フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲーム中心です。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

Asgard Stories 24:イズンの掠奪(3)

Asgard Stories

イズンがスィアチに攫われ閉じ込められたAsgard Stories 23の続きです。

The Stealing of Iduna - III

All this while the dwellers in Asgard were sad and lonely without their dear Iduna. At first they went to her garden, as before, but they missed the bright goddess, and soon the garden itself grew dreary. The fresh green leaves turned brown and fell, the flowers faded, no new buds opened. No bird-songs were heard, and the saddest thing of all was that now the gods had no more of the wonderful apples to keep them fresh and strong, while two strangers, named Age and Pain, walked about the city of Asgard, and the Æsir felt themselves growing tired and feeble.

この間中ずっと,アースガルズの住人たちは愛するイズンがいなくなって悲しく,寂しい思いをしていました。最初彼らはそれまでのように彼女の庭に行きましたが,明るい女神がいないことに気づき,まもなく庭自体が物寂しい所になりました。みずみずしい青葉は茶色くなって地に落ち,花はしおれ,新しい芽も開きませんでした。鳥の歌も聞こえず,何より悲しいことには,今や神々は元気で強くい続けるための不思議なリンゴをもう食べられず,代わりに2つの見知らぬ者,老齢と苦痛がアースガルズの街を歩き回り,エーシル達は疲れや弱さを感じるようになりました。

whileには接続詞のほか名詞があります。once in a whileは「ときどき」,all the whileは「その間中ずっと」です。

 

Every day they watched for Iduna’s return; at last, when day after day had passed, and still she did not come, a meeting of all the gods and goddesses was called to talk over what they should do, and where they should search for their lost sister. Loki, you may be sure, took care not to show himself at the meeting; but when it was found out that Iduna had last been seen walking with him, Bragi went after him, and brought him in before all the Æsir.

毎日彼らはイズンの帰還を待ちました。ついに何日も経って,それでも彼女が現れなくなると,全ての神々が集められて,何をすべきか,行方不明の妹を見つけるのにどこを探すべきか話し合われました。ロキは,読者も御存知の通り,会合に出席しないよう気をつけました。しかしイズンが最後に目撃されたのがロキと歩いているところだったと判明すると,ブラギが彼を追いかけて,全エーシルの前に連れて来ました。

・search NのNは捜す範囲を表しますので,捜す対象を言う場合はserach for Nと言います。組み合わせてsearch his pockets for the keyのように言えます。

 

Then Father Odin, who sat on his high throne, looking very tired and sad, said: “Oh, Loki, what is this that you have done? You have broken your promise of brotherhood, and brought sorrow upon Asgard! Fail not to bring home again our sister, or else come not yourself within our gates!”

Loki knew well that this command must be obeyed, and besides, even he was beginning to wish for Iduna again; so, borrowing the cloak of falcon feathers which belonged to the goddess Freyja, he put it on and set out for Utgard and the castle of the giant Thiassi, which was a gloomy cave in a high rock by the sea, and there he found poor Iduna shut up in prison.

すると王座に座っていた父なるオーディンが,とても疲れて悲しそうな表情で言いました「ああ,ロキ,何ということをしてくれたんだ? 兄弟の約束を破り,アースガルドに悲しみをもたらすとは! 我らが妹を必ず連れ帰れ,さもないと門の中に入ることは許さん!」

ロキはこの命令に従わぬ訳には行かないと分かっていたし,その上彼すらもイズンにまた会いたくなり始めていたので,女神フレイヤの物であったハヤブサの羽衣を借り,それを身に着けてウートガルズ,そして巨人スィアチの城に向かって出発しました。そこは海沿いの高所にある岩場の中の陰鬱な洞窟で,そこで可哀想なイズンが閉じ込められているのを発見しました。

Fail not to-VDon't fail to-V「必ずVしろ」の古い言い方でしょう。

 

By good luck, the giant was away fishing when Loki arrived, so he was able to fly in, without being seen, through the narrow opening in Iduna’s rock cell. You would have taken him to be just a falcon bird, but Iduna knew it was really Loki, and was filled with joy to see him. Without stopping to talk, Loki quickly changed her into a nut, which he held fast in his falcon claws, and flew swiftly northward, over the sea, toward Asgard. He had not gone far when he heard a rushing noise behind them, and he knew it must be the eagle. Faster and faster flew the falcon with his precious nut; but the fierce eagle flew still faster after them.

幸いにも,ロキが到着した時巨人は釣りに出ていませんでしたので,ロキはイズンの岩の独房に開いていた狭い窓から見つかることなく飛び入ることができました。普通の人ならロキがただのハヤブサに見えたでしょうが,イズンはその正体がロキだと分かり,彼の姿を見て喜びで胸が一杯になりました。止まって話すこともせず,ロキは素早く彼女を木の実に変え,それをロキは素早く爪で掴み,さっと北へ,海を超えてアースガルズへ飛び去りました。そう遠くも行かないうちに彼らの背後に突進するような音が聞こえ,ロキはそれが鷲だと分かりました。ハヤブサは大切な木ノ実を掴んだままますますスピードを上げて飛びましたが,獰猛な鷲はそれに輪をかけて速く彼らを追いました。

You would not have taken him to be just a falcon birdは大変重要です。これは期末テストに出ますよぉ(/`ω´)/

