フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲーム中心です。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

『ウィッチャー』英単語ノートその10

ウィッチャー小説

「エルフの血脈」 Kindle版を購入

『ウィッチャー』原作小説を読み,お役に立ちそうor面白そうな単語を紹介するコーナーです。その9はこちら

 

(91) derisively /dɪráɪsɪvli/「嘲るように」

これは難しい語ですね。derideが「嘲る」でderisiveが「嘲るような」。これの副詞形です。rをcに変えたdecide「決定する,決心する」,decisive「決定的な,断固とした」,decisively「決定的に,断固として」の方が重要です。derisivelyの代わりとして,scorn「嘲る」,scornful「嘲るような」,scornfully「嘲るように」を例えばお勧めします。お菓子の「スコーン」はsconeだから注意ね(・ω・)

www.freynya.com

 

(92) a dash of...「僅かの」

「突進する」のdashと同じ単語です。「突進」から「大量」と誤解しないようにしましょう。なお小説では,「少しでも他民族の血が混じっていない人間はいるのかい?」と冷静に反論しています。隋を建国した楊堅やその父の楊忠は異民族という説がありますが,五胡十六国時代南北朝時代にあれほど異民族に支配されたのです。彼らに鮮卑の血が混じっていてもおかしいことではありません。

 

(93) sit up「きちんと座り直す」

sit upは「寝ないで起きている」がまずは重要です(sit up late,stay up late)。他に「背筋を伸ばしてきちんと座る」「起き直る」の意味があります。

 

(94) remark「ことば,述べる」

どうしてもremarkable「注目すべき」からの類推からremarkを「注目」と思ってしまいがちですが,まずは「ことば,述べる」を覚えて下さい。a witty remarkは「賢い気付き」ではなく「賢い言葉」です。東京大学でも複数回出題されています。

 

(95) cannot afford「買う余裕がない」

ダンデリオンが(演奏で得た金を握って)女郎屋におり,「2人分は出せない(cannot afford them both)」と言っているシーンです。can(not) afford to-Vの形もあり「(金銭的,時間的,精神的に)Vする余裕がある(ない)」という意味です。

 

(96) see to it that...「……であるよう取り計らう」

「……であることを保証する」「必ず……となるよう気をつける」などといった意味です。aboutやbutなど一部の前置詞を除いて,前置詞の直後にthat節は書けないため(see to that節とできないため),まず仮目的語のitを挟んでから,後でthat節を書いた結果,see to it that... という形になりました。depend on it that... などもあります。

 

(97) scrutinize (scrutinise)「綿密に調べる,じろじろ見る,詮索する」

意外かもしれませんが,studyも「じっと見る,よく調べる」の意があります

 

(98) If I'm not mistaken「私の記憶に間違いがないなら」

If I remember correctlyIf my memory serves me rightなどの同意表現があります。be mistakenで「間違っている」という意味です。

 

(99) take A to be B「AをBと間違える」

take A for B,mistake A for Bとも言います。Who did you take me to be?で「私を誰と間違ったのですか?」になります。作り方は,

 You took me to be my brother.「あなたは私を兄と間違いました」

You took me to be who? 「あなたは私を誰と間違いました?」

Who did you take me to be? 「あなたは私を誰と間違いました?」

です。

 

(100) anonymity「匿名であること」

anonymous「匿名の」の名詞形です。成り立ちは「打ち消し(an)」+「名前(onym)」です。「打ち消し(an)」を「反対(ant)」にすればantonym「反意語」です。「同意語」はsynonymですね。

==========

316ページ中22ページまで来ました。状況としてはダンデリオンが演奏を終え,議論している町人たちからこっそり逃げ出して女郎屋でくつろいでいたら,人が訪ねてきてうざがっているところです。

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

see to it that... やdepend on it that... の成り立ちを解説します

(1)see to it that... について

see to it that... とは「必ず……するよう気をつける,取り計らう」という意味で,make sure that...,make certain that...,ensure that... などとも言います。

なお,Make sure (that) he is dead.「確実に彼が死ぬようにしろ」のようにこれからのことを言うにも拘らず,that節内は現在形でOKです。 Make sure (that) the door is locked.「必ずドアに施錠しろ」です。なお make sure that... には「……であることを確かめる」という意味もあり,Make sure (that) he is dead. と言われた人がどっちの意味が分からず,彼を殺してしまうというジョークがあるそうです。

今回は make sure that... ではなく see to it that の成り立ちを解説するのがテーマですが,一応 make sure that... も考えておくと,

make O C「OをCにする」

→make O sure「Oを確実にする」

→Oにthat...「……であること」を入れ,

→make that... sure「……であることを確実にする・確かめる」

→窮屈すぎるのでthat... を後ろに回し(make C Oとし),

make sure that... です。

要するにOが十分長過ぎる時にOを後ろに回し,SVOC→SVCO とすることが許されているのです(SVCCVSも許されている。SVOの場合はOSV)。北欧神話の「Asgard Stories(20)」でもmake O ready「Oを準備する」→Oが長いためmake ready Oというのがありました。トールが花嫁に化けてロキと巨人の所へ行く話です。

