フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

immortal,invaluable──否定語だけど良い意味

良い意味になる否定語を「元々悪い意味の否定語」「元々良い意味の否定語」の2系統まとめます。

 

(1)元々悪い意味の否定語だったら,その否定語は良い意味ですよね。

 

・mortal「死ぬ運命にある」

immortal「不死の,不滅の」

※immoral「不道徳な」と見間違い注意です。

※なおmortal enemyとは「死すべき敵」→「不倶戴天の敵」という意味です。

・partial「部分的な」

impartial「公平な」

※なお,partial dentureとは「部分入れ歯」です。小林製薬の「パーシャルデント」は,その洗浄剤ですね。

 

・immune「免疫のある」に関しては,別にmuneという英単語があるわけではないですが,元々mune(義務・負担的なもの)+im(が無い)ということから

①免除されている→②免疫のある

となったようです,このmune(義務・負担的なもの)

municipal「自治体の」

commune「共同体」,common「共通の」

と関係しているようです。つまり「共に負担し合う」→「共同体」という発想になったのですね。

 

(2)元々良い意味の語の否定形が,なお良い意味なんてことはあるでしょうか。

 

・valuable「価値のある」

invaluable「計り知れないほど価値がある」

この否定のinは「価値のあるなし」に関して否定したのではなく,「価値を見積もる(value,valuate,evaluate)」ことができない,と否定している訳です。

「価値がない」はvalueless,worthlessなどがあります。

 

pricelessも「計り知れないほど価値がある」ということで「ものすごく価値がある」の意味です。

countless,innumerableは「数え切れない(ほど多い)」ですね。

この“numer”は“number”のことだと思って下さい。ドイツ語で“number”は“Nummer”です。

numerousは「たくさんの」で,manyの堅い語です。

★2020年度東京大学二次試験4(A)の英文中にnumerousは登場しました。