フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲーム中心です。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

アルスターの猟犬(49)

アルスターの猟犬(48)」の続きです。第21章後半です。

 

Then when Fand saw that nothing would content him, she bade him a gentle kind farewell; and all the youths and maidens came about him, sorrowing that he was so soon weary of their land. But Labra thanked him kindly and heartily for his help against the demon host and he bade Liban take Cuchulain safely back across the lake to Erin once again.

それで彼を満足させられるものは何もないとファンドは悟ると,彼に優しい別れの挨拶をした。そして全ての若者と少女が彼の周りにやって来て,彼がそんなにも早く自分達の国に飽きてしまったことを悲しんだ。しかしラブラは彼が悪霊の軍団を追い払うのに助力したことに対し優しく,心から感謝を述べて,クー・フーリンを安全に湖を渡らせエリンに帰らせるよう言った。

content は動詞で「満足させる」の意味と,形容詞で「満足して」の意味があります。よって「満足している」は be contented とも be content とも言います。これらの content(ed) は tent の方に強勢があります。これに対し content には「中身,内容」の意味もある(コンテンツ)のですが,その場合は con の方に強勢があります。


But, before he went, Fand lifted up her lovely witching face, and said, “Tell me some place where, at the end of a year from now, I may see your face once more. Never till now have I ventured forth from fairy-land; but, for your sake, for one brief hour I will come to the land of troubled mortal men. Give me a tryst.”

しかし,彼が去る前に,ファンドは美しい魅惑的な顔を上げ,「今から1年後に,もう一度貴方の顔が見たいから,待ち合わせ場所を教えて」と言った。私は今まで一度も妖精の国から出ようとしたことはないけど,貴方のために,1時間だけ悩める定命の人々の国に行こうと思うの。デートをしてよ」

tryst /trɪst, traɪst/ は「デート,密会(の場所)」です。〈文語・おどけて〉とあります。


Cuchulain was fain to deny her this, for he thought on Emer, and he dreaded her anger against Fand, if she should be aware of it. But when he saw the crystal-fair, witching face of Fand, and her ruby lips and eyes bright as stars on a summer’s night, he could not say her nay; and he made a tryst with her on the Strand of the Yew-tree’s Head, for a year and a day from then. And after that, they bade one another farewell.

クー・フーリンはこれをできれば断りたかった。というのも彼はエメルのことを考えていたからだ。そして万一エメルが気づいたらファンドに怒るだろうと恐れた。しかし彼は水晶のように美しく,魅惑的なファンドの顔,彼女の血色の良い唇,夜空に輝く星のような瞳を見ると,いいえと言えず,その日から1年と1日後に,イチイの梢の岸辺で密会する約束をした。そしてその後,彼らはお互いにさよならを言った。

deny A B = deny B to A は give A B = give B to A の逆で「AにBを与えない・認めない」です。

one another = each other は「お互いに」という意味の副詞ではなく,「お互い」という意味の代名詞です。bid one another farewell はどういう構造かと言うと,

 bid A B = bid B to A「AにBを述べる」

bid him farewell「彼に別れの言葉を述べる」

 この代名詞 him の所を代名詞 one another にして,

bid one another farewell互いに別れの言葉を述べる」

 ということです。one another は「互いに」ではなく「互い」です。


So Cuchulain came home again, and Emer and Laeg and his friends greeted him right lovingly, and he told them that he had been in fairy-land, and of all its splendours and beauty he told them freely, but to Emer he said not anything of Fand.

Now when a year and a day were past, Cuchulain came to the place of tryst at the Strand of the Yew-tree’s Head, and he and Laeg sat beneath the ancient yew-tree playing chess, while waiting for the coming of Fand. It chanced that, as Emer walked that way with her fifty maidens to take the air beside the shore, she beheld approaching a dignified lady, radiant as the clearness of a day in June, who came with a troop of maidens towards Cuchulain. Very swiftly and softly they moved across the plain, as though they hardly touched the sod, and all the land was filled with their brightness.

それでクー・フーリンは家に帰り,エメル,ロイグ,友人達は彼を心から出迎えた。そして彼は彼らに妖精の国に行っていたことを話し,かの地の素晴らしさ,美しさを存分に語った。しかしエメルにはファンドのことを何も言わなかった。

さて1年と1日が過ぎると,クー・フーリンはイチイの梢の岸辺の密会の場所にやってきて,彼とロイグは太古のイチイの木の下でチェスをしながらファンドが来るのを待った。たまたまエメルが50人の少女と岸辺の空気を吸おうと,そちらの方へ歩いていると,オーラのある女性が,6月の晴天のごとく輝かしく,大勢の少女と共にクー・フーリンの方へ近づくのを目撃した。彼らは地面の芝に触れないほどの勢いで,とても素早く穏やかに野原を横切り,周り全てが彼らの明るさで満たされていた。

・「Vしている間に」「Vしながら」を ×during Ving と言ってはいけません。正しくは○while Ving です。while は前置詞ではなく接続詞ですが,while waiting とは while (they were) waiting のことです。

www.freynya.com

It chanced that... = It happened that... は「たまたま……だった」です。


It appeared to Emer that they had come across the lake, yet no sign of skiff or boat was to be seen, and the unknown queen came where Cuchulain sat, and he rose up and made a glad gentle greeting before her, and she sat down by him, and they talked pleasantly and lovingly together.

When Emer saw this, she was filled with jealousy and anger against the fairy-woman, and to herself she said, “This, then, O Cuchulain, was the cause that kept thee so long in fairy-land, when I made that feast to which thou earnest not.”

エメルには彼女らが湖を渡って来たように見えたが,ボートは見当たらなかった。そして見知らぬ女王がクー・フーリンが座っているところにやって来て,彼は立ち上がり,嬉しそうに彼女の前で優しく挨拶をした。そして彼女は彼の傍に座り,彼らは楽しそうに,仲睦まじく話をした。

エメルがこれを見ると,その妖精の女に対する嫉妬と怒りが湧いてきて,「ということはクー・フーリンよ,これが貴方があんなにも長く幽世にいた理由なのね,貴方がちっとも喜ばないごちそうを作っていた時に」と考えた。

say to oneself は「独り言を言う」ではなく「心の中で思う」です。

・この earnest は調べるのに時間がかかりました。earnest は形容詞で「真面目な」というのが重要なのですが(in earnest「真面目に」もあり),今回は thou earnest not の形から動詞の earn であると分かります。つまり thou earnest not = you don't earn です。しかしこの場合でも問題があります。earn は普通「稼ぐ,値する(deserve)」で,この場合「貴方が稼がないごちそうを私が作った」「貴方が値しないごちそうを私が作った」といった意味になり,後者の意味なら通りそうですが,今回は

 that feast to which thou earnest not

と to があることがおかしいのです。「稼ぐ,値する」の earn は earn O であって earn to O ではありませんから,

 that feast which thou earnest not

でなければなりません。to が余計なのです。そこで Wiktionary で earn を調べると,3 番目として “yearn  の別形” というのがありました。確かに形が似ていますね。意味としては yearn,long(動詞),grieve といった意味です。そしてこれらは

yearn for...「……を切望する」

long for...「……を切望する」(ビートルズYesterday の歌詞にある)

grieve for/over...「……を追悼する」

と自動詞用法が多いです。ということで今回の earn to... は「……を願う」といった意味でしょう。that feast to which thou earnest not は,「貴方が切望しないごちそう」です。クー・フーリンはエメルに「ごちそうを作って待っていてくれ」と言って出発したですが,それを「喜んで食べずに他の女と浮気している」と詰っているのでしょう。 


And anger and dark revenge filled Emer’s heart, and she turned to her maidens and said, “Bring me here sharp-bladed knives, for I myself will go softly behind them and I will kill the woman who talks with Cuchulain.” Then they went and fetched thin gleaming knives, and they hid them beneath their mantles, and went stealthily behind the place where Cuchulain sat. Now Cuchulain saw not what was going forward, but Fand knew, for she sat over against Cuchulain, facing the way that Emer came. She said to Cuchulain, “Emer thy wife comes here, with fifty maidens, and there are sharp knives hidden beneath their cloaks.”

そして怒りと,どす黒い復讐心が彼女の心を満たし,お供の少女たちの方を向いて言った。「鋭い刃のナイフを持ってきて。静かに彼らの背後に回って,クー・フーリンと話している女をこの手で殺してやるわ」それで彼女らは薄刃の,キラキラ輝くナイフを数本持ってきて,彼らはマントの下にナイフを隠し,クー・フーリンが座っている背後に密かに回った。その時クー・フーリンは目の前で起こっていることに気づいていなかったが,ファンドは気づいていた。というのも彼女はクー・フーリンに向かって座っており,エメルがやって来る方向に向いていたからだ。彼女はクー・フーリンに言った。「貴方の奥さんのエメルがこちらに来ます,50人の少女を連れて。彼女達はマントの下に鋭いナイフを忍ばせています」


But he said, “Fear nothing, lady, I myself will speak to Emer, my own wife, and do thou wait here till my return.”

But Emer came close to Cuchulain and cried, “Why dost thou do me this dishonour, O Cuchulain, to leave me for a fairy maid? The women of Ulster will contemn me if they think that Cuchulain loves another woman better than his wife; and what have I done to displease thee, that thou shouldst need to talk with her? Never have I left thee for any other, and well and truly have I loved thee from the day thou earnest in thy chariot to the fort of Forgall the Wily, my father, till to-day; and for ever shall I love thee, and none other but thee alone.”

しかし彼は言った。「怖がることはありません,お嬢さん。僕が自ら妻のエメルと話してきます。貴方は僕が戻るまでここで待っていて下さい」

しかしエメルはクー・フーリンに近づいて叫んだ。「どうしてこんな風に私を辱めるの,クー・フーリン,私を捨てて妖精女に走るなんて。アルスターの女達は,もしクー・フーリンが妻よりも他の女を愛していると思ったら,私を笑い者にするでしょう。その女と話したいだなんて,私が何か気に入らないことをしましたか? 私は貴方を捨てて他の男に走ったことは決してありません。私は貴方が戦車でやって来て私の父,狡猾のフォルガルの砦を望んだ日から今日まで,心から貴方を愛してきました。そしてこれからも永遠に貴方を愛します。他の誰でもない,貴方だけをです」

leave me for a fairy maid,left thee for any other に関しては leave Osaka for Tokyo「大阪を発って東京に向かう」を思い出しましょう。「私の許を去って妖精女の許へ向かう」です。

contemn については,まずは condemn /kəndém/「非難する,(悪い状況に)運命づける」を覚えましょう。 “demn” は罵り言葉の damn と同根です。contemncondemn 同様悪い意味くらいにイメージできればよいでしょうが,「軽蔑する」です。contempt「軽蔑」の動詞形なんでしょうかね。

・エメルの父フォルガルについては「アルスターの猟犬(19)」に登場しています。FF14にも登場しますね。


Then Cuchulain said, “You wrong me, Emer, and you wrong this fairy-maid. No thought at all of harm have we, nor can any other be to me what thou hast been. Fair and pure is this maiden, and a worthy mate for any monarch in the world. Her race is noble, her mind is firm and gentle and full of lofty thoughts, no harm or evil will be found in her or me. Moreover, she is betrothed to a noble spouse, Manannan of the Ocean Waves.”