 

ではsee to it that... の話に戻ります。 

(2)一部の前置詞を例外とし,that節は前置詞の後に書けない

that節はthatの直後に文(S V...)を書くもので,「……であること」という意味です。I think that...He said that... のthat... です。とても便利な表現ですが,一部の他動詞(likeやwantなど)やほとんどの前置詞の後に書くことはできません。

例外としてinと,「……以外」の意味のbut,except,saveはthat節が続けられます。

・in that...「……ということにおいて」

We differ from brutes in that we can think and speak.「我々は考え話すことができる(という)点で獣とは異なる」 

・but that...「……であることを除いて」

・except that...「 〃 」

・save that...「 〃 」(saveは古い言い方です)

in thatではthatは省略できませんが,but that,except thatはthatを省略できます。これが「しかし」です

・but that...「……であることを除き」 → but...「しかし……」

・except that...「……であることを除き」→ except...「ただし……」

We enjoyed ourselves but that we missed Tom.「我々はトムがいなくて寂しかった点を除いて楽しい時を過ごした」

We enjoyed ourselves, but we missed Tom.「我々は楽しい時を過ごしたが,トムがいなくて寂しかった」

これら以外では,前置詞の後にthat節は書けません。depend on himは「彼に頼る」ですが,×depend on that he will help us「彼が私達を助けてくれることに頼る」とは言えないのです。どうすればいいでしょうか? 

 

(3)that節の所をitで置き換え,that節は文末に(形式目的語)

 前置詞の後にthat節が書けなくても,代名詞のitやthatは書けます。だからまずは前置詞の後にitを書いて,文末にthat節を書きましょう。

・depend on it that...「……ということを当てにする」

・see to it that...「必ず……となるよう取り計らう」

つまりsee to it that... は,see to...「……の面倒を見る,……を用意する」の後に直接that節が書けないため,いったん形式目的語のitを置いているのです。

・Rumor has it that...「……という噂である」(The rumor is that...,Rumor says that...) ※have it = say という説明もある

 

なお他にも,that節不可の場合に(迂回的に)that節に持ち込む方法を以下の記事で解説しているので,併せてご覧下さい。

www.freynya.com

 

butが「しかし」の意味になった経緯は以下の記事にも書いています。きっかけは映画『キス・オブ・ザ・ドラゴン』(ジェット・リーブリジット・フォンダ)でした。 

www.freynya.com

 

(4)make sure that... と take it for granted that... の奇妙な相違点

さきほど,make sure that... の成り立ちは,make O sureのOのところにthat節を入れて,make that... sureとするのが窮屈であるため,語順をSVOC→SVOCに変えてmake sure that... とするのだ,と解説しました。

でも窮屈な時はいったん仮目的語のitを置き,that節を後ろに回すのではなかったでしょうか? つまりmake it sure that... ではないのでしょうか? 事実take it for granted that... の成り立ちは,take O for granted「Oを当たり前だと考える」のOにthat節を入れるのが窮屈であるため,Oの所にitをいれ,take it for granted that... としていたのです。

take it for granted that... が正しいならば,make it sure that... であるべきで,

make sure that... が正しいならば,take for gtanted that... であるべきでは?

こう考えた人は賢明です。論理的にはどちらも正しいからです。たまたま下線部の方が定着したと言うほかありません。 take for granted that... と言っても通じはするはずです。それを言うなら(SVOC→SVCOがOKなら),find it difficult for O to-V「OがVするのは難しいと思う」も,find difficult for O to-Vで通じるはずです。

もしかしたら,この面倒な形式的itはなくなっていくかもしれませんね。

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

グラブルで英単語!(7)

炭治郎と善逸

善逸ってこんなキャラニャ?

 「グランブルーファンタジー」で英単語を覚えていくコーナーです。「グラブルで英単語!(6)」はこちら。

 

パーシヴァル

パーシヴァルPercival(火SSR

奥義:ローエン・ヴォルフLohenwolf

Lohe<Lohen(ドイツ語)「炎」

Wolf(ドイツ語)「狼」

※関係ないが『アーサー王伝説』においてローエングリンはパーシヴァルの息子。

1アビ:ツェアライセンZerreissen

zerreißen(ドイツ語)「破く,切り裂く,破壊する」

※ドイツ語の接頭辞zer-は「離れ離れ,バラバラ」の意。例えばZerfall(ツェアファル)は「崩壊,腐敗」

2アビ:イクスゼーレX-Seele(恐怖・スロウを与える)

Seele(ドイツ語)「魂,精神」(soul)

3アビ:トロイメライTraeumerei

Träumerei(ドイツ語)「夢見,夢,幻想」(dreaming)

