フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

Asgard Stories 29:エーギルの宴(2)

Asgard Stories

Asgard Stories 28の続きです。「エーギルの宴(2)(3)」一気にやります。

Ægir’s Feast - II

Next morning Thor set forth with the giant, and as they walked over the fields toward the sea, Thor cut off the head of one of the finest oxen, for bait. Of course you may know that Hymir was not pleased at this, but Thor said he should need the very best kind of bait, for he was hoping to catch the Midgard serpent, that dangerous monster who lived at the bottom of the ocean, coiled around the world, with his tail in his mouth.

翌朝トールは巨人と出発し,草原を横切って海に行く間,トールは魚の餌にと立派な雄牛の頭を切り落としました。もちろんヒュミルはこれを見て面白くなかったことはご想像の通りですが,トールはミズガルズの蛇を捕まえたいから最高の餌が必要だと言いました。海洋の底に棲んで世界の周りにとぐろを巻き,尾を口まで入れているあの危険な怪物です。

baitは「餌,おとり」です。

・ミズガルズの大蛇を釣るそうです。

 

When they came to the shore where the boat was ready, each one took an oar, and they rowed out to deep water. Hymir was tired first, and called to Thor to stop. “We are far enough out!” he cried “This is my usual fishing-place, where I find the best whales. If we go farther the sea will be rougher, and we may run into the Midgard serpent.”

舟が準備してある海岸にやって来ると,それぞれが1つずつオールを取り,深い海へと漕ぎ出して行きました。ヒュミルが最初に疲れて,トールに止まるよう言いました。「もう十分沖へ出たろ!」彼は叫びました。「俺はいつもここで釣るんだ。一番の鯨が取れるんだから。これ以上遠くへ出たら海が荒れて,ミズガルズの蛇に出会っちまう」

run into ... は「……と衝突する;……に出くわす」です。

 

As this was just what Thor wanted, he rowed all the harder, and did not stop until they were far out on the ocean; then he baited his hook with the ox’s head, and threw it overboard. Soon there came a fierce jerk on the line; it grew heavier and heavier, but Thor pulled with all his might. He tugged so hard that he broke through the bottom of the boat, and had to stand on the slippery rocks beneath.

これは正にトールの望む物だったので,彼は一層懸命に漕ぎ,海の遥か沖に出るまで止まりませんでした。それから彼は釣り針に雄牛の頭を掛け,舟の外へ投げ出しました。間もなく釣り糸が激しく引かれました。糸にはますます重さが掛かりましたが,トールは全力で引きました。彼は余りに強く引いたので,舟の床を突き破ってしまい,下の滑りやすい岩の上に立つ羽目になりました。

jerkは「ぐいと動かす,ビクビク動くこと」で,重量挙げ用語にもなっています。また「オタク」とか「キモいやつ」の意味にも使われます。

tugは「ぐいと引っ張る」で,tag「付け札」との混同注意です。

 

All this time the giant was looking on, wondering what was the matter, but when he saw the horrid head of the Midgard serpent rising above the waves, he was so frightened that he cut the line; and Thor, after trying so hard to rid the world of that dangerous monster, saw him fall back again under the water; even Miölnir, the magic hammer, which Thor hurled at the creature, was too late to hit him. And so the two fishermen had to turn back, and wade to the shore, carrying the broken boat and oars with them.

この間ずっと巨人は一体何事かと傍で見ていましたが,ミズガルズの蛇の恐ろしい頭が波間から上がってくるのを見ると,余りの恐怖に糸を切ってしまいました。するとトールはあの危険な怪物を世界を離そうと全力で引いた挙げ句,蛇を海中に逃がしてしまいました。トールが怪物に投げた魔法の鎚ミョルニルを当てるにも遅すぎました。それで2人の釣り人は戻り,壊れた舟とオールを担いで海岸を歩いて渡らなければなりませんでした。

horridはhorribleのような意味です。

wadeは「水中を苦労して渡る,徒渉する」です。

 

The giant was proud to think he had been too quick for Thor, and after they reached the house he said to the thunder-god, “Since you think you are so strong, let us see you break this goblet; if you succeed, I will give you the big kettle.”

