フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲーム中心です。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

アルスターの猟犬(34)

アルスターの猟犬(33)」の続きで,第14章の続きです。

 

“I am rejoiced at thy coming, my good friend Fergus,” said Cuchulain, as the chariot drew up beside him; “too seldom is it that on this Raid of Cooley we twain meet face to face.”

“Gladly I accept thy welcome, O foster-son and pupil,” Fergus said. “I come to tell thee who it is that on the morrow has bound himself to meet thee at the ford, and urge thee to beware of him.”

「親友のフェルグス,君が来て嬉しいよ」クー・フーリンは戦車が隣に停まると言った。「このクーリーの争いでは僕達2人が顔を合わせる機会が少なすぎるよ」

「養子かつ生徒よ,歓迎大いに感謝する」フェルグスは言った。「私は明日誰がお前と浅瀬で戦う運命となったか知らせるために,そしてその者に注意するよう促すために来た」

draw upは「停まる,車を停める」です。pull up,pull overが有名ですね。


“I am attentive,” Cuchulain answered. “Who is the man who comes?”
“’Tis thine own friend, thy comrade and fellow-pupil, the great and valiant champion of the west, Ferdia, son of Daman, called of all men the ‘Horn-Skin,’ so tough and strong for fight is he, so hard to pierce or wound with sword or spear. Beware of him, it may be even the Gae Bolga will not avail to harm the flesh of Ferdia.”
Upon my word and truly,” cried Cuchulain, “this is ill news you bring; never should I have thought my friend would challenge me.”

「ぜひ聞こうじゃない」クー・フーリンは答えた。「来るのは誰?」

「それはお前自身の友,お前の戦友で兄弟弟子,西の偉大にして勇敢な勇者フェルディア,ダマンの息子,皆から『角の肌』と呼ばれる男,余りに戦に丈夫で強く,剣や槍で貫くことも傷つけることもできない男だ。彼に気をつけろ,ゲイ・ボルグでもフェルディアの体を傷つけるのに役立たんぞ」

「何てことだい」クー・フーリンは叫んだ。「あなたが持ってきたのは悪い知らせだよ。親友が僕に挑戦するなんて思っても見なかった」

attentiveは「熱心に聞いて」という意味で,I'm attentive. は I'm all ears. も有名ですね。「聞く気満々」ということです。

avail (to-V) は「(Vするのに)役立つ」です。試験ではavail oneself of O「Oを利用する」も重要ですね。available「利用できる」はもっと重要です。

(Upon) my wordは「おやまあ」です。「なんてこった」と訳してみました。


“We thought as much,” Fergus replied; “we all avowed thou wouldst not relish the coming of Ferdia; for of all warriors that have hitherto come to the combat at the ford, he is most formidable and best prepared. Be wary, therefore, rest well this night, and try and prove thine arms; come to the combat fresh and amply armed.”
“Utterly dost thou mistake my meaning, Fergus, my friend; not from any fear of him, but from the greatness of my love for him, I hold his challenge strange and unwelcome. For this cause only I regret his coming.”

「そうだろうと思ったよ」フェルグスは答えた。「お前はフェルディアの到来を望まないだろうと我々は皆言っていたのだ。今まで浅瀬の一騎打ちにやって来た全ての戦士の中で,彼が最も恐ろしく戦慣れしているからな。だから用心せよ。今夜はよく休め。そしてお前の武器をよく確かめておけ。万全の体調で,十分武装して来るんだ」

「フェルグス,友よ,完全に誤解してるね。彼を怖がるからじゃない。彼のことをとても気に入っているからだよ。彼の挑戦は信じられないし,残念なことだよ。それで彼が来るのを残念がってるだけだよ」

・フェルグスはクー・フーリンがフェルディアに負けることを心配しているが,クー・フーリンは親友のフェルディアと決闘になることを残念がっているのです。やはりクー・フーリンの方が立派ですね。

wary /əri/ は「用心深い」,weary /wɪ́əri/ は「疲れて」。混同注意です。

proveは「証明する;……であると判明する」ですが,ここでは武器が傷んでいないか調べておけということでしょう。proveには「検算する」の意味もあります。

 

“Yet and in truth,” Fergus replied, “no shame to thee or any man to be afraid of Ferdia, for in his arms is strength as of a hundred men; swords wound him not, spears pierce him not, and tried and mettlesome his heart and arms.”
“Now this, O Fergus, deem I strange indeed, that thou of all men shouldst warn me to be careful before any single warrior in Ireland; well it is that it was thee, O Fergus, and not another man, who brought me such a warning. From the beginning of winter till the coming of spring have I stood here alone, fighting each day a hardy warrior, and never have I turned back before the best fighting man whom Meave has sent against me, nor shall I turn back before Ferdia, O Fergus. For as the rush bows down before the torrent in the midst of the stream, so will Ferdia bow down under my sword, if once he shows himself here in combat with the Hound of Ulster.”

「しかし実際だな」フェルグスは答えた。「フェルディアを恐れることはお前にも,誰の恥にもならないのだ。彼は武器を持つと百人力なのだ。剣で傷をつけられず,槍で貫けず,度胸も武器も経験豊富で勢いがある」

「フェルグス,ほんとに不思議なのは,よりによって貴方が,アイルランドのたった1人の戦士に慎重になれと警告してきたことさ。そんな警告をしてきたのが他でもないフェルグスで良かったよ。冬が始まって春が来るまで,僕はここで1人で頑張ってきた。毎日屈強な戦士と戦って,メーヴが寄越してきたベストの戦士に一度だって背を向けたことはない。だからフェルディアにも背を向けることはないんだよ,フェルグス。イグサが川の真ん中で激流に首を垂れるように,フェルディアは僕の剣の下で斃れるよ。一度でも姿を表してアルスターの猟犬とここで戦ったならば」

triedは「(色々)試されている」→「経験済みの」です。

mettlesomemettle「根性,勇気」の形容詞ですが,metal「金属」が由来です。

・「フェルグスがそんな警告をするのは奇妙だ(strange)」というのと「そんな警告をしたのがフェルグスだったのは結構なことだ(well)」というのは繋がっていないようで悩みましたが,推測すると後者は,「フェルグスだから良かった(well)ものの,他の者がそんな警告をしていたら(僕をなめるなと)許さなかったろう」という意味かと思います。

rushは「イグサ」です。「突進する」とは別語源です。

if once S Vは「ひとたびSVするならば」です。この副詞once自体を接続詞にしてしまい,once S V「ひとたびSVするならば」とも言えます。


That night there was no cheerfulness nor gaiety nor quiet pleasure in the tent of Ferdia, as there was wont to be on other nights; for he had made known what Meave had said to him and the command laid upon him to go on the morrow to combat with Cuchulain; and though Ferdia was merry and triumphant on his return, because of the gifts of the queen and the affection of Finnabar, and all the flattery that had been skilfully put upon him, it was not so with the men that were of his own household, for they understood that wherever those two champions of battle, those two slayers of a hundred should meet together, one of the two must fall, or both must fall: and well they knew that if one only should fall there, it would not be Cuchulain who would give way, for it was not easy to combat with Cuchulain on the Raid of the Kine of Cooley.

