フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

Asgard Stories 25:スカディ

Asgard Stories

イズンをスィアチから奪還したAsgard Stories 24の続きです。

Skadi

While Iduna’s friends were still crowding about her, all joyful and glad at getting her home again, they spied some one afar off, coming toward Asgard. As the figure drew nearer, they saw it was Skadi, the tall daughter of the frost giant Thiassi, who had chased Iduna; she was dressed all in white fur, and carried a shining hunting-spear and arrows. Slung over her shoulder were snowshoes and skates, for Skadi had come from her mountain home in the icy north. Very angry about the loss of her father, she had come to ask the Æsir why they had been so cruel to him.

イズンの友人達がみな彼女の帰還に喜び嬉しく思いながら,まだ彼女の周りに群がっている間,彼らは何者かが遠くに,アースガルズに向かってきているのを目撃しました。その姿が近づいてくると,彼らはそれがスカディであると分かりました。イズンを追いかけていた霜の巨人スィアチの背の高い娘でした。彼女は全身に白い毛皮を身に着けて,狩猟用の輝く槍と,弓矢を携えていました。肩からぶら下げていたのはかんじきとスケート靴でした,というのもスカディは氷で覆われた北の国の山にある住居から来ていたからです。父を失ったことで怒り狂い,なぜ父にそんな酷いことをしたのかエーシル達に尋ねに来たのでした。

figureは重要多義語で「人影,姿,数字,図形」などの意味があります。

draw nearはcome nearと同じで「近づく」です。

slungはslingの過去形・過去分詞です。slingは投石器の「スリング」と同じ単語で,「放り投げる」「ぶら下げる」です。

スカディSkaðiスカジと訳されることも多いです。スカディと訳すかスカジと訳すかはオーディンと訳すかオージンと訳すかに同じです。なおスカーディ(スカーズィ),スカージSkaːði)の方が近いかもしれません。そういえばドラゴンズドグマオンラインにスカージっていましたね!

 

Father Odin spoke kindly to her, saying, “We will do honor to your father by putting his eyes in the sky, where they will always shine as two bright stars, and the people in Midgard will remember Thiassi whenever they look up at night and see the two twinkling lights. Besides this, we will also give you gold and silver.” But Skadi, thinking money could never repay her for the loss of her father, was still angry.

父なるオーディンは優しく彼女に話しかけて言いました。「あなたのお父さんの両眼を天空に据えて弔いました。2つの明るい星のようにいつでも輝いています。ミズガルズの民が夜空を見上げて2つのきらめく光を見る度に,スィアチのことを思い出すことでしょう。それに加え,金銀も差し出す用意があります」しかしスカディは金では父を失ったことの償いには決してならないと考え,怒りを収めませんでした。

stillは比較級の前(still angrier,still more angry)だったら「なお一層」ですが,ここは比較級ではないので「依然として怒っていた」です。

 

Loki looked at her stern face, and he said to himself, “If we can only make Skadi laugh, she will be more ready to agree to the plan,” and he began to think of some way to amuse her. Taking a long cord he tied it to a goat; it was an invisible cord, which no one could see, and Loki himself held the other end of it. Then he began to dance and caper about, and the goat had to do just what Loki did. It really was such a funny sight, that all the gods shouted with laughter, and even poor, sorrowful Skadi had to smile.

ロキは彼女のいかめしい顔を見て思いました。「スカディを笑わすことさえできたら,こちらの案に同意しやすくなるだろう」それでロキは彼女を楽しませる方法を考え始めました。長い綱を手に取ると羊に結びつけました。それは透明な,誰の目にも見えない綱で,ロキ自身が反対の端っこを掴みました。それからロキは辺りを踊り飛び跳ね始め,羊もロキと同じように飛び跳ねる羽目になりました。それはとてもおかしな光景だったので,神達は皆ゲラゲラと笑い,みじめで悲しいスカディも微笑まざるを得ませんでした。

caperは「飛び跳ねる」という意味です。フランス語のcaprioleから来ており,語源をたどれば正に「羊」にたどり着きました(羊が飛び跳ねるさま)

 

When the Æsir saw this, they proposed another plan: Skadi might choose one of the gods for her husband, but she must choose, from seeing only his bare feet. The giantess looked at them all, as they stood before her, and when she saw the bright face of Baldur, more beautiful than all the rest, she agreed to their plan, saying to herself, “It might be that I should choose him, and then I should surely be happy.”

エーシル達はそれを見ると,もう一つ提案をしました。スカディがエーシルの一人を夫に,ただし男の素足だけを見て,選んでよいのです。女巨人は彼ら全員が彼女の前に立つと彼らを見て,バルドルの輝く顔が他の者達よりも美しいことを知るとその案に同意しました。「あの男を選ぶことになるかもしれない,そうすればきっと幸せになれるだろう」と考えながら。

・agree with Nは「Nに同意する」ですが「提案に同意する」場合はagree to Nとします。

 

The gods then stood in a row behind a curtain, so that Skadi could see nothing but their bare feet. She looked carefully at them all, and at last chose the pair of feet which seemed to her the whitest, and of the finest shape, thinking those must be Baldur’s; but when the curtain was taken away, she was surprised and sorry to find she had chosen Niörd, the god of the seashore.

