フレイニャのブログ

new!!→【ガチ英文法解説】カテゴリ創設! 元鉄緑会社員兼講師の英語・ゲームブログです。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

東大の文法問題から表現を覚えましょう(21)

四阿

(20)に引き続き,(21)です。1983年のを見ます。

 

この年のは文法問題より読解問題の性格が強いですね。ただ熟語の知識も問われています。

 

次の文の内容に一貫性をもたせるように,空所(a)〜(e)にそれぞれ適当な一語を補充せよ。(注)windlass:巻上げ機

 

One afternoon I was looking through Roy's science book and decided to try one of the (a) shown in it. It involved the principle of the windlass, using the pencil sharpener on the kitchen wall. I removed the cover from the sharpener and ran a cord from its axle to a bucket on the floor. Then I showed my sons how to lift the bucket by turning the crank. Roy said big deal, lifting an empty bucket. I said, "Okay, we'll use a full one." Roy put a stack of cookbooks in the bucket and Sammy put in a big bunch of bananas.

 

Roy then started to turn the crank, the cord grew taut, the bucket shifted. And the pencil sharpener came (b) the wall.

 

I got some heavier screws and fastened the sharpener more securely to the wall. This time it worked fine. I left the boys taking turns with it. After a minute, Sammy called me back to see their invention. I went over to take a close (c) . He had the bucket cranked up as high as it would go and was just holding it there.

 

"A power pencil sharpener," Roy said. He shoved a pencil into the slot, Sammy (d) go the crank, — and the bucket fell on my foot.

 

When my wife got home and wanted to know why I was limping, I explained what had happened.

 

"Don't you think giving them too much help might make them too dependent?" she asked.

 

"Well, I think what I'll do is teach the boys to stand on their own (e) — think for themselves," I said. "I'm going to let them do their own homework just like my father always let me do mine."

 

以下解説に入ります。

 

One afternoon I was looking through Roy's science book and decided to try one of the (a) shown in it. It involved the principle of the windlass, using the pencil sharpener on the kitchen wall. I removed the cover from the sharpener and ran a cord from its axle to a bucket on the floor. Then I showed my sons how to lift the bucket by turning the crank. Roy said big deal, lifting an empty bucket. I said, "Okay, we'll use a full one." Roy put a stack of cookbooks in the bucket and Sammy put in a big bunch of bananas.

最初に申した通り読解問題の性格が強く,意味を取って行かねばなりません。第1文は「ロイの科学(理科)の本を読んでいて,その中で説明されていた(a)の1つを試そうとした」,第2文は「それは巻き上げ機の原理に関係していて,台所の壁に付いた鉛筆削りを使うものだった」といった感じの意味でしょう。「巻き上げ機」は注があるから分かりますが,「巻き上げ機」が何か分からないと厳しいですね。「ウインチ」とも言われるもので,取っ手をぐるぐる回して綱を巻き,吊るした重い物を持ち上げたり下ろす物ですね。それを本物の巻き上げ機(ウインチ)ではなく,壁に鉛筆削りを付けて,本物に見立ててやってみようというものが,その科学の本に載っていたのでしょう。

ここまで読めば(a)の意味は自ずと浮かび上がってほしいな,と出題者は考えたのでしょう。「実験」ですね。one of the の後だから,experiments が正解です。

一応第3文以降もさっと読んでおきましょう。「私は鉛筆削りからカバーを取り除き,その軸(axle)から床の上のバケツまで綱(cord)を走らせた」

「その次に私は息子達に,クランク(crank)を回すことによってバケツを持ち上げる方法を示した」

「ロイは『大した事だね,空のバケツを持ち上げるなんてさ』と言った」

※big deal「大した事」だと言ったのは反語(嫌味)でしょう。次の私のセリフを読むこともヒントになります。

「『分かった。中身を入れて,やろう』と私は言った」

「ロイが料理本,サミーがバナナをどっさり入れた」

 

Roy then started to turn the crank, the cord grew taut, the bucket shifted. And the pencil sharpener came (b) the wall.

