フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲーム中心です。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

文頭のForは2択(附.substitute A for Bの間違いの避け方)

文頭にForが立った時,以下の2択で処理しましょう。

(1) Forは接続詞で,

For S V.「というのもSVだ」

このforはand,butと同じ等位接続詞というもので,本来は

S V(,) and S V.

S V(,) but S V.

S V(,) for S V.

文を切らずに使わねばなりません。しかし,前の文が長過ぎる時,一旦文を切って

S V. And S V.

S V. But S V.

S V. For S V.

となることがあり,これが(1)が発生する理由です。この場合は特に前文からの繋がりで読む必要があります。

 

(2) Forは前置詞で,

〈For N〉S V.「Nにとって/Nのために/Nの代わりにSVだ」

substitute A for B「Bの代わりにAを代用する」のfor Bだけが文頭に立ち,

For B, we substitute A.「Bに代わりに我々はAを使うのだ」

のようになっていることもあるので気をつけて下さい。

 

なおsubstitute A for Bが,「Aの代わりにBを使う」なのか,「Bの代わりにAを使う」なのか分からなくなるという方は,

(ア) substituteはとりあえず「使う」という意味だ。だからsubstitute Aの時点で「Aを使う」となるのは確定

と考えれば間違えないと思いますし,更には

(イ) for Nは「Nの代わりに」という意味なのだから,substitute A for Bは「Bの代わりに」が確定→「Aを使う」と考えても良いです。

 

ということで(1)(2)の区別が重要なわけですが,よく見ると見た目で判断できます。S VのS(主語)になれるのは名詞・代名詞だから,SもNに置き換えてしまうと

(1)なら For+N+V(For+名詞+動詞)

(2)なら For+N+N+V(For+名詞+名詞+動詞)

となります。というわけで,Forと動詞の間の名詞の塊が1個なら(1),2個なら(2)です。

 

次回はこれに似た「文頭のNow」を解説します。

 

総合索引はこちら!

www.freynya.com