するとクー・フーリンは言った。「エメル,君は僕を誤解している。この妖精の女性も誤解している。悪い事は何も考えていないし,僕にとって,今までの君のような存在になれる人なんていないよ。この女性はちゃんとした純粋な人で,この世のどの王にも相応しい女性なんだ。彼女は高貴な生まれで,心はしっかりして穏やかで,気高い考えで一杯なんだ。彼女にも僕にも,よこしまなこと何もないよ。それに,彼女は高貴な夫がいるんだ。海の波のマナナーンさ」

wrong には動詞用法があり,ここでは You wrong me. で「貴方は私を誤解している」です。同様の意味では You've got me wrong. や Don't get me wrong.「誤解しないで」も覚えておきましょう。


“In very truth,” said Emer, bitterly, for her heart was sore within her on account of the greatness of the love she bore Cuchulain, “it is ever so with men! All that is new is fair, and all that is old is of little worth; white is the last they see, and the others are but grey or black. Sweet is the thing they have not, but sour the fruit they hold within their hands! Once in peace and love we dwelled together and no one came between us, and in peace and honour we might dwell together again, O Youth, if but I were as dear to thee as once I was!” And great tears rolled down Emer’s cheeks, and her grief weighed heavily upon her.

「本当に男はいつもそうね」とエメルは辛辣に言った。彼女の心はクー・フーリンに対する愛の大きさ故に傷ついていたのだ。「新しき者はみな美しく,古き者はみな無価値。最近に見たものが白く,それ以前のものは灰色か黒。経験したことのないものは甘く,手に抱えている果実は酸っぱい。昔2人は平和に睦まじく暮らしていたし,誰が入る余地もなかった。若者よ,貴方にとって私が,昔のように大切なものならば,私たちは再び平和に誇り高く暮らせるわ」 そして大きな涙がエメルの頬を伝い,彼女の悲しみが重く彼女にのしかかった。


“By my word and truly,” cried Cuchulain, “never wast thou more dear to me than thou art to-day, and dear shalt thou be to me for all my life.”
“I think,” said Fand, “that I had better go away, and return to my own country, for I am troubling you all here.” “Nay, nay,” cried Emer, smitten with reproach when she saw the nobleness that was in the fairy woman, “go not away, ’twere better I should go.”

「誓って」クー・フーリンは叫んだ。「君が僕にとって今ほど大切な時はなかったし,一生を通じて大切であり続けるよ」

「私は」ファンドは言った。「去って自分の国に帰った方が良さそうね。ここで貴方たちのご迷惑になっているから」「いいえ,いいえ」エメルは,その妖精の女性にあった気高さを目の当たりにし,自責の念に打たれて叫んだ。「行かないで。私が去った方が良いの」

'twere /twər/ は it were です。


But Fand said, “Not so, indeed, from my own land they call me to return. Take to thee thy man, O noble Emer, no harm or hurt hath happened him with me. Though in the Land of all Delights warriors and great men sought my friendship, better to me than the affection of them all was the friendship of thy glorious spouse. Need is there, now, that I should go my way, and leave my friend to thee; but though bright and dazzling is the country of Moy Mell, some shadow hath fallen on it since Cuchulain went away.”
Then she lifted up her lovely face, and Emer saw that tears like drops of crystal stood within her eyes.

しかしファンドは言った。「いいえ違うのです。私の国から帰るよう呼ばれています。気高きエメルさん,貴方の大事な人を連れてお行きなさい。彼と私の間には何もありません。喜びの国では戦士も貴族も私との友好を求めますけれども,彼ら全ての愛情に優っているのが貴方の素晴らしいご主人との友好なのです。今や私は行かねばなりませんし,友人を貴方に委ねねばなりません。しかしモイ・メルが明るく目の眩むような国であっても,クー・フーリンが去ってからこの国に影がさしているのです」 そう言って彼女は美しい顔を上げ,エメルは水晶の粒のような涙が彼女の目に溜まっていることに気づいた。

call O to-V は「VするようOに呼びかける」です。


Long years ago had Fand been betrothed to Manannan, Lord of the Ocean and the Waves, a great and hoary god. Ancient was he, for no man knew his age, and wild and grey his hair, and all his brow rugged and lined with storms. Very kingly and majestic was his tread, but men feared him, because of his strange, tempestuous moods, and his shape-shifting, and his little care for human life. For Manannan was ever restless, wandering in distant lands, moving now this way, now that, and visiting in turn all countries; and years ago, as mortal men count time, he had gone away and returned not, nor did Fand even know where he was to be found. So she thought he had forsaken her, and, when Cuchulain came to fairy-land and she saw his youth and beauty, her mind went out to him, for never had she seen before a noble human man.

昔むかし,ファンドは海と波の王,偉大で太古の神マナナーンと婚約していた。彼は古代の神で,というのも誰も彼の歳を知らず,彼の神は荒々しく灰色で,額じゅうが精悍で嵐の如き皺があった。彼の足取りは非常に堂々として威厳があったが,奇妙な,嵐のように激しい雰囲気のため,また彼が姿を変え,また人命を気にかけないため,人々は彼を恐れた。マナナーンはいつも落ち着きがなく,遠くの国へ放浪し,こちらに行ったと思えばあちらへと,順番に全ての国を訪れた。そして何年も前,人が時代を数えるようになった頃,彼はどこかへ去ってファンドすら,彼がどこに行ったか分からなかった。それで彼女は彼が自分を見捨てたのだと考え,それで,クー・フーリンが幽世にやってきて彼女が彼の若さと美しさを目の当たりにすると,彼女の心は彼の許へ向かった。彼女はそれまで高貴な人間というのを見たことがなかったのだ。

tempestuous は tempest「嵐」の形容詞と覚えましょう。

 

But Manannan knew within himself that Fand was in sore grief, and he arose in haste to go and help her. For, although he had tarried long in distant lands, daily he had news of Fand, and he learned all she was doing and when she needed him. So now he saw her trouble, for he it was who sent Cuchulain to fairy-land that he might test her love for himself; and swiftly over the waves he sped to go and save her. Invisible was he to mortal men, and he rode the white sea-foam as though it were a horse, for no need had he of any vessel, or of sail or oar; and as he passed by Fand, she felt his presence and looked up at him as he passed by. But for a moment she knew not that this was Manannan of the Waves, for his look of hoary age had gone from him, and the man she saw was young and strong, with a noble gentleness upon his face, like the sea on a calm summer’s day.

しかしマナナーンはファンドがとても悲しんでいることに心の中で気づき,急いで現れて彼女を助けに行った。彼は遠い国に長くとどまっていたが,毎日ファンドからの便りを受け,彼女がやっていることの全て,彼女が自分を必要としている時を知った。それで今や彼には彼女の悩みが分かった。というのもクー・フーリンを幽世に呼び,彼女の愛を試そうとしたのは自分だったからだ。それで急いで波を渡り,急いで彼女を助けに行った。彼は定命の者には姿が見えず,また白い波を,まるで馬であるかのように乗りこなした。彼には船も,帆もオールも必要ではなく,ファンドの傍を通りかかると,彼女は彼の存在を感じて,通りかかる彼を見上げた。しかし暫くの間彼女はこれが波のマナナーンであるとは気づかなかった。というのも彼の年老いた外見が消え失せ,目にしているのは若く力強い男で,顔には高貴な優しさを浮かべていたのだ。まるで夏の日に訪れる穏やかな海のように。


For Manannan was a shape-shifter, and at one time he was terrible and cruel to behold, but at another he showed a kindly face, for he looked into the minds of men, and as he saw them, even so his own face reflected the thing he saw. Then Manannan said to Fand, “O Lady, what wilt thou now do? Wilt thou depart with me or abide here with Cuchulain, if he comes for thee?”

というのもマナナーンは姿を変える力があり,見るにも恐ろしく残酷であると思えば,優しい顔になったりするからだ。というのも彼は人々の心を覗き見て,人々を見るにつけ,彼自身の顔が見ているものを反映するのだ。それでマナナーンはファンドに言った。「お嬢さん,これからどうしたい? 私と旅立つか,クー・フーリンが君のためにやってくるならここで彼と留まりたいか?」

・初め depart with me を「私と別れる」と訳してしまいました(cf. part from..., part with...)。しかしそれだと「私と別れるか,クー・フーリンとここに留まる」となりおかしくなります。abide here with Cuchulain「クー・フーリンとここに留まる」は「クー・フーリンの方を選ぶ」ということなので,or の前の depart with me は実質的に「私の方を選ぶ」にならなければなりません。よって「私と一緒にここを去る・出発する」と修正しました。


“By my troth,” said Fand, “either of you two were a fitting spouse for me, and a worthy friend to stay with; and in neither of you do I see any one thing greater or better than is in the other; yet, O thou princely One, it is with thee that I will go, for I have been promised to thee for thy wife; thou hast no consort of worth equal to thine own, while Cuchulain has a noble spouse; therefore take me with thee, for Cuchulain needs me not.”

「実は」ファンドは言った。「仮にどちらであっても私に相応しいでしょうし,どちらも一緒に時を過ごす価値のある友人です。貴方たちのどちらかが優っているということはありません。しかし気高きあなた様よ,私は貴方とともに参ります。だって私は貴方の妻になると約束したんですもの。貴方には貴方に相応しい奥さんがいませんが,クー・フーリンには立派な奥さんがいます。だから私を連れて行って下さい。クー・フーリンに私は必要ありません」


Then Manannan stretched his arms to Fand, and drew her with him, and she followed him. And Cuchulain perceived her drawing away from him, but he knew not whither she went, nor could he see who was talking to her. And he cried out to Laeg, his charioteer, who had knowledge of fairy-land, “What meaneth this, Laeg, that I see? Whither goeth Fand?”

するとマナナーンは腕をファンドの方に伸ばし,彼女を引き寄せ,彼女は彼についていった。するとクー・フーリンは彼女が自分から遠ざかるのに気づいたが,彼女がどこに行くのか分からず,誰が彼女に話しかけているかも分からなかった。それで彼は隠り世の知識がある御者のロイグに呼びかけた。「ロイグ,僕の目の前で起こっているのはどういうこと? ファンドはどこへ行くの?」


“She goeth with Manannan of the Sea,” replied Laeg. “He is drawing her back to the Land of all Delights, but she is weeping as she goes.”
Then Cuchulain uttered three sharp cries of sorrow and of grief, and he fled away from men into desert places, and would take no meat or drink, and he slept in the open rush-land beside the high-road to Tara.

「彼女は海のマナナーンと共に去ります」ロイグは答えた。「彼は彼女を喜びの国に連れ帰ろうとしています。でも彼女は去りながら涙を流しています」

するとクー・フーリンは悲嘆と悲痛を表す鋭い叫び声を3回発し,人々の許から誰もいない所へ逃げた。そして食事も飲み物もとろうとせず,開けたイグサの原で,タラへの道の傍で眠った。

utter は形容詞「完全な」と動詞「(声を)発する」を覚えておきましょう。

タラタラの丘がある所で,リア・ファルという立石があります。『アサシンクリード・ヴァルハラ』のアイルランドDLCにも出てきます。


Emer went then to Emain, and sought King Conor, and told him all that had happened, and that Cuchulain was out of his senses because Fand had gone away; and she prayed him of his love for Cuchulain, and because of her love for him, to send to him men of skill and Druids who might bring him back to health. The king did so willingly, but when they came, Cuchulain fled from them, or sought to slay them, until at length he felt within himself a terrible thirst, and he craved of them a drink. In the drink they mingled herbs of forgetfulness, so that the memory of Fand slowly faded from him, and the remembrance of the time he had spent in fairy-land, and he came to his own mind again.

