フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲーム中心です。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

東大の文法問題から表現を覚えましょう(11)

四阿

(10)に引き続き,(11)です。1976年の問題を見ます。このペースで行けば2021年中,遅くとも2021年度中に1971〜2021年の全ての東大の文法問題が見られそうですね。これはすごいことですよぉ(自画自賛

 

[Sam is on his hands and knees on the floor, crawling around looking anxiously under the beds in the dormitory, when Bob comes in.][Sam is on his hands and knees on the floor, crawling around looking anxiously under the beds in the dormitory, when Bob comes in.]


Bob : Hello, Sam. What's the matter?


Sam : Oh, hello, Bob. I've lost my spectacles, and I can't see (   a   ) without them.

 

Bob : Don't worry. I can help you (   b   ) . [Bob also drops to his knees and starts looking.] How can you be (   c   ) you dropped them here in the dormitory? Could you have left them somewhere else, perhaps?


Sam : I can't be sure of anything, that's (   d   ) . I just can't think where I (   e   ) had them. I've looked everywhere, and I just can't find them. And now you can't either.


Bob : Do you (   f   ) to say you can't even remember when you had them last? Can't you remember putting them down somewhere?


Sam : I know I had them in class this morning, because I can remember putting them on.


Bob : But if you had them then, they could be in your desk, couldn't they? (   g   ), you could have left them there....


Sam : Perhaps I might have... but no, wait, I remember. They (   h   ) in my desk, for I think I had them after class, at lunch-time.


Bob : Well, then. What (   i   ) the dining-room? You could have left them there after lunch, couldn't you?


Sam : Let's see.... I remember now I had put them on again at lunch, because without them I couldn't see the tiny bones in that fish we had. But after lunch I can't remember taking them (   j   ) .


Bob : You must have--- but then where could you have put them?

 

上の会話文の空欄(   a   )〜(   j   )に入るのに最も適切な語を,それぞれ4つの選択肢の中から選べ。

a: all  a matter  anyone  a thing

b: discover  look  see  together

c: helped  possible  stupid  sure

d: something  the trouble  too bad  wrong

e: had  last  perhaps  rather

f: dare  like  mean  pretend

g: By all means  I doubt  I mean  Nevertheless

h: can't be  might be  mustn't be  ought to have been

i: about  if  in  with

j: in  off  on  over

 

解説

2人がおおよそどんな話をしているかは,当然掴む必要がありますね。

 

[Sam is on his hands and knees on the floor, crawling around looking anxiously under the beds in the dormitory, when Bob comes in.]

[サムが寮で床に這いつくばってベッドの下を見ているとボブが入ってくる]


Bob : Hello, Sam. What's the matter?
Sam : Oh, hello, Bob. I've lost my spectacles, and I can't see (   a   ) without them.

a: all  a matter  anyone  a thing

「眼鏡(spectacles)がないと見えない」と言っていることは分かるでしょう。今回は I can't see anything.「何も見えない」が良いんですけどね。

肯定文では,可算名詞の目的語は複数形が好まれます(I like reading books.)が,否定文ではnot+a+単数形で「……1つない」という意味になりますので,a thingが答えです。

I can't see anyone. は間違っていませんが,「誰も見えない」と人間限定になるので,a thingの方が意味が広く,文脈上適切と言えるでしょう。

 

Bob : Don't worry. I can help you (   b   ). [Bob also drops to his knees and starts looking.] How can you be (   c   ) you dropped them here in the dormitory? Could you have left them somewhere else, perhaps?

b: discover look  see  together

help you to-Vhelp you V(原形)とできます。toがない分,直接手伝う(自分も探すのに参加する)というニュアンスになります。

答えは「探すのを手伝う」のlookか,「見つけるのを手伝う」のdiscoverです。細かいですが,discoverは他動詞なので目的語が必要です(discover it)。lookの方が良いでしょう。

 

c: helped  possible  stupid  sure

まず意味として,「本当に寮のここで落としたのか?」と確認しているのではと推測しましょう。這いつくばって探すわけですから,ここじゃなかったら間抜けですからね。「寮(dormitory)」はdorm /dɔːrm/ と略すことがあります。dome /doʊm/ とは発音も異なり,区別しましょう。米語では「ドァム」と R の音が入ります。door「戸」+mの発音です。

possibleの場合,You are possible (that)... と言っていることになりますが,それは誤りでIt is possible (that)... が正しいです。正解はsureの方です。

be sure that...「……であると確信している(=be certain that...)」

Are you sure (that)...?「確かに……と思うか?」

How can you be sure (that)...?「どうして確かに……だと思えるんだ?(他の可能性は思い浮かばないのか?)」

なお,stupidは「寮のここで落とすなんで馬鹿じゃないのか」ということだと思いますが,be stupid that... ではなくbe stupid enough to-Vbe stupid to-Vと言うでしょう。

