フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲーム中心です。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

アルスターの猟犬(41)

アルスターの猟犬(40)」の続きです。スアルタムの呼びかけに答える者はいるでしょうか。

 

When Sualtach found that no man answered him, in violent anger he turned back again. In his fierce wrath he dragged the bridle-rein, so that the Grey of Macha reared, and stumbled on a sleeping man, and swerved aside, flinging Sualtach forward on its neck. His head struck on the sharp edge of his missile-shield, so that it sheared it off, and the shield fell from his hand, his head within it, at the horse’s feet, the body hanging yet upon its back.

スアルタムは誰も呼びかけに答えないと分かると,激しく怒って引き返した。激しく憤激して馬勒(ばろく)の手綱を引いたため,リアト・マハは後ろ足立ちとなり,眠っている男に蹴躓いて横に逸れ,スアルタムは馬の首の上で前方へ投げ出された。彼は飛び道具避けの盾の鋭い刃に頭をぶつけ,頭が刈り取られた。盾は彼の首を捉えながら彼の手から馬の足元へ落ち,体はまだ背中に引っかかっていた。

・宮廷の掟通りにスアルタムは首を刎ねられてしまいました。ひとりでに……

stumble on は「……に(つまず)く」。重要表現です。

 

At that the Grey turned round, and made its way into the inner court and onward to the hall, the lifeless body still upon its neck, dragging the head along upon the shield, whose strap had caught into its feet. And all the way they went, passing the outer and the inner courts into the very presence of the King, the voice of Sualtach from the dissevered head still called aloud, as though he were alive, “Your men are being slain, your cattle driven away; your women fall as captives to the men of Erin. In wild Murthemne’s plain Cuchulain all alone still holds the foemen back. Ulster, Arise, arise!”

それに反応してリアト・マハは回れ右をし,首の無い体を首に引っ掛けながら,首を盾の上に乗せて引きずりながら,革紐に足が乗ったまま宮廷へ,集会所へと進んだ。そして道中ずっと,内外の庭を正に王の面前に向かい,スアルタムの声がまるで生きているかのように切り取られた首から依然としてこだましながら,進んだ。「君等の男達は殺され,家畜は連れ去られ,女達はエリンの男達の虜となった。ムルセウネの野ではクー・フーリンが一人敵軍を押し留めている。アルスターよ目覚めよ,目を覚ませ!」

 

“Too noisy is that head,” King Conor said, moving again and stirring in his sleep; “put it upon the pillar of the house that it may go to rest.” Then one of the warriors, hearing his King’s voice, bestirred himself, and lifted up the head and set it on a pillar; but again, and even louder than before, the head cried out: “Your men are being slain, your cattle driven away, your women fall as captives. Ulster, Arise, arise!” So noisy was the head, that one warrior and then another rose upon his elbow and looked up at it, and bade it hold its peace, but when they spoke the head but called out louder than before.

「うるさい首だ」とコノール王は眠りながら再び動いて身じろぎしながら言った。「首を建物の柱に乗せて眠らせてやれ」 すると戦士の1人が王の声を聞いて動き出し,首を掲げて柱の上に置いた。しかし再び,以前よりなお一層大きな声で,首は雄叫びを上げた,「君等の男達は殺され,家畜は連れ去られ,女達は虜となった。アルスターよ目覚めよ,目を覚ませ!」 余りに首はうるさかったので,戦士が1人また1人と肘から頭を上げて首を見上げ,静かにするよう首に命じたが,彼らが話しかけても首は一層大声で叫ぶのみであった。

 

Then, looking round, they saw the mighty horse standing, gaunt and stock-still, within the very centre of the hall, the headless rider sitting on its back. And when they saw the horse bearing the headless rider in their midst, and heard the head still calling from the pillar top, as though it were alive, a shout of laughter, as of olden days, went up from one and all, and the King bestirred himself at the unwonted sound. Then all the chiefs, seeing the King arise, shook themselves lightly and began to stand or sit up where they slept. They stooped to pick their weapons from the ground, to try the edges of their swords, to rub the rust that dulled their scabbards and the fine points of their spears.

それで彼らが辺りを見回すと,力強い馬が痩せこけ,じっと動かずに集会場の真ん中に立ち,首の無い体が背中に座っていた。馬が首の無い体を乗せて彼らの間にいるのを見て,また,首が柱の上からまるで生きているかのように依然として呼びかけているのを聞くと,1人からそして皆から昔のような笑い声が起こり,王も尋常でない騒ぎ声に動き始めた。そして全ての首長たちが,王が起きるのを見ると,軽く身震いして,眠っていた所で立ち上がったり起き直ったりした。彼らは身を屈めて武器を地面から拾い上げ,剣の刃を確かめ,鞘の入り口を塞ぎ,槍の鋭い穂先を鈍らせていた錆を擦り落とした。

 

For memory and the love of life and war began to stir in them, and wonder at their own long idleness. And at the last the King stood up and cried, “True is the message that the head has brought. Ulster lies bound before her enemies, while we rust here in sleep. By all the gods my nation loves, I swear, unless the stars of heaven shall fall upon our heads, or the strong solid earth give way beneath our feet, I and my chiefs will restore each captive woman to her child and home, each cow to her own meadow, and each stolen piece of land to its own lords, so that in shame with heavy loss the foes of Ulster shall return to their own country.”

