フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

Asgard Stories 28:エーギルの宴(1)

Asgard Stories

バルドルがヘルの国に逝ってしまったAsgard Stories 27の続きです。

Ægir’s Feast - I

Ægir was the ruler of the ocean, and his home was deep down below the tossing waves, where the water is calm and still. There was his beautiful palace, in the wonderful coral caves; its walls all hung with bright-colored seaweeds, and the floor of white, sparkling coral sand. Such wonderful sea-plants grew all about, and still more wonderful creatures, some, which you could not tell from flowers, waving their pretty fringes in the water; some sitting fastened to the rocks and catching their food without moving, like the sponges; others darting about and chasing each other.

エーギルは海の支配者で,彼の住処は波打つ海の遥か底にあり,そこでは水も静かで穏やかでした。不思議な珊瑚の洞窟の中に彼の美しい宮殿がありました。その壁じゅうに明るい色の海藻が掛かり,床は白い輝く珊瑚の砂でした。そこらじゅうに不思議な海の植物が生え,更に一層不思議な生物がいて,一部は花と見分けがつかない,可愛い縁をふさふさを揺らしており,一部は岩にしっかりとしがみついて,まるでスポンジのように動くことなく食べ物を捕らえていました。また素早く泳ぎ回って互いに追いかけあっているのもいました。

tossは「投げる,トスする」が有名ですが「揺れる」もあります。toss and turnは「眠れずに何度も寝返りをうつ」という意味です。

 

In that ocean home lived the lovely mermaids, who sometimes came up above the waves to sit on the rocks and comb their long golden hair in the sunshine. They had heads and bodies like beautiful maidens, with fish-tails instead of feet. One day the gods in Asgard gave a feast, and Ægir was invited. He could not often leave home to visit Asgard, for he was always very busy with the ocean winds and tides and storms; but calling his daughters, the waves, he bade them keep the ocean quiet while he was away, and look after the ships at sea.

その海の住処に可愛い人魚たちが棲んでいて,岩の上に座って日光の下で長い金色の髪をとくために波の上に上がってくることもありました。彼らは美しい少女の顔と体をしており,足の代わりに魚の尾ひれがありました。ある日,アースガルズの神々が宴会を催し,エーギルが招かれました。彼がアースガルズを訪れるために家を離れられることは多くありませんでした,というのもいつも海の風・潮・嵐にあって大変だったからです。しかし娘の波たちを呼び,留守の間海を静かにさせ,海上の船の面倒を見るよう言いつけました。

 

Then Ægir went over Bifröst, the rainbow bridge, to Asgard, where they had such a gay party and such feasting that he was sorry when the time came to go home; but at last he said good-by to Father Odin and the rest of the Æsir. He thanked them all for the pleasure they had given him, saying, “If only I had a kettle that held enough mead for us all to drink, I would invite you to visit me.”

Thor, who was always glad to hear about eating and drinking, said, “I know of a kettle a mile wide and a mile deep; I will fetch it for you!”

Then Ægir was pleased, and set a day for them all to come to his great feast.

それからエーギルは虹の橋ビフロストを超えてアースガルズにやって来て,何とも陽気なパーティと宴をしたので,帰る頃には残念な気持ちでした。しかし遂に父なるオーディンと残りのエーシルに別れの挨拶をしました。彼は楽しい経験をさせてもらったことに感謝し,「皆さんが飲めるくらいの蜂蜜酒を入れる釜さえあれば,皆さんを招待するのですが」と言いました。

飲み食いの話を聞くといつも喜ぶトールが言いました。「1マイルの幅,1マイルの深さの釜,知ってる。お前のために取ってこよう!」

するとエーギルは喜び,彼ら皆が自分の宴会に来る日を取り決めました。

If (only) I had ..., I would 〜「……をもって(さえ)いたら〜するだろうに」 は仮定法過去です。

I know of Nは「見たり聞いたりして間接的に知っている」です。I know Nは「知り合いであったりして直接的に知っている」です。もっと詳しい場合はこれにwellを付けます。

a kettle a mile widea kettke (which is) a mile wideと理解すると分かりやすいかも知れません。

 

So Thor took with him his brother, the brave Tyr, who knew best how to find the kettle; and together they started off in Thor’s thunder chariot, drawn by goats, on their way to Utgard, the home of the giants. When they reached that land of ice and snow, they soon found the house of Hymir, the giant who owned “Mile-deep,” as the big kettle was called. The gods were glad to find that the giant was not at home, and his wife, who was more gentle than most of her people, asked them to come in and rest, advising them to be ready to run when they should hear the giant coming, and to hide behind a row of kettles which hung from a beam at the back end of the hall. “For,” said she, “my husband may be very angry when he finds strangers here, and often the glance of his eye is so fierce that it kills!”