そこでエーシル達はカーテンの後ろに一列に並び,スカディが自分たちの素足だけ見えるようにしました。彼女は全ての足を慎重に眺め,遂に最も白く,最も形が美しく見えた足を選びました。きっとそれがバルドルの足だと思ったのです。しかしカーテンが取り払われると,自分が選んだのが海岸の神ニョルズであると知り,驚きそして残念に思いました。

ウィキペディアによるとニョルズの足が綺麗だったのは,常に波に洗われていたからだそうです。

 

The wedding took place at Asgard, and when the feasting was over, Skadi and Niörd went to dwell in his home by the sea. At first they were very happy, for Niörd was kind to his giant bride; but how could you expect one of the Æsir to live happily very long with a frost giantess for his wife? Skadi did not like the roar of the waves, and hated the cries of the sea-gulls and the murmur of gentle summer winds. She longed for her frozen home, far away in the north, amid ice and snow.

結婚式はアースガルズで行われ,宴会が終わると,スカディとニョルズは海の傍の彼の家に住みに行きました。ニョルズは巨人の花嫁に優しかったので,初めは2人とも幸せでした。でもエーシルに属す神が,霜の巨人を妻として,長く幸せに暮らすことなど期待できるでしょうか。スカディは轟々という波の音が好きではなく,カモメの鳴き声や優しい夏風のざわめきも嫌いでした。彼女ははるか北方の,氷と雪に囲まれた凍てついた住処が恋しくなりました。

roarは人の怒鳴り声・笑い声,猛獣の咆哮,車・飛行機・雷の轟音などを言えます。

 

And so they finally agreed that, for nine months of the year, Niörd should live with Skadi among her snowy mountains, where she found happiness in hunting over the white hills and valleys on her snowshoes, with her hunting dogs at her side, or skating on the ice-bound rivers and lakes. Then for the three short months of summer Skadi must live with Niörd in his palace by the sea, while he calmed the stormy ocean waves, and helped the busy fishermen to have good sailing for their boats.

それで2人は最終的に,1年の9ヶ月の間ニョルズがスカディと一緒に雪山で暮らし,その間彼女は雪で覆われた山や谷でかんじきを履いて,傍には猟犬を連れて狩りをしたり,氷の張った川や湖でスケートをして幸せに過ごしました。それから短い3ヶ月の間スカディは海の傍のニョルズの宮殿で彼と暮らすこととし,その間彼は荒れる海を鎮め,忙しい漁師たちが船で無事に航海するのを助けました。

・動詞calmは「自分が鎮まる(calm down)」「……を鎮める」の両方があります。

 

Niörd loved to wander along the shore, his jacket trimmed with a fringe of lovely seaweeds and his belt made of the prettiest shells on the beach, with the friendly little sandpipers running before him, and beautiful gulls and other sea birds sailing in the air above his head. Sometimes he loved to sit on the rocks by the shore, watching the seals play in the sunshine, or feeding the beautiful swans, his favorite birds. There is a kind of sponge, which the people in the north still call Niörd’s glove, in memory of this old Norse god.

ニョルズは海岸をぶらぶらするのが大好きで,彼のジャケットはきれいな海藻の飾りで縁取られ,彼のベルトは浜辺で取れるとてもかわいらしい貝殻でできていました。そして彼の前には気立ての良い小さなイソシギが走り回り,彼の頭上には美しいカモメなどの海鳥が飛んでいました。時々彼は海岸の岩の上に座って,アザラシが日向で遊んでいるのを見たり,お気に入りの鳥である白鳥に餌を上げたりするのが大好きでした。北方の民衆がニョルズの手袋と呼ぶ海綿動物があります。この太古の北欧の神を記念して呼ばれているのです。

・wonerとwanderの違いの話は2020/6/2の記事で解説しました。

イソシギ(磯鷸)は海岸のみならず河岸や湖岸にもいるようですね

sailは水の上以外に,「飛ぶ」の意味があります。

sealは「シール,封印」のほかに「アザラシ類」があります。語源は別でしょう。

・フレイとフレイヤはニョルズの子ですが,母はこのスカディ説と,ニョルズの妹説があります。あまり仲がよろしくなかったようで(スカディもバルドルが良かったみたいだし),2人がスカディの子かどうかは微妙ですね。

=============

以上がスィアチの娘,女巨人スカディのお話でした。次回はスカディが一目惚れしたバルドルの話になります。

……いよいよ終末に向けて話が進み始めた感じですね。年内には連載は終わりそうです。

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜

 

www.freynya.com