それでエメルはエヴァン・マハへ行き,コノール王を探し,起こったこと全てを,ファンドがいなくなったのでクー・フーリンが正気を失くしたことを王に話した。そして彼女は王にクー・フーリンを愛していること,そして愛しているが故に,技を持つ者やドルイドを派遣してクーを元通りにして欲しいと懇願した。王は快くそれを行ったが,彼らが派遣されると,クー・フーリンは彼らから逃げたり,彼らを殺そうとした。そして遂に彼はとてつもない乾きを自身の中に感じ,彼らに飲み物を求めた。彼らは飲み物の中に忘れ薬のハーブを混ぜ,ファンドの思い出,彼が幽世で過ごした時の思い出が少しずつ彼から消えていき,彼が再び我に返ることを狙った。

herb はイギリス英語では /həːb/「ハーブ」ですが,アメリカ英語では /əːrb/「アーブ」と発音することも多いです。更にアメリカ英語は特有の r 音が入っていますね(イギリス英語には入っていません)。


They gave soothing drinks to Emer also, for she was troubled, too, and stricken, and her natural joyousness had gone from her. But when Manannan heard in fairy-land of the trouble of Emer and Cuchulain, he came unseen of any man, and shook his cloak of forgetfulness between Fand and Cuchulain, so that from both of them the memory passed away, as though it had been a dream, and they thought of it no more.

彼らはエメルにもなだめ薬を飲ませた。彼女は心を悩ませ,体調も悪く,持ち前の陽気さが失われていたからだ。しかし幽世のマナナーンがエメルとクー・フーリンの苦境を聞くと,誰にも見られないようにやってきて,物忘れのマントをファンドとクー・フーリンの間で振り,その結果双方から,まるでそれが夢であったかのように思い出が失われた。そして彼らはそのことをそれ以上思い出さなくなった。

========

これで第21章が終わり,おそらくこれがSerglige Con Culainn (The Sick-Bed of Cú Chulainn;クー・フランの病とエメルのたった一度の嫉妬) という逸話でした。

次回,第22章 Deirdre of Contentions に入ります。ディアドラの登場ですかね!

ja.wikipedia.org

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

東大の文法問題から表現を覚えましょう(17)

四阿

(16)に引き続き,(17)です。1980年のを見ます。

 

(A)

次の (a) 〜 (d) について,ア文の下線部分と同じ内容になるように,イの空所に適当な一語を補充せよ。解答はその一語だけを所定欄に記せ。

(a)

ア He had a secret, but did not let others know it till death.

イ but (   ) it to himself

 

(b)

ア He is certainly one of the best amateur players, but of course his skill is far surpassed by that of the professionals.

イ No doubt he ranks (   ) the best amateur players, but of course his skill is far (   ) the professional level.

 

(c)

ア As we lose interest in things other than the material, we become correspondingly less like human beings, and in that sense we lose humanity.

イ we become that (   ) less like human beings

 

(d)

ア Time was when the scientist and the poet walked hand in hand. In the universe which the one perceived the other found himself comfortably at home.

イ the other found nothing that made him (   ) at ease

 

(B)

下の語群 1 〜 7 の中から適当なものを選び,[   ] 内の語を名詞形に変えて,(a) 〜 (e) の文の空所に入れよ。解答はその名詞形だけを所定欄に記せ。

(a)

The green curtains seemed too bright to me (   ) the dull grey wall.

 

(b)

He has worked for the company thirty years, and the management is going to give him a gold watch (   ) his services.

 

(c)

Sailing in antiquity was a perilous venture, and it was the rule whenever possible to keep (   ) land, and anchor the ships at night.

 

(d)

A human body is a unit from the point of view of self-interest, and one cannot set the interest of the great toe (   ) that of the little finger.

 

(e)

 The house was old; under the clean white paint, the woodwork was cracked and worm-eaten. (   ) his uncertain tap with the knocker, a maid came to the door.

 

語群

1 in [acknowledge] of

2 in [compare] with

3 with the [except] of

4 in [oppose] to

5 in [respond] to

6 to the [satisfy] of

7 within [see] of

 

================

では解説に入ります。

(A)

次の (a) 〜 (d) について,ア文の下線部分と同じ内容になるように,イの空所に適当な一語を補充せよ。解答はその一語だけを所定欄に記せ。

(a)

ア He had a secret, but did not let others know it till death.

イ but (   ) it to himself

 

「彼にはある秘密があったが,それを死ぬまで他人に教えなかったなので

イの (   ) it to himself 「それを他人に教えなかった」「それを秘密にした」「それを胸にしまっておいた」みたいな意味になればOKです。

これはもう,答えズバリの表現を知っていることを求めています。

それは keep O to oneself「Oを秘密にしておく」です。よって答えは kept です。

なお keep O to oneself は keep O secret とも言います(この secret は形容詞)。ということは O が十分長ければ keep secret O とも言いそうですね。

 

(b)

ア He is certainly one of the best amateur players, but of course his skill is far surpassed by that of the professionals.

イ No doubt he ranks (   ) the best amateur players, but of course his skill is far (   ) the professional level.

 

「彼は確かに最高のアマチュア選手の1人だが,もちろん彼の技術はプロ選手の技術に遥かに負ける」なので,イ文がこの意味になれば良いわけですね。もう少し絞ると,

(甲)「彼は最高のアマチュア選手の1人だ」=he ranks (   ) the best amateur players

(乙)「彼の技術はプロ選手の技術に遥かに負ける」=his skill is far (   ) the professional level

 

(甲)については動詞 rank の使い方です。rank で「位置する,位置づけられる」という意味です(be ranked もあるが rank でもよい)

そして rank の後に「どこに位置づけられるか」を続けます。

rank No.1「1番に位置づけられる,ランキング1位である」(この No.1 は補語。rank as... という言い方もあり)

rank with...「……と同じランクである,……に匹敵する」

rank above...「……より上のじランクである,……より格上である」

rank among...「[複数の物・者](と同等)に位置づけられる」

今回の(甲)は ranks among the best amateur players で,「最良のアマチュア選手に位置づけられる,最良のアマチュア選手と肩を並べる」です。among のイメージから,「……の間にいる,……と伍している」と理解して下さい。

 

(乙)については,「プロのレベルに負ける」とは「プロレベルの下」ですから,(甲)の rank で紹介した above の反対です。「下」には below, beneath, under がありますが,今回は level が使われているので,level と連語する場合は何が良いかまで考える必要があります(コロケーションの問題と言います)

Google では “below the level of...” がよくヒットするので,below で良さそうです。ただ under the level もないわけではないので,点が貰えたかもしれません。模範解は below としておきます。

his skill is far below the professional level 

 

(c)

ア As we lose interest in things other than the material, we become correspondingly less like human beings, and in that sense we lose humanity.

イ we become that (   ) less like human beings

ア文はやや難解ですが,「我々が物質以外の物事に関心を失うにつれ,我々はそれに応じて人間らしくはなくなり,その意味で我々は人間性を失う」です。

ところが下線部とイ文をよく見比べると ,

we become correspondingly less like human beings,

we become that (   ) less like human beings

correspondingly「それに応じて」が that (   ) とした時の (   ) には何が入るかという問題に過ぎません。ア文を訳す必要はなかったことになり,逆にア文を訳せても,correspondingly = that (   ) が解けなければ意味がないという,単なる知識だけの問題になってしまっています。

答えは that much「その分だけたくさん」「それほどたくさん」です。that は指示性のある副詞で「それほど」という意味です。

 

(d)

ア Time was when the scientist and the poet walked hand in hand. In the universe which the one perceived the other found himself comfortably at home.

イ the other found nothing that made him (   ) at ease

これもア文は難しげなことを言っていますが,下線部をイを比べるだけで解けてしまいます。下線部とイの主語は共に the other なので,これを消去すると,

ア found himself comfortably at home

イ found nothing that made him (   ) at ease

アの at home,イの at ease はともに「くつろいで」という意味です。アはおよそ「(快適に)くつろいだ」といった意味で,下は「自分を (  ) at ease にさせるものは見いださなかった」であり,要するに (  ) at ease の形で「くつろげない」の意味になればよい,もっと言えば at ease の反意形が言えればよいということになります。

例えば hardly at ease で「ほとんどくつろげない」ですが,有名な形は ill at ease です。要するに受験勉強を通じて ill at ease を知っていれば楽に解けるわけで,こういう表現をしっかり教えてくれる学校・予備校に行っていれば強かったということになりますし,自学する場合でも ill at ease レベルの表現が載っている熟語集をみっちりやっていれば対応できるでしょう。

なお否定という意味では not at ease,never at ease でも辻褄は合いますが,ill at ease が模範解,hardly at ease が許容解(これが書ける人は ill at ease が出てくると思いますが),not や never はもっと有名な形を知らなかったということで減点になるかもしれません。

 

(B)

下の語群 1 〜 7 の中から適当なものを選び,[   ] 内の語を名詞形に変えて,(a) 〜 (e) の文の空所に入れよ。解答はその名詞形だけを所定欄に記せ。

 

先ず[語群]の 1 〜 7 を先に正しい形に変えてしまいましょう。

1 in acknowledgment  of... [in acknowledgement  of...]「……への感謝の印として」

※本の最初によくある acknowledgments は「謝辞」です。 

2 in comparison with...「……と比べると」

3 with the exception of...「……を除いて,……は例外であるが」

4 in opposition to...「……に反対して」

5 in response to...「……に応じて,……に応えて」

6 to the satisfaction of...「……が満足するように,……が満足したことには」

※to ...'s satisfaction とも言い,to ...'s surprise「……が驚いたことには」と同系統です

7 within sight of...「……が見える所に」

 

(a)

The green curtains seemed too bright to me (   ) the dull grey wall.

「その緑のカーテンは私には明るすぎる」,また「暗い灰色の壁」とあるので,2 in comparison with...「……と比べると」でしょう。

 

(b)

He has worked for the company thirty years, and the management is going to give him a gold watch (   ) his services.

「彼はその会社に30年勤め,経営陣は彼に金時計を贈呈する予定だ」,また「彼の勤務(his services)」とあるので,1 in acknowledgment  of... [in acknowledgement  of...]「……への感謝の印として」でしょう。service に「勤務,兵役」の意味があることに注意です。

 

(c)

Sailing in antiquity was a perilous venture, and it was the rule whenever possible to keep (   ) land, and anchor the ships at night.

「古代の航海は危険な企てであり,可能な所どこにでも keep するのがルールであった」,また「土地(land)」とあるので,7 within sight of...「……が見える所に」でしょう。keep within sight of land で「土地が見える範囲内に留まる」ということです。

 

(d)

A human body is a unit from the point of view of self-interest, and one cannot set the interest of the great toe (   ) that of the little finger.

「人間の体は自己利益の観点から見て1つの単位であり,足の親指の利益を set することはできない」,また「手の小指のそれ(=利益)」とあるので,4 in opposition to...「……に反対して」でしょう。人間が物を食べたい時,口の喉も食道も胃も,物を食べるという1つの利益に役立とうとし,利益相反することはしません。もしその利益に反して食道が物を吐き出そうとすれば,それは正常ではない(食べ物が良くないか,その人が体調不良)ということですね。

 

(e)

The house was old; under the clean white paint, the woodwork was cracked and worm-eaten. (   ) his uncertain tap with the knocker, a maid came to the door.

「その家は古かった。綺麗な白のペンキの下に,木造部はヒビが入り,虫食いの跡があった」の部分は特にヒントにはなっていません。次の文,「彼の不安なノック」,また「メイドがドアのところに来た」 とあるので,5 in response to...「……に応じて,……に応えて」でしょう。

========

今回の問題は英文の中で表現が問われているので,英文の意味が取れることに越したことはありませんが,むしろ熟語,表現の知識で解けるものが多かったですね。「知識偏重」といった貶し言葉が存在しますが,私は知識人にとって知識が豊富であることは当然大切であると考えます。つまり知識が十分条件ではないとしても,必要条件でないわけではないのです。

次回は1981年を見ます。

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

アルスターの猟犬(48)

アルスターの猟犬(47)」の続きです。第21章に入ります。

 

CHAPTER XXI

How Cuchulain went to Fairy-Land

When Cuchulain left Emer, he went forward to the fairy-rath where he had seen Liban, and he found her waiting for him to take him to Labra’s Isle.
It seemed to him that the way they took was long, for they passed over the Plain of Speech, and beyond the Tree of Triumphs, and over the festal plain of Emain, and the festal plain of Fidga, until they came to the place where the bronze skiff awaited them, to take them to the Isle of all Delights.

