フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

自動詞lieと他動詞layの整理──活用と意味

今回は基本的に,自動詞lieと他動詞layの整理です。活用もさることながら,意味も注意してほしいことがあります。まず意味に関しては,

自動詞「横たえる」,他動詞「横たえる」だけでなく,

自動詞「横たえる,ある」,他動詞「横たえる,置く

と覚えて下さい。例えば lie in Nconsist in N と同じで,「(その本質が)Nにある」です。

Happiness consists in contentment.

=Happiness lies in contentment.「幸福は満足にある」ですね。また,

The pacific lies+場所,The American Continent lies+場所

のように「場所がどこどこにある」というのをlieで表せます。

ところで別語源ですが「嘘を付く」もlieですね。「人に嘘を付く」はlie to 人です。

You lied to me!「お前は私に嘘をついた!」はアーマンド・アサンテ主演の『逆転法廷(Citizen Verdict)』でのセリフが印象的でした。アーマンド・アサンテは『アメリカン・ギャングスター』で好きになった俳優です。

layの方では,例えばlay emphasis on Nで「Nを強調する(Nに力点を置く)」などがあります。「横たえる」だけでなく「置く」も覚えておきましょう。

 

では活用の整理に入ります。

(1)自動詞lie「嘘を付く」

lie - lied -lied,lying ※規則変化です

(2)自動詞lie「横たわる,ある」

lie - lay - lain,lying ※不規則変化ですね

(3)他動詞lay「横たえる,置く」

lay - laid - laid,laying ※yがiに変わっていますが規則変化でしょう

注目すべきは下線部分ですね。文中でlayを見かけたら,「lieの過去形なのかlayの原形・現在形なのか」を慎重に判断しましょう。

 

最後にlay out,lay offに触れておきます。

lay out「広げて並べる,レイアウトを考える」→layout「設計,配置,レイアウト」

lay off「(一時的に)解雇する」→layoff「解雇,レイオフ

「出して置く」で「配置する」,「離して置く」で「解雇する」ですね。「レイアウト」「レイオフ」ともにカタカナ英語として日本語になっています。

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜

 

www.freynya.com