フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲーム中心です。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

アルスターの猟犬(40)

アルスターの猟犬(39)」の続きで,第16章の続きです。

 

But Sualtach, father of Cuchulain, heard of the distressed condition of his son, and well he knew that unless the warriors of Ulster woke from their magic sleep, and gathered to his help, the hero must give way before his foes. Now Sualtach was no battle-champion or warrior of renown, but just a passable good fighting-man; he had no thought or wish to stand by his son when he fought single-handed with the choicest of Meave’s host; nor had he gone to help him even when he heard that between life and death he lay, covered with gaping wounds. Yet still the news stirred some increase of courage in him, and though he would not fight in an uneven war, he now resolved to arm himself and ride to Emain’s gates and call the sleeping Ulstermen to rise and hurry down to aid Cuchulain, before it was too late.

しかしクー・フーリンの父スアルタムは息子の困難な状況を聞き知り,アルスターの戦士達が呪いによる眠りから覚め,彼を助けに集まらない限り,英雄は敵に屈するに違いないということが十分に分かっていた。ところでスアルタムは戦の勇者でもなく,名のある戦士でもなく,ギリギリ及第点の戦士であった。彼は息子がたった1人でメーヴ軍の選りすぐりの戦士達と戦った時,彼の傍で戦うつもりも希望もなかったし,彼が大きな傷だらけで生死の狭間にいるということを聞いた時ですら彼を助けに行かなかった。しかしそれでもその知らせはスアルタムの心に幾ばくかの勇気を掻き立てた。それで,不利な戦争を戦うつもりはなかったけれども,今度ばかりは決意して武装し,エヴァンの門を訪ねて回り,眠っているアルスターの男達に対し,手遅れにならないうちに立ち上がってクー・フーリンを助けに急ぐよう呼びかけた。

passable は「なんとか合格できる,なんとか通れる」です。eatable「なんとか食べられる」もあります。

・choice「選択」は choose の名詞形ですが,choice には形容詞「極上の;選ばれた」もあります。choicest はその最上級です。

 

He caught the Grey of Macha, Cuchulain’s horse, and mounted him, and, spear and shield in hand, he rode straight up within the gates of Emain Macha. Silent and still as death was all the kingly fort. No sentinel looked forth to guard the door, no warrior strode round the deserted walls, and all within was silent as the grave, save for the weeping women and the little children’s play, and lowing of the untended cows wandering between the outer and the inner raths. Within, in Emain’s halls, each warrior sat apart sunk deep in sleep, his head upon his hands, his arms clasping his knees, or stretched in slumber full-length upon the floor; and round them lay their weapons, idle and rusting from long want of use, dropped from their nerveless hands. Mighty they looked, well-built and good men all, but no more strength had they than little babes but newly come to birth.

彼はクー・フーリンの馬リアト・マハを捕まえ,これに乗馬し,槍と盾を手に取って,エヴァン・マハの門の内側で馬に乗りながらまっすぐに背を伸ばした。王の砦じゅうがまるで死んだような静けさで,動きも見られなかった。門を護ろうと見張る歩哨はおらず,人気のない城壁を歩き回る戦士はおらず,砦じゅうが墓のように静かだった。ただ涙を流す女達や子ども達が遊ぶ声,番のいなくなった牛達が柵の内外を彷徨いながらモーと鳴く声を除いては。建物の中,エヴァンの集会所の中では戦士達がそれぞれ深い眠りの中,離れて座っていた。頭を手の上に置き,腕で膝を抱き抱えながら,あるいは床の上に伸びた状態でまどろみながら。彼らの周りには彼らの武器が,彼らの意識の無い手からこぼれ落ちて,長らく使われなかった為に無益に,錆びて散らばっていた。彼らは力強い見た目で,体格も良く優れた戦士達であったが,今生まれたばかり過ぎない赤ん坊ほどの力しかなかった。

spear and shield in hand は分詞構文(の being の省略)です。分詞構文によって名詞だけになる場合,裸名詞(無冠詞単数)になれます。それで If the weather permits は weather permitting と the が取れています。

・save... は前置詞で「……を除いて」という意味ですが,save for... とも言います。except... も except for... と言いますね。

・牛の鳴き声は moo /muː/ または low /loʊ/ です。

 

Even when the women shook them, thy looked up but for one moment with lack-lustre eyes, and straightway sank to sleep again. Young children played about and over them, as though they had been statues made of stone, and yet they heeded not. Beside them, at their feet, lay crouched their noble hounds, loose from the leash, stretched out asleep, each one his muzzle lying on his paws. From time to time, the war-dogs turned and growled, as though they dreamed bad dreams; the warriors moaned as if they were in pain, but no one moved or rose.