その晩,フェルディアの陣幕には,他の晩にはあったような陽気さも楽しさも,静かな心地よさもなかった。というのもメーヴが彼に言ったこと,翌朝クー・フーリンと戦いに行けという命令が下されたことを,陣幕の者に知らしめたからだ。フェルディアは陣幕に帰った時は女王の贈り物やフィナバルの愛情,言葉上手に掛けられたあれやこれやのお世辞のせいで陽気で勝ち誇った気持ちではあったものの,彼自身の家中にいた者達はそうではなかった。彼らはこの2人の戦の勇者,2人の百人殺しの勇者が,たとえどこで戦おうとも,どちらかが必ずや斃れるか,両方が斃れるに違いないと分かっていたからだ。また仮に片方だけがそこで斃れた場合,斃れるのはクー・フーリンではないであろうということも十分分かっていた。というのはこのクーリーの牛争いでクー・フーリンには大苦戦していたからだ。

make known O = make O knownは「Oを知らしめる」です。Oは後ろのwhat以下です。誰に知らしめたか書いてませんが,陣幕にいた他の者達でしょう。後ろにthe men that were of his own household「彼自身の世帯にいた者達」が出てきます。

flatteryは「(光栄に思わせるような)お世辞」です。重要単語です。

give wayは「(重さなどで)崩れる」です。これも重要表現です。give way to O「Oに屈する」も重要です。

 

As for Ferdia, through the first part of the night, he slept heavily, being overcome with the liquor he had taken, and the fatigues of the day; but towards the middle of the night, he awoke from his slumber, and remembered the combat on the morrow, and anxiety and heavy care began to weigh him down; fear of Cuchulain on the one hand, and sorrow that he had promised to do combat with his friend, and fear of losing Finnabar and Meave’s great promises on the other; and he tossed about, and could sleep no longer. So he arose and called his charioteer, and said, “Yoke me my horses, and come with me; I shall sleep better at the ford.” But his charioteer began to dissuade him, “It would be better for you not to go,” said he, “trouble will come of this meeting.

フェルディアについては,その夜の最初の方は,呑んだ酒の力と日中の疲労からぐっすり眠ったが,真夜中頃になるとまどろみから覚め,翌朝の決闘のことを思い出し,不安と大きな心配が重くのしかかり始めた。一方ではクー・フーリンへの恐れが,親友と決闘すると約束したことの悲しみが,他方ではフィナバルと,メーヴの大きな約束を貰い損なうことへの不安が。そして彼は寝返りを繰り返し,これ以上眠れなくなった。それで彼は起きて御者を呼び,言った。「馬を繋いで,共に来てくれ。浅瀬のほうが眠れるだろう」 しかし御者は反対の説得を始めた。「行かないほうが良いでしょう」と彼は言った。「この試合は厄介なことになります」

weigh downは「のしかかって押しつぶしそうになる,気分を滅入らせる」です。

toss aboutは「ベッドの中で転げ回る」つまり「何度も寝返りをうつ」でしょう。toss and turnとも言います。

 

It is not a small thing for any warrior in the world to do combat against the Bulwark of Ulster, even against Cuchulain.” “Be silent, my servant,” he said; “though the ravens of carnage croak over the ford, ready to tear my flesh, it is not the part of a valiant man to turn back from his challenge; away with us to the ford before the break of dawn.” So the horses were harnessed and the chariot yoked, and they dashed onwards to the ford. “Take the cushions and skins out of the chariot, good my lad,” said Ferdia, “and spread them under me upon the bank that I may take deep repose and refreshing sleep upon them; little sleep I got this night, on account of the anxiety of the combat that is before me on the morn.” So the servant unharnessed the horses, and spread the skins and chariot-cushions under Ferdia, and yet he could not sleep.

「この世のどんな戦士であっても,アルスターの防塁と戦いに行くことは,相手がクー・フーリンであったとしても,ただ事ではありません」「言うな,我が下僕よ」彼は言った。骸を啄む鴉が,我の体を引き裂こうと浅瀬でガーガーと鳴こうとも,自らに課した試練に背を向けることは勇者の領分ではない。さあ共に,夜明け前までに浅瀬に行こうぞ」 それで馬が繋がれ御者が軛をはめ,彼らは浅瀬に急いだ。「戦車からクッションと毛皮を出してくれ,少年」フェルディアは言った。「土手の僕の下に広げてくれ。その上でぐっすり眠って疲れを癒やしたい。今夜は殆ど眠れていない。翌朝に待ち受けている決闘の不安のせいでな」 そこで御者は馬を解放し,毛皮と戦車のクッションをフェルディアの下に広げた。しかしそれでも彼は眠れなかった。

bulwarkは「防波堤,防塁」です。FF14に「ブルワーク」というアクションがありましたが,なんとなくbullなworkとイメージしていました。違ったのですね。

carnageは「殺戮;死体」です。ravens of carnageは「戦死者の骸を啄む鴉」のことと思われます。

 

“Look out, lad, and see that Cuchulain is not coming,” he said. “He is not, I am sure,” said the lad. “But look again for certain,” said the warrior. “Cuchulain is not such a little speck that we should not see him if he were there,” replied the lad. “You are right, O boy; Cuchulain has heard that a prime warrior is coming to meet him to-day, and he has thought well to keep away on that account.”

「少年,クー・フーリンが来ないか見張ってくれ」彼は言った。「きっと来ませんよ」少年は言った。「でも確実に見てくれ」戦士は言った。「クー・フーリンは来ても気づかないほどオーラのない人物ではありません」少年は答えた。「そうだな,少年。クー・フーリンは今日,一級の戦士が来ると聞いている。そのため,近づかないようにするだろう」

・so... that〜構文やsuch... that〜構文は,「余りにも……なので〜」と訳しますが,not+so... that〜構文やnot+such... that〜構文は,余りにも……ではないので〜」と訳してはなりません。notは最後の最後に訳し,「余りにも……なので〜,というわけではない」と訳します。not such a little speck that we should not see him if he were thereは,notは最後まで訳さないで下さい。ということで,notを削除したsuch a little speck that we should not see him if he were thereを訳しましょう。「(クー・フーリンは)余りにも小さなシミ(speck)なので,仮に彼が居ても見えないだろう」です。最後に,これにnotを付けて下さい。「(クー・フーリンは)余りにも小さなシミ(speck)なので,仮に彼が居ても見えないだろう,なんてことはない」です。つまり「仮に彼がここに居たら絶対に気づくほど彼の存在感は大きい」と言いたいのです。


“I should not say bad things about Cuchulain in his absence,” said the lad. “Do you not remember how, when you were fighting in Eastern lands, your sword was wrenched from you, and you would have perished by the hands of your enemies, but that Cuchulain rushed forward to recover it, and he slew a hundred warriors on his path before he got your sword and brought it back to you? Do you remember where we were that night?” “I have forgotten,” Ferdia said. “We were in the house of Scáth’s steward,” said the boy; “and do you not remember how the ugly churl of a cook hit you in the back with a three-pronged meat-spit, and sent you out over the door like a shot? And do you not recollect, how Cuchulain came into the house and gave the rascal a blow with his sword, and chopped him in two to avenge you? If it were only on that account, you should not say that you are a better warrior than Cuchulain.”

「クー・フーリンの陰口を言いたくはありません」少年は言った。「覚えておいでではないですか? 貴方が東方で戦っていた頃,貴方の剣が奪われたことがありました。そしてもしクー・フーリンがそれを急いで取り返さなかったら,貴方は敵の手にかかって死んでいたでしょう。彼は貴方の剣を取り返すまでに百人の戦士をなぎ倒したのでしたね? その晩,私達はどこに居たか覚えておいでですか?」「忘れたよ」フェルディアは言った。「スカアハの給仕の家に居たのですよ」少年は言った。「そして覚えておいでではありませんか。あの無礼な給仕のやつが三叉の肉串で貴方の背中を叩いたのを。そしてすぐに貴方をドアの外へ追い出したのを。そして思い出せませんか。クー・フーリンがその家にやってきてその無礼者に切りかかり,無礼に報いるために奴を真っ二つにしたのを。その理由だけでも,貴方は自分がクー・フーリンより優れた勇者だと言うべきではありません」

・この御者,言いますね。このエピソードは有名なのでしょう,ウィキペディアにも載っていますので引用します。

“フェル・ディアドとクー・フーリンはゲルマーン・ガルヴクラスとの戦いに参加したが、この戦いでフェル・ディアドは敵に剣を奪われるという失態を犯す。彼の苦境にクー・フーリンは百人もの敵兵を殺し、奪われた剣を取り戻した。戦いの後、フェル・ディアドらはスカータハの給仕係の家で泊まることになったが、フェル・ディアドは給仕係に扉の外へ放り投げられてしまった。この無礼に対し、クー・フーリンはその場で給仕係を殺して報いた。後のフェル・ディアドはこうしたクー・フーリンの恐ろしさを少年時代の曖昧な記憶として半ば忘れ去ってしまい、彼の実力を低く見積もっていた”

 

“Why did you not remind me of all these things before we came here?” said Ferdia; “I doubt whether I should have come if I had remembered all this at first. Pull up the cushions under my head, or I shall never get to sleep. Will you be sure to keep a sharp look-out?” “I will watch so well, that unless men drop out of the clouds to fight with you, no one shall escape me,” said the boy; “and I will sing you to sleep with a lullaby.” Then as Ferdia sank into repose and refreshing slumber, he began to croon this ancient song which Grainne sang over Dermot, when he was hiding from Finn in the forests of the west.

