フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

Asgard Stories 30:ロキの罰

Asgard Stories

ロキが事実上アースガルズ追放となったAsgard Stories 29の続きです。

The Punishment of Loki

When Loki was driven out by the mighty Thor from Ægir’s palace-hall he knew that he could never again be allowed to come among the gods in Asgard. Many times had this mischievous fire-god brought trouble and sorrow to the Æsir, but now he had done the most cruel deed of all, he had slain Baldur the Good, and had driven all light and joy from Asgard.

ロキが力持ちのトールによってエーギルの宮殿の広間から追い出されると,彼は二度とアースガルズの神々には加われないと悟りました。何度もこのいたずら好きの火神はエーシル達を困らせ,悲しませてきましたが,遂に彼は最も残酷なこと,善神バルドルを殺し,アースガルズから全ての光と喜びを追い出すということをしでかしたのですから。

 

Far away he fled, among the mountains, hoping that no one would find him there; and near a lovely mountain stream he built for himself a hut with four doors looking north, east, south, and west, so that if the wise Allfather, on his high air throne in Asgard, should see him, and send messengers to punish him, the watchful Loki could see them coming and escape by the opposite door.

彼は遠くの山の中へ逃げました。そこなら見つからないだろうと望みながら。そして美しい渓谷の川の傍に,東西南北にドアの付いた小屋を自力で建てました。万が一賢き父オーディンがアースガルズの空中玉座からロキを見つけ,彼を罰するために使者を遣わせるようなことがあれば,用心深いロキに彼らがやって来るのが見えて反対のドアから逃げられるためです。

 

He spent most of the days and nights thinking how he could get away from the Æsir. “If I ran to the stream and turned myself into a fish,” he thought, “I wonder if they could catch me. I could keep out of the way of a hook; but then there are nets; Ægir’s wife has a wonderful thing like a net, for catching fish, and that would be far worse than a hook!”

彼は昼夜を問わずほとんどの時間を,どうやってエーシル達から逃げるか考えて過ごしました。「もし川に逃げて魚に化けたら」彼は考えました。「俺を捕まえられるかな。釣り針からは逃げられるだろう。それでも網がある。エーギルの嫁は魚を獲るための不思議な網を持ってる。あれは釣り針より遥かに厄介だ!」

turn A into Bは「AをBに変える」。Aにmyselfを入れてturn myself into a fishで「私を魚に変える」。turn into a fish「魚に変わる,変身する」でも済ませられます。次段落ではchanged himself into a salmonと言っていますが,turnをchangeに変えたのは単にパラフレースです。

 

When Loki thought of the net, he began to wonder how it was made, and the more he thought, the more he wished he could make one so as to see how a fish could keep from getting caught in it. He sat down by the fire in his little hut, took a piece of cord and began to make a fish-net. He had nearly finished it when, looking up through the open door, he saw three of the Æsir in the distance, coming toward his hut. Loki well knew that they were coming to catch him, and, quickly throwing his net into the fire, he ran to the stream, changed himself into a beautiful spotted salmon, and leaped into the water.

ロキは網のことを考えると,どうやってあれが作られているのか気になり始め,考えば考えるほど自分で作ってみたくなりました。その網から魚がどう逃げるか確かめるためです。彼は小さな小屋の暖炉の傍に座り,綱を取って漁網を作り始めました。ほとんど完成しかけた時,開いたドアを通して,エーシルの3人が遠方から小屋にやって来るのが見えました。自分を捕まえに来ていることはよく分かっていたので,素早く網を火にかけ,川の所まで走り,水玉模様のある美しい鮭に変身して流れに飛び込みました。

 

A moment later the three gods entered the hut, and one of them spied the fish-net burning in the fire. “See!” cried he, “Loki must have been making this net to catch fish; he always was a good fisherman, and now this is just what we want for catching him!” So they snatched the last bit of the net from the fire, and by looking at it found out how to make another, which they took with them to the bank of the stream.

一瞬遅く3人の神は小屋に入り,漁網が燃えているのを1人が見つけました。「見ろ」彼は叫びました。「きっとロキは魚を捕るのにこの網を作っていたんだ。彼はいつも魚を捕るのが上手かったから,これは彼を捕まえるのにうってつけの物だな!」そこで彼らは火から燃え残った最後の網の部分を引ったくり,これを見てもう1つこれをつくる方法を知り,それを持って川岸に行きました。

 

The first time the net was put into the water, Loki hid between two rocks, and the net was so light that it floated past him; but the next time it had a heavy stone weight, which made it sink down, till Loki saw he could not get away unless he could leap over the net. He did this, but Thor, seeing him, waded out into the stream, where he threw the net again, so that Loki must jump a second time, or else go on out into the deep sea.

