優しく遊んでやろうと考えた。しかし少年は余りにもしっかりと岩の上に足を据えたので,クー・フーリンは彼を髪の毛1本分も動かすことができなかった。一方少年は何が起こっているかが分かっており,彼を掴み,彼を2本の石柱の間めがけて後ろに突き押した。それで彼は石柱の間に割り込み,出られなくなった。するとアルスターの男達は,自分達の勇者がそんな風に扱われるのを見て呻き声をあげた。

up to... は「……まで」。reached up to his knees は「(水嵩などが)膝まで達した」です。

 

“Come down to the water, now,” said the boy, “and we will see which can pull the other under.” And they went into the sea, and swam out a good space from the land, and they caught each other and each tried to hold the other down beneath the waves to drown him. And twice the stranger-boy got the head of Cuchulain down and held him there, so that he was like to loose his breath, and to be suffocated in the sea.

「今度は水辺に降りよう」と少年は言った。「どっちが相手を沈められるか試そう」 それで彼らは海に入り,陸地から適度な所まで泳いで出た。そして彼らは互いを掴み,互いを波の下に沈めて溺れさせようとした。そして今度も身元不明の少年はクー・フーリンの頭を掴んで抑え,彼は息ができなくなり,海で窒息しそうになった。

 

Then all his fury and his red battle-anger came upon Cuchulain, because he was being made game of, and because his comrade and his ancient friend Conall was lying bound and helpless on the beach. He knew, too, that the honour of Ulster was at stake, and he could do nothing with this youth to hold it from dishonour. Therefore he loosed his belt that had in it the deadly weapon, from which no mortal could escape, and he set it on the water towards the stranger-boy, and the weapon moved of its own will across the waves of the sea, and it struck the lad and entered him, and the water of the ocean was stained with his blood.

“Now this was what Scath never taught me,” cried the lad, for he knew it was the Gae Bolga, from which he could not escape alive.

するとあらゆる憤怒と戦いの怒りがクー・フーリンに湧き上がった。自分が遊ばれており,同志であり旧友のコナルが縛られて横たわり,浜辺で無力になっていたからだ。彼はまた,アルスターの名誉が危機に瀕していることも分かっており,アルスターを不名誉から守るためにこの若者に何もできていなかった。それゆえ彼は,何者も逃れ得ない必殺の武器を収めたベルトを緩め,水上に,少年めがけてセットし,武器は自らの意志で海の波を越え,少年を襲って貫き,海の水は彼の血にまみれた。

「へえこれがスカーが僕に教えてくれなかったやつか」少年は叫んだ。というのも彼はそれがゲイ・ボルグで,生きてそれから逃れられないことが分かっていたからだ。

・これが神の怒りと言うやつなんでしょうか……。神の怒りを買って肉親に殺された者としてはオイカリアの王エウリュトスがいます。アポロンの孫で,アポロンから弓術を受け継ぎ,ヘラクレスに弓術を教えたとされます。しかし自らの弓術を鼻にかけ,神に挑戦し,祖父アポロンに殺されてしまいました。エウリュトスの弓は息子イーピトスが受け継ぎ,イーピトスは弓をオデュッセウスに譲りました。グラブルFF11には「エウリュトスボウ」があります。

 

“Alas!” said Cuchulain, “it is true”; and he took the lad tenderly in his arms and carried him out of the water, and laid him down upon the beach. And as he carried him, he saw upon his wrist the golden ring that he had left with Aiffe to give the lad, and he knew it was his son. “Here is my son for you, O men of Ulster,” said Cuchulain, for they gathered round to see. And when they heard that it was his own son that he had slain for the honour of Ulster, a wave of grief and of mourning went through the host, and they were silent with shame and said no word, grieving for Cuchulain and his son.