巨人はトールよりも速く渡れたことに誇りを持ち,家に着くと雷神に言いました。「お前はとても強いと思っているんだろう。このゴブレットを割って見せてくれ。上手く行ったら,この大杯をやろう」

gobletは足がついている杯です。

 

This was just what Thor wanted; so he tightened his belt of strength, and threw the goblet with all his might against the wall; but instead of breaking the goblet he broke the wall. A second time he tried, but did no better. Then the giant’s wife whispered to Thor, “Throw it at his head!” And she sang in a low voice, as she turned her spinning-wheel,—

 

“Hard the pillar, hard the stone,

Harder yet the giant’s bone!

Stones shall break and pillars fall,

Hymir’s forehead breaks them all!”

これはまさにトールがやりたかったことなので,力帯を締め,ゴブレットを力一杯,壁に投げつけました。しかしゴブレットではなく壁が壊れてしまいました。もう一度試みましたが同じでした。すると巨人の妻がトールに囁きました。「彼の頭を狙うといいわ」そして彼女は小さい声で,糸車を回しながら歌いました。

「固い柱,固い石,もっと固いのが巨人の骨さ!

石は砕け柱は崩れ,ヒュミルのおでこは全てを砕く!」

・このyetは比較級を強調するものでしょう(yet harder = still harder = even harder)

 

Yet again Thor threw the goblet, this time against the giant’s head, and it fell, broken in pieces.

Then Tyr tried to lift the Mile-deep kettle, for he was in a hurry to leave this land of ice and snow; but he could not stir it from its place, and Thor had to help him, before they could get it out of the giant’s house.

さらにもう一度トールはゴブレットを,今度は巨人の額に投げると,ゴブレットは粉々に割れて落ちました。それを見てテュールがマイル杯を持ち上げようとしました。というのも彼は急いでこの氷と雪の国を去りたかったからです。しかし杯は微動だにしませんでした。それでトールが手伝って巨人の家から出しました。

stirは「かき混ぜる,かき立てる」ですが,「かすかに動かす」の意もあります。

 

When Hymir saw the gods, whom he hated, carrying off his kettle, he called all his giant friends, and they started out in chase of the Æsir; but when Thor heard them coming he turned and saw their fierce, grinning faces glaring down at him from every rocky peak and iceberg. Then the mighty Thunderer raised Miölnir, the hammer, above his head, and hurled it among the giants, who became stiff and cold, all turned into giant rocks, that still stand by the shore.

にっくき神達が杯を持ち去ろうとしているのをヒュミルが見ると,彼は巨人の仲間を呼び,彼らはエーシル達を追いかけ始めました。彼らが迫る音をトールが聞くと彼は振り返り,彼らの獰猛な,歯をむき出した顔が四方八方の峰や氷山から彼を睨んでいるのが見えました。そこで力持ちの雷神はミョルニルを頭上に振り上げ,巨人達の間に投げました。すると彼らは固く冷たくなり,皆巨大な岩になって,静かに岸辺に立っていたのでした。

grinは「にっこり笑う」ですが,元々「歯を見せて笑う」という意味であり,「歯をむき出しにする」の意もあります。笑っても怒ってもgrinする可能性はあるわけです。

・IIIも短いので一気にやってしまいます。

  

Ægir’s Feast - III

Ægir was very glad to get Mile-deep; so he set to work to make the mead in it, to get ready for the great feast, at the time of the flax harvest, when all the Æsir were coming from Asgard to visit him. Before the day came, all light and joy had gone from the sacred city, because the bright Baldur had been slain, and the homes of the gods were dark and lonely without him. So they were all glad to visit Ægir, to find cheer for their sadness.