最初に網が川に投げ入れられた時,ロキは2つの岩の間に隠れ,網は軽すぎて彼の傍を通り過ぎました。しかし2回めは重い石の重りが入っていて,網が沈み,遂にロキは網を跳び越えられない限り逃れられないことを悟りました。彼は跳んで逃げましたが,トールが彼を見つけ,流れの中に歩いていき,もう一度網を投げ,ロキがもう一度跳ぶか,さもなくば深い海に出て行くしかないようにしました。

・出だしのThe first time S V, は「最初にSVした時には」という接続詞用法になっています。Every time S V, 「SVする度に」,Next time S V, 「次にSVする時には」もあります。

weightは「重さ,重要性」という抽象概念のほか「重り,重し,文鎮」という普通名詞もあります。

・ロキは海に逃げるという選択肢は取らなかったんですかね。

 

As he leaped, Thor stooped and caught him in his hand, but the fish was so slippery that Thor could hardly hold it. In the struggle the salmon’s tail was pinched so tightly by the thunder-god’s strong fingers that it was drawn out to a point, and the old stories say that is why salmon tails are so pointed ever since.

ロキが跳ぶと同時にトールは身を屈めてロキを手に握りましたが,魚に化けたロキはつるつると滑って握っていられませんでした。もがく中で鮭の尻尾はトールの力強い指できつくつままれていたので尻尾は先の方へ伸ばされ,それで鮭の尻尾はそれ以来あんなにも尖っていると言い伝わっています。

 

Thus was Loki caught in his own trap, and dreadful was his punishment. The Æsir chained him to a high rock, and placed a great, poisonous serpent, hanging over the cliff above his head. If it had not been for Loki’s good, faithful wife, he would have died of the poison that dropped from the snake’s mouth. She watched by her husband, holding a cup above him to catch the poison.

こうしてロキは自分が作った罠にかかり,彼に与えられた罰は恐ろしいものでした。エーシル達は彼を高所の岩に繋ぎ,巨大な毒蛇を彼の頭上の崖から吊るしました。ロキの善良で忠実な妻がいなければ,蛇の口から滴る毒で死んでいたでしょう。彼女はロキの傍で見張り,彼の頭上にカップをかざして毒を受けたのでした。

・一般に,die of Nは直接的死因(die of heart attack),die from N(die from overwork)は間接的死因を表します。

・ロキにかかる毒をカップで受け止めたのはアングルボザではなくシギュンです。

 

Only when she had to turn aside to empty the cup did the drops fall upon Loki; then they gave him such terrible pain that he shook the earth with his struggles, and the people in Midgard fled from the dreadful earthquake, in Iceland the great geysers, springs of hot water, burst through the earth, and in the south-lands burning ashes and lava poured down the mountain-sides.

彼女がカップを空にするために横を向くときだけ,毒がロキに掛かりました。その時は毒がロキにあまりにもひどい痛みを与えたので彼はもがいて地面を揺らしました。するとミズガルズの民衆は恐ろしい地震から逃げまどい,アイスランドでは巨大な間欠泉,温水の泉が地中から吹き出て,南の国では燃える灰や溶岩が山腹を流れました。

only when S V は「SVして初めて」が有名ですが,単に「SVするときだけ」と訳すべき場合もあります。なおonlyは準否定語なので,Only when S V did the drops fallと倒置しています(否定語文頭倒置)

geyserは「間欠泉」です。これ,ミネラルウォーターの「クリスタルガイザー」に含まれる語ですね。

 

There, chained to the cliff, the cruel, mischievous Loki was to lie until the Twilight of the gods, the dark day of Ragnarök, when all the mighty evil monsters and beasts would get free, and the terrible battle be fought between them and the gods of Asgard.

そんな所に,崖に繋がれた状態で,冷酷でいたずら好きのロキは神々の黄昏,暗黒のラグナロクの日まで横たわることになりました。その日はあらゆる強力な悪魔や獣が解き放たれ,彼らとアースガルズの神々との間で恐ろしい戦いが行われる日なのです。

・ここのwas toは「運命のbe to」と取りました。「……する運命にあった」「……することとなった」

・the terrible battle be foughtは前で言ったwouldを2回目は省略したと説明できます。evil monsters and beasts would get free, and the terrible battle (would) be foughtです。なおthe battle is foughtはfight a battleという同族目的語を示しています(live a life,sing a song,dream a dream)

==========

次回が最終回,おなじみの神々の黄昏,ゲッターデメルング,ラグナロクです。不思議に思うのはこのラグナロクがロキの罰と無関係に起こったのか(ロキが罰せられなければ起こらなかったのか)ということです。でも多分ラグナロクは宿命で,ロキの罰とは無関係に起こったのでしょうね。

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜

 

www.freynya.com