フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲーム中心です。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

whatとtakeを使って「素質」を表現

前回(2020/2/20)のブログで,「共通点」のような名詞がwhat節を使って表現できることを示しました。

今回もwhat節を使って「素質」を表現する方法を紹介します。

 

まずは基本かつ重要な,「NがVするのに〈時間〉がかかる」から。

It takes (N) 時間 to-V「(Nが)Vするのに時間がかかる」

It took (me) five hours to get there.「(私が)そこに着くのに5時間かかった」

How long does it take (N) to-V?「(Nが)Vするのにどれくらいの時間がかかりますか?」

(N)の部分,(me)の部分は,特に誰と指定しないなら省略できます。

 

さらに〈時間〉以外にも,必要となる〈人数〉〈素質〉を持ってこられます。

It takes (N) 人数 to-V「(Nが)Vするのに人数が必要だ」

It takes two to quarrel.「喧嘩するには2人必要だ」→「喧嘩両成敗」

It takes (N) 素質 to-V「(Nが)Vするのに素質が必要だ」

It takes some courage to say no.「ノーと言うには一定の勇気が要る」

 

このtakeは「必要とする」ということになりますが,「取る・奪う」から「必要とする」の意味になったのでしょう。

 

なお,「〈お金〉が必要だ」という場合は,takeの代わりにcostを使います。

It costs (N) お金 to-V「(Nが)Vするのにお金がかかる」

How much does it cost (N) to-V?「(Nが)Vするのにどれくらいのお金がかかりますか?」

costは「犠牲にさせる」ですから,〈お金〉の代わりに〈命〉などを持ってこられます。

It cost him his life to-V「Vすることは彼に命を犠牲にさせた」「Vすることで彼は命を失った」

 

takeに戻りましょう。

It takes some courage to say no.「ノーと言うには一定の勇気が要る」

この,some courageの部分を問うて,「どんな素質が必要か?」と尋ねるには,some courageの部分を疑問詞whatにし,疑問文語順にして,

What does it take to-V?「Vするにはどんな素質が必要か?」となります。

なお,〈時間〉を聞くには

How long does it take to-V?

〈人数〉を聞くには

How many people does it take to-V?

ですね。

この疑問文What does it take to-V?「Vするにはどんな素質が必要か?」を肯定形に戻すと,

what it takes to-V「Vするのに必要な素質」ができます。

ある職業になるのに必要な素質の場合は,

what it takes to be a secretary「秘書になるのに必要な素質」のようになりますね。

 

「Vするのに必要なすべての素質」と言いたければ,

all (that) it takes to-Vとなります。

All it takes (to-V) is...「(Vするのに)必要なすべてのものは…」→「(Vするには)…だけがあればいい」

 

先程も言いましたが,takeはneedのような意味なんですね。

All it takes is N. は,ビートルズの曲名にも使われている,

All you need is N.

に似ていますね!(All you need is love.

 

総合索引はこちら!

www.freynya.com