「どうしてそんなことをここに来る前に思い出させてくれなかったんだ?」フェルディアは言った。「初めからそれを皆思い出していたらここに来たかどうか。頭の下のクッションを上げてくれ,全く眠れやしない。どうか目を凝らして,見張りをしてくれないか?」「雲の中から現れでもしない限り,私の眼を逃れないくらいに,しっかり見張りましょう」少年は言った。「子守唄を歌って寝かせましょう」 それでフェルディアが寝付いて疲れを癒やすまどろみに入ると,少年はディルムッドが西方の森でフィンから隠れている時にグラーニアがディルムッドに歌った古い歌を優しく歌い始めた。

グラーニア,ディルムッド・オディナ,フィン・マックール,全てウィキペディアに載っています。

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

・しかしこの御者,肝が座っていますね。ウィキペディアによると,なんと一説には,この御者はクー・フーリンの御者ロイグの兄弟だというのです。名をアイドと言います。クー・フーリンとフェルディアが兄弟弟子なら,ロイグとアイドは兄弟ということになりますね。まぁ神話・伝説なので,そういう解釈(信仰)・設定ということなのかもしれません。

 

==========

いよいよ翌朝,フェルディアとクー・フーリンの決闘が始まりそうです。その経緯は来週ということになりますが,1つだけ明らかにしておくと,この戦いは一瞬で決しません。数日掛かるのです。2人の戦の技量と,戦いの激しさはそれほどまでのものだったのです。

次回,第15章に入ります。

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

東大の文法問題から表現を覚えましょう(14)

四阿

(13)に引き続き,(14)です。1978年のを見ます。

 

A 以下の親子の会話の空所 (a) 〜 (e) に補うのにもっとも適当なセリフを,後のイ〜ヌから選び,その記号を記せ。

Mrs. Jones: I'm sorry, Tom, but you can't leave the house. With that temperature, it would be suicide.

Tom: But, Mom, I have to go. The game starts in half an hour, and promised Paul I'd meet him at the gate.

Mrs. Jones: Why don't you call him up and explain?

Tom: (  a  ). His mother said he's already left. What'll I do now? I have his ticket. He gave me the money to buy it when I bought mine. It cost three dollars!

Mrs. Jones: (  b  ). There's time for me to drive to the stadium. I'll give him his ticket and try to get a refund on yours.

Tom: Thanks, Mom! Let's see now. Paul's about two inches shorter than I am and heavier. (  c  ), but he loves candy and---

Mrs. Jones: Please don't tell me what he eats. I'll need to know what he looks like.

Tom: Well, he has blue eyes and a crew cut.

Mrs. Jones: With that description, I could end up by giving Paul's ticket to any number of boys. Have you any idea what he will be wearing?

Tom: (  d  ). But his new jacket is a kind of red and brown plaid. Oh, yes--- his right hand is bandaged. (  e  ) in the science lab yesterday.

Mrs. Jones: I think I can find him. You can go to bed now. I'll be back soon.

 

イ Not for sure
ロ I'm afraid I've lost the money
ハ Well, I might
ニ Because I don't feel well
ホ I just did
ヘ I am not supposed to tell him
ト He took it on
チ He's supposed to be on a diet
リ He cut himself
ヌ Tell me what he looks like

 

解説

とにかく意味をとって自然なセリフを探すだけですね。

( a )

母が息子トムに「暑すぎるから出かけるな」と言いますが,トムはポールと約束したからと出かけようとします。母は「電話して説明したら」と言います。次が空欄(a)で,空欄のあとでトムは「ポールのお母さんがポールはもう出掛けたと言っていた」と言っています。つまり,既に電話はしたわけですね。選択肢ホのI just did.「したばかりだ」が答えでしょう。

 

( b )

そんなわけでトムは出かけようとします。どうもトムがポールのチケットを持っているようですね。トムが行かないとポールは入れないわけです。空欄(b)のあとで母は「私が(for me)スタジアムに車で行く時間はある」と言い,「私が彼に彼のチケットを渡す」と言っています。トムに行かせる代わりに,母が車で行ってチケットだけ渡すつもりのようですね。選択肢ヌのTell me what he looks like「彼の見た目を教えて」が答えでしょう。その後でトムがポールの身長・体重を教えている(two inches shorter than I am and heavier)こともヒントです。

 

( c )

上で見たtwo inches shorter than I am and heavierと,but he loves candy and--- の間です。ポールについての説明が答えでしょうか。

選択肢チのHe's supposed to be on a diet「彼はダイエットをしているはず」が答えでしょう。「ダイエットをする」はgo on a dietですが,「ダイエット中だ」はbe on a dietです。「私はダイエット中です」はI'm on a diet.ですね。さてこの選択肢を入れると,「彼はダイエットをしているはず。でもキャンディが好きだから……」と自然に繋がります。be supposed to-Vは「Vすることになっている,Vしなければならない」で,「彼はダイエット中ということになっている」というのが逐語訳です。

 

( d )

でもキャンディが好きだから……」に対して母は「食べてる物の話は良いから,外見を教えて」と言い,トムは「青い目でクルーカット」と教えます。「クルーカット」は船員(クルー)のような短髪です。スポーツ刈りのような理解でいいでしょう。

en.wikipedia.org

母はこのあと「その説明だと,どんな男の子に渡してしまうか分からない」と言っています。「青い目,クルーカット,息子よりちょっと背が低い」では同定困難ですね。そこで服装を予想させます。それの答えが( d )です。( d )の後ろを見なくてもイ Not for sure「確実には分からない」しか続けません。でもその後で服装の予想と,右手に包帯を巻いていることを思い出しています。

 

( e )

「右手に包帯を巻いている」の直後で,in the science lab yesterday「昨日科学実験室で」の直前が空欄( e )です。もうこれは「怪我をした」しかないでしょう。選択肢リ He cut himself「彼は切り傷を負った」が答えです。cut oneselfは「切り傷を負う」という意味で,cut one's fingerのように,oneselfを〈部位〉にもできて便利です。これはhurt/wound/injureなどにも当てはまります。

hurt oneself=wound oneself=injure oneself「怪我を負う」

hurt one's leg=wound one's leg=injure one's leg「脚を怪我する」

 

B 以下の各文の空所に入れるのに最も適当な一語を語群から選び,適当な語形に改めて,答案用紙の所定欄に記入せよ。

( f )

Last night a sharp earthquake (   ) china and glasses crashing to the floor.
語群:drop   fall   fly   run   send

 

( g )

Instead of making an effort to resist the temptation he tried to find excuses for (   )to it.
語群:agree   comply   obey   subdue   yield

 

( h )

I discussed the matter with him many times and finally (   )him round to my point of view.
語群:allow   bring   catch   lull   succeed

 

( i )

For minds (   )in the law, legal truth is the same thing as absolute truth.
語群:disgust   excite   preach   prohibit   train

 

( j )

