フレイニャのブログ

new!!→【ガチ英文法解説】カテゴリ創設! 元鉄緑会社員兼講師の英語・ゲームブログです。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

『ウィッチャー』英単語ノートその12

ウィッチャー小説

「エルフの血脈」 Kindle版を購入

『ウィッチャー』原作小説を読み,お役に立ちそうor面白そうな単語を紹介するコーナーです。その11はこちら

 

(111) nimbly /nɪ́mbli/「すばしこく,機敏に」

nimble「すばやい」の副詞です。なお,numb「かじかんだ,麻痺した」の副詞numbly /nʌmli/ は「かじかんで,痺れて」ですが,nimblyとnumblyは1字違いです(bを発音するかの違いもある)。気をつけましょう。

「すばしこく」とはもちろんダンデリオンの行動の形容です。「ナイト・アンド・ドラゴン2」ではキャラクターユニットに好きな名前を付けられますが,DEXとAGIが高いキャラをダンデリオンと名付けました。

www.freynya.com

 

(112) numerous「多数の」

numberから連想して覚えましょう。manyを堅くした語なので「たくさんの」より「多数の,数多くの」と訳してみましょう。

 

(113) creditor「債権者,貸主」

ダンデリオン絡みです。ダンデリオンはよく取り立て屋(や妻を寝取られた夫達)から逃げているので,スティレットを取り出した訪問者からも素早く逃げられました。

 

(114) as is usually the case「いつものことであったが」

as is often the case with him「彼にはよくあることだが」の形で受験でも大人気の表現ですね。the caseは「真実,真相」,asは関係代名詞(疑似関係代名詞)です。関係代名詞のasをwhichのように「そのことは」と訳してみると,「そのことはいつも真実なのであるが」です。

 

(115) stale「新鮮でない,(空気が)むっとする,陳腐な,マンネリ化して」

「止まる」といった意味が語源のようです(stall「露店」,stand「立つ」)

 

(116) clown「道化師,ピエロ」

crown「王冠」と混同注意です。「アキラ」にクラウンという暴走族がいますが,フェイスペイントなどからしてclownの方ですね。

 

(117) (all) in one piece「無傷で」

「体がバラバラにならずに」ということでしょう。なんとこれ,2003年度の東大の下線部和訳問題に出題されています。

 

(118) this and that「あれ(や)これ(や),いろいろ」

ポイントは2つ。(1)日本語と違って近い方(this)から先に言うこと。(2)形容詞として名詞を修飾する時はthis and that doctorではなくthis doctor and thatとなること。

 

(119) beat around the bush,(英)beat about the bush「遠回しに言う,核心に触れない」 

bushは「藪,茂み」で,「藪の周りをつついている」ということで,「核心に触れない」という意味の熟語です。イギリス英語のbeat about the bushの方で使われていました。

 

(120) see O in P's company「OがPと一緒のところを見る」

敢えて1つの表現として紹介します。in ...'s companyは「……と一緒で」

see you in his companyで「あなたが彼と一緒のところを見る」です。小説では更に受動態になり,You have often been seen in his company.「お前(=ダンデリオン)は彼(=ゲラルト)と一緒にいるところを度々見られている」となっていました。

==========

316ページ中28ページ目です。ダンデリオンがその詩の内容に関して厳しい尋問に遭っています。尋問者は熱狂的なファンとして詩の内容が真実か聞きに来ているのですが,実はシリやゲラルトの居場所を知るためにやって来た工作員ではないかと私は疑い始めました。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英単語・英熟語へ
にほんブログ村

 

www.freynya.com