女達が彼らを揺さぶっても,彼らは輝きを失った目で一瞬見上げたのち,すぐに眠りに落ちた。子どもたちは彼らの周りで,彼らの体の上で,まるで彼らが石像であったかのように遊び回っていたが,彼らは気にもしなかった。彼らの傍,彼らの足元には,彼らの立派な犬たちが身を屈めて横たわっており,リードから解放され,体を伸ばして,鼻を前足の上に置いて眠っていた。時おり戦闘犬が,まるで悪夢でも見ているかのように転がって唸り声を上げ,戦士達はまるで苦しんでいるかのように呻いた。しかし動く者も立ち上がる者もいなかった。


Within the inner fort King Conor lay, surrounded by his chiefs, sunk deep in coward slumber each upon his couch; for Macha’s hand lay heavy on them all, and her revenge was come.
But in the playing-fields outside, the Boy-corps still kept up their sports, and played at mimic warfare as of yore, though all their chiefs and teachers were asleep; and still their laughter, shrill and bright, rang through the silent halls, as one boy caught the hurley ball a good swing with his club, or threw his fellow in their feats of strength. The little son of Conor, Follaman, had made himself their leader, and willingly they mustered under him.

更に内側の砦の中ではコノール王が,首長達に囲まれ,意気地もなくそれぞれの椅子に座って眠っていた。マハの呪いの手が彼ら全員に重くのしかかっていた。彼女の復讐の時が来たのだ。

しかし外の運動場では,少年部隊が依然として試合をやり,かねてよりの模擬戦を遊んでいた。彼らの首長や教師たちは眠っていたにも拘らず。そして少年の1人がハーリングのスティックでボールをクリーンヒットしたり,力技で相手を投げ飛ばしたりすると,彼らの甲高く明るい笑い声が依然として静かな集会所の間に響き渡った。コノールの若い子フォラマンが彼らのリーダーとなり,彼らも快く彼の指揮下に集まっていた。


Then up rode Sualtach upon the Grey, and three times over he gave forth his cry. The first shout went up from the playing-fields, the second from the rampart wall, the third he gave standing aloft upon the summit of the mound where lay imprisoned the hostages of Ulster chained in their hut beside the kingly fort.

するとスアルタムがリアト・マハに乗って現れ,3回繰り返して雄叫びを上げた。1回目の雄叫びは運動場から上がり,2回目は城壁から,3回目は王の砦の傍の小屋でアルスターの捕虜達が拘留されている丘の上に高く立って上げられた。

n times over は「n回以上」ではなく「n回繰り返して」です。『ウィズダム英和辞典』には many [three] times over「何度も[3回]繰り返して」というのが載っています。


“Your men are being slain,” he cried, “your cattle driven away, your women fall as captives to the men of Erin. In wild Murthemne’s plain Cuchulain all alone still held the foemen back until the fight with Ferdia robbed him of his strength. Wounded in every joint Cuchulain lies, his gaping sores stuffed in with sops and bits of grass, his clothes held on with spikes of hazel twigs. On Emain Macha press the enemy, all eastern Ulster is in their hands; Ailill and Meave have harried all your coasts. Ulster, Arise, arise!”

彼はこう叫んだ。「君達の国の男達は殺され,家畜は奪われ,女達はエリンの者達の虜となっている。ムルセウネの野ではクー・フーリンがたった1人,敵軍を押し留めていたが,遂にフェルディアが彼から力を奪った。クー・フーリンは節々に傷を負って倒れ,傷口にはパン切れや草が詰まり,衣服には釘や(ハシバミ)の小枝が突き刺さっている。敵軍はエヴァン・マハに迫り,東アルスターはみな彼らの手に落ちた。アリルとメーヴは海岸じゅうを攻め立てている。アルスターよ目覚めよ,目を覚ませ!」

On Emain Macha press the enemy the enemy press on Emain Macha「敵はエヴァン・マハに迫る」です。press on O, press upon O「Oに迫る」を知っていることでこの語順は解けます。

 

Three times he gave the shout, ringing and clear upon the silent air, but still no watchman’s voice gave forth reply.
Now in the kingly fort a rule of courtesy forbad that any man should speak before the King, save only his three Druids, who were his counsellors. After a while, as for the third time the voice of Sualtach came floating through the hall, one of the Druids stirred and said, “Who is the fellow brawling in the court? Fitting it were to take his head from him.” “Fitting it were, indeed,” replied the King, “and yet I think the thing he says is true.” And all the warriors muttered in their sleep, “Fitting it were, indeed.”

3度彼は雄叫びを上げ,静かな空にはっきりと響き渡ったが,歩哨達は返事の叫びを上げなかった。

ところで王の砦では宮廷の規則で,王の助言者である3人のドルイドを除いて,王の面前で声を上げてはならなかった。暫くして,3回目にスアルタムの声が集会所を漂った頃,ドルイドの1人がピクリと動いて言った。「宮廷で騒いでいるのは何者ぞ? その者の首を取るのが適切ぞ」 王は答えた。「いかにもそうすべし。しかし彼の言うことは真実だと思うぞ」 そして戦士達はみな眠りながら呟いた。「いかにもそうすべし」

・王が一瞬目覚めましたね。

==========

さすがにスアルタムは殺されないと思いますが,誰かクー・フーリンを助けに行くのでしょうか。

そもそもクー・フーリンが動けたのは,若すぎてマハの呪い(「アルスターの猟犬(20)」参照)に掛からなかったためであり,同様に女子供や少年部隊も呪いを免れました。よってフォラマン以下少年部隊達がクー・フーリンを助けに行くのが良さそうです。フォラマン以下少年部隊はクー・フーリンの足元にも及ばなかったので,焼け石に水かもですが……

続きは来週をお楽しみに!

 

↓女神マハ(マッハ,ヴァハ)

en.wikipedia.org

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com