※一般に「夢」はTraum「トラウム」<Träume「トロイメ」

パーシヴァルは「アーサー王伝説」では円卓の騎士の1人です。兄弟にアグロヴァルがいますがグラブルでもアグロヴァルは登場します(私は未入手)

 

ヘルエス

ヘルエスHeles(火SSR

奥義:エーダルシージEidel Siege

eidelルクセンブルク語?)「空虚な」

siege「包囲,攻囲」

1アビ:グレイヴンイメージGraven Image

grave「墓;重大な;彫る,刻印する」

→graven「彫られた,刻印された」

※「心に刻みつけられたイメージ」ということでしょうね。

2アビ:オータムナルAutumnal

autumnal「秋(autumn)の,秋らしい」

※「夏らしい」はsummery(summary「要約」と1字違い)「冬のような」はwintry(eがなくなる)「春のような」はspringlike(springyは「バネの効いた,泉の多い」)

3アビ:レコニング・ナイトReckoning Night(トリプルアタック&カウンター)

reckoning「応報,審判」

※「応報の騎士(knight)」ではなく「応報の夜(night)」のようです。

ヘルエスはアタッカーです。「レコニング・ナイト」はその名の通り回避カウンターを持ちます。

 

ザルハメリナ

ザルハメリナZahlhamelina(火SSR

奥義:アレキサンダル・プラズマAlexander Plasma

plasma「プラズマ,電離気体」以下ウィキペディアより引用

“プラズマ(電離気体, 英: plasma)は固体・液体・気体に次ぐ物質の第4の状態である。狭義のプラズマとは、気体を構成する分子が電離し陽イオンと電子に分かれて運動している状態であり、電離した気体に相当する”

1アビ:サンライト・レジデュームSunlight Radium

radium /réɪdiəm/ラジウム原子番号88)放射能を有する

radius /réɪdiəs/「半径」と混同注意。それぞれ「レイディアム」「レイディアス」のような発音。なぜ似ているかと言うと,radiusには「放射状のもの」という意味もあり,放射線を出すことに因み,元素の方がradiumと命名された

2アビ:フレアFlare

3アビ:ニュー・レリジョンNew Faith

faith「信仰,信条,信頼」

religion「宗教,信仰,信条」

ザルハメリナの「フレア」は敵も味方も攻撃力が上がるというアブないアビリティです。

==========

次回はスツルム,シヴァ,アテナの予定です。

 

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

東大の文法問題から表現を覚えましょう(1)

■東大の過去問を見ることで単語・熟語を覚えていこうというのが趣旨のシリーズです。

■文法問題とは?

大学入試の「英文法問題」には,

(a)文法書を勉強することで答えられるもの(純粋な文法問題)

(b)単語ごとの語法を問うもの(語法問題)

(c)問題文の意味内容から答えが決まってくるもの(単文読解問題)

があります。refuse to-Vとreject to-Vではどちらが正しいかというのはrefuse,reject側の問題ですのでこれは辞書の知識(=b)です。もし仮に文法書の「to不定詞」の章に「to-Vが続けられる動詞と続けられない動詞があり,refuseが前者でrejcctが後者だ」のように書いていれば(a)と言えなくはないですが,英単語数が多すぎるため,「文法語法辞典」のようなものでない限り「文法書」にはこうした情報を全部載せてられません。結局辞書の知識が必要なのです。辞書をこまめに引く,そして辞書の文法解説を〈読む〉ことが英文法問題に強くなる道です。また熟語集を一通りやると,対応できる問題が増えるでしょう。

 

古い問題から見ていきますよ! 

■1971年東大文法問題

(1) It will not (   ) to blame him for the fault.

(2) I've tried to (   ) him of the habit, but in vain.

(3) Nothing would induce him to (   ) the secret away.

(4)(   ) down the quotation I am going to read for you.

(5) It can't be helped. Let's (   ) the best of the bad job.

上の5つの空欄には,以下のどれかが入ります(重複はありません)

break do give make take turn

 

解説

重複がなく,消去法が使えるため,自信がある(簡単な)問題から確定し,選択肢を減らしていきましょう。

 

(1) will do「構わない,良い」won't do=don't do「良くない」です。必須単語・熟語問題です。

It will not do to blame him for the fault.

=It doesn't do to blame him for the fault.

「彼を責めるのは良くない(間違っている)」

 

(3) give O away「(秘密)をもらす」。重要熟語です。

Nothing would induce him to give the secret away.

「どんな誘惑も彼に,秘密を漏らす気にはさせないだろう」

 

(5) make the best of O「Oを最大限に利用する」は私も記事にしたほど有名な熟語です。

www.freynya.com

北欧神話の(21)にも登場した表現です。

www.freynya.com

It can't be helped. Let's make the best of the bad job.