クー・フーリンはエメルの許を去ると,リバンと会った妖精の郷に行った。彼女は彼をラブラの島へ連れて行こうと待っていた。

その道程は遠く感じた。というのも彼らは言葉の野を抜け,凱旋の樹を越え,エヴァンを祝う野,またフィドガを祝う野を越え,やっとブロンズの漕ぎボートが彼らを喜びの国に連れて行こうと待っている所に到着した。

fairy-rath(rath は walled enclosure,ringfort)『アルスターの猟犬(3)』に一度登場しており,預言者フェデルムがそこから来たと言っています。

・フィドガについては,アルスター伝説に並ぶフィン物語群(フィニアン・サイクル)の主人公フィン・マックールの父クール・マク・トレンモーを討ったゴル・マク・モーナゴル・マックモーナ)の別名がエド・マク・フィドガであるとあります。ゴルはフィンの仇敵ということですね。

en.wikipedia.org

 

A noble and right hospitable welcome was prepared for Cuchulain in that Isle, but he would not rest for that, but bade Labra conduct him without delay to the Plain of Combat. So Labra bade him mount his chariot and together they passed on to the Plain of Combat, where the armies of the phantom hosts were assembled for the fight upon the morrow. On one side were the hosts of Labra, very few, but picked and chosen men in splendid garb, with arms of the best in their hands; but on the side of Senach the Spectral, as far as eye could reach on every side, rose lines of black and gloomy tents, with black pennons flying from their poles. Gaunt heroes clothed in black moved about amongst the tents, and all the horses that they rode were red as blood with fiery manes. And over the whole there hung a mist, heavy and lowering, so that Cuchulain could not see how far the host extended for the gloom of that heavy mist.

その島では壮麗な,まさに心からの歓迎がクー・フーリンのために準備されていたが,彼はその歓迎会で息をつこうとはせず,直ちに戦の野に連れて行くようラブラに言った。それでラブラは戦車に乗るよう彼に言い,彼らは戦の野にやって来た。そこでは亡霊の軍勢が翌朝の戦闘に備え集結していた。ラブラの側は数は少なかったが,立派な身なりをし,最高の武器を手にした選りすぐりの戦士達だった。しかし亡霊のセナハの側は見渡す限りあらゆる方向におり,黒く暗い陣幕を何列も立て,黒い旗が竿にはためいていた。陣幕の間には黒い衣装をした不気味な勇者達が動き回っており,彼らの乗る馬は血のように赤く,炎のたてがみをしていた。そして軍勢の頭上には靄が重く低くかかっており,その靄が生み出す暗がりのせいでクー・フーリンは軍勢がどこまで展開されているか分からなかった。

extend は「延びる・延ばす,延長する」。重要語です。extent は「程度」,extention は「延長」です。


And sounds rose on the air, like the muttering of a demon host, quarrelling and wrangling, so that a man might well shiver before such a sound. But when he saw the demon host, the spirit of Cuchulain revived within him, and he felt his old force and courage and his strength returning to him, and all his weakness passed away.

そして悪霊の軍勢が激しく口論する囁きのような音が空中に上がっていて,そのような音を聞いた者は身震いするのも無理はなかった。しかしクー・フーリンに悪霊の軍勢が見えると,クー・フーリンの気概というものが彼の中で蘇り,かつての力と勇気と腕力が彼に戻ってきて,彼の弱さは全て消え失せた。

may/mightwell がつくと可能性・推量が強まります。「〜するのももっともだ・無理はない」「たぶん〜だろう」のように訳せます。


And he said to Labra, “I would fain drive round the host and number them.” In ever-widening circles he began to drive round the tents. But, as he drove, on every side they sprang up before him innumerable as the blades of grass on a meadow-field, or as the stars on a brilliant summer’s night, or like the grains of sand upon the ocean’s shore. Black and gloomy they stood on every hand, and grim and gaunt the warriors who moved about amongst them, and terrible their blood-red steeds. It seemed to Cuchulain that the smell of blood was already in the air, and all the plain was dark and dim with mist, so that he could not count or number them, or see the end of them at all.
But the spirit of Cuchulain faltered not, and he returned to Labra, and said to him, “Leave me now alone with this great army and take away with you the champions you have brought. This battle I will fight alone.”

それで彼はラブラに「ちょっとあの軍勢の周りを回って数えてくるよ」と言った。ぐるぐると何度も彼は陣幕の周りを回ったが,回るにつけ,あらゆる方面で彼らは彼の前に数え切れないくらい現れて,まるで牧場の草の葉,或いは夏の澄み切った空の星々,或いは海岸を埋め尽くす砂粒のような夥しさだった。彼らはどの方面でも黒く暗い状態であり,彼らの中で動き回る戦士達は不吉で不気味に見え,彼らの血のように赤い軍馬は恐ろしげだった。クー・フーリンには既に血の匂いが空中を漂っているように思え,平野中が靄で暗くぼんやりしていたので,彼らを数えることはできなかったし,軍勢が途切れる場所も全く分からなかった。しかしクー・フーリンの気概は衰えることなく,彼はラブラの所に戻って言った。「この大軍勢には僕1人で当たらせて。君が連れてきた勇者達は連れて行って。この戦いは僕が1人でやるよ」

they sprang up before him innumerable は面白いですね。innumerable「数え切れない,無数の」は形容詞です。they sprang up before him「彼ら(=軍勢)は彼(=クー・フーリン)の視界に飛び出てきた」のあとに形容詞が置かれているのです。これは補語ですね。

 He married young.「彼は若い状態で結婚した」→「彼は若くして結婚した」

 they sprang up before him innumerable「彼らは彼の視界に,無数の状態で飛び出てきた」→「彼らは彼の視界に,数え切れないくらい飛び出てきた」

 この young と innumerable が補語であり,これらを副詞にする必要はないのです。これが補語の肝です。

grain は「(塩,砂糖,砂の)粒;穀物」という意味ですが,take O with a grain of salt とは「O を真面目に受け取らない,話半分に聞く」というイディオムです。take O with a pinch of salt とも言います。

 

So Labra and his men departed and Cuchulain remained alone facing the phantom host. Then two ravens, the birds of knowledge and destiny, with whom are the secrets of the druids, came between Cuchulain and the host, and all that night they made a dismal croaking, so that the demon men grew sore afraid.

それでラブラと部下達は去り,クー・フーリンが1人残って亡霊の軍勢に対峙した。すると2羽のワタリガラス──知識と運命の鳥,ドルイドの秘訣が込められている鳥──がクー・フーリンと軍勢の間にやって来て,その晩じゅう陰鬱にカーカーと鳴いて,それで悪霊の兵達はひどく不安になった。

depart には「出発する,去る,離れる,辞職する,などの意味があります。ディパーテッドという映画がありますが,「去る」→「この世を去る,逝去する」の過去分詞です。ここでの過去分詞は受け身ではなく完了ということでしょう。ガチで解説します。

 (1) have gone,have come を be gonebe come と言うことがある。

 (2) 移動や変化を表す動詞に顕著で,be departed もOK。

 (3) those who are departed「逝去した人々」→those departed

 (4) the departed「逝去した人々」 

 (3)→(4) に「??」となる人もいるかもしれませんが,例えば those who are rich も the rich も「金持ちな人々」ですね。

・「2羽のワタリガラス」は北欧神話フギンとムニンを想起させます。フギンとムニンは「思考」と「記憶」であり,ここでは「知識」と「運命」ですからずれていますが,影響はありそうですね。

dismal は「陰気な」という意味ですが,否定的な意味にしているのは“dis”ではなく“mal”の方です(malice「悪意」や malariaマラリア」の mal)。この語の“dis”は“day”という意味です。

 

One would think,” they said, “that the Madman of Emain Macha were close at hand, from the croaking of those ravens;” for it was thus they spoke among themselves of Cuchulain, because he changed his aspect in time of combat, and a wild and strange appearance came upon him. And they chased away the ravens, and left no place of rest for them in all that land.

彼らは言った。「あのワタリガラスの鳴き声を聞けば,エヴァン・マハの狂人が近くにいると思うであろう」 というのもそのように彼らはクー・フーリンの噂話をしていたのだ。彼は戦闘をするうちに様相を変化させ,荒々しく奇妙な外見が彼に現れるからである。そして彼らはワタリガラスを追い払い,その土地ではそれらが休める場所を作らなかった。

one には「人は(誰でも)」や「私」といった意味もあります。どちらもイギリス英語で堅くとあります。


All that night Cuchulain stood with his hand upon his spear, watching the demon host. Very early in the morning, he saw one of their chief leaders going forth out of his tent, to bathe his hands at the spring; and his tunic fell back and left his shoulder bare. At once, with a cast of his spear, Cuchulain transfixed him through his shoulder to the earth. When the demon host saw their captain fall, they arose, and in swarms and close battalions they came down upon Cuchulain.

その晩中クー・フーリンは槍に手をかけて立ち,悪霊の軍勢を見張った。朝かなり早く,彼らのリーダーの1人が陣幕の外に出て来て,泉に手を浸そうとした。そして彼のチュニックははだけ,肩がむき出しになった。突然,槍を一投げし,クー・フーリンは彼の肩を貫いて地面に釘付けにした。リーダーが斃れるのを見ると,悪霊の軍勢は立ち上がって,大群で密集しながらクー・フーリンに向かっていった。


Then his war-fury came upon him, and wildly and terribly he attacked them, scattering them to right and left; and so furious was he and so deadly were his blows, that they feared to come nigh him. It filled them with awe to see one single man fighting with a host; but as the shining of the sun drives the mist before it on a dewy morn of early spring, so did the radiance of the face of Cuchulain disperse and drive away the army of the demons, for they could not stand before the splendour and the shining of his countenance. Then Senach the Spectral attacked him, and furious was the contest fought between them, but in the end Cuchulain prevailed and slew him; and all the host, when they saw that, turned and fled.

すると戦の激情が彼を襲い,激しく恐ろしい攻撃を彼らに加え,彼らを左右に追い散らした。彼は余りに恐ろしく,彼の攻撃は致命的な激しさだったので,彼らは怖くて彼に近づけなかった。たった1人で軍勢と戦う様は畏怖の念を起こさせるものだったが,初春の露に濡れた朝の日に陽が輝いて靄を晴らすと,クー・フーリンの顔から光が輝いて悪霊の軍勢を追い払った。というのも彼らは彼の表情の壮麗さと輝きに耐えきれなかったからだ。すると幽霊のセナハが彼を攻撃し,激しい戦いが両者の間で繰り広げられたが,遂にはクー・フーリンが勝利してセナハを斃し,それを見ると全ての軍勢は振り返って逃亡した。

dew(due と同音)は「露」,dewy はその形容詞です。dew が重要語かどうかは,「露」が重要かどうかで判断して下さい。


At length Cuchulain returned, his sword dripping with blood; and the heat of his body after the fight was such that water had to be thrown over him, before he could be touched; and the men of Labra feared that his wrath would turn against themselves. They brought him into the house and bathed him and changed his raiment, and slowly his own appearance came back upon him; and after that, they led him to Fand, who awaited his return with her fifty maidens round her. Very beautiful was the house in which Fand and Labra awaited Cuchulain. Couches of copper with pillars of fine gold were ranged around the hall, and soft pillows and cushions of coloured silk were piled on each of them; the flashing of the jewels from the golden pillars giving light to all who were in the house.