We were about a quarter of a mile away from the top of the mountain pass when we first (   )snow.
語群:grow   long   stand   strike   travel

 

解説

「必要な形に改めて」をお忘れなく。

 

( f )

Last night a sharp earthquake (   ) china and glasses crashing to the floor.
語群:drop   fall   fly   run   send

小文字のchinaは「陶磁器」です。「地震が起きて陶磁器とグラスが床に落ちて割れた」ということですが,主語が「地震」なので「落とした」ということでしょう。fallは「落ちる」の意味はあっても「落とす」の意味はありません。「落とす」はdropです。ところがdropは普通,「人間が落とす」という意味なんですね。これは難問だと思います。send「送る」にはsend O Ving「OをVする状態に追いやる」という語法があります。ということで答えはsentです。

 

( g )

Instead of making an effort to resist the temptation he tried to find excuses for (   )to it.
語群:agree   comply   obey   subdue   yield

Instead ofがあるので,あることとは違うことをしたわけですね。あること(Instead ofの中)は「その誘惑に抵抗する努力をする(making an effort to resist the temptation)」です。ということは,実際にはその誘惑に抵抗しなかったのでしょう。

ところで語群を見ると,どれも「同意する,従う」といった意味です。よってポイントは「意味よりむしろ語法」でしょう。to itが続くので,toを続ける動詞が答えです。

agreeだけは意味が変です。agree to... はありますが,「その誘惑に同意する」は変ですね。

complyは「従う」です。「コンプライアンス法令遵守)」の元です。complyはcomply with... です。難しいですね。

obeyはobey... です。前置詞が余計です。

subdueは,意味もおかしかったです。subdue... で「……を抑える,鎮圧する」です。もしかしたら,submit to...「……に従う」と混同させる狙いだったかもしれません。

yield to... は「……に屈する」で,これが答えです。forのあとなのでyieldingですね。

give way to... = give in to... = yield to...「……に屈する」をしっかり覚えていたら対応できたでしょう。なお,yieldには「産出する」もあります。

 

( h )

I discussed the matter with him many times and finally (   )him round to my point of view.
語群:allow   bring   catch   lull   succeed

「何度も彼と議論して私の意見に同調させた」という意味は推測できるでしょう。roundとは「周って」ということでしょうが,「私の意見の方にぐるりと連れてきた」という関係にすればいいのでしょう。ということで「連れてくる」のbringが使えます(答えはbrought) 

辞書をひくとbring O (a)round to... で「Oを……に同意させる」とありますが,直接これを知らなくても解けるように作っているのが良問ですね。

 

( i )

For minds (   )in the law, legal truth is the same thing as absolute truth.
語群:disgust   excite   preach   prohibit   train

面白い問題だと思いました。mindは「(知的な)人間」という意味なのです。でも仮に知らなくても,「知性,頭,頭脳」のままでも理解可能だと思います。

答えはtrainedです。つまりFor minds trained in the law「法学の分野で訓練された人間にとっては」です。 「法学の分野で訓練された頭脳にとっては」でも理解可能ですよね。なお後ろは「法的事実は絶対的事実に等しい」です。

↓mindが「人間」の意味になり得ることについては以下の記事で解説しています。

www.freynya.com

 

( j )

We were about a quarter of a mile away from the top of the mountain pass when we first (   )snow.
語群:grow   long   stand   strike   travel

a mountain passは「山道,峠道」です。それはともかく,「雪を見た,雪に出会った」という意味になるものを選ぶのでしょう。

strike「叩く,ぶつかる」が怪しいですね。「茶をしばく」などといいますが(無関係)

辞書(ウィズダム英和辞典)をひくと,「(偶然)行き当たる,掘り当てる」の意味でstrikeが使えるようです。strike goldで「金を掘り当てる(=掘ってたら金に行き当たる)」という意味のようです。本問では「進んでたら雪に行き当たった」ということですね。

さて答えですが,過去形は原形にはない“c”が出現し,struckです。strikeだと折角分かったのに過去形の綴りを間違えたら後悔ですよね。

なおstrikeは「打つ,叩く」から「考えが人の頭を打つ(頭に浮かぶ)」という意味に使えることも重要です。

It (suddenly) occurred to me that...

It (gradually) dawned on me that...

It (suddenly) struck me that...

「……ということが(突然/徐々に)私の頭に浮かんだ」 

 

==========

Aは会話文というだけで,意味を取ったらそれほど難しくありません。Bは直接知識を問うので難度が上がっています。

次回は1979年です。

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

英語の名言34

英語の名言33に引き続き,34です。

 

(34)

To be trusted is a greater compliment than to be loved.

信頼されることは愛されることよりも大きな賛辞である。

George MacDonald(1824-1905,スコットランドの小説家・詩人) 

 

愛してはいるけれど信頼はしていないというのはありうる状況なのでしょうね。信頼というのは積み重ねていくものであり,ちょっとしたことで瓦解してしまうので,信頼されるというのは大変なことなのでしょう。

 

マクドナルドは『ファンタステス(Phantastes)』『リリスLilith)』『お姫様とゴブリンの物語(The Princess and the Goblin)』などファンタジーを多く手掛けた作家で,ルイス・キャロル(1832-1898)と交友があり,チェスタトン(1847-1936)やC・S・ルイス(1898-1963)にも影響を与えたと言われています。

 

↓えらいかっこいいですね……

ja.wikipedia.org

 

complimentは「褒め言葉」という意味で,そのまま動詞「……を褒める」にもできます。英語では動詞にmentが付いて名詞化することが多いですが,この語はcomplimentの形で動詞になるわけですね。

なお同じ発音でcomplementという綴りの語は「補完物,補語」という意味で,「補完する」という動詞にもなれます。SVCのC「補語」はcomplementの略です。

なお両語の発音は同じと述べましたが,両語とも名詞では /kɑ́(ː)mpləmənt/,動詞では /kɑ́(ː)mpləmènt/(米語の例)と,品詞によって微細な発音の違いがあります。/-mènt/にあるような右下がりのアクセントは「第2アクセント」です。高校・大学入試では「第1アクセント」しか出題されません。

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

『ウィッチャー』英単語ノートその19

ケィア・モルヘン

「ウィッチャー3」のケィア・モルヘン

『ウィッチャー』原作小説を読み,お役に立ちそうor面白そうな単語を紹介するコーナーです。その18はこちら

なおこの辺りで「ゲラルトがシリを去年の秋にここに連れてきた」という文と「コーエンがここで初めて冬ごもりをするんだ」という文を見つけましたので,ゲラルトがシリをケィア・モルヘンに連れてきてからちょうど1年ほど経っているようです。連れて来られたとき縮こまっていたシリラは1年ほど経て,もっと堂々とした態度になっています。

 

(181) swear「罵る(at...);誓う」

swear - swore - swornです。「罵る」と「誓う」があり厄介ですが,両義を繋いでいるのは「神の名を口にする」です。「神の名を口にする」→「誓う」,「神の名を口にする」→「タブーを口にする」→「罵る」です。

 

(182) If you say so「君がそう言うなら」

「100%本意ではないが,君が言うならば……」というニュアンスです。

 

(183) gape「口をぽかんと開けて見つめる(at...);あくびをする」

「(大きく)開く」ということで gap「隔たり,隙間」と関係ある語です。

 

(184) betray「裏切る;暴露する,示す」

「裏切る」の意は有名ですが,ここでは「示す」です。the little witcher-girl betrayed no signs of mutation「そのウィッチャーの女の子は変異の徴候を示していなかった」です。変異体ウィッチャーは,どこか人間離れした雰囲気を漂わせるのでしょう。しかし魔術師トリスの目をもってしても,彼女は変異体という風には感じられなかったということです。それは彼女が特別な能力を持っていたからでしょう。Trial of Grasses「草の試練」を受けたような変化は見いだせない,とトリスは見ています。彼女は,そう「驚きの子(Child of Surprise)」シリラです。

