フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

delightful, fearfulの特殊性・注意

まず,2020/3/3の記事で触れたrespectfulを復習します。

 

respectful「うやうやしい,礼儀正しい」

respectableの方は,「立派な,見苦しくない(decent)」で,区別も簡単です。

“-ful”の方は「……の気持ちで一杯」

“-able”の方は「……できる,……すべき」

respectful「尊敬の気持ちで一杯」だから「うやうやしい」

respectable「尊敬できる,尊敬すべき」から「立派な」

分かりやすいでしょう?

regretful「後悔(regret)の気持ちで一杯」→「後悔して」

regrettableは「後悔すべき」→「残念な」

です。scornfulも「軽蔑の気持ちで一杯」→「軽蔑して」です。

 

では,delightfulはどういう意味でしょう?

「delightの気持ちで一杯」だから「大いに喜んで」でしょうか。

実はdelightfulは「(本人が)喜んでいる」という意味ではなく,「他人にとって愉快だ」という意味なのです。「(本人が)喜んでいる」は(be) delightedです。

He is delighted.「彼は大いに喜んでいる」

He is delightful.「彼は楽しい人だ」

上に挙げた「ful=本人の気持ち」の原則は当てはまらないのです。

fearfulはどうでしょうか。「fearの気持ちで一杯」つまり「怖がって」の意味でしょうか?

これは正解です。I'm fearful.は,私が恐怖を感じているという意味です。

しかしfearfulには「人を怖がらせるような」という意味もあります。a fearful dragonは「怖がってるドラゴン」ではなく「怖いドラゴン」です。

dreadfulは「怖がって」ではなく「恐ろしい,ひどい,つまらない」という意味ですね。look dreadfulは「ひどい顔をしている」→「体調・気分が悪そうだ」という意味のようです。

 

言葉は生きているということでしょうか,時代背景や地域によって成り立ちが異なったり,変遷もあります。数学と違って法則が成り立ちにくい点が,数学は得意なのに英語は苦手な生徒がいる理由でしょう。

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜

 

総合索引はこちら!

www.freynya.com