 

Sam : I can't be sure of anything, that's (   d   ) . I just can't think where I (   e   ) had them. I've looked everywhere, and I just can't find them. And now you can't either.

d: something  the trouble  too bad  wrong

これは形として全てあると思います。That's something.は「それは結構重要なことだ」,That's the trouble.「それが問題だ」,That's too bad.は「(ふつう相手の発言を受けて)それは残念だ」,That's wrong.「それは間違っている」です。国語の問題ですが,That's the trouble.が自然でしょう。

 

e: had  last  perhaps  rather

I last 過去形.=I 過去形 last.「私が最後に(=最近に)Vした」という言い方を知っていれば,これが選べるでしょう。「最後にどこでメガネを掛けていたか思い出せない」です。

 

Bob : Do you (   f   ) to say you can't even remember when you had them last? Can't you remember putting them down somewhere?

f: dare  like  mean  pretend

この部分,前の空欄の答えがlastであることのヒントになっていますね(lastの位置だけが違う)。

今回も形として全てあります。Do you dare to say...?「敢えて……と言うのか」,Do you like to say...?「……と言いたいのか」,Do you mean to say...?「……と言いたいのか」,Do you pretend to say...?「……と言うふりをするのか」です。

もちろん,likeかmeanです。同じ訳を示してしまいましたが,like to-Vは「Vするのが好きだ」というニュアンスであるのに対し,mean to-Vは「……という意味・意図だ」ということです。よってmeanの方が良いでしょう。

 

Sam : I know I had them in class this morning, because I can remember putting them on.

Bob : But if you had them then, they could be in your desk, couldn't they? (   g   ), you could have left them there....

g: By all means  I doubt  I mean  Nevertheless

サムが「今日の午前の授業で掛けたことは覚えている」と言ったのに対し,ボブが「その時掛けていたんだったら,教室の机にあるんじゃないか」と言い,その後が空欄です。空欄の後は「そこに置き忘れたんじゃ……」なので,「教室の机にあるんじゃないか」と「そこに置き忘れたんじゃ……」を繋ぐような言葉が正解です。つまり同じような意味になる,という繋ぎ言葉ですね。答えはI mean「つまり,どういうことかというと」です。

 

Sam : Perhaps I might have... but no, wait, I remember. They (   h   ) in my desk, for I think I had them after class, at lunch-time.

h: can't be  might be  mustn't be  ought to have been

サムが「授業後の昼食時にも掛けていた」ことを思い出しました。よって「机の上にあるはずはない」。「……であるはずはない」はcannot be...,couldn't be... です。can't beが正解です。ought to have been... は「……だったはずだ」という意味です。

mustn't be... については,must be... が「……に違いない」ですから,must'nt be... で「……でないに違いない」かなと思ってしまいがちですが,「……でないに違いない」は上に挙げたcannot be... 「……であるはずはない」と言わねばなりません。

must be...「……であるに違いない」の反意語は,cannot be...「……であるはずがない」

これは必ず大学受験勉強で習います。ある意味教科書どおりの出題です。

 

Bob : Well, then. What (   i   ) the dining-room? You could have left them there after lunch, couldn't you?

i: about  if  in  with

What about O?「Oについてはどうですか」。これは簡単かな。How about O?もあります。What about O? How about O? ともに,「勧誘(コーヒーはどうですか)」「意見を求める」「非難(お前はどうなんだ?)」の意味に使えるようです。

 

Sam : Let's see.... I remember now I had put them on again at lunch, because without them I couldn't see the tiny bones in that fish we had. But after lunch I can't remember taking them (   j   ) .

j: in  off  on  over

take off O = take O offで「Oを脱ぐ,外す」です。中学レベルですね! 目的語を取らずに「離陸する」という意味もありましたね。

 

==========

前回の2002年に比べると,大したことないという印象ですね。「口語文の中で出題された」というのは当時目新しかったのかもしれませんが,中学校の教科書にあるような文章です。

次回は1977年に入ります。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英単語・英熟語へ
にほんブログ村

 

www.freynya.com