「しかたないさ。この悪い仕事を最大限活用しよう」

 

残るは(2)(4)ですが,候補は

break take turn

の3つです。

(4) turn down「断る;音量を下げる」は有名です。これを入れると,

Turn down the quotation I am going to read for you.

「私が貴方(達)のためにこれから引用することを断りなさい」

「私が貴方(達)のためにこれから引用することの音量を下げなさい」

な,なんか変ですね(´∀`;)

break downかtake downで何か思い出しませんか?

答えはtake down「メモに取る,書き留める(note down,write down)」です。ちょっと思い出しにくいかもしれませんね。

Take down the quotation I am going to read for you.

「私が貴方(達)のためにこれから引用することをノートに取りなさい」

 

(2) 残るはbreakかturnです。ちょっと難しいですが,

break A of B「AのBを断つ,AにBの習慣をやめさせる」です。rob A of B「AからBを奪う」なんかの知識がヒントになるかもしれません。

I've tried to break him of the habit, but in vain.

「私は彼にその習慣をやめさせようとしたが無駄だった」

 

■あなたは何をすべきか?

今回の5問はたまたま全部が純粋な文法問題(a)というより単語・熟語問題(b)でした。

本屋に行って熟語集を幾つか手にとって見て下さい巻末に索引がある熟語集が必須です。

今回のwill do,give away,make the best of,take down,break ofの中で,できるだけ多く(3つ以上ないと厳しい)が掲載されている熟語集を選び,購入して下さい。そしてそれをみっちり覚えて下さい。

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

アルスターの猟犬(21)

アルスターの猟犬(20)」の続きです。「クーリーの牛争い」の場面に入っているようです。

 

From pastures and meadow-lands, from hills and vales, she called in all her stock, her sheep and swine, her cattle and her steeds. Ailill also, her husband, caused his flocks and herds to be brought in, and reckoned alongside of hers. For Meave had boasted to her spouse that in all possessions of kine and live stock, as also in household goods and utensils, in jewels and ornaments, in garments and in stuffs, her share was greater far than his, so that, in fact, she was the better of the two, the real ruler and prince of Connaught.

牧草地や牧場から,丘や谷間から,メーヴは全ての家畜──羊や豚,牛や馬──を呼んで砦に入れた。夫のアリルもまた,家禽や家畜を運び入れ,彼女のと並べて価値を評価した。というのはメーヴがかつて夫に,牛や家畜といった全ての所有物の点でも,家具や台所用具の点でも,宝石や装飾品の点でも,衣装その他の点でも,自分の持ち分の方が彼のより多く,だから自分の方が2人のうち上位であり,コナハトの真の支配者であり王であるのは自分だと自慢したことがあったからだ。

pasturemeadowも「牧草地」の意味です。ranch「大牧場,農園」という語もあります。

utensilは「道具,器具」で,kitchen utensilsで「台所用品」です。use「使う」やutilize「利用する」と関係ありそうですね。

ornamentは「装飾(品)」です。語幹“orn”を共有するadorn「飾る」と共に覚えましょう。

・「3者以上の中で一番」の場合に最上級を使いますが,「2者のうちより……な方」はthe+比較級を使います。the better of the twothe taller of the twoなどを丸暗記しましょう。

 

Ailill liked not this boasting of his wife; so when their flocks were driven in, their vessels and vats and mugs collected, their clasped ornaments and rings, as well arm-rings as thumb-rings, brooches and collars of carven metal-work, with their apparel and stuffs, it pleased the King to find that the share of Meave and of himself was exactly equal and alike. Among Meave’s horses was a special mare, and she thought there was no mare in Ireland to equal it, but Ailill had one just its match. Among the sheep Meave owned one mighty ram, and among the swine one eminent boar, but Ailill proved that amongst his flocks and herds he had the same.

アリルは妻のこの自慢が嫌いだった。だから2人の家畜が運び込まれ,器や樽やマグ,2人が握る装飾品や指輪,金属の彫刻が施された腕輪や親指の指輪,ブローチや首輪,衣装その他が集められた時,メーヴとアリルの持ち分がちょうど等しいことが分かってアリルは喜んだ。メーヴの馬には特別な牝馬がいて,これに匹敵する馬はアイルランドにいないと考えたが,アリルにはそれにちょうど匹敵するものがあった。メーヴが所有する羊には1頭の力強い雄羊がおり,豚の中には傑出した猪が1頭いたが,アリルは自分の家畜にも同様のものがあることを示した。

vesselは「器,船舶」です。たしか女性のことをthe weaker vesselと表現することがあったと思いますが,ポリコレな現代ではまず使えない表現でしょう。

carve「彫る」の過去分詞はcarvedですが,carvenという古い言い方もあったのでしょう。


Then Meave said: “Among the cattle, however, certain it is, that there is no bull to be named in the same breath with the White-horned.” “Ay, no, indeed,” said the herdsman, “the White-horned surpasseth all beasts; but, a week ago, he left the company of thy cattle, O Queen, and went over to the cattle of the King. ’Tis my opinion that he heard the keepers say that it was strange that so powerful a bull should be under the dominion of a woman; for no sooner were the words out of their mouths, than he broke loose from his stall, and, head in air and bellowing loudly, he passed over to the herds of Ailill. Nought could stay him or bring him back; and all that stood in his path were trampled and gored to death.”