「嗚呼,そうなのだ」クー・フーリンは言った。そして彼は少年を優しく腕に抱いて水辺から引き揚げ,浜辺に寝かせた。そして少年を運ぶ間,彼の腕に金色の腕環が輝いているのを見た。子どもにとオイフェに託したものだった。それで息子だと確信した。「これが私の息子です,アルスターの男達よ」とクー・フーリンは,見に集まった彼らに言った。そして彼がアルスターの名誉の為に殺したのが彼自身の息子だと知ると,大勢の間に悲しみと哀悼の波が起こり,彼らは恥じ入って言葉もなく,クー・フーリンとその息子のことを嘆いた。

・先に腕環を確認すればよかったのではと思いますが……。ただ神々でも愚かなことをして悲しんだりするというのは,『北欧神話(Asgard Stories)』を全訳した時も思ったことです。神々も完璧ではなく人間と同じように愚かな過ちをするというのは,どの神話にも見られることのように思います。

 

Then Cuchulain said, “Alas! Alas! my son,” and he drew the Gae Bolga gently from his wounds, and he sat down beside him and staunched the blood, and he began to call upon Aiffe, that she might comfort and support his son. But Conla said, “Grieve not, Cuchulain, Hound of Ulster, by whom the honour of Ulster is avenged to-day. Call not on Aiffe, O my father, for through her wiles it was that I came hither to do combat with thee; evil and cruel is that woman, and her ways are evil; for it was to avenge herself on thee because thou hadst left her that she sent me hither, that I might bring thee to death or die myself in the attempt.

それからクー・フーリンは言った。「嗚呼,悲しき哉,我が息子よ」そして彼はゲイ・ボルグを優しく彼の傷から引き抜いた。そして彼の傍に座り,止血をして,彼を慰め支えるようにとオイフェに呼びかけ始めた。しかしコンラは言った。「悲しまないで,クー・フーリンよ,アルスターの猟犬よ。貴方によってアルスターの名誉は守られました。オイフェを呼ばないで,父よ。僕が貴方と戦いにここに来たのは彼女の策略なのですから。あの女は邪悪で冷酷で,彼女のやり方はよこしまです。貴方が彼女の許を去ったことで,彼女は僕をここに送り,僕が貴方を殺すか,それに失敗して死ぬかで,貴方に復讐しようとしたのです」

wile は「策略」。wily /waɪli/ は「狡賢い」で,コンホヴァル(コノール)やフォルガルの形容に使われていました。同根に guile「狡猾さ,策略」があります。

 

I am Conla thy son, indeed; yet, until to-day, has no man known my name; as thou didst lay command upon me, never have I refused combat to any man, nor have I turned back from any journey, or revealed my name to any. And now, O Father, first of Heroes, it is well for me that I have fallen by thy hand. No shame it is to fall by the hand of the Guardian of Ulster, but to have fallen by a lesser hand, that, O Father, would have been unworthy thee and me. And yet it is woe that I must die so young, for had I been but five years beside thee, I would have vanquished the champions of the world for the honour of Ulster and for thy honour, and I would have made thee king of the world as far as the walls of Rome. Since I must needs die, and my strength is passing fast away, lose not this little space in grief, but point me out the heroes of Ulster of whom Scath used to tell, that I may take leave of each before I die.”

「僕はコンラ,確かに貴方の子です。でも今日まで,誰にも名前を明かしませんでした。父さんが僕に言ったように,誰との決闘も断らず,どんな旅も引き返さず,誰にも名前を明かしませんでした。そして今,父よ,英雄の筆頭よ,僕が貴方の手で倒れるのは本望です。アルスターの守護者の手で倒れることに何ら恥はなく,弱き者の手で倒れることに恥があります。それは,父よ,貴方にも僕にも似つかわしくないことです。それでも僕がこんなに若く死ぬことは残念です。5年,貴方と一緒にいたならば,僕はアルスターの名誉の為,貴方の名誉の為に世界中の勇者を負かしたでしょう。そして僕は貴方をローマの壁にまで及ぶ世界の王にしたでしょう。僕は死ぬ運命にあります,そして僕の力は失われつつありますから,この小さな空間を悲しみに失ってはなりません。スカーがかつて語っていたアルスターの勇者達を僕に見せて,死ぬ前にお別れを告げさせて下さい」

・現代英語では worthy/unworthy は of を必要とします(of が不要なのは worth)。よって be unworthy of thee and me とします。

 

Then the heroes of Ulster drew near, and Cuchulain named them all, and Conall Cernach amongst them, and the boy put his arms round the neck of one hero after the other, and kissed them, and then once more he put his arms round the neck of his own father, and with that he died.

