フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

Asgard Stories 27:バルドル(2)

Asgard Stories

バルドルが自分の死を夢で見てしまったAsgard Stories 26の続きです。

Baldur - II

One beautiful sunny day at the end of summer the gods had all gone out to an open field beyond Asgard to have some sports. As they all knew that nothing could hurt Baldur, they placed him at the end of the field for a target, and then took turns throwing their darts at him, just for the fun of seeing them fall off without hurting him. They thought this was showing great honor to Baldur, and he was pleased to join in the sport.

夏の終りのある美しく晴れた日,エーシル達は皆アースガルズの上の開けた野原に遊びに行きました。何物もバルドルを傷つけられないことを知っていたので,彼らはバルドルを野原の端に的として立たせ,代わる代わる投げ矢を投げました。目的は単に,矢が彼を傷つけることなく落ちるのを見て楽しむためでした。彼らはこのことがバルドルの偉大さを示しているのだと考え,彼もこの遊びに参加するのを楽しんでいました。

・まるでいじめのようですが,彼らはバルドルの不死身を信じており,彼が不死身であることを確認することが彼を称えることになる(さすがオーディン様のお世継ぎだといった感じに?)と思ってやったということですね。でも本当に不死身かどうか確かめるというのは,鼎の軽重を問う(量る)ようなことで,ある意味不敬でもあります。北欧神話の魅力は,神々がとても人間臭くて間違いも犯すという点にあります。

take turns Vingは「代わる代わるVする」です。

 

Loki happened to be away when they began to play, and when he came was angry in his heart that nothing could hurt Baldur. “Why should he be so favored? I hate him!” said Loki to himself, and began at once to plan some evil. 

All this while Queen Frigga sat in her palace, thinking of all her dear sons, and of how much good they did to men. As she sat thus, thinking, and spinning with her hands, there came a knock at the door. The queen called, “Come in!” and an old woman stood before her.

彼らが遊び始めた時,ロキはたまたま別の所にいましたが,やって来ると何物もバルドルを傷つけられないことに内心苛立ちました。「どうしてあんなに恵まれているんだ。憎い奴め」とロキは思い,直ちにある邪悪なことを計画し始めました。

この間ずっとフリッグは自分の宮殿に座り,可愛い息子たちのことを,そして息子たちが人間にどれほどの良いことをしているかを考えていました。このように考え事をして,糸を紡いでいる時,ドアをノックする音が聞こえました。女王は「お入り」と叫び,老婆が彼女の前に立ちました。

・何度か言いましたがsay to oneselfは「独り言を言う」ではなく「心のなかで思う」です。「独り言を言う」はthink aloud,talk to oneselfと言います。

 

Frigga spoke kindly to her, and soon the old woman said she had passed by the field where the gods were playing, and throwing sharp weapons at Baldur. “Oh, yes,” said Frigga; “neither metal nor wood can hurt him, for all things in the world have given me their promise.”

“What!” said the old woman; “do you mean that all things have really vowed to spare Baldur?”

“All,” replied the queen, “except one little plant that grows on the eastern side of Asgard; it is called mistletoe, and I thought it too small and soft to do any harm.”

フリッグは優しく老婆に話しかけました。まもなく老婆はエーシル達がバルドルに鋭い武器を投げて遊んでいる野原を通り過ぎた話をしました。「ああ,そうなの」フリッグは言いました。「金属でも木材でもあの子を傷つけられないの。世界中の全ての物が私に約束したんですもの」

「何と!」老婆は言いました。「全ての物が本当にバルドルに危害を加えないと誓ったのですか?」「ええ」と女王は答えました。「アースガルズの東の端に生えている小さな植物以外ね。それはヤドリギというものよ。小さくて柔らかすぎて何の害にもならないと思ってね」

spareはspare A Bで「AからBを免除する」という意味があります。Bは苦労や時間などです。Bを省いてspare BaldurとすることによってBを特定せず,あらゆる嫌な事をバルドルから免除するという意味になります。

 

Before long the old woman went away, and when she was quite out of sight of Frigga’s palace, threw off her woman’s clothes, and who do you suppose it was? Why, no woman at all, but that wicked Loki, of course, who hurried away out of Asgard, to find the poor little plant that did not know about Baldur’s danger. When he came to the place where the plant grew, Loki cutting off a branch, quickly made a sharp arrow, which he carried back to the playground, where the Æsir were still at their game, all but one, Hodur, the god of darkness, Baldur’s blind twin brother.

Then Loki went up to Hodur, and said to him in a low voice, “Why do you not join with the others in doing honor to Baldur?”

まもなく老婆は去り,フリッグの宮殿から十分遠くへ行った頃,女物の服を脱ぎ捨てました。すると誰だったでしょう? 何と,女では全く無く,もちろんあの邪悪なロキだったのです。彼は急いでアースガルズを離れ,バルドルの危険など知らない哀れな小さな植物を探しに行きました。その植物が生えている所へ来ると,枝を切り,鋭い矢を素早く作って,エーシル達がヘズ1人を除いて遊んでいる野原に持っていきました。ヘズは闇の神で,目の見えない,バルドルの双子の兄弟です。それでロキはヘズの所へ行き,小さな声で「どうしてみんなに混じってバルドルを称えないんだい?」と言いました

・ロキの狡猾ぶりに驚きますね。

 

“I cannot see to take aim, you know, and besides, I have no weapon,” said Hodur. “Come, then, here is a fine new dart for you, and I will guide your hand,” whispered wicked Loki; then he slipped the arrow of mistletoe wood into Hodur’s hand and aimed it himself at Baldur, who stood there so bright and smiling.