ようやくクー・フーリンは剣に血を滴らせて帰還し,戦いの後の彼の体の熱は物凄かったので,彼に触れられるようになるまで彼に水を掛けねばならず,ラブラの部下達はその怒りが自分達に向けられるのではないかと恐れた。彼らは彼を家に入れ,入浴させて衣服を取り替え,するとゆっくりと彼本来の外見が戻ってきた。その後,彼らは彼をファンドの所に連れて行った。彼女は取り巻きの50人の少女と共に彼の帰還を待っていた。ファンドとラブラがクー・フーリンを待っていた家は非常に美しかった。美しい金の柱が付いた銅の長椅子がぐるりと並べられており,それぞれには色のついたシルクの柔らかいクッションが乗せられ,金の柱からは宝石の輝きが放たれて家中の者を照らしていた。

 

Noble youths in glossy garments of smooth silk offered drink in golden goblets, and as they drank, the harpers and musicians gave forth sweet music, and the story-tellers recited their tales. Laughter and merriment were heard throughout the house, while from the eaves the fairy-birds warbled in harmony with the music of the harps. Fifty youths of stately mien, and fifty maidens with twisted hair bedecked with golden coronals waited on Fand, on Labra and his spouse. Near the house to westward, where the sun went down, stood dappled steeds, pawing the ground and ready for their riders.

滑らかなシルクの光沢のある衣服を纏った高貴な若者達が金のゴブレットで飲み物を出し,皆が飲んでいる間はハープ奏者や音楽家が優しい音楽を奏で,語り手が物語を朗読した。笑い声や陽気な話が家中をこだまし,軒からは妖精の鳥がハープの音楽に合わせて仲良くさえずった。立派な物腰をした50人の若者と,髪を編み,金の花輪で飾られた50人の少女がファンド,ラブラ,ラブラの妻に仕えていた。陽が沈む家の西側の隣には,斑の軍馬が繋がれ,地面に足をつけて乗り手を待っていた。

・「ラブラの妻」はリバン(Liban,Lí Ban)ですね。

 

On the east of the house stood three bright apple-trees, dropping ruddy fruit, and in front of the door a tree that gave forth sweetest harmony, such as would sooth wounded men to sleep, or bring health to women in their sickness. Above the well another tree, with silver leaves that reddened in the sunlight, dropped fragrant food, pleasant to all who tasted it. Ever on the gentle breeze the tops of the tree swayed together, and ever they swung wide; and as they met food fell down sufficient for thrice three hundred men. A vat stood in the hall, full to the top of mead and sparkling ale, and all the porch, above its silver posts, was thatched with wings of birds, in stripes of brown and red.

家の東には輝く林檎の樹が3本あって赤い実を落としており,戸の前の樹は何とも心地よい音のハーモニーを放っていて,傷ついた男も癒やされて眠りにつき,病んだ女も健康になろうかという程だった。もう1本の樹が井戸を覆う形で生えており,銀色の葉は日光を浴びて赤らみ,香りの良い実を落とし,それを味わう者全てにとって美味であった。絶えず優しいそよ風に梢が一斉に揺れ,ますます大きく揺れ,梢が触れると千人近くの人間にも十分な実が落ちた。ホールには大きな桶が置かれ,蜂蜜酒発泡酒が満たされ,銀の柱を覆う玄関屋根は鳥の羽根で茶色と赤の縞模様に葺かれていた。

porch「屋根付き玄関」を,日本語で言われるような「小物入れのかばん」と誤解しないよう注意です。そういった「小物入れ」は pouch /paʊtʃ/,つまり「レトルトパウチ」の「パウチ」です。

thatch /θætʃ/ は「屋根を葺く」という意味です。サッチャーとは「屋根葺き職人」のことですね。

 

Now Fand sat on a daïs, waiting for Cuchulain. And when he came before her, clothed as a king, his noble manly form bathed and refreshed, his golden hair gathered above his brow round an apple of bright gold, and all his face aflame with the vigour of the fight, she thought that she had never looked upon a man so brilliant as he.

さてファンドは演壇に座ってクー・フーリンを待っており,目の前にやってきた彼が王のような衣服を着て,気高き男性的な身体は入浴してさっぱりし,金髪は額の上で,明るい金色の林檎の周りに巻かれ,顔中が戦士の活力に漲って燃えるように輝いているのを見ると,彼ほど輝かしい男を見たことがないと思った。

daïs,dais /déɪɪs/ は以下のようなもののようです。

en.wikipedia.org

 


And he, when he looked on her, knew that never in his life had he seen woman half so fair as Fand. “Art thou he, Cuchulain of Murthemne, the Hound of Ulster?” she asked, and even as she spoke the whole band of youths and maidens rose to their feet, and sang a chant of welcome to Cuchulain.

そして彼の方も彼女を眺めると,ファンドの半分ほども美しい女性を見たことがないと思った。「貴方が例の,ムルセウネのクー・フーリン,アルスターの猟犬ですか?」彼女は尋ねた。そして彼女が話す間にも若者と少女の一群が皆立ち上がって,クー・フーリンを歓迎する歌を歌った。

half as ... as 〜は「〜の半分だけ……」だという意味です。普通の原級比較の前に,half「半分」,one third「3分の1」,twice「2倍」など分数,倍数を表す語を置くだけです。twice のように1より大きい場合は twice larger than 〜のように比較級でも可ですが,half のように1より小さい場合は比較級はダメで,原級比較を使います。しかし half「半分ほども」は余計ですね。妻のエメルはカンカンじゃないですか。


Then Fand placed Cuchulain at her right hand, and happy and gladsome were they together, and for a while Cuchulain forgot Ulster, and his place at Conor’s hand, and all the cares and troubles of the other life; nay, he forgot Emer his own wife and the feast she was preparing for him, and the days passed quickly and joyously in the company of Liban and Labra and Fand. And it seemed to him as though Erin were but a dark unquiet land beside the clearness of Moy Mell, the Fairy-land of all Delights.

それからファンドはクー・フーリンを自分の右手に立たせ,2人は楽しく嬉しげに過ごし,クー・フーリンは暫しアルスターのこと,自分がコノールの配下であること,人生の他の全ての心配事,悩み事を忘れた。否それどころか,彼は自身の妻であるエメルのこと,エメルが用意してくれていたごちそうのことを忘れ,日々は急速に楽しく,リバン,ラブラ,ファンドと共に過ぎていった。そして彼にはまるで,エリンという場所が喜びの妖精の国モイ・メルと比較すると暗く不安な土地であるように感じた。

エリンアイルランドのことです。


At length one night he could not sleep; not all the warbling of the fairy-birds from the branches of the tree and from the eaves, nor yet the sound of minstrel’s strains could soothe him into slumber. For he remembered Ulster and his duty to his king, and Emer and the feast she was to make for him, and all his warrior deeds which were departing from him, and he felt he must needs forsake the Land of all Delights and go back to his work in Erin once again.

遂にある晩,彼は眠れなくなった。妖精の鳥が木の枝や軒でさえずるのも,吟遊詩人の旋律の音も,彼を眠りに誘うことができなかった。というのも彼はアルスターのこと,コノール王への義務,妻エメル,そして彼女が用意しているはずのごちそう,そして自分から忘れ去られようとしている戦技の全てを思い出したからである。それで彼は何としてでも喜びの国を去り,再びエリンでの努めに戻らねばならないと感じた。


In the morning he called Fand, and told her he must go that day, for he knew not what troubles might be happening to Ulster while he was away, or what was become of Emer, his wife. But Labra and Fand besought him to stay yet awhile, and they called the musicians and bid them chase away the sudden gloom of Cuchulain, and they brought out the playing-games, hurley and chess, and raced the horses to please him, and they harnessed the steeds of the chariots for his delight. But even for all this Cuchulain would not stay. For he said, “My warrior-strength is passing from me as I rest in idleness, my vigour is decaying. Let me then go, for I am not as the little dogs that play about their mistresses’ feet; I am a Hound of war and conflicts to stand before the foe, and do battle for my country and my king.”

And Cuchulain sang this lay:

朝になって彼はファンドを呼び,彼女に今日,去らねばならない,というのも自分がいない間にどんな困難がアルスターに降りかかるかわからないし,妻のエメルの身に何が起こったか分からないから,と告げた。しかしラブラとファンドは彼にもうしばらく留まるよう懇願し,音楽家を呼んで突然クー・フーリンに沸き起こった心配を追い払わせ,彼を楽しませるために試合,ハーリング,チェスを開かせ,馬を競争させ,彼を喜ばせるために戦車に軍馬を繋いだ。しかしそれにも拘らずクー・フーリンはとどまろうとはしなかった。彼はこう言ったのである。「ここで遊んで過ごすうちに戦士の力が失われ,力が弱くなってきたんだ。だから僕に行かせて。僕は女主人の足下で遊ぶ子犬じゃないんだ。僕は敵に立ち向かい,国と王様のために戦う戦の猟犬なんだ」

そしてクー・フーリンは以下の歌を歌った:

was become,つまり be become は had become,つまり has become の古く堅い形ですね。what has become of O は「Oはどうなってしまったのか」という意味です。

besoughtbeseech「懇願する,強く求める」の過去形・過去分詞です。soughtseek の過去形・過去分詞ですが,besought の場合は beseech なんですね。

 

“No pup am I to play about the feet of ladies fair,
But where the hounds of war are loosed you’ll find me ever there;
No mongrel whelp to watch the fire or crouch beside the hearth,
I stand beside the fords, I scare the champion from his path.
“My bark is not the yelp of curs cowed to the heels by fear,
But the deep bay of winded hounds chasing the leaping deer;
No swathes of wool shall bind my wounds, no cushioned couch have I,
Amidst the carnage of the slain I and my kind shall lie.
“No silky coat of well-combed hair, smooth ‘neath the children’s hand,
But a fierce mastiff, gaunt and grim, when strife invades the land;
Where fords are weak, where forts blaze red, where trumpets sound for war,
The ‘Hound of Ulster’ stands at guard, or drives the foe afar.”

「僕は美しい夫人の足下で遊ぶ子犬じゃない

 僕は戦の猟犬が解き放たれるところにいるのさ

 火の番をしたり暖炉の傍でしゃがむ雑種の仔じゃない

 浅瀬の前に立って勇者を怯えさせ退かせるのさ」

「僕は怯えて尻込みする野良犬のようにキャンキャンと吠えない

 逃げ惑う鹿を追い立てる猟犬のように吠えるのさ

 傷ついても綿で覆わせたりしないし,クッション椅子なんてない

 大殺戮の場に僕のような者たちはいるのさ」

「子どもが撫でても柔らかい,綺麗に櫛ですかれた滑らかな毛皮じゃない

 殺伐として恐ろしい獰猛なマスティフ犬さ,揉め事が国に降りかった時

 浅瀬の守りが弱い所,砦が炎に包まれる所,戦のラッパが吹き荒れる所には

 『アルスターの猟犬』が立ち塞がり,敵を追い払うのさ」

・詩の和訳はちょっと……

fairtherehearth /hɑːrθ;イギリス英語ではhɑːθ/ と path /pæθ;イギリス英語ではpɑːθ/,feardeer と,韻を踏んでいますね。

loose には「解き放つ」という意味があり,その過去形・過去分詞が loosed です。 これとは別に loosen があり,これは shorten「短くする・なる」等と同様で,「ゆるむ,ほどく」です。

mongrel は「雑種犬」,cur は「野良犬」です。いずれもクー・フーリンは「僕はそんなじゃない,hound of war(軍用犬)であり,mastiffマスチフ犬)だ」と言っています。

en.wikipedia.org

・この bay は「湾」とは別の語で,「低く長いうなり声,吠え声」です。

・この coat は人間が着るコートではなく,動物の体を覆う体毛です。

========

さてこれでアイルランドに帰れそうですね。エメルはどのように彼を出迎えるでしょうか。次回,章の後半です。

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

『ウィッチャー』英単語ノートその24

エスケルとランバート

エスケルランバート(ウィッチャー3より)