 

(185) lactic acid「乳酸」

「走ると乳酸が溜まるから」みたいな会話をトリスとシリラはしています。

 

(186) barbican「(城の)外防備;甕城(おうじょう)

城の外に突き出た櫓・塔などです。FF14のバトルコンテンツ「ストーンヴィジル」で「バービカン」という戦場があるのですが,いま意味が分かりました。

なお,ケィア・モルヘンに向かう2人は「かつてケィア・モルヘンが襲撃され,そこにいたウィッチャーの殆どが死んだ。生き残ったのはそこに居なかった者のみだ」という話をしています。トリスが生まれる半世紀前のことだそうです。

 

(187) chestnut /tʃésnʌt/「栗の木,栗の実,栗色(赤褐色)」

1つ目のtは発音せず,「チェスナット」です。トリスの髪の色の形容に使われています。

 

ここでトリスがケィア・モルヘンの面々と対面しました。ゲラルト(Geralt),エスケル(Eskel),ランバート(Lambert),シリラ(Ciri)です。ヴェセミル(Vesemir)は居なかったとありますが後ほどコーエン(Coën)と共にやって来ました。ランバートがトリスを「メリゴールド」と呼び捨てにするのが不愉快だったようなことが書いてあります。

 

(188) rapture「有頂天,歓喜

ゲラルトとトリスが馬を馬小屋に繋ぎに行った時に出てきた単語です。2人の関係を窺わせる語ですね。

 

(189) demoralise「士気を挫く」

moral /mɔ́(ː)r(ə)l/ にeが付いたmorale /mərǽl,mərɑ́ːl/ が「士気」(moralからの強勢移動に注意),これに動詞化の-iseが付き,前にdeが付いて打ち消されています。アメリカ英語ではdemoralizeです。文脈としては,ランバートがシリラを訓練していますが,叱ってばかりなので「やる気を削いでいるだけ」とトリスがけなしています。

 

(190) on one's last legs「壊れかけて,疲れて死にそうで」

トリスがシリラには特別な事情があると色々詮索するもののゲラルトとヴェセミルにはぐらかされ,ヴェセミルに「お前は疲れているんだろう」と言われ,「正直言うとくたくただ」と返しているところです。

 

==========

ケィア・モルヘンにて,ゲラルト,シリラ,ヴェセミル,エスケルランバート,コーエン,そしてトリスが集まりました。これから何が起こるのでしょうか。316ページ中58ページです。

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

アルスターの猟犬(33)

ゲイボルグ

FF14で撮影してきたゲイボルグ・ゼニス

アルスターの猟犬(32)」の続きです。第14章に入ります。

CHAPTER XIV

The Combat with Ferdia 

Now among the hosts of Meave was Ferdia, son of Daman, Cuchulain’s companion and friend when together they learned warlike feats in Shadow-land.

さてメーヴ軍の中にはダマンの子フェルディアがいた。クー・フーリンとフェルディアが影の国で一緒に戦の技を学んだ時の仲間で友人であった。

・影の国ダン・スカーでフェルディアとクー・フーリンが一緒にいた時の様子は「アルスターの猟犬(15)」「アルスターの猟犬(16)」で訳しました。FF14フェルディアは2つのコンテンツにボスとして登場します。1つは「邪念排撃古城アムダプール」のラスボス。また1つは「影の国ダン・スカー」の2ボス「フェルディア・ホロー」です。


All the while that Cuchulain fought with the chiefs of Connaught, Ferdia remained aloof, keeping within his tent, far from the tent of Ailill and of Meave, whose ways and cunning plans he liked not. For though against the men of Ulster in general he would have aided them, he would not take part in single combat against his friend and fellow-pupil. For he thought on his love for his old comrade, and the days of youth that they had spent together, and the conflicts and dangers that side by side they twain had faced; and day by day he sent his messengers to watch the fighting and to bring him word, for he feared lest harm should come to Cuchulain, fighting alone and single-handed against all the mighty men of Meave. Each evening came his watchers back, bringing him tidings, and greatly he rejoiced because he heard of the prowess of Cuchulain and of destruction inflicted on the hosts of Meave.

クー・フーリンがコナハトの首長達と戦っている間じゅう,フェルディアは距離を保ち,アリルとメーヴの陣幕から遠く離れた自分の陣幕の中に留まっていた。というのも彼らの振る舞いやずる賢い計画を好まなかったからだ。アルスターの男達一般を相手にするのだったら2人を助けたであろうが,友人で修行仲間のクー・フーリンとの決闘には参加したくはなかった。彼は旧友への愛情のこと,共に過ごした若かりし日々のこと,そして自分達2人が共に直面している争いと危難のことを考えた。そして日々彼は使者を送り,クー・フーリンの決闘を見届けさせ報告させた。彼がメーヴの猛者達とたった独りで戦って傷つきはしないかと恐れたのである。使者は毎晩戻ってきて知らせを持ち帰り,クー・フーリンの卓越した技量と,メーヴ軍が受けている損害のことを聞いて大いに喜んだ。

against the men of Ulster in general he would have aided them のところは英文解釈上非常に面白いところです。下線を引いたwoula have+過去分詞は100%仮定法とは限りませんが,仮定法の可能性が大です。against the men of Ulster in general「アルスターの男達一般を相手に」が意味的に仮定を担っています。現実には「アルスターの男達一般」はマハの呪いで誰も戦っておらず,クー・フーリン1人だけが戦っているからです。「アルスターの男達一般を相手に」が仮定であると見抜いたら,「(仮に)アルスターの男達一般が相手だったならば」と仮定っぽく訳しましょう。最後に,would have aided them の them がポイントです。これは直近の「アルスターの男達一般」ではなく,「アリルとメーヴ」を指します。つまり,「(仮に)アルスターの男達一般が相手だったならば,アリルとメーヴを助けて戦ったであろうが」と言っているのです。意味的ヒントとしてこの直後に,he would not take part in single combat against his friend and fellow-pupil友人で修行仲間のクー・フーリンとの決闘には参加したくはなかった」があります。仮定法を見抜く際は現実はどう(だった)か?を考えるようにしましょう。

think on Othink about Oの古い言い方です。about Oは「Oの辺り」から「Oについて」,on Oは「Oにくっついて」から「Oについて」の意味があります。

・tidingは「潮の満ち引き,趨勢」の意味ですが,tidingsで「知らせ,便り」という意味があります。「クー・フーリンは優勢なのか?劣勢なのか?」を「潮は満ちているのか?引いているのか?」に喩えているというニュアンスでしょうかね。


But one day, when the fighting had been going on for weeks, and many of her best men and fighting warriors had been plucked off, Meave thought of Ferdia; and at the council-meeting of that night, when the chief men and counsellors met to settle who should go on the morrow to fight Cuchulain, she said, “Who should go, if not Ferdia, son of Daman, the warrior whose valour and feats are as the valour and feats of Cuchulain himself? For in the one school were they trained, and equal they are in every way, in courage and the knowledge of weapons and in skill in feats of strength. Well matched these two would be, if they were to fight together.” And all the men of war said, “It is a good thought; Ferdia shall go.”