(1)まずwould have 過去分詞は仮定法の可能性が大です。もちろん単なる過去の推量でも使えるので,仮定法かそうでないのかを慎重に判断することが肝要です。

(2)仮定法を疑う場合,どこに仮定があるのかを考えねばなりません。if節があれば決まりですが,if節が存在せず,仮定が他の語句に込められている可能性もあります。

(3)仮定法は反実仮想なので,「しかし現実はそうではない」みたいなことが書いてあったら決定的です。

(4)今回のtake him to be just a falcon birdのtakeはmistakeの意味で「彼をただのハヤブサと間違う」という意味です。

(5)次の文を読むことが決定的でしたね。but Izuna knew it was really Loki「しかしイズンはそれが本当はロキだと分かった」です。そこでYou would not have takenを仮定法かどうか決めずに単に推量のように訳してみましょう。すると「あなたは彼をただのハヤブサと間違ったでしょう。しかしイズンはそれが本当はロキだと分かった」となります。つまり「しかし現実に見たのはイズンだったのでちゃんとロキだと分かった」と言っているので,これは反実仮想(=仮定法)であり,「仮にあなたが見たら,彼をただのハヤブサと間違ったことでしょう」です。更に言えばこのYouは読者を指すYouか,一般人称のYouです。今回は一般人称と取り,「仮に普通の人々だったら」と訳しました。主語のYouに仮定が込められた仮定法だったんですね!

stop to talkは「話すのを止める」ではなく「話すために止まる」「立ち止まって話す」です。一刻の猶予もないのでロキはイズンに挨拶もせずにイズンを木の実に変えました。

He had not gone far when...「……とき,彼は遠くへ行っていなかった」は「遠くへ行かないうちに……だった」と訳すとうまいです。

 

Meanwhile, for five days, the dwellers in Asgard gathered together on the city walls, gazing southward, to watch for the coming of the birds, while Loki and Iduna, chased by Thiassi, the eagle, flew over the wide sea separating Utgard, the land of the giants, from Asgard. Each night the eagle was nearer his prey, and the watchers in the city were filled with fear lest he should overtake their friends.

その間,5日ものあいだアースガルズの住人は街の壁に集まり,南を凝視して鳥達の到来を監視していました。一方ロキとイズンは鷲のスィアチに追跡され,巨人の国ウートガルズをアースガルズと隔てている大きな海を超えて飛びました。夜毎に鷲は獲物に近づき,街で観察していた者達は鷲が友人に追いつきはしないかと恐怖で一杯でした。

・separateは「……を分け隔てる」の意味があり,the wide sea separating Utgard from Asgardthe wide sea which separates [separated] Utgard from Asgard「ウートガルズをアースガルズから隔てている[隔てていた]広い海」です。

preyは「えじき」です。pray「祈る」と混同注意です。

lest S should Vは高校英文法(大学受験)で習う重要文法ですね。「SがVしないように」「SがVするといけないから」ですが,今回は「SがVしはしないかと」がしっくり来ますね。

 

At last they thought of a plan to help Iduna: gathering a great pile of wood by the city walls, they set fire to it. When Loki reached the place he flew safely through the thick smoke and flame, for you know he was the god of fire, and dropped down into the city with his little nut held fast in his falcon claws. But when the heavy eagle came rushing on after them, he could not rise above the heat of the fire, and, smothered by the smoke, fell down and was burned to death.

ついに彼らはイズンを助ける策を思いつきました。街の壁にたくさんの木を集めて火を付けました。ロキがその場所にやって来ると彼は厚い煙と炎の間を安全に通り抜けました。というのもほら,彼は火の神だったからで,彼は小さな木の実を固く爪に握ったまま街の中に飛び降りました。しかし重い鷲が彼らを追いかけて突進してくると,彼は火の熱よりも高く飛ぶことができず,煙に巻かれて窒息し,落ちて焼け死にました。

smotherは「完全に覆う,窒息させる,覆い消す」といった意味があります。

 

There was great joy in Asgard at having the dear Iduna back again; her friends gathered around her, and she invited them all into her garden, where the withered trees and flowers began to sprout and blossom; the gay birds came back, singing and building their nests, and the happy little brooks went dancing under the trees. Iduna sat with Bragi among her friends, and they all feasted upon her golden apples; she was so thankful to be free, and at home in her garden again. Once more the Æsir became young and strong, and the two dark strangers went away, for happiness and peace had come back to Asgard.

イズンが帰ってきてアースガルズには大きな喜びがありました。彼女の友人達は彼女の周りに集まり,彼女は皆を庭に招きました。そこではしおれていた木々や花々が芽を吹き,花をつけ始めていました。陽気な鳥達が戻って歌を歌ったり巣を築き始め,幸せそうな小川は木々の下で飛び跳ねるように流れました。イズンはブラギと一緒に友人達に囲まれながら座って,彼らは皆彼女の金色のリンゴを味わいました。彼女は自由になり,再び庭に戻れたことをとても感謝しました。再びエーシル達は若く強くなり,2人の暗いよそ者は去りました。というのも幸福と平和がアースガルズに戻ってきたからです。

two dark stragersはAge「老齢」とPain「苦痛」ですね。

==============

ロキはおとがめなしだったのでしょうか。「いやーよかったね,俺にもリンゴちょーだい」とか言ってたんですかね笑

次回はやられてしまった巨人スィアチにまつわる人物の話です。

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜

 

www.freynya.com