『ウィッチャー』原作小説を読み,お役に立ちそうor面白そうな単語を紹介するコーナーです。その23はこちら

 

(231) hideous /hɪ́diəs/「ぞっとするような,嫌な」 

エスケルの顔にある恐ろしい傷跡(scar)の形容です。上にエスケル(手前)とランバート(奥)の画像を貼りましたが,エスケルの顔には物凄い傷があります。魔物の鉤爪によるものでしょうか。

 

(232) purse「(財布の)がま口;(唇を)すぼめる」

purse one's lips で「唇をすぼめる」です。不満を表す表現ですね。

 

(233) lines「セリフ」

memorised lines [memorized lines]「暗記したセリフ」の形で登場しました。通例複数形で使います。また lines には「皺」の意味もあります(これも通例複数形)

他に line は「職業,専門分野」の意味も重要ですかね。

 

(234) indisposed「気乗りしない」

訓練を断るセリフとしてトリスがシリラに覚えさせた単語です。disposed には「気分が……である」といった意味があり,それの否定形です。

 

(235) curtsey, curtsy /kə́ːrtsi/「(女性が)丁寧にお辞儀する」

カタカナにすれば「カートスィ」でしょうか。見るからに courtesy /kə́ːrtəsi/「礼儀正しさ,厚意」と関係していますね。court「宮廷」から来ていますが,court は /kɔːrt/「コート」 です。

 

(236) abide by...「(嫌でも)(約束)を守る,……に従う」

abide には「我慢する」という意味があるので,そういうニュアンスで「従う」ということでしょう。

 

(237) humane「人道的な」

human に e が付いた語で,「ヒューマン」ではなく「ヒューメイン」/hjuméɪn/ です。

urban(アーバン)「都会の」 からの urbane(アーベイン)「都会風の,おしゃれな」もあります。

トリスが「あなたがシリラに草の試練をやらせなかったのは人道的だった」と言っています。シリラはものすごい能力を持っていますが,草の試練を受けていないということは,やはり特別な血を引いているからでしょうか。

 

(238) look daggers at O「Oをすごい目で睨みつける」

イギリス英語です。dagger は「短剣」ですね。

 

(239) dryad /dráɪæd/「森の精」

ゲームでも「ドリアード,ドリヤード」として登場するものですが,英語では「ドライアド」です。ギリシア神話の「ドリュアス」に由来します。

ja.wikipedia.org

 

(240) kick up a fuss「騒ぎ立てる,大騒ぎする,苦情を言う」

簡単に make a fuss とも言います。 シリラをネネッケ(Nenneke)の学校に入れるという方針を伝えたときのシリラの態度です。ネネッケでググると,グウェントのカードにあるようですね。ネネッケの学校は女神メリテレ(Melitele)の聖域にあるようで,メリテレは『ウィッチャー2』に出てくるようです。

 ========

シリラの教育方針について熱く討論するトリスvs男衆(ヴェセミル,ゲラルト,ランバートエスケル,コーエン)です。トリスは全く引かず,場の空気を支配しています。316ページ中74ページです。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英単語・英熟語へ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

アメリカ歴代大統領17-18(ジョンソン-グラント)

アメリカ歴代大統領15-16」の続きです。第16代大統領リンカンは,1865年4月に暗殺されました。

 

(17)アンドリュー・ジョンソン(1808-1875;1865-1869)

※第7代大統領アンドリュー・ジャクソンと混同注意

※昇格した3人目の大統領

1808年,ノースカロライナ州で生まれる。父は旅館の馬丁(hostler(アースラー))でいわゆる「下層階級」だった。母は織工,洗濯人

1812年,父死去に伴い貧困に

ジョンソンは洋服屋に奉公に出る

1826年,見習いを終え,テネシー州グリーンビル洋服屋の従業員に

1827年,19歳で17歳のイライザと結婚。無学だったジョンソンにイライザが勉強を教えた

1828年グリーンビル市会議員

1834年グリーンビル市長

1835年,テネシー州下院議員

1841年,テネシー州上院議員民主党

1843-1853年,連邦下院議員

1853-1857年,テネシー州知事

1857年,連邦上院議員

※ジョンソンは奴隷所有者で奴隷制に賛成であったが,合衆国からの脱退には反対

1860年大統領選挙で共和党のリンカン勝利。副大統領はハンニバル・ハムリン

1860年12月,サウスカロライナ州,合衆国を脱退。最初の離脱

1861年2月,脱退7州でアメリカ連合国(CSA)結成

1861年4月,南北戦争勃発

1861年テネシー州も合衆国から脱退してしまう(計11州に)。脱退反対派だったジョンソンは脱退した諸州出身の上院議員のうち唯一,連邦上院議員にとどまり,リンカンの覚えめでたくなる

1864年大統領選挙でリンカンは国民統一党から出馬,ジョンソン民主党の系統)が副大統領候補に選ばれ,勝利

共和党のリンカンと民主党のジョンソンが挙国一致ということで国民統一党を結成したわけですな

1865年3月4日,第二次リンカン政権発足。ジョンソン副大統領に就任

1865年4月14日,リンカン暗殺される

1865年4月15日,大統領に昇格。戦後の再建(リコンストラクション)を担う

以下はウィキペディアより

共和党急進派は軍事再建法を通過させ、合衆国軍を用いて南部諸州を軍事的に占領するにいたった。北部の占領下の南部では黒人に投票権が与えられ、およそ1万から1万5千人の元連合国の役人や高官の白人が公職追放され、投票権を取りあげられた”

奴隷制に強く反対する共和党急進派(タデウス・スティーヴンス,殴打事件の被害者チャールズ・サムナーなど)は,ジョンソン大統領が南部に甘いと攻撃

※殴打事件については(16)リンカンをご覧ください

1865年12月24日,白人至上主義団体KKKクー・クラックス・クラン)結成

1867年,ロシア帝国からアラスカを購入 ※当初(〜1877年)は陸軍管轄

1868年,ジョンソン大統領に対する弾劾裁判(上院)。賛成35,反対19と,弾劾成立の要件3分の2にギリギリ届かなかったため辞職を免れる(36対18だったら丁度3分の2だった)

連邦政府による南部再建(レコンストラクション)において、南部人に寛大な政策をとったとみられ、そのせいで共和党急進派のメンバーと馬が合わず、政敵である陸軍長官スタントンを罷免したことからThe Tenure Law(政府高官が在職中は罷免を免れる法律)を破ったという口実で弾劾裁判にかけられた”ウィキペディア

tenure は「(終身)在職権」という意味

このような混乱から政権はレームダック

1868年11月の大統領選挙で共和党ユリシーズ・グラントが勝利。ジョンソンは全く人気がなく民主党候補に選ばれなかった。選ばれても負けていたであろう(214-80でグラントが勝ったため)

1869年3月,任期切れで退任

1872年,下院議員選挙で落選

1875年3月,上院議員選挙に当選(民主党

1875年7月,病没(66歳)

年表を見るとジョンソンはほぼ無学の洋服屋従業員から10年以内で市会議員,市長,州議員とめきめき出世しています。性格がよほど誠実だったからでしょうか。写真も誠実そうな顔をしています。上院議員としてただ1人合衆国を離脱しなかったことも誠実さの現れなのでしょう。

ja.wikipedia.org

 

(18)ユリシーズ・グラント(1822-1885;1869-1877)

南北戦争で活躍した北軍の英雄

※大統領退任後ではあるが初めて訪日した大統領

1822年,オハイオ州で「ハイラム・ユリシーズ・グラント」として生まれる。父は製革業者

1839年,17歳の時にヘイマー下院議員の推薦でエストポイントの陸軍士官学校

※ヘイマーは慣例に従って「ユリシーズ・シンプソン・グラント」であろうと推測し(母の旧姓がシンプソンだから),そのように登録し,グラントはそのままそれを名乗った

en.wikipedia.org

ウィキペディア日本語版の「ユリシーズ・グラント」では「ハマー」となっているが恐らく「ヘイマー」↓

www.youtube.com

1843年6月,陸軍士官学校を卒業

1843年8月,ジュリアと結婚

1846年,米墨戦争に従軍

1853年8月,大尉(Captain)に

1854年飲酒が原因で辞職。軍人以外の経験がなかったため生計に苦労する

1861年南北戦争勃発

1861年4月,リンカン大統領,75000名の志願兵を募集。これに応募しイリノイ州義勇軍に入れられる

1861年6月,イリノイ義勇軍歩兵連隊を任されるColonel(大佐)に

1861年8月,義勇軍のBrigadier General(准将)に

※グラントの昇進を度々進言してくれたのはウォッシュバーン下院議員

1862年4月,シャイローの戦いを指揮。初日に劣勢となるも最終的に勝利。劣勢になったのはグラントの飲酒が原因とメディアに非難され解任要求も起こるが,リンカンは「この男の代わりはいない(I can't spare this man)」と擁護

1863年5-7月,ミシシッピ州ビックスバーグの包囲戦を指揮,勝利

ゲティスバーグの戦いとこの戦いが南北戦争の決定的な転換点であった

1864年3月,グラント,北軍総司令官に

以降グラントは物量を背景に常にリーを相手に大損害を受けながら(笑)南下を続ける

※リーは常に自軍以上の損害を与えながら,開いた国力の差により負け続けた

1865年4月9日,アポマトックス・コートハウスの戦いの結果,ロバート・リー,グラントに降伏

(1868年1月,鳥羽・伏見の戦い

1868年の大統領選挙で共和党のグラント民主党シーモアに214-80で大勝

1871年末,岩倉使節団107名,横浜港を出港,太平洋をアメリカへ向かう)

1872年3月,岩倉使節団,グラント大統領に謁見

(1872年8月,岩倉使節団,イギリスのリヴァプールに到着) 

1872年の大統領選挙で共和党グラント,自由共和党のグリーリーに286-3で圧勝

民主党はグリーリーに乗ったが惨敗

※女性で初めて,ヴィクトリア・ウッドハルが元奴隷のダグラスを副大統領候補にして出馬したが獲得選挙人ゼロ。そもそも1838年生まれで要件の35歳に達していなかった

1875年,ウィスキー汚職事件(Whiskey Ring)。グラント政権時の最悪のスキャンダルで,共和党の慢心から来る腐敗の象徴と映った

“グラントは史上初めて、またその後も現在までただ一人の、被告人側で証言した大統領となった”

※グラントが飲酒癖で知られていたことは疑惑を大きくしたでしょうな

※ringは「一味」という意味がある

1876年,マーク・トゥエイン,『トム・ソーヤーの冒険』を出版

1876年の大統領選挙で共和党のヘイズ民主党のティルディンに185-184で勝利

ウイスキー汚職事件が響いたのか,共和党は1選挙人差の薄氷勝利

1877年,大統領を退任

1879年7月,日本を訪問明治天皇と会見

日光東照宮天皇しか渡ることを許されていない橋を渡ることを恐れ多いとして固辞し話題となる

1883年,全米ライフル協会第8代会長

1884年,トゥエインの勧めで回顧録執筆

1885年8月,死去

現在,50ドル紙幣はグラントである

ja.wikipedia.org

==========

グラントはジョンソンに引き続き戦後の再建を担いましたが,その功績は自らが関与を疑われた汚職事件で吹っ飛んでしまいました。

黒人(アフリカ系アメリカ人)の公民権は表向き認められましたが,黒人差別問題は100年続くことになります。白人至上主義団体KKKクー・クラックス・クラン)も1865年に結成されています。

次回は第19代ヘイズ,第20代ガーフィールド,第21代アーサーです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

www.freynya.com

アルスターの猟犬(47)

アルスターの猟犬(46)」の続きです。第20章の後半です。

 

“Nevertheless, O master Laeg,” she said, “it is only under my guidance that thou canst reach Moy Mell. Haste then, and come, for Labra waits for us.” Still Laeg protested, and would not have gone, but that Cuchulain urged him; and at the last forward they went, Laeg and the women, walking together a long while, till they perceived an island in the lake, and on the near side lay a skiff of bronze, burnished and very light, waiting, it seemed, to carry them across. It had no oar or sail or men to guide or ferry it along, but as they touched it with their feet, swiftly it moved outward from the bank, and with straight aim across the lake it bore them to the door of the palace that was in the island.

