フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲーム中心です。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

Asgard Stories 7:オーディン,ミーミルの泉に到達

Asgard Stories

Asgard Stories 6の続きです。

 

Here was one of the three fountains which watered the world tree, Yggdrasil, and near by sat the wise giant, Mimir, guarding the waters of this wonderful fountain, for whoever drank of it would have the gift of great wisdom. Mimir was a giant in size, but he was not one of the fierce giant enemies of the gods, for he was kind, and wiser than the wisest.

そこには世界樹ユグドラシルに水を供給している3つの泉の1つがあり,そばには賢き巨人ミーミルがこの不思議な泉の湧き水の守っていました。というのも泉の水を飲む者は誰でも大きな知恵を贈られるからでした。ミーミルは体は巨大でしたが,神々に敵対する獰猛な巨人たちの1人ではありませんでした。彼は優しかったし,どんな者よりも賢明でしたから。

Here was S,near by sat S,ともに〈場所を表す副詞〉+V+Sの語順です。〈~には〉と場所に注意を惹き付けてから,「…がいた[座っていた]」と居た者を登場させるのです。

drank of itが興味深いですね。drank itだと「泉を飲んだ」みたいですから,drank of itで「泉から飲んだ」=「泉の水の一部を飲んだ」と言うわけです。

a giant in sizeのinは〈分野〉のinですね。「サイズの面では巨人だった」です。

wiser than the wisestは誇張(による強調)ですね。the wisestよりwiseな者はいないはずですから。

 

Mimir’s well of wisdom was in the midst of a wonderful valley, filled with rare plants and bright flowers, and among the groves of beautiful trees were strange creatures, sleeping dragons, harmless serpents, and lizards, while birds with gay plumage flew and sang among the branches. Over all this quiet valley shone a lovely soft light, different from sunlight, and in the center grew one of the roots of the great world tree. Here the wise giant Mimir sat gazing down into his well.

ミーミルの知恵の泉は素晴らしい谷の中心にありました。谷は珍しい植物や輝く花で満ちており,美しい木立の合間には眠る竜,害をなさない大蛇,トカゲといった不思議な生き物たちがおり,枝の合間には鮮やかな羽をした鳥たちが飛んだりさえずったりしていました。この静かな谷全体に渡って,日光とは異なる素敵な柔らかい光が注ぎ,中心にはその巨大な世界樹の根の1つが生えていました。そこに賢き巨人ミーミルが座って泉を覗き込んでいたのです。

among the groves of beautiful trees were S,そして少し後のOver all this quiet valley shone Sin the center grew Sも〈場所を表す副詞〉+V+Sです。小説では多用されるのでしょう。今後,この点には触れないことにします。

gay plumageのgayは「鮮やかな,派手な,陽気な,楽しい」で,ここから現代の「ゲイの」が派生しました。

 

Odin greeted the kind old giant, and said, “Oh, Mimir, I have come from far-away Asgard to ask a great boon!” “Gladly will I help you if it is in my power,” said Mimir.

オーディンはこの優しき巨人に挨拶して言いました。「なあ,ミーミル,私は遥かアースガルズより大事な頼み事をしに来たのだ」「喜んで,私にできることであればお助け致しましょう」ミーミルは言いました。

boonは「役立つもの」,ここでは「頼み事」です。「愉快な」という意味もあるらしくboon companionは「愉快な仲間,親友」です。

Gladly will I help youは倒置になっていますね。= I will help you gladly

 

“You know,” replied Odin, “that as father of gods and men I need great wisdom, and I have come to beg for one drink of your precious water of knowledge. Trouble threatens us, even from one of the Æsir, for Loki, the fire-god, has lately been visiting the giants, and I fear he has been learning evil ways from them. The frost giants and the storm giants are always at work, trying to overthrow both gods and men; great is my need of wisdom, and even though no one ever before has dared ask so great a gift, I hope that since you know how deep is my trouble, you will grant my request.”

「お前も知っているだろうが」オーディンは答えました。「神々と人々の父として,私は大いなる知恵が必要だ,それでお前の貴重な知恵の泉を一口飲ませてもらおうとやって来たのだ。たとえエーシルの1人の仕業としても,厄介事は我々の脅威となる。というのも火の神ロキが最近巨人どもを訪れ,奴等から悪さをする方法を学んだのではないかと恐れているのだよ。氷の巨人や嵐の巨人は絶えず活動しており,神々と人間を混乱に陥れようとしている。私は知恵を大いに必要としている。これほど大きな贈り物を厚かましくも求めた者がこれまでいなかったとしても,お前は私がどれほど悩んでいるか分かるのだから,私の頼みを聞くことを望む」

ロキは巨人の血を引くのですが,オーディンの義兄弟であり,エーシルの1人になっています。

Great is my need of wisdomSVCCVS型倒置です(= My need of wisdom is great)。「大きいのだよ,私のneedは」と「大きい」ことを先に言いたいのでしょう。

so great a giftはsuch a great giftを堅くした語順です。

 

Mimir sat silently, thinking for several moments, and then said, “You ask a great thing, indeed, Father Odin; are you ready to pay the price which I must demand?” “Yes,” said Odin, cheerfully, “I will give you all the gold and silver of Asgard, and all the jeweled shields and swords of the Æsir. More than all, I will give up my eight-footed horse Sleipnir, if that is needed to win the reward.”

ミーミルは静かに座り,暫く考え,答えました。「確かに大きな頼み事です,父なるオーディンよ。私が求めねばならない,代償を支払う覚悟はありますか」「あるとも」オーディンは機嫌よく答えました。「アースガルズじゅうの金銀を全て,それにエーシルの宝石入りの盾と剣を全て与えよう。何よりも,私の八足の馬スレイプニルも差し出そうではないか,私が知恵を得るのにそれが必要ならばな」

eight-footed型の表現としては,two-headed「双頭の」,gray-haired「白髪の混ざった」,shell-rimmed「(メガネの)縁がべっ甲の」などがあります。過去分詞にするのがポイントですね。

==========================

いったいミーミルは何を要求するのか。これは有名な話ですね!次回は約一週間後を予定しています。

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜

 

www.freynya.com