フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

consoleはなぜ「慰める」と「操作盤」の意味があるのか

同じ単語の中で意味・用法が違うといったものではなく,元々違う単語(たまたま綴りが同じなだけ)の場合はbill1,bill2のように右肩に数字がついて区別されていることが多いです。今回のconsoleも別語源の2語があります。

console1「慰める」

console 人 for N「Nに関して人を慰める」

console 人 that節「人を……という考え方でもって慰める」

※関連語:solace「慰め(る)」

※覚え方としては,solからsolo「独り」を連想し,「独り」→「慰める」と考えると良い。

※ただし語源的にはsolo「独り」からではなくsol「太陽」からっぽい?確かに日光にあたるといい気分になりますね(´∀`)

console2「操作盤,操作パネル」

※ゲームが好きな人は「コンソール」と聞いてゲーム機的なものを思い浮かべると思います。ではconsole1の「慰め」から「ゲーム」と発展したかというとそうではなく,別語源の語がたまたま同じ綴りになったのですね。

※語源を調べるとconsolidation的なものが語源です。consolidationとは「合併,統合;強固」という意味なんですが,機械とかで色んな所にスイッチがあったのが,スイッチだけ1つの所にまとめて機能を統合したのが「コンソールパネル」ということなんですね。なおconsolidationはsolid「強固な」を元にしており,solidはsafeと同根のようです。

 

console2の「コンソール」の方が馴染んでいる人も多いでしょうから,ぜひconsole1の方も押さえておきましょう。

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜

 

www.freynya.com