するとメーヴは言った。「しかし確かに牛の中には,白い角と言われる牛はいないな」「いえ実は」牧夫は言った。「白い角はあらゆる獣に勝ります。しかし1週間前のことです。あいつは女王様の群れを離れ,王様の群れに加わったのです。私の意見ですが,飼育係達がこう言うのをあいつが聞いたのでしょう。こんなに力強い牛が女性の支配下にあるのはおかしなことだと。彼らがこう語るや否や,あいつは飼育小屋から脱出し,頭を持ち上げ低く唸りながら,アリルの群れに移動しました。どんな事をしても彼を押し留めたり引き帰らせることはできませんでした。そしてあいつの行く手にあったものは皆,踏み潰され,角で突き殺されたのです」

surpassethsurpasses(3単現)の古い形でしょう。surpassは「……に勝る」です。

・このthe companyは「仲間たち」です。Freynya and Company(Freynya & Co.)「フレイニャと仲間たち」という意味を経て,「会社」という意味が生まれたのです。更に語源を遡ると「一緒に(com)パン(pan)を食べる」です。

'tisはit isのことです。引用符が始まっているように見えて紛らわしいですね。

so powerful a bullという語順に注意して下さい。London is as famous a city as Paris. や,This is too good a chance to miss. にも見られる語順です。なおso powerful a bullsuch a powerful bullでよいのです。

no sooner ... than 〜は有名な「……するやいなや〜」ですね。no sooner had the words been out of their mouths than 〜とも書きます(私は普通そう覚えています:No sooner+過去完了の倒置です)

bellow /béloʊ/ は「叫ぶ,怒鳴る(roar)」です。「ベロゥを出して怒鳴る」とでも覚えますか(アホみたいですが)。below /bɪlóʊ/と混同注意ですね。

goreは「角や牙で突く」です。また「血のり」の意味もありこれが「ゴア表現(ゲームの流血表現)」の元です。


Now when Meave heard that the White-horned was no longer in her keeping, not one of her possessions had any value in her eyes; for, because she had not that especial bull, it was in her esteem as though she owned not so much as a penny’s worth of stock.
When Mac Roth, her herald, who stood at her right hand, saw the Queen’s vexation, he said, “I know, O Queen, where a better bull than the White-horned is to be found, even with Daire of Cooley, in Cuchulain’s country, and the Dun or “Brown Bull” of Cooley is its name; a match it is to the White-horned; nay, I think that it is yet more powerful than he.” “Whence came these bulls?” said Meave; “and what is their strength and their history? Tell me, Mac Roth, yet further of this bull.”

さてメーヴは白い角がもはや自分の飼い牛ではないことを知ると,自分の所有物には何1つ価値のあるものはないように見えた。あの特別な牛がいないので,まるで1ペンスの価値がある財産すら所有していないように思えたのだ。

彼女の右手に立っていた伝令のマク・ロスは,女王の苛立ちを見て取って言った。「女王よ,私は白い角よりも優れた牛が見つかる場所を知っています。クー・フーリンの国のクーリーのダーラの元ではありますが。クーリーのドン即ち「茶色牛」がその名前です。白い角に匹敵します。いや,それより一層強い牛だと思います」「これらはいずこの牛か」メーヴは言った。「その力とは何だ。その経歴とは。教えてくれマク・ロス,この牛のことをもっと」

・「クーリー」は「クアルンゲ」とも言いますので,「ドン・クーリー」は「ドン・クアルンゲ」とも言われます(「クルアンゲ」ではなく「クアルンゲ」です)

dunというのは英語でも「くすんだ灰褐色」「薄墨毛」の意味であるようですね。

ja.wikipedia.org


Then Mac Roth said: “This is the description of the Dun. Brown he is, and dark as night, terrific in strength and size. Upon his back, at evening-tide, full fifty little boys can play their games. He moves about with fifty heifers at his side, and if his keepers trouble him, he tramples them into the earth in his rage. Throughout the land his bellowings can be heard, and on his horns are gold and silver tips. Before the cows he marches as a king, with bull-like front, and with the resistless pace of the long billow rolling on the shore. Like to the fury of a dragon, or like a lion’s fierceness is his rage. Only the Finn-bennach, the White-horned bull, is his mate and match; his pair in strength, in splendour, and in pride.”

