フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲーム中心です。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

スターオーシャン5クリア(38時間)

ゲーム会社,ゲーム雑誌会社への転職を夢見ているフレイニャです笑

PS Storeで「スターオーシャン5 Integrity and Faithlessness」がセールの2,633円で買えたのでやってみました。フレイニャはオープンワールドが好きですが,オープンワールドでなくでも視点ぐりぐりできる広いフィールドを走り回るのが好きなのと,このゲームはアクションRPGで,フィールドを徘徊しているモンスターとシームレスで戦闘に入るので自分に合っていると思いました(スターオーシャン4シンボルエンカウントで戦闘画面が切り替わる)

スタール村

始まりの村,惑星フェイクリードのスタール村

ミキ

幼馴染のミキ。声はグラブルのルリアの東山奈央さんです

ヴィクトル

少し進めるとイケメンのヴィクトルが加わる。声は中村悠一さんです

ロール

ロールを4つ付けられる

このゲームは1人にロールを4つも付けることができます。「アタッカー」「ファイター」のようなロール・職業っぽいロールと,「ATKブースト」「DEFブースト」「挑発(狙われやすくなる)」「見切り」のような,他のゲームではパッシブアビリティのようなものもロールです。これを完全に自由に付け替えることができます。上の画面で主人公フィデルが「MPブースト」を付けているのはフィールドレベル上げでMP消費技をたくさん打つためです。

ヴィクトルのロール

ヴィクトルは防御系のロールを付けました。また,ロールにはレベルがあり効果が高まっていきます。更に一定のレベルに達すると新たなロールが開放されます。戦闘を繰り返してロールを育てたくなる要素は良いですね。

聖母ロール

ミキに付けたロール「聖母」はMP自動回復や敵の行動間隔延長が優れていますが,取得条件は「エレメンタラー」「パラディン」「クルセイド」それぞれがレベル3です(右下の派生元ロールに注目) こうなると全てのロールのレベル上げをしたくなりますよね。こうしたやりこみ要素は大好きです。

7人パーティー

7人が同時に戦う。とても賑やか

ストーリー進行に従い激しく離脱・復帰を繰り返しますが,最終的にこの7人パーティーになります。「控え」の概念はなく全員が戦場に出て戦います。また,誰を操作することもできます(他はAIで行動)。最初は主人公フィデルばっかりでしたが,強敵で戦闘不能が続出するような時はミキを操作して回復・蘇生に務めました。最終的には攻撃魔法が撃てて,回復・蘇生もできるフィオーレを一番操作しました。

フィオーレ

服装が独特過ぎるフィオーレ。優秀な魔法使い

リリア

物語の鍵となる謎の少女リリア

NM

ノートリアスモンスター(NM)。主に掲示板クエストで討伐する

航宙艦

スターオーシャン」なだけあって宇宙船(航宙艦)に乗ることも

ウェルチ

ウェルチのもとへは何度も通おう

ミードックにいるウェルチは重要人物です。「調合」「料理」「漁業」「掘削」「錬金」などなど,実に様々な採集&アイテム合成コンテンツを開放してくれる。

錬金クエ

「錬金」を開放するキーアイテム2つは共にダカーフ山道のNMが持っている。隈なく探せば必ず見つかる

掲示板クエ

掲示板クエストはほとんどがお遣いだが,84%達成しました

鍵開け

鍵がかかっている宝箱を開けるには掲示板クエスト「エイタロンの残党狩り」をクリアして「鍵開け」を取得する

レベル92

レベル92でラスダンに突入。スムーズでした

元々レベル上げが好きなのと,このゲームはロールのレベル上げも楽しいので,全員レベル90超でラストダンジョンに臨み,基本フィオーレを操作しながらクリアしました。

ラストダンジョン

ラストダンジョン

アルマ将軍

さいごにこのゲームの評価です

良い点:楽しいアクションバトル。フレイニャは「ドラゴンズドグマ」のように1人を操作し,他の仲間が(色々喋りながら)AIで戦ってくれる「1人でパーティプレイ」のゲームが好きなので,このゲームはドンピシャでした。近接,遠隔,魔法それぞれによってプレイフィールも異なります。またロールのレベル上げと新ロール開放も面白かったですね。

改善が期待された点:ズバリ言ってしまうとボリュームです。38時間でクリアというのが物語っていますね。実はウェルチの採集&アイテム合成コンテンツは「細工」「工作」「執筆」などを取らずに終わってしまいました。逆に言うと取らなくてもクリアできてしまうわけです。

そもそも,「スターオーシャン」という壮大なタイトルの割には9割が最初の惑星フェイクリードで終わってしまいました(ラストダンジョンだけ別の星)。「地球」という所にも行くのですが,クリア後の後日談です。正直言うと,「そろそろ中盤を越えたかな」と思っていたところが,もうラストダンジョンでした。クリア後には特別なダンジョンもあるようですが,そういうのを取り込んででも,本編を長くしてほしかったと思います。タイトルからして宇宙を股にかけるゲームのはずですから,惑星フェイクリードで30時間ほど過ごしたのち,同じくらいのボリュームのもう1つの星を探検したかったと思います。

戦闘システムはよくできていたと思うので,次回作は壮大なボリュームに期待したいですね!

 

派手な戦闘

派手な戦闘!

宿屋

宿屋ロビーのコーヒーテーブル

風景

サンテロール

夜明け

夜明け

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com