しかし戦いが数週間も続き,メーヴ軍の優れた部下や戦士達の命が奪われてしまったある日,メーヴはフェルディアのことを思い出した。そしてその夜の,首長と助言者達が翌朝誰をクー・フーリンと戦いに行かせるか決めるための軍議で,彼女は言った。「ダマンの息子フェルディアが行かなければ行く者がおらぬ。彼は武勇と技量がクー・フーリン自身のそれと劣らぬ戦士じゃぞ。彼らは同じ流派で修行をし,あらゆる点で,勇敢さと武器の知識と武芸の点で同じなのじゃ。この2人はもし戦わばいい試合をするはずじゃ」 すると戦士達は皆言った「いい考えです。フェルディアよ,行け」

・メーヴは1つ間違えていますね。「アルスターの猟犬(16)」で見たように,スカアハはクー・フーリンのことを気に入り,クー・フーリンが他の者に負けないようにとゲイボルグをクー・フーリンにしか授けませんでした。だからクー・フーリンがゲイボルグを撃ったらフェルディアは勝てないはずです。

schoolは「学派,流派」の意味が重要です。この場合「スカアハ派」ということですね。


So messengers were sent to Ferdia to bring him to Meave, for she said she would see him herself, to persuade him with her own mouth to go against his comrade. But when the heralds came to the tent of Ferdia, he knew well enough for what purpose they had come, and he refused to see them, neither would he go with them to Meave.
When Meave heard that, she sent again, but her messengers this time were not men of war and heralds, but satirists, to abuse him and to warn him that he should die a shameful death, and that disgrace should fall upon him before all the host, if he obeyed not the Queen’s commands. And they gave their message to Ferdia, and told him that his warrior fame would pass away from him, and that he would be spoken of by his comrades with ignominy and disgrace if he did not come.

When Ferdia heard that they would spread evil tales about him, and disgrace him before the host of his own fellow-warriors, he said, “If I must die, it were better to die in fair and open fight, even with a friend, than to die disgraced, skulking as a coward before my fellow-men and comrades.”

それでメーヴの所へ来るようにとの使者がフェルディアに送られた。というのも彼女は自ら彼に会い,友であるクー・フーリンと戦うようにと自分の口で説得すると言ったからだ。しかし使者がフェルディアの陣幕にやって来ると,彼らが何の目的でやって来たのかが十分分かったので,彼に会おうとせず,メーヴの所へ行こうともしなかった。

メーヴがそのことを聞き知ると再び使者を送ったが,今度の使者は戦士でも使者でもなく風刺詩人で,彼を罵り,もし女王の命令に従わなかったら,彼は不名誉な死を賜り,全軍の前で恥をかくようになると警告した。そして使者はフェルディアに伝言を伝え,もしやって来なかったならば彼の武名は彼の許から去り,仲間達から不名誉で恥ずかしい言われ方をされるだろうと言った。

彼らが自分について意地の悪い話をし,仲間の戦士達の前で辱めるということを聞くと,フェルディアは言った。「死なねばならぬというのなら,正々堂々と戦って死んだほうがましだ。相手が友だとしても。仲間達の前で卑怯者としてコソコソ逃げ回り,不名誉な死を賜るくらいなら」

・クー・フーリンと戦って死ぬか,さもなくば不名誉な死を賜る。メーヴの苛烈な(嫌な)性格が現れていますね。

satire /sǽtaɪər/ は「風刺,皮肉」という意味で,satiristは「風刺作家,皮肉屋」です。

abuseは「虐待する,乱用する」が重要ですがここでは「悪口を言う」です。

die a 形容詞 deathはいわゆる〈同族目的語〉というもので,die a shameful deathは「恥ずべき死を遂げる」です。

skulkは「コソコソ逃げ回る」です。


So he went with the messengers, and when he came to the Queen’s tent, all who were in the tent, both great lords and nobles, rose up to receive Ferdia, and he was conducted with honour and reverence to the presence of the Queen. Then the Queen greeted him and rose up and placed him at her right hand, and spoke kindly to him. And a great feast was made, and that night Ferdia was entertained with right great dignity, and food and pleasant liquors were served out of the best, so that he became merry and disposed to do all that Meave demanded. Then, when he was forgetful of all but the company in which he was, Meave set before his mind the princely gifts that she would bestow upon him if he would free her from her enemy Cuchulain, the destroyer of her host.

そこでフェルディアは使者とともに行き,女王の陣幕に来ると,陣幕の中にいた者は皆,君主達も貴族達も,立ち上がってフェルディアを迎え,彼は名誉と尊敬をもって女王の面前に案内された。すると女王は彼を歓迎し,立ち上がって,彼を自分の右側に立たせ,優しく話しかけた。そして大宴会が催され,その晩フェルディアは大変な敬意をもってもてなされ,最良の食べ物や美味しい酒が出され,その結果フェルディアは陽気になって,メーヴの求めることなら何だってやろうという気になった。それから,彼が宴会仲間達以外のことを忘れてしまうと,メーヴは彼に豪華な贈り物を──もし彼が彼女の軍勢をめちゃめちゃにしている敵のクー・フーリンから彼女を解放してくれるなら──授けようと言った。

conductには「案内する」という意味があります。conductorは「車掌,添乗員(コンダクター),指揮者,伝導体」つまり「導く者」ですね。

reverenceは「尊敬,敬意」。呼びかけで「尊師,師」という意にもなります。

entertainは「面白がる」ではなく「面白がらせる」です。ということでwas entertainedで「もてなされた,歓待された」です。

disposed to-Vは「Vする気になって」です。“pose”が「置く」を意味し,「心の置かれよう」→「気質・気分」ということです。なおdisposeは「処分する」の意も重要ですが,「dis離れて+pose置く」という成り立ちです。

princelyは「王子の,君主の」という意味ですが,そこから「気前の良い,豪華な」という意味があります。

 

These were the great rewards she offered him; a noble chariot with steeds such as befitted a king, and a train of twelve men-at-arms, fully equipped, to accompany him, as princes and great chiefs are accompanied, wherever he moved. Moreover, she promised him lands broad and fertile on the plains of Connaught, free of tribute or rent for ever, and that he should be her own son-in-law and next the throne, for she said that she would give him her daughter Finnabar to wife. Now Finnabar sat next to Ferdia at his left hand, and she was fair to look upon, with ruddy cheeks and hair of gold, and the garments of a princess flowing round her; and Ferdia was dazzled with her beauty, and with the lavish offers made by Meave, until he was ready to promise anything in life she wished.

彼女が彼に申し出た大きな贈り物はこうだった。王に相応しい軍馬が繋がれた気品ある戦車。彼が行く所どこへでも彼に付き添う12人の完全武装した,君主や大首長に付き添うような戦士達のお供。その上,彼女はコナハトの広大で肥沃な土地を,年貢や地代は永遠に不要とした上で約束した。更に彼は彼女自身の義理の息子となり,次代の王ということになった。というのも彼女は娘のフィナバルを妻にと約束したからだ。その時フィナバルはフェルディアの左手に座り,眺めるにも美しく,血色の良い頬に金色の髪をし,王女の衣服が身の回りにはためいていた。そしてフェルディアは彼女の美しさと,贅沢な申し出に目が眩み,遂には彼女が望むどんなことでも約束する気になった。

trainは「列車」ですが「連続」とか「連なるもの」というイメージで,ここのtrainは「随行団,お供」です。

tributeは「貢ぎ物」です。「ビュート」ではなく「リ」に強勢 /trɪ́bjuːt/ であり,contributeにもそれは言えます。

she was fair to look uponは,the river is dangerous to swim in 構文と解釈します。

the river is dangerous to swim in「その川は泳ぐのに危険だ」

she was fair to look upon「彼女は眺めるのに美しい」

・この「カンマ+until」は「そして遂に……」と訳し下げると良いでしょう。

 

And when, the banquet over, young Finnabar arose and filled a cup brim full with mead, and kissed the cup and handed it to him, he knew not what to say. For still the memory of his youth in Shadow-land, Cuchulain’s love to him and his love to Cuchulain came over him again, and more than half he loathed what he had done. So looking now behind and now before, and loitering in his mind, he said aloud, “Rather, O Meave, than do the thing you ask, and ply my warrior-hand upon my friend, I would pick out six champions of your host, the best and bravest among all your men, and fight with them. With each alone or all together willingly would I contend.”

