フレイニャのブログ

new!!→【ガチ英文法解説】カテゴリ創設! 元鉄緑会社員兼講師の英語・ゲームブログです。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

英語の名言30

英語の名言29に続き,30です。

 

(30)

There are three ways to get something done — do it yourself, hire someone to do it, or ask your kids not to do it.

物事をさせるには、自分でやるか、人を雇ってやらせるか、子どもたちに「やらないでね」と言えばよい。

Malcolm L. Kushner

 

Malcolm L. Kushnerは『笑うビジネスマン(Light Touch: How to Use Humor for Business Success)』という邦訳された本の著者のようです。 

 

hire /háɪər/ はhigherと同音です。発音記号に「ヤ」行を表す /j/(young /jʌŋ/ の /j/)がないため,「ヤ」の音を出そうとしなくて良さそうです。「ハイヤー」というより「ハイアー」ですね。乾かす「ドライヤー」drier /dráɪər/ も /j/ はありません。

 

get O+過去分詞have O+過去分詞とも言い,「Oを〜させる/してもらう/される」です。have my hair cut「髪を切ってもらう」に使われているものですね。使役用法においてhaveでもgetでもほぼ同じ意味ですが,getの方が「やや力が要る」感じになります。例えばhave O+原形「Oに〜させる」よりもget O to-V「OにVさせる」の方がやってもらうまでの努力を要します(頼んだりが必要)。haveが「持っている」,getが「得る」であることも関係しているでしょう。またgetの方は〈方向性〉のtoが入ることも,簡単ではない事を暗示します。getには「動かす,連れて行く」の意味もあり,「Vするところへ動かす」というのがget O to-Vの成り立ちなわけです。

get him across the river「彼に川を渡らせる,彼を川の向こう岸に渡す」

get him to-V「彼をVするに至らせる」→「彼にVさせる」

get to-Vもあります。「(自分が)Vするようになる」です。

 

getに「移動させる」の意味があることは以下の記事で解説しています。

www.freynya.com

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com