フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

なぜbutは「しかし」の意味になったのか(附.that節を続けられない前置詞)

キス・オブ・ザ・ドラゴンという映画,好きな映画の一つです。ジェット・リーがかっこいいのとブリジット・フォンダがエロかわですよね。

たしかこの中の1シーンだったと思いますが,部下が上司にExcept...って言ったんですね。何か発言したあと,言いにくい事があるときの「ただ……」という意味です。

この時はじめて私はbutの語源に気づきました。説明しましょう。

that節は,ほとんどの前置詞の後には続けられません

about that「それについて」は良いのですが(このthatは代名詞),about that節「……であることについて」は不可(接続詞thatは不可)なんですね。

例外として,

in that節「……である点において」

except that節「……であることを除き」

はOKとされています。

S V in that S' V'.「S'V'という点においてSVである。」

S V except that S' V'.「S'V'ということを除いてSVである。」

これが,

S V, except that S' V'.「SVである。(ただし)S'V'ということを除いて。」

S V, except S' V'.「SVである。ただしS'V'。」(thatの省略)

となり,exceptがbutのような意味になったのです。

というよりも逆!?

butにexcept「…を除いて」という意味がありました

 ※nothing but...「…以外の何物でもない」→「…でしかない」のbutです。

 ※cannot but...「…以外できない」→「…せずにはいられない」もありますね。

S V but that S' V'.「S'V'ということを除いてSVである。」

S V but S' V'.「SVである。ただしS'V'。」

ということで,「…以外に」という意味があったから「しかし」の意味になったのですね。

ついでに調べると(but etymologyでググってみて下さい),butの語源は

by+out

だそうです。面白いですね!そこで10秒以内に「butが『しかし』になった理由」を(強引に)言える文言を考えました。

but は by+out!「そば」の「外」だから「除く」。だから「しかし」!

 

ここまで読んでくださった皆さんに,もう一つ,butの意味になる1単語を紹介します。

それはonlyです。

S V, only S' V'.「SVだ。ただS'V'だ(けど)」

副詞のonly「ただ…だけ」から発展したのでしょうね。

 

「とても楽しかったわ……ただ,風でかつらが飛んじゃっただけ。」

 

次回は,that節不可の場合にthat節に持ち込む方法について検証し,直接that節を続けるのは次第に可になっていくのではないかという予感について話したいと思います。

↓書きました。

www.freynya.com