フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

that節不可の場合にthat節に持ち込む方法(附.文法は時代と共に変わる)

butが「しかし」の意味になった経緯を書いた時に,殆どの前置詞がthat節を続けられないことを述べました(なぜbutは「しかし」の意味になったのか(附.that節を続けられない前置詞) - フレイニャのブログ

 

接続詞のthat節は「……ということ」という意味で,接続詞の特長として完全な文が続けられるので超便利なのですが,一部の他動詞や,ほとんどの前置詞の目的語になりません。

I hope that you will succeed. は正しいですが,

I want that you will succeed. や

I like that you will succeed. とは言えません。

I wish (that) you ... は,反実仮想(仮定法)になります。

I want that.I like that. は正しいのですが,that節が駄目なのです。不条理ですね。

また,inやexcept, but, saveなどの少数を除き,前置詞の目的語にもできません。

I depend on that he will help me. は駄目なんですね。

このような場合,法の抜け穴のような方法でthat節に持ち込めることがあります。

 

(1)the factを使い,これに同格のthatを続ける

the factは名詞ですから,接続詞のthatのような縛りはなく,基本的にどんな他動詞・前置詞の目的語にもなります。

そして,the factには同格のthatを続けられます。

the fact that...「…という事実」

the rumor that...「…という噂・風説」

the belief that...「…という信念」

などのthatです。同格のthatも接続詞であり,完全な文が続けられます。

よって,that節が直接続けられなくても,the fact that節は続けられることになり,結果的にthat節に持ち込めるのです。

overlook the fact that ...「…という事実を見落とす」

think about the fact that ...「…という事実について考える」

despite the fact that ...「…という事実にも拘らず」(thoughと同じ意味になる)

ただし,同格のthatを続けられない名詞もあるので,これまた厄介ですが。同格のthatを続けられる名詞は,積極的に覚えておきましょう(また記事を書きたいと思います)

 

(2)形式目的語itで代用し,直後にthat節を続ける

目的語のthat節が長い時,形式目的語(仮目的語)itを置き,長いthat節は文末に回すことができます。有名なのはこれでしょう。

take O for granted「Oを当たり前だと考える」

take it for granted that ...「…であることを当たり前だと考える」

thatは文末に回されているわけですが,for grantedのような他の語句が残っていない場合,that節がitの直後に来ることになります。

see to it that ...「必ず……となるよう取り計らう」

cannot help it that ...「……となるのは避けられない・どうしようもない」

depend on it that ...「……ということを当てにする」

hate it that ...「……であることを残念に思う」(hate the fact that ...)

いったん形式目的語のit置いてから,その真の目的語としてthat節を続けているのです。

なお,that節の代わりにwhen節を使うこともありますね。

I hate it when ...「……なのは嫌だ」

このセリフは「リロ&スティッチ」で,スティッチをどうするかどうか姉妹で揉める時,リロが「家族は絶対見捨てない」みたいな「家訓」を持ち出した時,ナニが「それを持ち出すのはずるい」と言う時に使われていました。

 

でも,こんなの手間だし,馬鹿みたいじゃないですか?結局人々が法を迂回してthat節に持ち込んでいるわけですから,最初からthat節をOKにする法改正があるべきですよね!

 

(3)実は直接that節を続ける傾向が出てきている

上で挙げたoverlook the fact that ...「…という事実を見落とす」は,overlook that ...とできないから,回りくどい方法を取ったんですよね。

しかしoverlook that節は,可となり始めています(議論になっているサイトがあります)。cannot help it that節も,cannot help that節でよしという時代が来るでしょう。このitは,会話する人にとって全く無駄なものに感じられるからです。

もちろんoverlook the fact thatと言ったほうが,しっかり気をつけて喋っているという印象は持たれそうですね。

要は「ら抜き表現」と同じで,誰かが言い出して,定着してしまい,のちに辞書が可とする,という言語の宿命なんですね。言葉というものは「流行ったもん勝ち」であり,「けしからん」と言っても,時代遅れになるだけなんです。「草」なんて表現,なかったですからねw そうでなければ,みんな古文を話しています。

 

最近「延々…している」を「永遠…している」という人が出てきて,気になってしまうのですが,受け入れなければならないと思っています。

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