フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

メリトクラシー ──形態素“cracy”

デモクラシー(democracy)の“cracy”は「支配・権力」という意味です。いくつかまとめて覚えておきましょう。

(1)democracy「民主主義,民主主義国家」

democracy(moに強勢)は「民主主義,民主政治」ですが,aが付いたり複数形になっている時は「民主主義国家,民主主義社会」の意味です。逆に「民主主義国家」はa democratic countryとしなくてもa democracy,democraciesで済むということですね。a democratは「民主主義者,民主党員」です。特定の「民主党(米国民主党など)員」を指す場合はa Democratのように大書します。

pandemicも“dem(民衆)”を含んでおり,panは「全・汎」(パンナムのpan)で,「全ての民衆に」ということで,「感染病の全世界的流行」です。

epidemicも“dem(民衆)”を含んでおり,epiは「on,upon」で,「民衆の上に拡がる」ということで「感染病のある地域における流行」です。

(2)aristocracy「貴族政治,貴族制,貴族階級;貴族政治国家」

aristocracy(toに強勢)は「貴族政治」ですが,the aristocracy=the nobilityで「貴族階級(全体)」も指します。1人の「貴族」はan aristocratやa noblemanです。“arist”というのは「excellent,best」という意味みたいです。「秀でた者の支配」がaristocracyですね。アリストテレスの「アリスト」もこれです。だからアリストテレスは日本語で言えば「秀・良」が名前に付く感じなんでしょうね。ちょっと脱線ですがアリストテレスは英語では「アリスタタル,アリストタル(Aristotle)」と言います。語頭のアに強勢です /ǽrɪstɑ̀təl/。「雨したたる」のようなアクセントで「蟻したたる」と言うと通じるかも知れませんね。

なお×aristcracyと間違いやすいですが,democracyのように“cracy”の前に“o”があります。次の語もそうですよ。

(3)meritocracy「実力主義メリトクラシー),実力主義社会」

meritocracy(toに強勢)は「実力主義」ですが,ここでのmeritは「功績」です。なおaが付いたり複数形になるとそういう社会・国家を指すことは(1)(2)(3)共通です。

 

最後に隠れた注意点として,“cracy”はどちらもcだということです。これ意外に要注意です。なぜならhypocrisy「偽善」のように“-sy”で終わる語もあるからです。sympathyは“-thy”ですね。ということでdemocracy,aristocracy,meritocracyに関しては最後が“-cy”でいいんだということを特別な覚え方で覚えることにします。例えば

「デモクラシーのシー,とにかくC!」

とかでしょうかね。

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜

 

www.freynya.com