そこでマク・ロスは言った。「これがドンの話です。茶色で夜のように暗く,力も大きさも驚異的です。夕暮れ時には50人の子どもがその背中の上で試合をして遊ぶことができます。移動する時は50の雌牛が横に付いてきます。飼育係が彼を困らせると,怒って地中に踏みつけてしまいます。その唸り声は国中に聞こえ,角の先端は金銀が光っています。牛たちの前を,雄牛らしい堂々とした顔つきで,岸に打ち寄せる大波のような抗いがたい足取りで歩きます。その怒りはさながら竜の憤怒の如く,獅子の獰猛さの如くです。フィンヴェナハ即ち白い角だけが,その相手となりえるでしょう。力強さ,壮麗さ,誇り高さの点でです」

tideは「潮の満ち引き」という意味であるものの,単に「時間帯 (time)」という意味もあるため(ex. Christmastide),「夕暮れ時」と訳しています。

tipが「先端」その他の意味を持つことは以下の記事で解説しています。

www.freynya.com

 


And Meave said: “What and whence are these kine, and wherefore did they come to Ireland?”

それでメーヴは訊いた。「これらの牛は何者でどこからやって来て,何のためにアイルランドに来たのか?」

whenceは「どこから」,whereforeは「なにゆえ」です。後者はtherefore「それゆえ」から逆行して覚えましょう。
Mac Roth replied: “These are the cattle of the gods; out of the Fairy Palaces they came to Erin, and into the Fairy Palaces they will return again. For the disturbance and downfall of Erin are they come, to awaken wars and tumults among her people. Before they became cattle, they have lived many lives in many forms, but in whatever form they come to earth destruction and warfare haunt their steps. At the first they were two swineherds of the gods, dwelling in the underworld, and they kept the herds of the fairy gods of Munster and of Connaught. But a mighty war was fought between them, so that all Erin was disturbed and troubled by that war; and each of them tore the other in pieces, so that they died. But they were born again as two ravens, dwelling upon earth, and for three hundred years they lived as birds, but in the end they pecked each other till they died.

マク・ロスは答えた。「これらは神々の牛なのです。妖精の宮殿からエリンにやって来ました。そしてまた妖精の宮殿へ帰ることでしょう。エリンの混乱と没落のために彼らは来ました。その民の間に戦争と騒乱を起こすためにです。彼らが牛になる前,様々な形で何度も生涯を繰り返してきました。しかしいかなる形で地上にやって来ようとも,彼らの通る跡には破壊と戦争がつきまといます。最初は地下で暮らす神々のための2人の豚飼いで,マンスターとコナハトの妖精の神が所有する群れを飼育していました。しかし彼らの間に大きな戦いがあり,エリンじゅうがその戦いで苦しみ悩まされました。そして2人は互いに破壊し合い,両方とも死にました。しかし彼らは2羽のワタリガラスに生まれ変わり,地上で暮らして,300年もの間,鳥として生活しましたが,遂には互いにつつき合って死にました」

are come(be come)が使われていますね。have come「やって来た」のことです。

tumultは「騒乱,騒擾」で,turmoilとも言います。「テューマルト /tjúːmʌlt/」と「ターモイル /tə́ːrmɔɪl/」です。まとめて覚えましょう。

warfareは「戦争(状態)」です。welfare「福祉,幸福」とまるで逆の概念ですから,絶対混同注意です。

==========

アルスターはとりあえず呪われていたわけですね。次回,進軍は行われるのでしょうか!?

en.wikipedia.org

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

as long as... が「……である限り」となる理由を解説

昨日のビリー・ジョエルの「アップタウンガール」

“as long as anyone with hot blood can”

というのが出てきましたね。 

高校のとき習った表現ですが,

as long as...「……である限り(は)」(ifに近い)

as far as...「……である限り(では)」

の2つを区別する時,ifに近いのがas long asということで無理やり“long=ifと覚えていました。こういう無理やりな覚え方も有効です(丸竹えびす……だって結局無理やり覚えている)

しかしas long as... がそういう意味になる理由は簡単です。

(1)long「(時間的に)長く」

How long...? は時間・期間の長さを問う疑問文です。

(2)as long as...「……と同じだけ長く,……ものあいだ」

原級比較です。I waited (for) as long as three hours. は,「3時間と同じだけ長く待った」→「3時間待った」と,強調表現になります。

(3)as long as S V「SVするのと同じだけ長く」→「SVする間は」→「SVである限りは」

as long asの後に文(S V... )が続けられます。

You may stay here as long as you keep quiet.「あなたが静かにしているのと同じだけの時間,あなたはここにいて良い」→「あなたが静かにしている間は,あなたはここにいて良い」→「あなたが静かにしている限り,あなたはここにいて良い」

つまり「あなたが30分間静かにしているなら30分,2時間静かにしているなら2時間,ここにいて良い」というわけです。うるさくした瞬間,出ていけということですね。ということで〈時間の長さ〉を表すlongがwhile...「……である間は」の意味を生み,これが〈条件〉を表す「……である限り(は)」となったのですね。

 

では,as far as...「……である限り(では)」の成り立ちはどうでしょう?

