フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

啓蒙は「蒙きを啓く」──enlighten

先日の記事ではin=im,ex=eをやりましたが,今回はen=emです。

接頭辞・接尾辞enは「……になる・する」「……に入る・入れる」という意味を付加し,b, p, mの前ではemとなります。

enjoyは「joyに入る」ということになります。

厄介なのは接頭辞となるか接尾辞となるかがまちまちで,法則がないように思われる点です。shortの場合はshorten(接尾辞),largeの場合はenlarge(接頭辞)です。

またlongの場合は×longenも×enlongも不可です。

さらにenlightenemboldenのように接頭辞と接尾辞が両方つくものもあります。

なお発音は接頭辞の場合/ɪn/,/ɪm/,接尾辞は/(ə)n/ となるようです。

では幾つか見ていきます。

 

embark「乗船する・させる,着手する(embark on...)

embody「具体化する,具体的に示す,内容として盛り込む」

endanger「危険にさらす」

enhance「(価値などを)高める」※hanceという英単語はありませんが,ラテン語altus「高さ」から来たようです(lとtどこ行った)

enlarge「拡大する,(写真を)引き伸ばす」 ※「現像する」はdevelop

empathy「感情移入,共感」 ※empathizeは2020/2/11の記事で扱いました

enrich「豊かにする」※経済的のほか味・心などにも使え,「(ウランを)濃縮する」の意もあり

ensnare, entrap「罠にかける」 ※snare, trapは「罠」

entitle「表題をつける,称号・権利を与える」 ※エンタイトル(ド)ツーベースは英語ではground rule doubleと言うようです

envisage, envision「思い描く」 ※envisageは/ɪnvɪ́zɪdʒ/ インヴィズィジ

 

shorten「短くする・なる」 ※shortには「(食べ物が)サクサクした,崩れやすい」という意味があり,そういう状態にするものがショートニング(shortening)です

broaden「(視野など)を広げる」

lighten「明るくする・なる,軽くする・なる」

darken「暗くする・なる」

 

embolden「勇気づける,励ます」 ※bold「大胆な」

enlighten「啓蒙する」 ※lightenの前に更にenを付けている

「啓蒙する」は「蒙(くら)きを啓(ひら)く」で,lightを使っている英語と同じ発想なのが面白いですね。というより,lightを使っているから同じイメージの「啓蒙する」という訳語を当てたということでしょうか。なお,上から目線の単語ですが,それゆえに自分を目的語にするのはへりくだった響きになります。

Can you [Could you] enlighten me [us]?

は「無知な私(たち)にお教え願えませんか」と丁寧に教えを請う響きになるわけです。

今日はこの辺で!

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜

 

総合索引はこちら!

www.freynya.com