フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

Asgard Stories 20:トール,ハンマーを奪われる(2)

Asgard Stories

トールがミョルニルを盗まれ,代わりにフレイヤを要求されたAsgard Stories 19の続きです。 

So the Æsir met together in their great judgment hall, in the palace of Gladsheim; long and anxiously they talked over their peril, trying to find some plan for saving Asgard from these enemies. At last Heimdall, the faithful watchman of the rainbow bridge, proposed a plan. “Let us dress Thor,” said he, “in Freyja’s robes, braid his hair, and let him wear Freyja’s wonderful necklace, and a bridal veil!” “No, indeed!” cried Thor, angrily, “you would all laugh at me in a woman’s dress; I will do no such thing! We must find some other way.” But when no other way could be found, at last Thor was persuaded to try Heimdall’s plan, and the Æsir went to work to dress the mighty thunder-god like a bride. He was the tallest of them all, and, of course, he looked very queer to them in his woman’s clothes, but he would be small enough beside a giant. Then they dressed Loki to look like the bride’s waiting-maid, and the two set off for Utgard, the stronghold of the giants.

そこでエーシル達はグラズヘイムの大きな審判の間に集まりました。長い間,心配そうに,自分たちの危機について話し合い,彼らはアースガルズをこれらの敵たちから救う方法を見つけようとしました。ついにヘイムダル,虹の橋の忠実な見張り番がある計画を提案しました。彼は言いました「トールにフレイヤの服を着せて,彼の髪を編み,フレイヤの不思議なネックレスと花嫁のヴェールを着けさせませんか」「断る。まじで断る」とトールは怒って叫びました。「女の服を着た俺を見て皆で笑うんだろう? そんなのはお断りだ! 他の方法を考えろ」しかし他の方法が見つからなかったため,トールはヘイムダルの計画を試すことに納得しました。それでエーシル達は力持ちの雷神を花嫁のように着飾る作業に取り掛かりました。彼はエーシルの中では最も大きく,女性の服を着るととても可笑しく見えたのは当然でしたが,それでも巨人の傍だと十分小さいことでしょう。次いで彼らはロキが花嫁の付き添いに見えるように着飾り,2人は巨人達の根城ウートガルズに向け出発しました。

veil「花嫁のヴェール」から連想でreveal「暴露する(←ヴェールを後ろに)」が覚えられます。seal「シール・封印」→conceal「隠す」とセットに覚えましょう。

persuadeは「説得に成功する」という意味なので,Thor was persuaded to-Vと言った時点で説得され納得したことになります。

・このwouldは過去から見た未来(の予想)という意味で「過去における未来」(future in the past)とか単に「過去未来」と言われるwouldです。

 

When the giant king saw them coming he bade his servants make ready the wedding feast, and invited all his giant subjects to come and celebrate his marriage with the lovely goddess Freyja. So the wedding party sat down to the feast, and Thor, who was always a good eater, ate one ox and eight salmon, and drank three casks of mead. The king watched him, greatly surprised to see a woman eat so much, and said:—

 

“Where hast thou seen

Such a hungry bride!”

巨人の王は彼らがやってくるのを見ると召使いたちに命じて披露宴を準備させ,全ての巨人の臣下たちに,かわいい女神フレイヤとの結婚を祝いに来るよう招待しました。それで披露宴の出席者は宴のために着席し,いつも大喰らいのトールは1頭の雄牛と8匹の鮭を食べ,蜂蜜酒を3樽飲みました。王は彼を観察し,女性がそんなにたくさん食べることに大いに驚いて言いました。

 

「こんな腹ぺこな花嫁をお前達は見たことがあるか?」

bade(bidの過去形)は以前述べたように「賭けた」の他「命令した」があります。bid 人 to-Vまたは今回のようにbid 人 V(原形)です。

make the wedding feast ready→make ready the wedding feastとなっています。

subjectのsubは「下」のイメージでここのsubjectは「臣下・臣民」です。

come and celebrateは「来て祝福する」よりも「祝福しに来る」がいいでしょう。

thouは「汝(ら)」ですね。/ðoʊ/ではなく/ðaʊ/なので注意です。

 

But the watchful Loki, who stood near by, as the bride’s waiting-maid, whispered in the king’s ear, “Eight nights has Freyja fasted and would take no food, so anxious was she to be your bride!”

