フレイニャのブログ

new!!→【ガチ英文法解説】カテゴリ創設! 元鉄緑会社員兼講師の英語・ゲームブログです。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

『ウィッチャー』英単語ノートその15

ウィッチャー小説

「エルフの血脈」 Kindle版を購入

『ウィッチャー』原作小説を読み,お役に立ちそうor面白そうな単語を紹介するコーナーです。その14はこちら

 

(141) explode「爆発する,爆破する;打破する,論破する」

explodeはもちろん「爆発する・させる」ですが,ここでは「(迷信)を打破する,打ち破る」の意味で使われていました。ダンデリオンがイェネファーに命を救われたので,お返しに「魔術師は冷酷だという俗説(myth)を私の詩歌で打ち破ろう」と言っています。

 

(142) You, who...「……であるあなたが」

関係代名詞は,既に限定された名詞のあとに書く時は,カンマを打ってから使います

Dandelion, who...「……であるダンデリオン」「ダンデリオンは,……であるが」のような感じです。今回のように代名詞(you)に関係代名詞を使うのはあまり見ませんが,You, Dandelion, who... とすればおかしくはなく,ダンデリオンに対して話しているセリフならばYou, who... はYou, Dandelion, who... と事実上同じです。

これとは別にHe who...「……である者は(誰でも)」という堅い表現があります。このHeは特定の彼ではなく,Anyone who... の意味なので,カンマは打ちません。

 

(143) verse「韻文,詩歌,詩の1行」

reverse「反対にする,反対の」のverseで“turn”→“turn of the plough”「犁の向きを変えること」 の意味があります。『ウィズダム英和辞典』はverseの「語源は『畑のうね』」と書いています。行を変えることが,犁の向きを変えることに喩えられたということでしょうか。

「散文(体)」はproseです。

 

(144) beam「(はり),横材;光の筋;(スポーツ)平均台

ドイツ語で「木」をBaumと言いますが(バウムクーヘンのバウム),beamの語源は「木」ですから,建物の「梁」という意味があります。ダンデリオンがそこから吊るされて尋問されたという話です。

 

(145) cub「(獣の)子,幼獣,カブスカウトの団員」

カブスカウト」の「カブ」です。the Lion Cub of Cintra「シントラの仔獅子」とは,シリラのことです。cab「タクシー,1頭立て馬車」と混同注意です。

 

(146) eavesdrop「盗み聞きする」

eaves「軒,ひさし」より。overhearは「偶然漏れ聞く」の意味です。

 

(147) swallow「息を呑む,……を飲み込む」

swallowと言えば「飲み込む,鵜呑みにする;燕」ですが,目的語を取らない場合,「息を呑む,唾を呑んでごくりとさせる」です。イェネファーによって尋問者から救われたダンデリオンですが,今度はイェネファー独特の凄味によってゲラルト,シリラの居場所を尋問されているのです。逆さ吊りではなく居酒屋でですが。

なお漢字でも「嚥下する(=飲み下す)」と「燕」の字が使われているのが興味深いですね。

 

(148) necromancy「降霊術,死霊術」

ダンデリオンが「イェネファーが殺した悪漢(尋問していた者)に,何の目的か,誰の差し金か,イェネファーなら魔法で聞けるのでは?」と言われたのに対し,イェネファーは「降霊術は禁止されているのをご存じない?」と聞き返しています。『ウィッチャー3』では,シリラを助けたが不幸にも死んでしまったスヒャールに対し,イェネファーが実際に降霊術を行うシーンがあります。

 

(149) edict /íːdɪkt/「勅令」

「降霊術を禁じた勅令」という文脈です。「エディクト」ではなく「イーディクト」なので注意です。

 

(150) coquettishly「なまめかしく,男に媚びるように」

smile coquettishlyのように使います。「コケティッシュ」というのは,なぜか昭和な香りがする語ですね。

 

==========

316ページ中36ページまで来ました。悪漢から解放されたダンデリオンが,今度は解放者のイェネファーからゲラルト,シリラの居場所について厳しい取り調べを受けています。それだけ彼らが(ダンデリオンも含めて)重要人物だということですね。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英単語・英熟語へ
にほんブログ村

 

www.freynya.com