そこでトールは兄弟の勇敢なテュールを連れていきました。というのも釜の在り処を一番良く知っていたからです。そして彼らは一緒にトールの雷が鳴り,山羊が引く戦車に乗ってウートガルズ,巨人達の国に出かけました。その氷と雪の国に着くと間もなく,「マイル釜」と呼ばれたその大きな釜を所有しているヒュミルの家を見つけました。2人の神は巨人が留守であることに気づいて喜び,仲間の巨人達よりも親切な彼の妻が入って休むように言い,巨人がやって来る物音がするようなことがあったら逃げる準備をして,廊下の端の梁(はり)に吊るされている釜の列の後ろに隠れるよう助言しました。「だって」妻は言いました。「夫は知らない人がいたらとても怒るし,眼光が鋭くて人を殺すことも多いのよ」 

・剣神テュールフェンリルを拘束するAsgard Stories 11で出てきましたね。

・このshouldはif節中のshouldと同じと解すると良いでしょう。If S should Vは「万一SがVするようなことがあったら」です。

 

At first the mighty Thor and brave Tyr were not willing to hide like cowards; but at last they agreed to the plan, upon the good wife promising to call them out as soon as she had told her husband about them. It was not long before they heard the heavy steps of Hymir, as he came striding into his icy home; and very lucky it was for Thor and Tyr that the giantess had told them to hide, for when the giant heard that two of the Æsir from Asgard were in his home, so fierce a flash shot from his eyes that it broke the beam from which the kettles hung, and they all fell broken on the floor except Mile-deep.

初めは力持ちのトールも勇敢なティールも臆病者のように隠れるのを嫌がりましたが,結局その案に同意し,優しい妻が夫に彼らのことを説明すると同時に,彼らに呼びかけることになりました。間もなくヒュミルが大股で氷の家に帰ってくると,彼らにはその大きな足音が聞こえました。そしてトールとティールにとって,巨人の妻が彼らに隠れるよう言ったのは幸運でした。というのもアースガルズから来たエーシルの2人が家にいたことを巨人が聞くと,余りにも激しい閃光が彼の両眼から放たれたので,釜がぶら下がっている梁が壊れ,釜がみな床に落ちて壊れてしまったほどでしたから。「マイル釜」を除いて。

・殺人怪光線を出すごい巨人ですね笑

It was not long before ... は「間もなく……した」,It won't be long before ... は「間もなく……するだろう」です。ビートルズIt won't be longという曲ではIt won't be long till ... のようです。

 

After a while the giant grew quiet, and at last even began to be polite to his guests. He had been unlucky at his fishing that day, so he had to kill three of his oxen for supper. Thor being hungry, as usual, made Hymir quite angry by eating two whole oxen, so that, when they rose from the table the giant said, “If you keep on eating as much at every meal, as you have to-night, Thor, you will have to find your own food.” “Very well,” said Thor; “I will go fishing with you in the morning!”

暫くすると巨人は大人しくなり,遂には客人に対して丁寧にすらなりました。彼はその日釣りが上手く行かず,夕飯のために家畜の牛を3頭殺す羽目になっていたのでした。トールはいつものように腹ぺこで,牛の2匹を丸ごと食べてしまい,ヒュミルをかんかんに怒らせましたので,彼らが立ち上がると巨人は「トール,毎回今夜みたいに食べ続けてたら,自分の分は自分で探すことになるぞ」と言いました。「よかろう」トールは言いました。「明日の朝,釣りをしようぜ!」

・トールは毎回笑わせてくれますね。

==========

今回は難しい表現が殆どありませんでした。次回,この続きをお楽しみに!

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜

 

www.freynya.com