(4)far「遠くまで」

(5)as far as...「……くらい遠くまで」

We went as far as Kamakura.「鎌倉(くんだり)まで行った」

鎌倉が遠いという含意を持ちつつ,そんなところまで行ったということです。この表現においてtoは要らないようですね。go as far as to-Vgo so far as to-V)という言い方もあります。「Vするようなところまで行ってしまう」→「Vしさえする」です。「敢えてそういうところまでやる」という含意です。

(6)as far as S V「SVである限り」

as far asの後に文(S V... )が続けられます。〈距離〉のforが〈範囲〉〈限界〉を含意し,

as far as I know「私の知る限り(では)」

as far as I'm concerned「私に関する限り(では)」

のように,責任の範囲を明確にする言い方です。「知らない所までは責任は取れないが」というわけです。このas far asについては具体例であるas far as I know,as far as I'm concernedを覚えてしまったほうが早いです。

「知らんけど」というのはas far as I know(直訳ではないが)で訳すのも一興ですかね。

 

このような原級比較を使った重要表現としては他にas soon as...「……するや否や」や,

(7)not so much A as B「AというよりもむしろB」(=B rather than A = more B than A)

があります。私もこれは無理やり覚えていて,なぜそうなるかは余り考えておらず,とりあえず言いたいものが後ろに来る!!ということだけ注意していました。この成り立ちが氷解したのは好きな映画である『アメリカン・ギャングスター』です。ライバルギャングのニッキー・バーンズ(キューバ・グッディングJr)が「『……』みたいな言い方よりも,『〜〜』みたいな言い方をしてほしい」と言うときに,

not "......", as much as "〜〜"

とわざわざカンマで切って言ってくれていたのです。その時 not so much A as B というのが not A as much as B つまり原級比較の否定にすぎないことに気づいたのでした。つまり「BほどはAではない」→「AよりもむしろB」というわけです。

I don't want wine as much as beer.「私はビールほどにはワインは欲しくはない」→「ワインよりもむしろビールが欲しい(I want beer rather than wine.)」

この映画は主人公のロバーツ刑事ラッセル・クロウ)よりも,また「アメリカン・ギャングスター」ことフランク・ルーカスデンゼル・ワシントン)よりも,他のギャングたち(ニッキー・バーンズ,アーマンド・アサンテが演じたドン・カッターノら)がかっこよかったですね。アーマンド・アサンテのファンになったきっかけの作品です。

なおso much as,as much asは「同じだけ(対等)」ということですからeven(イーブンな関係)に交換できることがありwithout so much as Ving は without even Ving「Vすることすらしないで」です。

She left without so much as saying a word.「彼女は一言も言わず去った」

 

ja.wikipedia.org

 

にほんブログ村 英語ブログ 英単語・英熟語へ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

Billy Joel, Uptown Girl(1983)──フレイニャの好きな音楽(5)

www.youtube.com

 「フレイニャの好きな音楽(4)」に続いて(5)です。軽快なノリに叙情的なサビで私も好きな曲の1つです。

 

まず歌詞について。洋楽は全部の歌詞が言えなくても要所要所で歌詞が口ずさめたら「おっ」となると思うので覚えましょう。オススメ箇所を幾つか紹介します。

(1)That's what I am.「それが俺というわけさ」(動画0分48秒)

what S isは「Sの何たるか」→「Sの本質」「Sの正体」といった意味です。例えば

A man's value does not lie in what he has as much as what he is.

「人間の価値は,その持ち物よりも人柄(本質)にある」 

not A as much as B = not so much A as Bは〈原級比較の否定〉より,「BほどたくさんはAではない」→「AというよりもむしろB」という意味です。言いたい方が後ろに来るので気をつけましょう。

このセリフはどんな文脈の中で言われているかと言うと,

Now she is looking for a downtown man. That's what I am.

「彼女は下町の男を探している。それが俺だ」

「俺の番が回ってきた」と勝手に考えているのです。

 

(2)just because I'm in love with an uptown girl「山の手のお嬢様に恋しているというだけで」(動画1分8秒)

be in love with...「……に恋をしている」が使われています。fall in love with...「……に恋をする」の後の状態を示す表現です。例えばgo on a diet「ダイエットを始める」の後の状態を表す表現はbe on a dietです(I'm on a diet.

前後の文脈としては,

She'll see I'm not so tough just because I'm in love with an uptown girl.

