フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

refuse, reject, decline, turn down──「断る」系4単語

前回の記事rejectとrefuseの成り立ちに触れたのでまとめます。今回の4単語は基本として覚えておくべきでしょう。

(1)refuseto-V可「断る,拒否する」

※流し(fuse)返す(re) 他にconfuse(一緒にcon流すfuse→混同する)

refuse to-V「Vするのを拒む」は便利ですね。

refuse A B「AにBを与えるのを拒む」は,deny A B「AにBを与えない」と同構造ですね。

試しに“refused me anything”をグーグルに打ってみると,これに更にneverを付けて

have never refused me anything「どんなものでも嫌がらず私に与えてくれた」といった意味で使う用例がよくヒットしました。

 

(2)rejectto-V不可「はねつける,拒絶する」

※投げ(ject)返す(re) 他にeject(外にe=ex投げるject→吐き出す)

「投げる」というイメージからして,refuseより「強意的」(ウィズダム英和辞典)です。なによりto-Vを続けられないのは要注意で,テストでも出題されます。

 

(3)declineto-V可「(丁寧に)断る」

※下に(de)傾ける(cline) 他にincline(傾ける,傾く)

declineは「衰退する;断る」の2択です。文脈をヒントにすれば混同することはないでしょう。「格変化する」という意味もあるようです(びっくり)

“de”には「下降・衰退」の意味と「強調」の意味があるから厄介だというのは2020/2/4の記事で詳しく解説しました。

 

(4)turn down「断る」

「下に曲げる」ですから,成り立ちが「下に傾ける」のdeclineに似ていますね。

She turned me down. のように人を目的語にもできます。ニュアンスの違いはありますがrefuse,rejectも人を目的語にできます。

更にturn downで重要な意味は「音量を下げる」ですね。「つまみを回す」動作が語源であり,音量のほか火力などにも使えます。「音量を上げる」はturn up,「付ける」「消す」はturn on,turn offですね。

 

次回はturn down「音量を下げる」のように,操作のイメージが元になった句動詞を考えてみたいと思います。

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜

 

総合索引はこちら!

www.freynya.com