「ほら,目が見えなくて狙えないんだ。それに武器もない」とヘズは言いました。「じゃあほら,ここに君用の上等な投げ矢がある。僕が手を取って狙いをつけてあげるよ」と邪悪なロキは囁きました。そしてロキはヤドリギの矢をヘズの手に滑り込ませ,明るく輝きながら微笑んでいるバルドルに自ら狙いをつけました。

slip A into Bで「AをBに滑り込ませる」です。Aがなければslip into ...「……に滑り込む」ですね。

 

Then poor blind Hodur heard a dreadful cry from all the gods: Baldur the Beautiful had fallen, struck by the arrow; he would now be taken away from them, to live with Hela in the underworld.

Every heart was filled with sorrow for this dreadful loss; but no one tried to punish him who had done the wicked deed, for they stood upon sacred ground, and the field was named the Peace-stead, or Place of Peace, where no one might hurt another. Besides, the gods did not know it was the false Loki who hated Baldur, that had struck him down.

すると哀れ,目の見えないヘズにはエーシル達全員の恐ろしい叫び声が聞こえました。美神バルドルが矢に撃たれ,倒れていたのです。今や彼は彼らのもとから連れ去られ,地下のヘルと一緒に暮らすことになりました。この恐ろしい喪失のため,皆の心は悲しみで一杯でした。しかしこの邪悪な行いをしたものを罰しようとする者はいませんでした。というのも彼らが立っていたのは聖地であり,その野原は誰も他人を傷つけてはならない平和の場所と呼ばれていたからです。それにエーシル達は,バルドルを撃ち倒したのが彼を憎んだ偽りのロキであることを知らなかったのです。

Peacesteadのsteadは古い英語で「場所」という意味で,現代英語のinstead of N「Nの代わりに」に残っています。in spite of N「Nにもかかわらず」はspite「悪意」が現役なのでスペースで区切りますが,instead of Nの方はsteadが廃れたのでスペースで区切らないのでしょう。

 

When Frigga heard the sad news, she asked who would win her love by going to the underworld and begging Hela to let Baldur come back to them. Hermod, the swift messenger-god, ready to do his mother’s bidding, set forth at once on the long journey. Nine days and nights he traveled without resting, until he came to Hela’s underworld. There he found Baldur, who was glad to see him, and sent messages to his friends in Asgard. Hela said Baldur might return to them on one condition: that every living creature, and everything in the world must weep for him.

フリッグがこの知らせを聞くと,誰か私のために地下へ行って,バルドルを返してもらうようヘルにお願いしてくれたら,とても感謝するわ,と言いました。素早い使者の神ヘルモーズが喜んで母の言いつけを聞き,直ちに長い旅に出ました。9日と9晩,休まず旅し,遂にヘルの地下世界にやって来ました。そこで彼はバルドルを見つけ,バルドルも彼を見て喜び,アースガルズにいる友達への伝言を頼みました。ヘルはある1つの条件でバルドルが彼らのもとへ帰れると言いました。それはこの世のあらゆる生き物,あらゆる物が彼のために涙を流すというものでした。

she asked who would win her love by going to the underworldは直訳すれば「誰が地下へ行くことによって私の愛を勝ち取れますかと尋ねた」です。つまり「誰かが地下へ行ってくれれば,私はその人を愛する」ということで,「誰かが地下へ行ってくれれば,私はその人にとても感謝する」と訳し変えました。

ヘルモーズはこの時スレイプニルを借りたとされています。

 

So Hermod hastened back to Asgard, and when the Æsir heard Hela’s answer, they sent out messengers over the world to bid all things weep for Baldur, their bright sun-god. Then did the beasts, the birds, the fishes, the flowers and trees, even stones and metals weep; as indeed we can see the teardrops come to all things when they are changed from heat to cold.

そこでヘルモーズは急いでアースガルズに帰り,エーシル達がヘルの答えを聞くと,世界中に使者を放ってあらゆる物に対して明るい太陽の神バルドルのために泣くよう言いました。そこで獣,鳥,魚,花と木,石や金属すら涙を流しました。まるで実際に暑さから寒さに変わる時,あらゆる物に涙の雫が浮かぶようにです。

・最後の文は現在時制なのでこの神話固有の時のことを言っていません。「結露」という現象のことを言っているのでしょう。

 

As the messengers were coming back to Asgard they met an old woman, whom they bade weep, but she replied, “Let Hela keep Baldur down below; why should I care?” When the Æsir heard of this, they thought it must have been the same old woman who went before to Frigga’s palace, and we know who that was. And so Baldur the beautiful, Baldur the bright, did not come back, and all the dwellers in Asgard were sad and sorrowful without him.

使者達がアースガルズに戻ってくる途中,1人の老婆に出会いました。使者達は彼女にも涙を流すよう言いましたが,彼女は「ヘルにバルドルを地下に留め置かせておけばいいんじゃよ。構うもんかい」と言いました。エーシル達はこれを聞くと,この女は以前フリッグの宮殿に行ったのと同じ老婆に違いないと思いました。私達はそれが誰かを知っています。それで美神バルドル,輝けるバルドルは帰ってきませんでした。そしてアースガルズの全ての住人は彼がいなくなって残念で悲しい思いをしたのでした。

we knowは現在形なので「我々読者は知っている」ですね。

ウィキペディアによると,この老婆は女巨人セックÞökk)(正体はロキ)になっています。

==========

次回はバルドルの死後,エーギルが催す酒宴の話です。終末が近いですね。

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜

 

www.freynya.com