フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

Asgard Stories 26:バルドル(1)

Asgard Stories

巨人のスカディ(スカジ)がニョルズの嫁になったAsgard Stories 25の続きです。

Baldur - I

Baldur was the best beloved of all the gods. Odin was their father and king; to him they turned for help and wise advice, but it was to Baldur they went for loving words and bright smiles. The sight of his kind face was a joy to the Æsir, and to all the people of Midgard. They sometimes called him the god of light, a good name for him, because he truly gave to the world light and strength.

バルドルは全てのエーシル達の中で最も愛される神でした。オーディンがエーシル達の父かつ王であり,彼らは皆助けや賢明な助言を求めてオーディンに頼りましたが,彼らが愛のある言葉や明るい笑顔を求めて行ったのは,バルドルのところでした。彼の優しい顔を見ることはエーシル達,そしてミズガルズの全ての民の喜びでした。彼らはバルドルを光の神と呼びましたが,彼に相応しい名でした。というのも本当に世界に光と強さを与えたからです。

belovedは「ビラヴィド」(/bɪlʌ́vɪd/)と発音されます。

turn to A for Bは「Bを求めてAを頼る(Aの方を向く)」です。今回はto Aが文頭に回されてto A they turned for Bとなっています。

to Baldur they went for loving wordsも先程のto him they turned for helpと同構造ですね。なお直前にit wasがありますが,これはit was ... that 〜の強調構文です。thatが省略できるため,it was to Baldur (that) they went for loving words→it was to Baldur they went for loving wordsとなっています。it was ... that 〜の強調構文は「〜だったのは……だった」と訳せるため,「彼らは愛のある言葉を求めてバルドルのところへ行った」→「彼らが愛のある言葉を求めて行ったのはバルドルのところ(へ)だった」と訳し変えます。

 

Baldur was the son of Odin and Frigga; he was the most gentle and lovely of all the gods. His beautiful palace in Asgard was bright and spotless; no evil creature could enter there; no one who had wrong thoughts could stay in that palace of love and truth.

バルドルオーディンフリッグの息子でした。彼は全てのエーシルの中で最も穏やかで親切でした。アースガルズにある彼の美しい宮殿は明るく,完璧な美しさでした。そこにはどんな邪悪な生き物も入れなかったし,また邪な考えを持ったどんな者も彼の愛と真実の宮殿には入れなかったからです。

spotlessのspotは「場所」という意味ですが,「しみ,汚点,発疹」とかいった意味もあります。

 

At last, after the bright summer was over, for many days Baldur had looked sad and troubled. Some of the Æsir saw it, but most of all, his loving, watchful mother, Frigga. Baldur could not bear to worry his mother, so he kept his sorrow to himself, saying nothing about it; but at last Frigga drew his secret from him, and then his friends knew that Baldur had had dreams which told of coming trouble, dreams of his leaving all his friends and going away from Asgard, to dwell in another land.

しかしついに,明るい夏が終わった頃,何日もバルドルは悲しそうな,困った顔をしていました。エーシルの何人かがそれを見ましたが,とりわけ,彼の愛情の深い,気遣いのある母親,フリッグがそれに気づきました。彼は母親を心配させるのが耐えられず,自分の悲しみを隠し,何も言わないようにしていました。しかし遂にフリッグが彼の秘密を察し,それで彼の友人達が知ったのは,彼がある夢,来たるべき困難を告げる夢を見たこと,彼が友人達の元を離れ,アースガルズを去り,別の国に住むようになるという夢を見たということでした。

cannot bear to-V,cannot bear Vingは「Vすることが耐えられない」です。

keep N to oneselfは「Nを秘密にしておく」です。

comingは固い訳で良ければ「来たるべき」ですね。

・いかにも予知夢といった感じですね……

 

Odin and Frigga, fearing the dreams might come true and they must lose their beloved son, began to think what they could do to prevent it. Then the loving mother said, “I will make all things in the world promise not to hurt our son.” And so Queen Frigga sent out for everything in the whole world, and everything came trooping to Asgard, to her palace. All living creatures came from the land, from the water, and from the air. All plants and trees came; all rocks, stones, and even the metals under the earth, where the busy dwarfs worked. Fire came, and water, as well as all poisons, and sickness. Everything promised not to harm the good Baldur, except one little plant called mistletoe, which was so small that Frigga did not send for it, feeling sure it could not do any harm.