そして宴会が終わって,若いフィナバルが立ち上がり,杯をへり一杯まで蜂蜜酒で満たし,杯にキスをしてフェルディアに手渡した時,彼は言葉もなかった。というのも影の国で過ごした若き日々の思い出,クー・フーリンの自分への愛情,自分のクー・フーリンへの愛情が甦り,彼は自分がやってしまったことを半分以上後悔していた。それで後ろを向いたり前を向いたりしながら,心の中で動揺しつつ,こう口にした。「メーヴよ,貴女の求めることをして友に武器を振るうよりもむしろ,貴女の軍勢から6人の勇者,貴女の部下で最も優れ,かつ勇敢な戦士を選び,彼らと戦いたいのです。彼らと1人ずつ,或いは彼ら全員となら,快く戦いましょう」

・ん,これでは意味がないですね。味方同士で戦っても仕方がないでしょう。

meadは「蜂蜜酒」です。「メーヴ」はMedbとも綴り,「酩酊」の意味ですので,meadの語源と考えられます。インド神話の「マダ」も「酩酊」の意味です。

ja.wikipedia.org


Then from her queenly robe Meave plucked her brooch, more precious to her than any gift, for all the kings and queens of Connaught had worn that splendid brooch, the sign and symbol of their sovereignty; she stooped, and with her own royal hands, she placed the glittering jewelled pin in Ferdia’s mantle.

すると自分の女王のローブから,メーヴは自分のブローチを引き抜いた。それは彼女にとって,どんな贈り物よりも価値あるものだった。というのもコナハトの全ての王と女王がこの素晴らしいブローチを,主権の印と象徴として身につけてきたからだ。彼女は身をかがめ,自分自身の女王の両手で,宝石のはめ込まれた輝くブローチをフェルディアのマントに付けた。

・完全に贈り物で落とす気ですね。


“See, warrior,” she said, “I have bestowed on you the princely dignity, so that you now will rank beside the King; and as for those six chosen champions you have named, I give them to you as your sureties that these our promises will be fulfilled; go now and fight Cuchulain.” At that Ferdia looked up, and caught the glance of Finnabar most sweetly smiling down into his face, and close beside her the queen bending over him, and Erin’s chiefs and warriors standing round; and all his mind was lifted up within his breast, and he forgot Cuchulain and their ancient love, and said: “Though in this fight I fall, O Queen, I go to meet the Hound.”

「さあ,戦士よ」彼女は言った。「王の威信をそなたに授けた。これでそなたは王に並ぶ地位じゃ。それからそなたが対戦を求めた6人の勇者については,我々の約束が果たされるという保証人としてそなたに与えよう。さあクー・フーリンと戦いに行くのじゃ」 その言葉にフェルディアは顔を上げると,フィナバルの顔が目に入った。彼女はとても優しげに微笑んで彼の顔を上から眺めていた。そして彼女の隣で女王は彼にお辞儀をし,エリンの首長と戦士らが取り囲んだ。すると彼の胸の中で気持ちがこみ上げ,クー・フーリンと,2人の旧愛のことを忘れ,言った。「たとえこの戦いで斃れようとも,女王よ,猟犬と戦いに行きます」

bestow /bɪstóʊ/ は「授ける」。重要単語です。

rank+位置を表す前置詞句は「……に位置付けられる」です。「王に並ぶ位置に位置付けられる」ということです。

at that「その言葉に」は意外と重要です。「驚く,顔を上げる」などに掛かります。


Fergus was standing at the king’s right hand, and when he overheard those words that Ferdia spoke, fear for his foster-son rose in his heart. For well he knew the might of Ferdia’s arms, and that he was of all the chiefs of Meave the bravest and the best, and well he knew that all the feats that Scáth had taught to Cuchulain, save only the “Gae Bolga” or Body Spear, she taught to Ferdia likewise. Ferdia besides was older than Cuchulain, and riper in experience of war, well-built and powerful. So when he heard those words, Fergus went out in haste, and though the night was late he sprang into his chariot, and set forth to find Cuchulain.

フェルグスは王の右手に立っており,フェルディアの発したこれらの言葉を耳にすると,自らの養子を心配する気持ちが心に沸き上がった。彼はフェルディアの武力を十分知っており,メーヴの全ての首長の中で最も勇敢で優れていることも知っていたし,スカアハがクー・フーリンに教えた全ての技の中で「ゲイ・ボルグ」すなわちボディ・スピアーを除いた全ての技を,同様にフェルディアにも教えたことをよく知っていたのだ。その上フェルディアはクー・フーリンより年上であり,戦の経験も積んでいて,体格も良く力強かった。だから彼の言葉を耳にすると,フェルグスは急いで出ていって,夜も遅かったけれども戦車に飛び乗り,クー・フーリンを探しに出かけた。

・ドライな言い方ですが,クー・フーリンが教わった秘技ゲイ・ボルグをフェルディアは教わらなかった点で,フェルディアの勝ち目は薄いでしょう。それにしても親バカなフェルグスですね。

fearには「恐れ」と「心配」があります。ここは「クー・フーリンへの恐れ」ではなく「クー・フーリンが討ち取られるのではという心配」です。「クー・フーリンが討ち取られるのではという恐れ」と訳せば別にどっちでもいのですが,少なくともクー・フーリンを怖がるという意味ではないことだけは気をつけましょう。

saveは何度か解説しましたが「……を除いて(except,but)」です。

ripeは「(実が)熟して」ですがここでは「成熟して」の意味ですね。matureも重要です。ripeには「機が熟して」の意味もあります。

 The time is ripe for...「……の機会が熟している」

 ・ゲイ・ボルグについて。Bolg(Bolga,Bulg,Bulga)にはbelly「腹」,bag「袋」などの意味があるらしく,この小説のBody SpearとはBelly Spearということかと思いますが,日本語版ウィキペディアによるとこの槍は伝説の戦士ボルグ・マク・ベインが作った槍を模倣して造った槍という説があり,これによれば「ボルグの槍」ということになります。

==========

フェルグスは「フェルディアには気をつけろ」と忠告するのでしょうか。それは余り意味のある助言には思えませんね。「フェルディアは仲間なのだから,たとえ相手が本気でも戦うな」と説得するなら立派だと思います。

さて,フェルグスはクー・フーリンに何と言うのでしょうか。次回をお楽しみに。

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

知っておきたいdubの3つの意味

dubという多義語を整理します。皆さんは幾つ知っているでしょうか。

 

(1)(米語)「(録音されたものを)複製する,ダビングする」

これが日本人(といっても昭和世代まで)に最も馴染みのある意味ではないでしょうか。カセットテープを再生するカセットデッキ(ラジカセ)に,「ダブルデッキ」というものがありました。これで片方のカセットの内容を,もう片方に入れたカセットデープに複製できるのです。その複製行為のことを「ダビング」と言いました。

ja.wikipedia.org

 

(2)「(映画などで他の言語に)吹き替えする」

dubは米語では「複製する」ですが,英英語では「追加録音・合成録音する」という意味のため,「声を吹き替える」の意味になります。

私がこの意味を知ったのは最近(僅か2ヶ月前)です。職業柄,大学の英語長文問題を読むことが多いのですが,2021年度千葉大の英語第2問で,"Dubs or Subs?" という長文が出ました。dubsは「吹き替え」の意味で,subsとはsubtitles「字幕」のことです。つまり映画の「吹き替えvs字幕」みたいな内容だったわけです。

映画は字幕が好きという人は多いのではないでしょうか。それは俳優そのものの声が聞きたいというのが大きいでしょう。中には吹き替え俳優の声が好きなので吹き替えが好きという人もいるかも知れませんね。

他方,洋ゲーに関しては吹き替えが好きという人が多そうです。それは映画俳優に比べて,海外のゲームの声優の声には興味がないという点と,何よりもゲームでは自分の置かれた状況,美しいシーン,とりわけ体力などのパラメータに目が行かなければならない上に,字幕にまで目が行くと負担が大きいというのがあるでしょう。