これも読んでいきましょう。「それからロイがクランクを回した。綱はtautになり,バケツが動いた」「そして鉛筆削りはcame (b) the wallした」

tautは推測でよいでしょう。状況からして「ピンと張った」のです。

(b)に関しては,ある程度の常識と,熟語の知識で解きます。まずバケツには息子達が本やバナナをたくさん入れて,かなり重いはずです。また鉛筆削りは電動式ではなく,手回しですので,がっしりした鋼鉄製というより,プラスチック製の物でしょう。そもそもこれを「台所の壁に付ける」のが謎ですが,多分粘着テープか何かで貼ったのではないでしょうか。ということは常識的に考えて,重さに負けて鉛筆削りが壁からはがれたのです。あとは熟語の知識。come offで「外れる,(付いていたものが)取れる」です。

 

I got some heavier screws and fastened the sharpener more securely to the wall. This time it worked fine. I left the boys taking turns with it. After a minute, Sammy called me back to see their invention. I went over to take a close (c) . He had the bucket cranked up as high as it would go and was just holding it there.

読んでいきましょう。「私はもっと重い釘を持ってきてもっとしっかりと壁に固定した。今回はうまくいった。私は交替で持ち上げている息子達を残していった。しばらくして,サミーが自分達の発明を見るよう私を呼び戻した。私は台所まで行ってtake a close (c)した。彼はバケツを行ける所まで持ち上げて,その高さにバケツを保っていた」

これは簡単ですかね。「行った」あとは「見る」しかありませんから,I went over to take a close look です。take a look, have a look などは look の前に形容詞を付けられるところが便利です。Weblio には steal a look at...「……をこっそり見る(盗み見る)」というのが載っていて,面白いですね。

 

"A power pencil sharpener," Roy said. He shoved a pencil into the slot, Sammy (d) go the crank, — and the bucket fell on my foot.

この a power pencil sharpener の解釈は要注意です。「強力な,力強い」鉛筆削りだよと言ったわけではありません(その場合は powerful でしょう)。これは「電動式の,自動の」鉛筆削りだよと言ったわけです。この場合更に注意すべきは,手回し式の鉛筆削り機を,電動式の鉛筆削り機に交換したわけではありません。そのヒントは (d) go the crank の crank です。回すためのクランクが付いているわけですから,電動式ではないわけです。つまり子どもたちは,手回し式のを使って電動式であるかのように使おうとしたのです。料理本とバナナをどっさり入れたらかなりの重さなので,その重さで綱を下に引っ張り,自動で回して鉛筆を削ろうとしたのですね。その文脈理解のもとに (d) go the crank を見ると,やや難しいかもですが let go the crank です。let go は「行かせる」だから「手を離す」ということです(let go of... とも言います)。応用として let oneself go は「自分に自由に行かせる」ということから「はめをはずす」などの意味があります。

 

When my wife got home and wanted to know why I was limping, I explained what had happened.

妻が帰って来て,私が足を引きずって(limp)いるのを見て,説明を求め,それに答えました。

 

"Don't you think giving them too much help might make them too dependent?" she asked.

「子どもの手伝いをし過ぎると依存しすぎるようになる」といった趣旨のことを妻が言いました。

 

"Well, I think what I'll do is teach the boys to stand on their own (e) — think for themselves," I said. "I'm going to let them do their own homework just like my father always let me do mine."

「私がやろうとしていることは子どもたちに stand on their own (e) すること,つまり think for themselves することを教えることだ」と答えました。

「自分の力で考える」=「on their own (e)+立つ」ですから,これは簡単でしょう。「足(feet)」ですね。stand on one's (own) feet は「自分の足で立つ,自立する」です。

 

これで 1983 年のは終わりました。あまり文法文法していなかったですね。

次回は2006年を見ます。自分への備忘も兼ねて法則を書くと,1983→2006→1984→1985→2007→1986→1987→2008→1988→…… と進んでいます。つまり2年分古いものをやったら1年分新しいものをやっています

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com