オーディンフリッグはその夢が実現し愛する息子と失うかも知れないと恐れ,これを防ぐにはどうすればいいかを考え始めました。そこで愛する母親は言いました。「私はこの世の全ての物に,息子を傷つけないと約束させるつもりです」それで女王フリッグは全世界の物に遣いを出し,全ての物が群れをなしてアースガルズの彼女の宮殿にやって来ました。全ての生きとし生けるものが陸上・水中・空からやって来ました。すべての樹木と植物が来ました。全ての岩,石,そしてドワーフが忙しく働いている地中から金属まで来ました。火もやって来ました。水も,毒も,病気も来ました。あらゆる物がバルドル君を傷つけないと約束しましたが,ただヤドリギと呼ばれる小さな植物だけが,小さすぎて害にはならないだろうとフリッグが考えて遣いをやらなかったため,除かれていました。

promise to-Vのto-Vの前にnotを置いてpromise not to-Vで「Vしないと約束する」です。

send for Nは「Nを呼ぶために遣いをやる」です。

・世界からあらゆる物が大挙してフリッグの宮殿に向かう様子は映像で見たいですね。

 

“Now I am happy once more,” said the queen, “for our Baldur is safe!” And she sat at peace in her beautiful palace, rejoicing that her dear son was free from all danger. But Odin, the wise Allfather, still felt uneasy, even after all these promises, fearing what might happen. So he took his eight-footed steed, Sleipnir, and rode forth from Asgard to the underworld to find Hela, the wise woman who ruled over that far-off land. She could tell everything that was going to happen, and she knew the names of all those who were coming to dwell with her. Odin was the only one wise enough to speak with Hela, for no one else knew the words that would call her forth from her dwelling; but when Odin called, she came to answer.

「これでまた安心です」と女王は言いました。「私達のバルドルが安全になりましたから!」それで女王は美しい宮殿に穏やかに座って,愛する息子がすべての危険を免れたことを喜びました。しかし賢明な父オーディンは,これらの約束がなされた後でも何が起こるか分からないと,依然として不安でした。それで彼は八足の軍馬スレイプニルに跨り,アースガルズからヘルを探して地下世界に赴きました。その遠く離れた世界を統べている賢い女性です。彼女は起こりそうなこと全てが分かり,自分の所で暮らすことになりそうな全ての者の名が分かりました。オーディンはヘルと話せる程の知性を持った唯一人の神でした。というのも他の者は彼女を住処から呼び寄せる言葉を知らなかったからです。しかしオーディンが呼ぶと,彼女は現れて答えました。

・easyの反意語は2つあります。easyは「易しい」だったらdifficult「難しい」。easyが「気楽な」だったらuneasy「不安な」です。

ヘルフェンリルヨルムンガンドとともにロキとアングルボザの子でしたね。

 

“Tell me,” said he, “for whom are you making ready this costly room?”

“We make ready for Baldur, the god of light,” replied Hela.

“Who, then, will slay Baldur, and bring such darkness and sorrow to Asgard?”

Again said the wise woman, “It is Hodur, Baldur’s twin brother, who will slay the sun-god.” And with these words she vanished.

Sadly Father Odin returned to Asgard, and told his wife the words of Hela; but Frigga was not troubled in her heart, for she felt sure that nothing would hurt her dear son.

「我に教えよ」オーディンは言いました。「この豪華な部屋は何者のために用意しているのか」

「光の神バルドルのためです」ヘルは答えました。

「ならば何者がバルドルを害し,アースガルズに大きな暗黒と悲痛をもたらすのだ?」

再び賢き女性は言いました。「太陽の神を害するのはバルドルの双子の兄弟,ヘズです」そう言って彼女は消え去りました。

悲しげに父なるオーディンはアースガルズに帰還し,妻にヘルの言葉を伝えました。しかしフリッグは内心で心配していませんでした。何者も愛する我が子を傷つけられないと信じていたからです。

バルドルの兄弟たちを確認しておきましょう。バルドルヘズ(ホズル)オーディンフリッグの子で双子。ヴィーザルオーディンと巨人グリーズの子。ヴァーリオーディンとリンドの子。トールオーディンとヨルズの子です。グリーズはトールにグリダヴォルを与えて助けていますね。

=============

次回はバルドル(2)です。いよいよあと数回になりました。

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜

 

www.freynya.com