When Cuchulain saw that his son was dead, he laid him on the earth, and he stood up, and a burst of anguish like the breaking of a heart came from him. And he cried aloud: “The end is come indeed for me:

するとアルスターの勇者達が近づき,クー・フーリンは彼ら全員の,とりわけコナル・ケルナハの名前を教えた。そして少年は腕を1人1人の首に回し,彼らにキスをし,最後にもう一度腕を自身の父親の首に回し,それで息絶えた。

クー・フーリンは息子が死んだのを見ると,彼を地上に横たえ,立ち上がり,心張り裂けんばかりに苦悩の声を上げた。そして彼はこう叫んだ。

「僕にとっても本当に終わりがやって来た」

 

“‘I am a man without son, without wife,

I am the Father who slew his own child,

I am a broken, rudderless bark,

Tossed from wave to wave in the tempest wild;

An apple blown loose from the garden wall,

I am over-ripe, and about to fall.’”

「『僕は息子も妻もいない男,

 僕は自らの息子を殺めた男,

 僕は壊れた,舵のないバーク船,

 嵐の中,波に揺られたまま,

 庭の壁から風に吹かれるリンゴ,

 僕は熟れ過ぎて今にも落ちそうだ』」

・「妻がいない」となっていますが,エメルと知り合い結婚する前の出来事なのでしょうか。

ja.wikipedia.org

 

Then the men of Ulster came about Cuchulain and tried to comfort him, and they raised the body of Conla on a shield, as it is wont to do with heroes, and they made for him a noble grave, and buried him there, with a pillar-stone to mark the spot, and his name and his deeds written thereon. And all Ulster wept for him, and the King commanded that for three days no merriment or feasting should take place within the borders of Ulster, as is wont to be done on the death of a king.

するとアルスターの男達はクー・フーリンの周りにやって来て彼を慰めようとした。そして彼らはコンラのなきがらを,勇者に対して行うように盾の上に乗せ,彼の為に立派な墓を作り,そこに彼を埋葬し,目印として石柱を立て,そこに彼の名前と行いを刻んだ。そしてアルスター中が彼の為に涙を流し,王は3日間,アルスター領内では陽気に騒いだり,祭りを開いたりしてはならないと命令した。それは王が死んだ時の習わしであった。

・as 節には接続詞の as 節関係代名詞の as 節とがあり,関係代名詞の as 節には as is often the case with him とか as is usual のように as の後に動詞が来るものが有名です。この段落には as it is wont to do as is wont to be done がありますね。最初の方は主語 it があるから接続詞で,後ろのが関係代名詞 as でしょうか? 実は,両方とも関係代名詞 as です。関係代名詞 as には,as が主語(主格)になるものと as が目的語(目的格)になるものがあります。as it is wont to do の場合,do の目的語がなくなっており,それが as です。as のあとに it が立っていても,接続詞だ(=関係代名詞ではない)と決めつけることはできないのです。分かりやすい例を挙げると,He has the same watch as I have. です。as のあとに I という主語が立っていますが,have の目的語がありません。have の目的語が as であり,as は関係代名詞 as の目的格です。

==========

コンラはFF14で敵方としてスカアハの救援に登場するので,随分前にウィキペディアで調べ,名を名乗らないというゲッシュの為に父クー・フーリンに殺されたというのは知っていたのですが,クー・フーリンがうすうす息子だと分かっていたとは思いませんでした。

これで第27章は終わりです。なんと,あと3章です。ぎりぎり年内には終われそうですね。そろそろ次の本を探したいと思います。

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

東大の文法問題から表現を覚えましょう(18)

四阿

(17)に引き続き,(18)です。1981年のを見ます。

 

(A)

次の会話の空所 (a) 〜 (e) に補うのに最も適当な一語を答えよ。

Peter: I'm terribly sorry I'm late, Sally, but I just couldn't help it. I got here as soon as I could.

