フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲーム中心です。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

『ウィッチャー』英単語ノートその4

ウィッチャー小説

「エルフの血脈」 Kindle版を購入

『ウィッチャー』原作小説を読み,お役に立ちそうor面白そうな単語を紹介するコーナーです。その3はこちら

 

(31) adoration「敬愛,あこがれ」

adore「敬愛する,大好きである」の名詞形です。ダンデリオンの音楽にうっとりした良家の娘達がそういう目で彼を見つめていました。

 

(32) pay court to...(やや古)「ご機嫌をとる,求愛する」

courtは「庭,宮廷,法廷」ですが,「宮廷」から「礼儀正しさ」のような意味が生まれます。例えばcourtesyは「礼儀正しさ,親切な言葉」,courteousは「礼儀正しい」,またcourtshipは「求愛,交際」です。 pay court to... はマイナー表現ですが,courtesy,courteous,courtshipは覚えておくべきでしょう。子ども向けの文章でも「これはこの動物の求愛行動です」のような文脈で出て来るからです。

 

(33) flutter「はためかせる,パタパタさせる」

flatter「光栄に思わせる,お世辞を言う」と混同注意です。flutterの場合は羽だったり旗だったりするので混同は避けられるはずです。今回はまつげ(eyelashes)でした。

 

(34) antipathy「反感,嫌悪」

sympathy「共感,同情」とセットで覚えましょう。“path(y)”が「感情」を示し,“anti”が「反」,sym(syn)が「共・同」です。

 

(35) rally「集会,自動車レース,(テニスの)ラリー」

「自動車のラリー(レース)」「(テニスの)ラリー(ボールの打ち合いを続けること)」のほか,「集会」の意味を押さえておきましょう。ここでもダンデリオンがコンサートをやるための「集会」という意味でした。

 

(36) be armed to the teeth「完全武装する」

大袈裟な表現にも思えますが,顔を覆うヘルメットを被れば「歯まで(to the teeth)」武装していることになります。商人を守るドワーフが完全武装していたという文脈でした。

 

(37) mercenary「傭兵,金目当ての(人)」

どうもmerchant「商人」と同根ぽいですね……

“merce”部分が「取引,報酬」といった意味を持つようです。commerce「商業」なんかもありましたね。

 

(38) reek「悪臭(を放つ)」

leak「雨漏りする,情報を漏らす(リークする)」,leek「(野菜の)リーキ」と混同注意です。私が初めてreekに出会ったのは映画『ロック・ユー!』(A Knight's Tale)です。この中でウィリアム(故ヒース・レジャー)が歌った歌の歌詞にありました。

なおstink,stenchも「悪臭」の意味です。“st”が「突く(stick)」といったイメージを持ってそうですね(鼻を突く

www.freynya.com

 

(39) disciple「弟子,門弟」

弟子(デシ)プル」ではなく「ディサイプル /dɪsáɪpl/」です。「魔法使いとその弟子達」という文脈でした。disciplineはもっと重要で「訓練,規律,折檻;学問分野」です。interdisciplinaryは「学際的な,複数の学問分野にまたがった」です。

 

(40) lurk「潜む」

larkは「雲雀(ひばり)」ですがlurkは「潜む」です。ネットで「ROMる(読んでばかりで書き込まないこと)」ことをlurkと言うそうですが,本当でしょうか。貧農達は身分を憚って目立たない所に潜んでいたという文脈でした。

 

============

316ページ中の9ページ目まで進みました。今回はダンデリオンのコンサートに集まった人々から,様々な種族,階級の人々を描写していたようです。ファンタジー小説によくある,世界観の説明部分ですね。

私は『エルマーとりゅう』(小学3〜4年)→『ゲド戦記』(小学5〜6年)と入って,『指輪物語』に挑戦したのですが,その最初の世界観説明が長すぎて,挫折してしまいました笑

その意味でこの本は,最初シリラが狼流派のアイツに助けられながら逃げるハラハラシーンから始まり,徐々に世界観説明を混ぜていっているのが良いと思います。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英単語・英熟語へ
にほんブログ村

 

www.freynya.com