This pleased the giant, and he went toward Thor, saying he must kiss his fair bride. But when he lifted the bridal veil, such a gleam of light shot from Thor’s eyes that the king started back, and asked why Freyja’s eyes were so sharp. Again Loki replied, “For eight nights the fair Freyja has not slept, so greatly did she long to reach here!” This again pleased the king, and he said, “Now let the hammer be brought and given to the bride, for the hour has come for our marriage!”

しかし花嫁の付き添いとして傍に座っていた用心深いロキが王に耳打ちしました。「8晩もの間フレイヤは,貴方様の花嫁になるのが待ち遠しくて,断食して何も食べようとしなかったのですっ!」 これを聞いて巨人は満足しトールの所へ行って,美しい花嫁にキスをせねば,と言いました。しかし王が花嫁のヴェールを持ち上げると,トールの目からものすごく眩い光が放たれたので,王は驚いて後ずさり,どうしてフレイヤの眼光はこうも鋭いのか尋ねました。またもやロキが答えました。「8晩もの間フレイヤは,ここに来るのが待ち遠しくて寝ていないのですっ!」 再び王は満足し,「例のハンマーを持ってきて花嫁に渡せ,我々の結婚の時が来たのだ」と言いました。

startには「驚く」の意味がありました。現代英語でもwith a startは「ぎくりとして」です。また形が似ているstartleは「驚かす」ですね。

 

All this time Thor was so eager to get his treasure back that he could hardly keep still, and if it had not been for what the wily Loki said, he might have been found out too soon. But at last the precious hammer was brought and handed to the bride, as was always the custom at weddings; as soon as Thor grasped it in his hand, he threw off his woman’s robes and stood out before the astonished giants. Then did the mighty Thunderer sweep down his foes, and many of the cruel frost giants were slain. Once more the sacred city of Asgard was saved from danger, for Thor was its defender, and he was careful never again to let his magic hammer be taken from him. Besides the hammer, Thor had two other precious things, his belt of strength, which doubled his power when he tightened it, and his iron glove, which he put on when he was going to throw the hammer.

その間ずっとトールは自分の宝を取り返したい気持ちで一杯で,じっとしていることができませんでした。だからもし悪賢いロキが色々王に耳打ちしなければ,一瞬で正体がバレたことでしょう。しかしついに貴重なハンマーが持ち込まれ花嫁に手渡されました。これは結婚式での習わしでした。トールはそれを手にするや否や,女のローブを脱ぎ捨て,驚いた巨人の前に仁王立ちになりました。それから力持ちの雷神は敵たちをなぎ倒し,獰猛な霜の巨人達の多くが殺されました。今一度聖なるアースガルズの街は危機から救われました。というのもトールがその護り手となり,二度と魔法のハンマーを奪われないよう気をつけたからです。ハンマーだけでなく,トールは他に2つの宝物を持っていました。締めると力が2倍になる力帯と,ハンマーを投げる時に着ける鉄の手袋です。

・outは「外に」という意味ですが,そこからこのstood outは「(正体を表して)堂々と立った」という意味と思われます。なおstand outは「目立つ」という意味が大変重要ですね。outstandingは「目立った,顕著な」という形容詞です。

foe /foʊ/ は「敵」という意味です。four /fɔːr/ と発音は異なります。

・トールの力帯は「メギンギョルズ」,鉄の手袋は「ヤールングレイプル」です。

============

牛を1頭食べたところとか,今回は特に面白かったですね。このエピソードはÞrymskviða『スリュムの歌と言われているらしく,変装がほぼバレバレなのがコミカルに語られ,ロキが苦しい説明をする,というのがまさに今回訳した通りですね。

なおこの時点でだいたい本の半分くらいまで来ました。あと半分ほどで訳し終わりますので,次の本探しを始めました。最初はベタにギリシア神話にしようかと思ったのですが,自分が全く分かっていないアルスター伝説もいいのではないかと思っています。

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜

 

www.freynya.com