フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

reが「リ」だったり「レ」だったりする理由

recordの発音記号

「思い出す」には

remember「覚えている,思い出す」

recall「思い出す」

recollect「思い出す」

があり,下に行くほど思い出す努力が必要とされていますが,発音は

rememberは「メンバー」,

recallも「コール」,

しかしrecollectは「コレクト」です。

「認識する,承認する」のrecognize [recognise]も「コグナイズ」

「推薦する」のrecommendも「コメンド」です。

reが「」だったり「」だったりするんですね。

ある時これに法則性がないかと調べたことがあります。すると

recognizeコグナイズ」(強勢が第1音節

rememberメンバー」(強勢が第2音節

recallコール」(強勢が第2音節

recollectレクト」(強勢が第3音節

recommendメンド」(強勢が第3音節

強勢が第1・第3音節のときは「レ」,第2音節のときは「リ」

という傾向が見いだされたのです。

しかし,「強勢が第1・第3音節のときは「レ」,第2音節のときは「リ」」だよ,ドヤッと言われても,理由も分からないしモヤモヤしますよね。

今回はreで始まっている語だけ調べているので,reと強勢の位置との関係性で考えるべきでしょう。すると

re自体に強勢がある時は「レ」

reの次に強勢がある時は「リ」

reの次の次に強勢がある時は「レ」

となり,ますます複雑になりました。そこで,こう割り切ります。

reの次に強勢がある時は「リ」,それ以外は「レ」

です。

前日の記事で,「強勢がなくなることで発音が曖昧になる」という話をしました。

menは「メン(men)」なのに,gentlemenのmenは「マン(mən)」になってしまうのです。əというのは曖昧な母音で,舌が特にどこにもない感じで,弱く「ア」みたいな「ウ」みたいな音を出したときの音です。フランス語のアルファベットのeが,əという発音だったと思います。

英語のreは,本来は/re/でよいのだが,直後に強勢があるときだけは,相対的に弱まって/ri/になってしまうのでしょう。

「弱くないのが/re/で,弱いのが/ri/ってどういうこと? “イ”って弱いの??」となってしまいますが,

rememberを発音する時,memを強く発音する代わりに,reを意識的に弱く発音すると,/ri/みたいな/rə/みたいな発音になっていくと思います。実際/rimémbər/または/rəmémbər/と表記する辞書もあり,上に挙げた画像のように,əの上にiが乗っている表記をしている紙辞書も見たことがあります。

 

なおこの傾向(法則?)は同一単語内でも見られ,上に挙げた画像のようにrecordは,名なら「カァドコード」,動詞なら「コーァドコード」となります(下線は強勢のある音節)。分綴まで気にしなくていいと思いますが,それまで変わるんですね。

 

今回は「思い出す」の3語から始めたので,次回は「思い出させる」のremindをやりたいと思います。

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜

 

総合索引はこちら!

www.freynya.com