Sally: Well, it's not soon enough, is it? It's too late to go in now — the play's already started! I've been waiting to see it all week! Do you realize that? All week!

Peter: Look, Sally, just give me a (  a  ) to explain — please! You'll see it wasn't really my fault.

Sally: All right, then. Explain!

Peter: Well, I was all ready to leave the house when my sister called round. She was in tears! Really hysterical! So I couldn't just rush off without a word... now could I?

Sally: Go (  b  )!

Peter: Yes... well... I invited her in and she told me that John — that's her boyfriend — had been knocked down and was critically ill. Honestly, Sally, I've never seen my sister in such a state. So I stayed with her until she calmed down. Then I came here as quickly as I could.

Sally: Oh... I see.

Peter: I am sorry, Sally, but I couldn't have left her like that, could I?

Sally: No, I suppose (  c  ). But you could have phoned me at work, surely? It wouldn't have taken you a minute. I'd have understood.

Peter: I (  d  ) try, but you'd just left.

Sally: Well... Peter, I'm sorry for the way I snapped at you.

Peter: Oh, that's all right. I understand. I'd have been just (  e  ) angry in your place.

 

(B)

次の (f) 〜 (h) の文の空所に入れるのに最も適当な一語を各文の下の動詞群の中から選び,適当な語形に変化させて空所に補うと,意味の通った文となる。その変化形を答えよ。

 

(f) It is about time that his demands were (    ).

[動詞群]consume hold listen meet occur

(g) Living the way he does, he is only (    ) his own ruin.

[動詞群]destroy invite lose share wear

(h) We felt (    ) to apologize for our rude actions at the party.

[動詞群]compel injure perform restrict wonder

 

次の (i),(j) は,各文の下の名詞群の中から一語を選びその語尾を変えて作った形容詞形を空所に補うと,意味の通った文となる。その形容詞形を答えよ。

 

(i) I cannot describe his looks because I caught only a (    ) glance of him as he flashed by.

[名詞群]favor misery moment reason sense

(j) The little boys were so (    ) that they had to be removed from the game.

[名詞群]convenience habit mischief occasion relation

 

========

ここから解説です

(A)

次の会話の空所 (a) 〜 (e) に補うのに最も適当な一語を答えよ。

Peter: I'm terribly sorry I'm late, Sally, but I just couldn't help it. I got here as soon as I could.

Sally: Well, it's not soon enough, is it? It's too late to go in now — the play's already started! I've been waiting to see it all week! Do you realize that? All week!

Peter: Look, Sally, just give me a (  a  ) to explain — please! You'll see it wasn't really my fault.

 

(  a  )

give me a chance to explain「説明するチャンスをくれ」です。確か FFX インターナショナルでアーロンが「申し開きさせてくれ」と言うのをこう訳していた気がします。

文脈としては,待ち合わせに遅刻してカンカンなサリーに対するピーターの弁明です。

 

Sally: All right, then. Explain!

Peter: Well, I was all ready to leave the house when my sister called round. She was in tears! Really hysterical! So I couldn't just rush off without a word... now could I?

Sally: Go (  b  )!

 

(  b  )

Go on, Go ahead で「(話を)続けて」です。決り文句です。Go ahead は「どうぞやったらいいさ」「先に行って」という意味もあります。

文脈としては,出かけようとしたら妹から電話がかかってくて対応するしかなかったとピーターが釈明しています。それに対するサリーの「続けて」です。

 

Peter: Yes... well... I invited her in and she told me that John — that's her boyfriend — had been knocked down and was critically ill. Honestly, Sally, I've never seen my sister in such a state. So I stayed with her until she calmed down. Then I came here as quickly as I could.