「しかしですね,ロイグ様」彼女は言った。「私たちの保護がなければ,モイ・メルには来られないのですよ。では急いで来て下さい。ラブラが私達を待っています」 それでもロイグは抗議をし,去ろうとはしなかったが,クー・フーリンが彼を促した。それでやっと彼ら,ロイグと2人の女は出発し,長い間歩くと,湖の中に島が見えてきた。そして近くには綺麗に磨き上げられた,とても軽いブロンズの漕ぎボートが,彼らを渡そうと待っているようだった。ボートを案内したり渡したりするオールも人もなかったが,ボートに足を下ろすと,ボートは素早く岸から離れ,まっすぐに湖を渡って,島にあった宮殿の門まで彼らを運んだ。

canst の形から,かつては助動詞も活用したことが分かりますね。


About the palace-gate they beheld a troop of warriors, coming out to meet them. “Where is Labra the Swift-handed?” demanded Liban. “He returns from gathering his troops and armies for the conflict on the morrow,” they replied; and even as they spoke, the rattle of a chariot was heard approaching. “He comes, make way,” they cried; “Labra Swift-handed, Wielder of the Sword, returns from the battle-field.”

宮殿の門の辺りに兵士の一隊が見えて,彼らを出迎えに来た。「迅刀のラブラはどこ?」リバンは尋ねた。「明日の戦いに向けた軍隊との会合から帰ったところです」兵らは答え,話も終わらぬうち,戦車のガタガタ言う音が近づいてきた。「来た,道を開けろ」彼らは叫んだ。「迅刀のラブラ,剣の使い手,戦場よりご帰還」


Then drew near a dark, stern warrior, whose horses out-stripped the March wind in their swiftness. In his right hand he held his upright long-shafted spear, and at his side hung a terrible two-handled sword, double-bladed, strong. Rugged and full of care was that warrior’s face, and gloom sat on his brow. And Liban said, “The spirit of Labra is depressed to-day; I will go out and greet him.” She went forward to bid him welcome, and when he saw her, his face cleared, and he exclaimed, “Has the Hound of Ulster come?” “The Hound of Ulster cometh not to-day,” she said, “but Laeg is here, and surely he himself will come to-morrow. Fear nothing, Labra, Wielder of the massive sword, King of the Honey-plain, the hosts shall be hewn down before thee, and women shall weep their dead, when once Cuchulain comes.”

すると黒く厳しい戦士が近づいてきた。その馬達はその速さにおいて3月の風を上回っていた。右手には真っ直ぐな長柄の槍を持ち,脇には恐ろしげな両刃の頑丈な両手剣がぶら下がっていた。その戦士の顔は精悍で憂いに満ち,額には憂鬱さが現れていた。そしてリバンは言った。「今日のラブラは落ち込んでいるようね。彼を迎えに行くわ」 彼女は進み出てお帰りの挨拶をした。彼は彼女を見ると,晴れやかな顔をして叫んだ。「アルスターの猟犬は連れてきたか?」「今日は来ていません」彼女は言った。「けれどもロイグがいます。きっと明日には彼自身も来るでしょう。ご心配なく,ラブラ,巨剣の使い手よ,輝く野の王よ。クー・フーリンが来れば,かの軍勢は貴方の目の前で切り払われ,女たちは彼らの死を嘆くでしょう」

outstrip などの out- 系動詞は以下の記事にまとめています。

www.freynya.com


Then Labra called Laeg and said, “Welcome, O Laeg; for the sake of him from whom thou comest, for the sake of the lady with whom thou comest, thrice welcome to this land. But now return to thine own home, O Laeg, and set my message before thy master, before the Victorious Hound, and bid him come and help me, for the Plain of Honey is changed to a plain of slaughter and red war, and hosts are gathering to destroy us; seest thou yonder how they come?”

するとラブラはロイグに呼びかけて言った。「ようこそロイグよ。そなたと共に居たそなたの主のため,そなたと共に来た女性のため,心よりこの国に歓迎する。しかし今日はそなた自身の国に帰り給え,ロイグよ。そして我が伝言をそなたの主の許に,勝利の猟犬の許に,伝え給え,そして我を助けに来させ給え。というのも輝く野は殺戮と血戦の野に変わり,我々を滅ぼさんと軍勢が集まっている。あそこに彼らがやって来るのが見えるか?」


Then Laeg looked, and far off on the plain he saw armies coming up like hosts of demon men, obscure and silently; in bands and troops they ranged themselves across the plain. Afar and farther yet he saw them crowding on, while over them their dusky pennons flew, and their great spears pointed aloft. Yet though so great a host was assembling, never a sound was heard; but like an army of the dead they moved, noiseless and swift; only upon the air there came a sound, low and soft and still, like wailing of the wind in forest trees, and then Laeg knew that they were playing the Dord Fiansa upon the points of their great spears.

それでロイグが目をやると,平野の遠くに魔人の部隊のような軍隊が,ぼんやりと,静かに接近しているのが見えた。部隊毎に,隊列を成して平野を横切ってきていた。彼らが押し寄せているのはまだ遠い所だったが,彼らの頭上には薄暗い三角旗がはためき,大きな槍が高く聳えていた。余りにも大きな軍勢が集まっているにも拘らず,全く音を立てていなかった。しかし死者の軍勢のように,音もなく素早く彼らは前進した。空中でのみ音が,低く穏やかに静かに,森の木々の中で風が唸るようにしていて,それでロイグは,彼らが大きな槍の先でドルド・フィアンサを奏でているのだと分かった。

the Dord Fiansa については英語版 Wikipedia の Fianna の項目にありました。Dord Fiansa または Dord Fiann は“Fianna 達のウォークライ”とあります。で Fianna というのは「土地を持たぬ(相続する前の)戦士」のようですね。


“To-morrow will the battle be joined,” said Labra, “and though our warriors are good, we cannot stand before this host. Pray therefore thy most valiant lord without loss of time to come and succour us.”
And Laeg said, “Surely he will come,” and with that he set out to return again.

「明日,戦が始まるだろう」とラブラが言った。「我が軍の兵士は優秀だが,この軍勢をしのぎきれまい。それ故そなたの勇敢なる主に,遅滞なく助勢に来るよう嘆願して欲しい」

それでロイグは言った。「きっと来てくれます」そう言って彼は帰っていった。


Now when Laeg left his master at the pillar-stone, Cuchulain lay for a long while in a trance; and there Fergus and the men of Ulster found him, and they were perplexed to guess what had happened to him or whither Laeg had gone. At length Cuchulain sat partly up, but all his strength was gone from him. And he said, “Carry me to the Speckled House of the Red Branch Champions of Ulster, and lay me there among the weapons.” For the Champions of Ulster were called ‘Champions of the Red Branch,’ and they had three halls set apart for them in the palace of the King at Emain Macha. In the speckled house they hung their weapons and stored their trophies; it was called the Speckled House because of the bright spots of light made by the flickering of the sun as it danced on the weapons round the wall.

さてロイグが石柱の所で主人に別れを告げた後,クー・フーリンは暫しまどろんだ。するとフェルグスとアルスターの男達が彼を見つけ,彼が何をしているのか,ロイグはどこに行ったのかと当惑した。ようやくクー・フーリンが半分ほど起き直ったが,彼の力は失われていた。それで彼は言った。「僕をアルスターの赤枝の勇者の,斑の館に連れて行って,武器の間に僕を寝かせて」 というのはアルスターの勇者達は「赤枝の勇者」と呼ばれていて,彼らはエヴァン・マハの王の宮殿の中に3つの館を持っていたのだ。斑の館には武器を保管し,戦利品を蓄えていた。斑の館と呼ばれたのは,壁に掛けられた武器に日光が反射することで,明るい光の斑点ができるからであった。

Red Branch とはエヴァン・マハにあったコンホヴァル・マク・ネサの所有する館の名で,コンホヴァルの時代のアルスター物語群を「レッド・ブランチ・サイクル(赤枝のサイクル,赤枝編)」と言います。グラブルのセルエルが奥義の時に叫んでいる「レッド・ブランチ・サイクル」は作品群名だったのです。

・厳密には,3つの館のうち2つが「レッド・ブランチ」で,コンホヴァルが座る館と,戦利品及び討ち取った将の首を保管する館です。のこりの1つが「斑の館」で,勇者達の武器が保管されている所です(Wikipedia, Red Branch より)


So they carried Cuchulain to the Speckled House and laid him there upon a bed with his own weapons hung above his head; and Fergus and Conall the Victorious, and the other warriors who were his friends took turns to watch him as he lay. For a whole year he lay thus in trance and no word did he speak all that time. For a year with mortal men is but a day in fairy-land.

それで彼らはクー・フーリンを斑の館に運び,彼の武器が頭上に掲げられているようにしてベッドの上に寝かせた。そしてフェルグスと勝利のコナル,そして彼と親交の深かった戦士達が交替で彼が寝ているのを見守った。まる1年も彼はこのようにして眠り,その間ずっと一言も発さなかった。定命の者の1年は幽世ではたった1日だった。

take turns to-V,take turns Ving「交替で V する」は重要表現です。


At the end of the year Laeg returned, and he found his master thus asleep and speechless, but he knew not that he had been away more than a single day. Greatly was Laeg disturbed at the condition of his master, for he knew that Labra awaited his coming on the morrow. Then, as he pondered how he should awaken him, there came amongst them, silently and unannounced, a noble youth of princely mien, who stood at the foot of the bed and looked down on Cuchulain as he lay.

その年の末にロイグは戻った。そして主人がそのようにして眠り,言葉を発さないことを知った。しかし彼は自分が居なかったのは1日ではないことを知らなかった。ロイグは主人の状態に大いに不安になった。というのもラブラが翌日来るのを待っていると知っていたからだ。それから,彼がどうやって彼を目覚めさせようと思案していると,2人の所へ,予期せず無言で,気品のある物腰の高貴な若者がやって来て,ベッドの傍に立ち,眠っているクー・フーリンを見下ろした。

 

They knew not how he had come in, for the doors were shut, and no man had seen him enter. Fergus and Conall the Victorious sprang to their feet and laid their hands on their swords to protect Cuchulain. But the stranger said, “I am Angus, god of youth, come out of fairy-land to heal Cuchulain; if the man who lies there sick were but in health, he would be a protection to me against all Ulster. Although he now lies ill, he still is my protector, and so much the more than if he were in health, for sure am I that none would hurt me, while he is unfit to take my part.”