エーギルはマイル杯を見ると喜び,大宴会を始めるため,蜂蜜酒を中に入れる作業に取り掛かりました。亜麻が穫れる時期で,全てのエーシルがアースガルズから彼を訪問する予定でした。その日が来るまで,全ての光と喜びが聖なる街から消え去っていました。というのも光の神バルドルが殺され,神々の本拠は彼がいなくなって暗く,悲しみに暮れていたからでした。それで彼らはエーギルを訪問し,悲しい気持ちを慰められることを喜んでいました。

 

There was Father Odin, with his golden helmet, and Queen Frigga, wearing her crown of stars, golden-haired Sif, Freyja, with Brisingamen, the wonderful necklace, and all the noble company of the Æsir, all except mighty Thor, who had gone far away to the giant-land.

金の兜を被った父なるオーディン,星の冠を被った女王フリッグ,金髪のシヴ,不思議な首飾りブリーシンガメンを付けたフレイヤ,そしてエーシル族の気高い仲間たちが皆,遠く巨人の国へ行った力持ちのトールを除いて,出席しました。

 

As they all sat in Ægir’s beautiful ocean hall, drinking the sweet mead, and talking together, Loki came in and stood before them; but, finding he was not welcome, and no seat saved for him, he began saying ugly things to make them all angry, and at last he grew angry himself, and slew Ægir’s servant because they praised him. The Æsir drove him out from the hall, but once more he came in, and said such dreadful things that at last Frigga said, “Oh, if my son Baldur were only here, he would silence thy wicked tongue!”

皆がエーギルの美しい海の底の広間で甘い蜂蜜酒を飲み,歓談して過ごしていた頃,ロキが入ってきて彼らの前に立ちました。しかし,歓迎されていないと気づき,席も用意されていないと分かると,ロキは口汚い事を言って皆を怒らせました。そして遂には彼自身が怒りだし,エーシル達が褒めたという理由でエーギルの使用人を殺してしまいました。エーシル達は彼を広間から追い出しましたが,また入ってきて,余りに酷いことを言うので遂にフリッグは,「ああ,息子のバルドルさえここにいたら,お前の邪な口を黙らせるでしょうに!」と言いました。

・ロキ,めちゃくちゃですな。『ロキの口論(Lokasenna)』と呼ばれる有名なシーンです。具体的な内容はここには書かれていませんので,Wikipediaを引いてみましょう。「ロキはまず,ブラギが臆病者であると指摘する。他の神々は間に割って入り,ロキを咎め,あるいは宥めようとするが,逆に彼に罪や欠点を暴露され,次々と侮辱されることになる。イズン,ゲフィオン,オーディンフリッグフレイヤ,ニョルズ,テュール,フレイ,ビュグヴィル,ヘイムダル,スカジ,シヴ,ベイラらがその対象となった。そこにトールが帰ってくる。彼は東方に出かけており,宴会に出席していなかったのだ。 トールはロキを威すが,また彼もウートガルザ・ロキの策略に嵌ったことを告発される。最後にロキは『全てが火に包まれる』ことをほのめかして退出する

 

Then Loki turned to Frigga, and told her that he himself was the very one who had slain Baldur. He had no sooner spoken than a heavy peal of thunder shook the hall, and angry Thor strode in, waving his magic hammer. Seeing this, the coward Loki turned and fled, and Asgard was rid of him forever.

するとロキはフリッグの方を向き,彼女に向かって,自分こそがバルドルを殺した張本人だと言いました。彼が話すな否や,巨大な雷の音が広間を揺るがし,怒ったトールが魔法のハンマーを振り回しながら大股で入ってきました。これを見て臆病者のロキは後ろを向いて逃げ出し,アースガルズは永遠にロキを失ったのでした。

rid A of Bは「AからBを取り除く」。A was rid of Bは「AはBを取り除かれた,AからBが取り除かれた」です。

==========

次回はロキが罰を受ける場面です。おそらくあと2回で全訳終了となります。

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜

 

www.freynya.com