フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

英語の名言2(附.接頭辞“epi”)

f:id:Freynya:20130328145217j:plain

名言シリーズ(1)に引き続き,(2)です。「格言」には以下のような単語があるようですね。

aphorism「金言,格言」

maxim「金言,格言」

epigram「(機知に富んだ)警句」

このうちepigramがepilogueと同じ“epi”を使っているので語源を調べました。

“epi”「upon,追加」

epigramは「追加(epi)」+「書く(gram)」

epidemicは「人々(demos)」+「の上に(epi=upon)」で「流行る」→「流行り病,疫病」 cf. democracy「人々の統治」→「民主主義」

epilogueは「追加の(epi)」+「言葉(logue)」で「エピローグ,閉幕の言葉」

epidemicには「へぇ!」てなりました。 

epicure「食通,美食家(gourmet)」はEpicurus「エピクロスギリシアの哲学者)」から来ているようです。

 

さて本題です。

 

(2)

If you look like your passport photo, you're too ill to travel.

パスポートの写真みたいな顔になったら、病弱すぎて旅行に行けなくなる。

〜Will Kommen

 

たまに嫌になるような写真が撮れてしまうことがありますね。

なおWill Kommenという人,謎なのですが,ドイツ語でWillkommenと言えばwelcomeのことですから,ペンネームなのかもしれません。

いずれにしても面白い名言です。

余談ですが,passportは“pass”を完全に綴りますが,同じ“pass”を語源に持つはずのpastime「時間つぶし,娯楽」はsが1つ足らない“pas”です。

always(all+ways),altogether(all+together),fulfill(full+fill),pastime(pass+time)のように,単語が合体してできた語はアルファベットが1つ減ることがありますが,passportはsが2つとなります。

 

一つ前の名言はこちら!

www.freynya.com

 

総合索引はこちら!

www.freynya.com