「俺を軟派な奴と思うかもしれない。お嬢様に恋してるわけだから」

becauseはアメリカ英語で「ビカーズ」/bɪkɑ́ːz/ のような発音も可能ですが,耳を澄ましてよく聞いているとちゃんと「ビコーズ」と発音しているように聞こえます。

 

以上の2つがオススメ箇所です。あとは

(3)I'm gonna try for an uptown girl.「お嬢様に挑戦してみるつもりさ」(動画0分33秒)

I'm gonnaはI'm going toです。try for... は「……を得ようと頑張る」です。try... もあるのですが,これではもう試せてしまっています。

 

次はちょっと難しいのですが

(4)as long as anyone with hot blood can「(和訳は以下で考察)」(動画0分40秒)

hot bloodは「熱血,血気,情熱」という意味だそうです。「山の手のお嬢様でも,情熱を感じる時が来るものだ」ということでしょうか。ただ問題はこの節がどういう文脈で前後と繋がっているかですね。前後を書いてみましょう。

I'm gonna try for an uptown girl「お嬢様に挑戦してみるつもりさ」

She's been living in a white-bred world「彼女は育ちのいい環境に住んでいる」

As long as anyone with hot blood can「思春期の子ならあり得ることだが」

And now she's looking for a downtown boy「今彼女は下町の男を探してる」

That's what I am「それが俺というわけさ」

このAs long as anyone with hot blood can「思春期の子ならあり得ることだが」というのは,下の「今彼女は下町の男を探してる」に掛かっている(熱い血が通っていれば下町の男に魅力を感じるはずだ)と解釈したいのですが,Andの存在がそれを阻んでいます。Andがある以上,文法的にはAs long as... 節はnow she's looking... には掛かれません。となるとAs long as... 節は直前のShe's been living... に掛かっていることになるのでしょうか?でもそれでは「思春期の子ならあり得ることだが,箱入りお嬢様のように育ってきた」となってしまいます。やはり意味的には,「思春期の子ならあり得ることだが,今彼女は下町の男を探してる」と下に繋がってほしいですね。Andの存在はどう説明すればいいでしょうか。

例えばこう説明するのはどうでしょうか:

I'm gonna try for an uptown girl「お嬢様に挑戦してみるつもりさ」

She's been living in a white-bred world「彼女は育ちのいい環境に住んでいる」

And now she's looking for a downtown boy「(ところが)今彼女は下町の男を探してる」(甲)

As long as anyone with hot blood can「思春期の子ならあり得ることだが」(乙)

That's what I am「それが俺というわけさ」

という語順だった(これでもリズム的に歌える)が,これでは最後のThat's what I amのThatで受けるもの(a downtown boy)が遠くなってしまうので,甲乙を逆にした。

とりあえず今はこう解釈しておきます。詩って難しいものですね……しみじみ

(自分がアホなだけだったり)

などと書いていたら,英語に詳しい友人から解釈が提示されました! もうその友人がブログ書いたほうが良さそうですね笑

As long as anyone with hot blood can

は,2行上の

I'm gonna try for an uptown girl「お嬢様に挑戦してみるつもりさ」

に掛かるというのです。書き直してみましょう。

I'm gonna try for an uptown girl「お嬢様に挑戦してみるつもりさ」

She's been living in a white-bred world「彼女は育ちのいい環境に住んでいるんだけど」

As long as anyone with hot blood can「血気盛んな男なら挑戦できるさ」

And now she's looking for a downtown boy「そして今彼女は下町の男を探してる」

That's what I am「それは俺だぜ〜〜」

ちょっと語調が変わりましたが笑

この解釈の最大のメリットは,hot blood「血気盛ん」が「山の手のお嬢様」よりも「スパナを持った下町の工員の男」に合うということです! 「山の手のお嬢様」のことを言うのに,with hot bloodは合わない気はするんですよね。更にcanは最初の解釈では「あり得る」でしたが,この解釈では「やれる(挑戦できる),やってもいい」となります。

もちろん上に挙げた解釈でも,文は厳密には繋がりません。厳密に文を繋げるためには,

I'm gonna try for an uptown girl「お嬢様に挑戦してみるつもりさ」

who's been living in a white-bred world「彼女は育ちのいい環境に住んでいるんだけど」

as long as anyone with hot blood can「血気盛んな男なら挑戦できるさ」

のようにした方が良いでしょう。でも,Andを無視して下に掛かるという解釈(思春期の子ならあり得ることだが,今彼女は下町の男を探してる)よりも無理がない気がしました!

 

いやあ,友人様,ありがとうございます!(100%これで確定したわけではないですが)

 

as long as... は「……である限り」ですが,今度解説してみたいと思います。

↓早速書きました

www.freynya.com

 

洋楽が流れているとしましょう。一緒にいる人が歌詞を全部歌いだしたら,めちゃうざいですよね笑 ここは要所だけをさり気なく歌うのがいいんです!(´∀`) 幾つかポイントをお勧めしましたので,練習して部分的に口ずさめるようになっておきましょう。Oh oh oh ohの所だけではもったいないですよ笑

 

後どうでもいいのですが,uptown girlのところが「とっちゃんぼ〜や」のように聞こえてしまうのは私だけでしょうか笑

 

en.wikipedia.org

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com