これまでの生活と戦を懐かしむ気持ちが彼らの中で湧き上がり,自分達自身が長らく無為に過ごしたことを不思議がった。そして遂に王が立ち上がって叫んだ。「その首がもたらした伝言は真実である。アルスターは敵の侵攻に瀕しているのに,我々はここで無為に眠っている。国が愛する全ての神の名にかけて,我は誓う。天の星々が我々の頭上に落ちぬ限り,または固い地面が我々の足元から崩れ去らぬ限り,我と我の首長達は囚えられた女達1人1人をその子と家庭に取り戻し,家畜達1頭1頭を牧場に連れ戻し,奪われた1辺1辺の土地をその所有者に取り戻す。アルスターに仇なす敵たちが大いなる敗北に打ちひしがれその国へ還るまで」


Then a great shout went up from the men of Ulster, and their warrior spirit began to revive in them. And to each in turn the King applied, bidding him go forth and summon his clan and followers to meet him that day week upon the Hill of Slane in Meath, for he himself would call a muster there.
Gladly and eagerly the chiefs issued forth, for they heard the sounds of stirring men and the welcome bark of the hounds without.

As for the King himself, his mind was so confused with the magic sleep in which he had lain, that he remembered not the dead from the living, but stood, calling on the dead to come to his aid, as though they had been yet alive.

すると大きな雄叫びがアルスターの男達から湧き上がり,戦士としての魂が彼らに蘇った。そして王がそれぞれに応え,前進して一族と従者を召集し,翌週にミーズのスレインの丘に集まるよう各々に命令した。彼自身がそこに軍を集めるということであった。

喜んで,熱心に首長達は出発した。彼らには動き出した兵士たちの声や,外の犬たちのお帰りの鳴き声が聞こえたのだ。

王自身については,呪いによる眠りに頭が混乱していたため,死んだ者と生きている者の区別が思い出せず,死者に対し,まるでまだ生きているように助けにくるよう命じたりした。

that day week はイギリス英語の言い方で「翌週のその日」です。「翌週の明日」は a week from tomorrow ですが(イギリス英語・まれ)で tomorrow week とも言います(『ウィズダム英和辞典』)

Hill of Slane in Meath については,ダブリン北方にミーズ県(ミース県)があります。『アサシンクリード・ヴァルハラ』の「ドルイドの怒り(アイルランドDLC)」には「タラの丘」や「リア・ファル」が登場しますが,いずれもミーズ県にあります。つまりミーズ県はアイルランド伝説上重要な地ということです。ウィキペディアの「ミーズ県」には以下の叙述があるため,Slane を「スレイン」と訳しました。

 “野外コンサートの会場として有名なスレイン城もある”

ja.wikipedia.org

 ・issue はもともと「外に出る」という意味から「発行する」という意味が生まれたものであり,「出る」という意味があります。


Throughout all the land he sent heralds to call together his men-at-arms; and with one heart and mind the men of Ulster responded to his call. Troop on troop they flocked to Emain, from North and West and East, each mighty leader surrounded by his host clad in the kilt and colours of his clan. As for the clans that were south of Emain, they tarried not to assemble at the kingly fort, but made their way, each by his own route, straight forward to the Hill of Slane.
For after their long rest and weakness their hands itched to be upon their swords again.

王は戦士を召集するよう国中に渡って使者を送り,アルスターの男達は心からこれに応えた。部隊が続続と,北から西から東からエヴァンに集まり,各々の力強きリーダーはキルトと,自分達の一族を表す色の衣装を身に着けた軍勢に囲まれた。エヴァンの南にいた一族に関しては,王の砦に集めるために滞在せず,それぞれの進路で真っ直ぐスレインの丘に向かった。

長らく眠りにつき,弱っていた彼らの手は,再び剣を振るうことを待ち望んでいた。

with one heart and mind については,『ウィズダム英和辞典』に with one heart and soul「全身全霊で,心から」が載っています。

==========

遂にアルスター軍も集まりました。激戦が予想されますね。次回から第17章です。 

 

アイキャッチ画像はゲール語の「コンホヴァル・マク・ネサ」(コノール王)より。

ga.wikipedia.org

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com