ということで私も映画は字幕が,ゲームは吹き替えが好きです。吹き替えの良作ゲームは『ウィッチャー3』『スカイリム』『アサシンクリード・オデッセイ』『同・ヴァルハラ』『ホライゾン・ゼロドーン』などがあります。逆に吹き替えだったら良かったのになあと思うものは『ウィッチャー2』『オブリビオン』『グリードフォール』『キングダムズオブアマラー』などですね。『ウィッチャー2』は『ウィッチャー3』の,『オブリビオン』は『スカイリム』の前作です。開発費に余裕が出たのでしょう。

 

(3)「騎士に叙任する」

一番皆さんに知ってほしい意味がこれで,十年程前に映画『ロック・ユー(ROCK YOU!)』で知った意味です。故ヒース・レジャーが演じたウィリアムを,ジェームズ・ピュアフォイ演じるエドワード黒太子(こくたいし)が騎士に叙任する際のセリフ

I dub thee.「汝を騎士に叙する」

です。このジェームズ・ピュアフォイがめちゃかっこよくて,このシーンはもちろんのこと,Lance! のシーンがめちゃ好きです。太子エドワードは身分を隠して馬上槍試合(英jousting,仏joste)にお忍びで出場するのですが,その身分がバレると相手が怪我させてはいけない,負かせて恥をかかせてはいけないと棄権してしまうのです。主人公ウィリアムのコーチも相手が太子と知ると棄権のサインを出し,太子は肩を落とすのですが,ウィリアムは棄権のサインを無視し馬で突進を始めます。これを見た太子エドワードは嬉しそうにLance!「槍を持て」と叫ぶのです。そのピュアフォイの表情・声が物凄く好きです。一瞬のシーンですが,もし見ることがあったら注目してみて下さい。なお物語の筋的にも,ここで太子を「逆差別しなかった」ことが本人に評価され,騎士に叙任され命まで救われるのです。

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

ja.wikipedia.org

 

ゲームや映画で英語を学ぶことは,本当に楽しいことです。それでは,さよなら,さよなら,さよなら〜〜(淀長

 

以下呪《じゅはん》喰んの指摘で追記

(4)dubのその他の意味を追記です

あだ名を付ける,呼ぶ(騎士に叙任するの由来か)」「(ゴルフ)下手に打つ」「下手な演者」「(音楽用語)ダブ(レゲエなどをもとにしたビートのきいた音楽・詩)」

※『ウィズダム英和辞典』より。

↓音楽の「ダブ」

ja.wikipedia.org

 

なお異綴異音の dove /dʌv/ は「鳩(pigeon)」です。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英単語・英熟語へ
にほんブログ村

 

www.freynya.com

スターオーシャン5クリア(38時間)

ゲーム会社,ゲーム雑誌会社への転職を夢見ているフレイニャです笑

PS Storeで「スターオーシャン5 Integrity and Faithlessness」がセールの2,633円で買えたのでやってみました。フレイニャはオープンワールドが好きですが,オープンワールドでなくでも視点ぐりぐりできる広いフィールドを走り回るのが好きなのと,このゲームはアクションRPGで,フィールドを徘徊しているモンスターとシームレスで戦闘に入るので自分に合っていると思いました(スターオーシャン4シンボルエンカウントで戦闘画面が切り替わる)

スタール村

始まりの村,惑星フェイクリードのスタール村

ミキ

幼馴染のミキ。声はグラブルのルリアの東山奈央さんです

ヴィクトル

少し進めるとイケメンのヴィクトルが加わる。声は中村悠一さんです

ロール

ロールを4つ付けられる

このゲームは1人にロールを4つも付けることができます。「アタッカー」「ファイター」のようなロール・職業っぽいロールと,「ATKブースト」「DEFブースト」「挑発(狙われやすくなる)」「見切り」のような,他のゲームではパッシブアビリティのようなものもロールです。これを完全に自由に付け替えることができます。上の画面で主人公フィデルが「MPブースト」を付けているのはフィールドレベル上げでMP消費技をたくさん打つためです。

ヴィクトルのロール

ヴィクトルは防御系のロールを付けました。また,ロールにはレベルがあり効果が高まっていきます。更に一定のレベルに達すると新たなロールが開放されます。戦闘を繰り返してロールを育てたくなる要素は良いですね。

聖母ロール

ミキに付けたロール「聖母」はMP自動回復や敵の行動間隔延長が優れていますが,取得条件は「エレメンタラー」「パラディン」「クルセイド」それぞれがレベル3です(右下の派生元ロールに注目) こうなると全てのロールのレベル上げをしたくなりますよね。こうしたやりこみ要素は大好きです。

7人パーティー

7人が同時に戦う。とても賑やか

ストーリー進行に従い激しく離脱・復帰を繰り返しますが,最終的にこの7人パーティーになります。「控え」の概念はなく全員が戦場に出て戦います。また,誰を操作することもできます(他はAIで行動)。最初は主人公フィデルばっかりでしたが,強敵で戦闘不能が続出するような時はミキを操作して回復・蘇生に務めました。最終的には攻撃魔法が撃てて,回復・蘇生もできるフィオーレを一番操作しました。

フィオーレ

服装が独特過ぎるフィオーレ。優秀な魔法使い

リリア

物語の鍵となる謎の少女リリア

NM

ノートリアスモンスター(NM)。主に掲示板クエストで討伐する

航宙艦

スターオーシャン」なだけあって宇宙船(航宙艦)に乗ることも

ウェルチ

ウェルチのもとへは何度も通おう

ミードックにいるウェルチは重要人物です。「調合」「料理」「漁業」「掘削」「錬金」などなど,実に様々な採集&アイテム合成コンテンツを開放してくれる。

錬金クエ

「錬金」を開放するキーアイテム2つは共にダカーフ山道のNMが持っている。隈なく探せば必ず見つかる

掲示板クエ

掲示板クエストはほとんどがお遣いだが,84%達成しました

鍵開け

鍵がかかっている宝箱を開けるには掲示板クエスト「エイタロンの残党狩り」をクリアして「鍵開け」を取得する

レベル92

レベル92でラスダンに突入。スムーズでした

元々レベル上げが好きなのと,このゲームはロールのレベル上げも楽しいので,全員レベル90超でラストダンジョンに臨み,基本フィオーレを操作しながらクリアしました。

ラストダンジョン

ラストダンジョン

アルマ将軍

さいごにこのゲームの評価です

良い点:楽しいアクションバトル。フレイニャは「ドラゴンズドグマ」のように1人を操作し,他の仲間が(色々喋りながら)AIで戦ってくれる「1人でパーティプレイ」のゲームが好きなので,このゲームはドンピシャでした。近接,遠隔,魔法それぞれによってプレイフィールも異なります。またロールのレベル上げと新ロール開放も面白かったですね。

改善が期待された点:ズバリ言ってしまうとボリュームです。38時間でクリアというのが物語っていますね。実はウェルチの採集&アイテム合成コンテンツは「細工」「工作」「執筆」などを取らずに終わってしまいました。逆に言うと取らなくてもクリアできてしまうわけです。

そもそも,「スターオーシャン」という壮大なタイトルの割には9割が最初の惑星フェイクリードで終わってしまいました(ラストダンジョンだけ別の星)。「地球」という所にも行くのですが,クリア後の後日談です。正直言うと,「そろそろ中盤を越えたかな」と思っていたところが,もうラストダンジョンでした。クリア後には特別なダンジョンもあるようですが,そういうのを取り込んででも,本編を長くしてほしかったと思います。タイトルからして宇宙を股にかけるゲームのはずですから,惑星フェイクリードで30時間ほど過ごしたのち,同じくらいのボリュームのもう1つの星を探検したかったと思います。

戦闘システムはよくできていたと思うので,次回作は壮大なボリュームに期待したいですね!

 

派手な戦闘

派手な戦闘!

宿屋

宿屋ロビーのコーヒーテーブル

風景

サンテロール

夜明け

夜明け

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com