Sally: Oh... I see.

Peter: I am sorry, Sally, but I couldn't have left her like that, could I?

Sally: No, I suppose (  c  ).

 

(  c  )

直前でピーターが I couldn't have left her like that, could I?「あんな状態の妹を私は放っておけましたか?」と聞いたので,No, I suppose not. と答えます。この not とは,No, I suppose that you could not have left her like thatのことです。下線部を not 1語で代替するのです。

 

Sally: But you could have phoned me at work, surely? It wouldn't have taken you a minute. I'd have understood.

Peter: I (  d  ) try, but you'd just left.

 

(  d  )

I did try. で「実際にしたんだよ」です。この did は強調の do です。

文脈としては,妹を放っておけなかったとしても,遅れるという電話くらいできたでしょう,とサリーが詰問したのに対し,「実際に君に電話したんだよ。でも君は出かけたばかりで(電話に出なかった)」と言っています。

 

Sally: Well... Peter, I'm sorry for the way I snapped at you.

Peter: Oh, that's all right. I understand. I'd have been just (  e  ) angry in your place.

 

(  e  )

in your place「もし私が君の立場だったら」を読解のヒントにしつつ,I'd have been just as angry「僕も同じくらい怒ったであろう」です。仮定法+in your place「仮に君の立場だったら,……する・したであろう」は典型パターンです。in your place の place は「立場」という意味ですが,in your shoes とも言うことも知っておきましょう。この in は着用の in ということになり,「もし君の靴を履いていたら」→「もし君だったら」です。in your place = in your shoes は if I were you「もし私が君だったら」とも言います。

 

(B)

次の (f) 〜 (h) の文の空所に入れるのに最も適当な一語を各文の下の動詞群の中から選び,適当な語形に変化させて空所に補うと,意味の通った文となる。その変化形を答えよ。

 

(f) It is about time that his demands were (    ).

[動詞群]consume hold listen meet occur

 

meet the demand で「需要を満たす,要求をかなえる」ですが,今回は受け身なので  his demands were met です。were と過去時制なのは It is about time+過去時制「そろそろ……してもいいころだ」を使っているからです。It is high time+過去時制 だと「とっくに……してもいいころだ」です。

 

(g) Living the way he does, he is only (    ) his own ruin.

[動詞群]destroy invite lose share wear

 

Living the way he does は「あんな風に(=彼がそうするように)生活しているのでは」という意味です。この the way は as と言い換えられます。答えは inviting his own ruin「自身の破滅を招いて」です。

 

(h) We felt (    ) to apologize for our rude actions at the party.

[動詞群]compel injure perform restrict wonder

 

be compelled to-V で「Vすることを強いられる」

feel compelled to-V で「Vしなければならない気分だ」です。pel に第1アクセントがあり,l を2重にすることに注意です。

 

次の (i),(j) は,各文の下の名詞群の中から一語を選びその語尾を変えて作った形容詞形を空所に補うと,意味の通った文となる。その形容詞形を答えよ。

 

(i) I cannot describe his looks because I caught only a (    ) glance of him as he flashed by.

[名詞群]favor misery moment reason sense

 

文から「一瞬だけ見た」という意味だと分かり,「瞬間」が moment だと分かるまでは良いのですが,その形容詞形が難しいです。moment の形容詞は×momental ではなく,○momentary です。

 

(j) The little boys were so (    ) that they had to be removed from the game.

[名詞群]convenience habit mischief occasion relation

 

試合から追い出された(removed from the game)ので,マナーの悪さです。

答えは mischief「いたずら」の形容詞,mischievous /mɪ́stʃɪvəs/です。北欧神話ロキの言動は良く言えば mischievous ですが,悪く言えば malicious です。

 

次回は2005年を見ます。

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com