皆は彼がどうやって入ってきたか分からなかった。というのもドアは閉まっており,誰も彼が入るのを見ていなかったのだ。フェルグスと勝利のコナルはぱっと立ち上がり,クー・フーリンを護ろうと手を剣に置いた。しかしその見知らぬ男は言った。「我はアンガス,若さの神,クー・フーリンを癒しに幽世より来る。もしそこに病で横たわる彼が健康なのだとしたら,彼は全アルスターから我を護るであろう。彼は今は病に伏せているが,それでも我の守護者であり,彼が健康であった場合よりもなお一層そうなのである。というのも彼が我の側に付く状態でない間も,誰も我を傷つけることができないのは分かっているからだ」

to their feet は「両足で立った状態に」で,sprang to their feet は「ぱっと(跳ぶように)立ち上がる」です。

アンガス,オェングスケルト神話ダーナ神族の一柱で,若さと美の神,またゲイ・ジャルグ(ゲイダーグ)やベガルタの持ち主であるディルムッド・オディナの養父だそうです。

↓ゲイ・ジャルグ,ベガルタについては以下の記事をご覧ください。

www.freynya.com


“None here will hurt or injure you,” said all; “welcome art thou for the sake of him for whom thou hast come.”
Then the stranger stood up and sang to Cuchulain a mystic strain, which none of those who stood by could understand; but in truth, he was calling Cuchulain to Fairy-land, the Plain of all Delight, for Fand it was who sent him to invite Cuchulain thither. And as he sang, lo! Cuchulain sat upright in his bed, and his vision went from him, and he felt his natural strength returning to him again. But when they looked, Angus was gone, and they knew not whither or how he went.

「ここにいる誰も,貴方を傷つけたりしません。彼のために来てくださり歓迎です。貴方も彼のために来たのですね」

すると見知らぬ神は立ち上がり,クー・フーリンに神秘的な,そこに立つ誰も理解できない旋律を歌った。しかし実は,彼はクー・フーリンを幽世に,喜びの野に誘っていたのだ。というのもクー・フーリンを喜びの野に誘うべく彼を遣わしたのはファンドだったのだ。そして彼が歌う間,何ということだろう! クー・フーリンがベッドで起き上がり,幻は彼の許から去り,彼本来の力がまた彼に戻ってきた。しかし彼らが目をやると,アンガスはいなくなっており,彼がどこへ,どのようにした去ったのか分からなかった。

lo /loʊ/ は look で「ほら,見よ」です。


But Fergus and Conall greeted Cuchulain lovingly and said, “Tell us now what happened unto thee.” And Cuchulain told them all that had come to him, and of the fairy women with their wands of osier who had met him, and how his strength departed when they touched him with the wands.

しかしフェルグスとコナルは優しくクー・フーリンに挨拶して言った。「君の身に何が起こっていたのか,教えてくれるかい」 それでクー・フーリンは身に起こったことを全て彼らに話した。コリヤナギの鞭を持った妖精の女達が彼に会いに来たこと,その鞭で触れられると彼の力が無くなっていったことを。


Then Cuchulain called Laeg, and said, “Go to Emer of the beautiful hair, who is sorrowing for me in my own home, in Dun Dalgan, and say to her that the fairy women have taken my strength from me, and that I am not able to come to her; but tell her that it goeth better with me from hour to hour, and that I would have her come to me to comfort me.”

それからクー・フーリンはロイグに呼びかけて言った。「美髪のエメルの所へ行って。ダン・ダルガンの僕の家で悲しんでいるはず。エメルに,妖精の女達に力を吸い取られて,彼女に会いに行けないと伝えて。でもだんだん良くなっていること,彼女に癒やしに来て欲しいと伝えて」

ダン・ダルガンダンドー)は現在のラウス県にあるクー・フーリンの本拠で,「アルスターの猟犬(19)」で一度登場しています。


And Laeg took that message to Emer, and he found her weeping in Dun Dalgan. And she said, “It is strange to me, O Laeg, that though for a whole year your master has been lying ill, not one of you has sought to heal or succour him. Well known is it that you possess the power to go away to fairy-land, where all herbs of healing are to be found, yet never have you sought a fairy herb to cure your master. Surely some warrior or wise man of Ulster might have done some heroic deed to bring him back from the sore sickness in which he lies! Had Fergus or Conall been sick or wounded, or had they lost their sleep, or had King Conor been bound down in enchanted slumber as now Cuchulain is, short would have been the time till Cuchulain would have done some mighty deed or have sought some magic means of healing them.

そしてロイグはその伝言をエメルに持っていくと,彼女はダン・ダルガンで泣いていた。そして彼女は言った。「不思議だわ,ロイグ。まる1年も貴方の主人は病気で寝ているのに,貴方たちの誰も彼を癒やしたり助けようとしないなんて。貴方はあらゆる種類の薬草が見つかる妖精の国に行く力があることは有名だけど,貴方は主人を治療する妖精の薬草を探しに行っていないわよね。誰かアルスターの戦士か賢者が彼を襲っているひどい病気から彼を助け出すための英雄的な行為をしていても良いはずなのに! フェルグスかコナルが病気だったり怪我をしていたら,彼らが眠れなくなっていたら,或いはコノール王が今のクー・フーリンのように魔法にかけられて眠っていたら,すぐにでもクー・フーリンは何か力強いことをするか,彼らを治療する魔法の手段を探すはずよ」

Well known is it that... とは It is well known that...「……なのは有名だ」のことですが,これを×It is famous that... とは言わないことに注意して下さい。

 

Certain it is he would have gone into the fairy mounds, or through the solid earth itself; the great wide world he would have searched from end to end, until he found some plant of healing that would have saved and wakened them. But as for me, for a whole year have I not found one night of sweet repose, since he, the Hound of Ulster, lay bound down with magic chains. Sore is my heart and sick; bright music nor the voice of pleasant friendship strikes my ear; blood presses on my heart since Cuchulain lay in fairy toils.”

「きっと彼なら妖精の山とか,堅い大地に入っていったでしょう。広大な土地を隅々まで探し回り,彼らを救い,目覚めさせるような薬草を見つけるはずよ。でも私なんかは,彼が,アルスターの猟犬が,魔法の鎖に縛られて伏せってから1年間,1晩も安らかに眠れていない。心は痛み,明るい音楽も友人の心地よい声も耳に響かない。クー・フーリンが妖精の罠にかかってから心が押し潰されそう」

search の目的語が「何を見つけたいか」ではなく「どこを探すか」を表すことは重要です。この文で search の目的語は the great wide world であり(he would have searched the great wide world),この the great world は「見つけたいもの」ではなく「探す場所」ですよね。簡単に言い直すと「鍵を探す」は ×search the key ではないということです。見つけたいものを言う場合は look for...,search for... です。


Then to the Speckled House she went in haste, and stayed not until she entered the hall where Cuchulain lay, weak and prostrate upon his bed.
She seated herself at the side of the bed and touched Cuchulain’s hand, and kissed him, and she called on him to come back from fairy-land. “Awake, awake, O champion of Ulster, shake off this fairy sickness; not fit is it that a chariot-warrior should lie upon his bed. Lo! Ulster calls upon her Hound of Battle. Lo! friends and comrades call. Lo! I, thy wife, am at thy side. Awake! awake! O Hound!”

それから彼女は急いで斑の館へ行き,館に入るや否や,クー・フーリンが弱ってベッドに伏せている所にとどまった。

彼女はベッドの傍に腰掛け,クー・フーリンの手に触れ,彼にキスをし,幽世から帰ってくるよう呼びかけた。「起きて,起きて,アルスターの勇者よ。妖精の病気を振り払って。戦車長がベッドで寝ているのは相応しくないわ。ほら見て! アルスターが戦の猟犬を読んでいるわ。ほら見て! 友達や戦友が呼んでいるわ。ほら見て! 私,貴方の妻が,貴方の傍にいるわ。起きて,起きて,猟犬よ!」

shake off は「振り払う,払拭する,逃げる,(病気)から回復する」です。FF14 の戦士に「シェイクオフ」がありました


At that, Cuchulain stood up and opened wide his eyes, and he saw Emer of the beautiful hair seated at his side. Then he passed his hand across his face, and his heaviness and weariness passed away from him, and he arose and embraced his friends and his own and only wife; and he felt his strength returning to him, and his old vigour coming to him again.

その呼びかけに,クー・フーリンは起き上がって目を大きく見開くと,美髪のエメルが傍に座っていた。それから彼は手で顔を拭い,身体の重さと弱々しさは彼から消え失せ,彼は立ち上がって友人達とかけがえのない妻と抱擁した。そして彼は力が蘇ってくるのを,かつての活力が蘇ってくるのを感じた。


And he said to Emer, “For one day, O wife, spare me yet; for there is a deed of battle-valour that I must perform to-day, and after that I will come home to you. Go before me to Dun Dalgan, and prepare a feast and call my comrades and my friends together. I will but go and come again.” Then Emer set out for Dun Dalgan to prepare the feast, but for a whole year she waited for Cuchulain, watching day by day, and yet he came not.

そして彼はエメルに言った。「妻よ,1日だけ僕を自由にして。今日僕が果たさねばならない勇敢な行為があるんだ。それが終わったら君の所へ戻るよ。僕より先にダン・ダルガンに戻って,宴会の準備をして戦友達や友人達をみんな招待して。僕はちょっと行って戻ってくるよ」 それでエメルは宴会の準備をしにダン・ダルガンに向かったが,まる1年間もクー・フーリンを待ち,毎日外を眺めたが,それでも彼は帰ってこなかった。

========

これで第20章が終わりましたので,クー・フーリンの妖精の国での活躍は次章に持ち越すようですね。次回をお楽しみに!

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

『鉄壁』未満英単語5(Eq-Ew)

『鉄壁』未満英単語4の続きです。『東大英単語熟語 鉄壁』に未掲載の単語を見ていきます。Eの続きです。

 

Eq-Ew

equation「等式,方程式;均衡」→a linear equation「1次方程式」,a quadratic equation「2次方程式」

equilibrium /iːkwɪlɪ́briəm/「均衡,平衡」

FF14戦士のHP回復アビリティとして存在

www.freynya.com

equivocal /ɪkwɪ́vəkəl/「紛らわしい,曖昧な」

※このように連想して覚えましょう:equi「等しい」+vocal「言う」だから,「等しく,イエスと言っているようにもノーと言っているようにも聞こえる」

eradicate「根絶する」

※“radi” は radical「根本的な」のように「根(root)」の意。これに e=ex「外」が付いている

ergonomics「人間工学(human engineering, human factors)

err /əːr/「間違いを犯す」→error

errand「おつかい,要件」

escapade「逸脱行為,ひどいいたずら」

※escape →「逸脱する」と連想しましょう

espouse「採用する,妻に娶る」

spouse /spaʊs, spaʊz/「配偶者」は重要語

essay「試みる,試す;随筆,エッセイ」(下線に注意)

etch「刻み込む」

※美術用語「エッチング」から覚える

etymology「語源」

※私が Google の検索窓に打ちまくってる語です。

eugenics「優生学

※“eu”=good, well「優・良」,“gen”=「生」

euphemism「婉曲」

※“eu”=good, well「優・良」 

euphoria「多幸感」

※“eu”=good, well「優・良」 

euthanasia /juːθənéɪʒə, juːθənéɪziə/安楽死(mercy killing)

※“eu”=good, well「優・良」 ,“thanatos”「死」(ギリシア神話タナトスより) 

※「ユーサ(=舌を噛む)ネイジャ,ユーサネイズィア」

www.freynya.com

evacuate「疎開する・させる,中身を空にする」 

※“vacu” からは vacuum「真空,空白」を連想しましょう。

evangelic(al)「福音書の,福音主義の」

※この“ev”も“eu”「優・良」です。「良いことを熱心に説く」というイメージ?

everlasting「永遠に続く」

ewe /juː/「雌羊」 ※you「あなた」,yew「イチイ」と同音

www.freynya.com

========

今回はちょうど20個です。次の ex- に入ると多そうなので,ここで切ります。

アイキャッチ画像は英語版ウィキペディアの Etching(エッチング)より

en.wikipedia.org

 

にほんブログ村 英語ブログ 英単語・英熟語へ
にほんブログ村

 

www.freynya.com