フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

S have less to do with A than with Bはどういう意味?重要表現2種を確認

(1)まず「AというよりもむしろB」を4つ整理します。

一番わかり易いのはB rather than Aでしょうか。rather thanが「よりもむしろ」と読めるため,直感的に理解しやすいと思います。

B rather than Aを覚えたら,more B than Aを覚えましょう。

He is more a critic than a poet.「彼は詩人というよりむしろ批評家だ」

He is more kind than intelligent.「彼は知的というよりむしろ親切だ」

kindかintelligentかということなので,kinderとはしません

次が肝です。moreとlessが逆なので,less A than Bで「AというよりもむしろB」です。

B rather than Aやmore B than Aが「後ろ(A)というよりもむしろ前(B)」となるのに対し,less A than Bは「前(A)というよりもむしろ後ろ(B)」となり,2020/2/3の記事でも少し触れた,日本語と英語で訳す順番が同じシリーズの1つとなります。moreとlessが逆なのだから,そうなるのは当たり前です。早くless A than B「AというよりもむしろB」には慣れ,見た瞬間「前というよりもむしろ後ろ」と読めるようにしましょう。

もう1つ,not so much A as Bも「AというよりもむしろB」です。まとめると,

B rather than A == more B than A

== less A than B == not so much A as B

上の2つは「後ろというよりもむしろ前」,下の2つは「前というよりもむしろ後ろ」です。

 

(2)次にhave N to do with Oの解説です

Nはa lotやnothingなどが入りますので,have a lot to do with Oだと「Oと一緒にすることが多い」,have nothing to do with Oだと「Oと一緒にすることはない」です。これはそれぞれ,「Oと大いに関係している・Oによるところが多い」「Oとは何の関係もない」です。一般化するとhave N to do with Oは「OとNな関係がある」(Nはa lot,nothingなど多さを表す代名詞)です。

 

これでタイトルに挙げた,have less to do with A than with Bが読めるでしょうか。これは,have N to do with O「OとNな関係がある」に,less A than B「AというよりもむしろB」が組み合わさっているもので,AというよりもむしろBに関係しているAというよりもむしろBによるところが大きいという意味です。

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜

 

総合索引はこちら!

www.freynya.com