フレイニャのブログ

new!!→【ガチ英文法解説】カテゴリ創設! 元鉄緑会社員兼講師の英語・ゲームブログです。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

アメリカ歴代大統領19-21(ヘイズ-ガーフィールド-アーサー)

アメリカ歴代大統領17-18」の続きです。

 

(19)ラザフォード・ヘイズ(1822-1893;1877-1881)

南北戦争北軍)で5度負傷

※1選挙人差(185-184)で勝った大統領

1822年,オハイオ州デラウェアで生まれる。雑貨店経営の父は10ヶ月前に逝去,母ソフィアが育てる。叔父(母の弟)が父親的存在に

オハイオ州デラウェアデラウェア州は場所が異なる。デラウェア湾・デラウェア川よりデラウェア州,またデラウェア族(レナペ族)が命名され(デラウェアバージニア植民地総督のデラウェア男爵トマス・ウェストに由来),デラウェア族からオハイオ州デラウェア命名された

1838年オハイオ州ケニオン大学に入学(同州出身の俳優ポール・ニューマンが卒業)

1842年,卒業。卒業生総代

1843年,ハーバード・ロー・スクールに入学

1845年,法律事務所開業

1850年オハイオ州シンシナティに転居

1852年,ルーシーと結婚

1861年4月,南北戦争勃発

1861年6月,北軍に入隊

1864年,准将

1865年,少将に名誉昇進(南北戦争で5回重傷を負った)

1868-1872年,オハイオ州知事オハイオ農工大学を支援

1876.7.4 アメリカ独立宣言100周年

1876年の大統領選挙で民主党のティルデンに185-184で勝利

※稀に見る僅差であるが,南部のフロリダ,ルイジアナ,サイスカロライナ(この3州で19選挙人分あった)は,共和党ヘイズの当選を認める代わりに,南部から連邦軍を引き上げさせるという妥協(1877年妥協)があったという見解が強い。この妥協の犠牲になったのは黒人である(南部占領軍に平等派が多かったため)

ヘイズは「黒人の権利は、南部白人に委ねたほうが安全である」と発言したウィキペディア

1877年,エジソンの蓄音機登場

1878年オハイオ農工大学,総合大学のオハイオ州立大学

1878年,パリ万博にて自由の女神(作成中)の頭部が展示される

1879年,エジソン白熱電球発明

1880年大統領選挙で共和党ガーフィールド民主党のハンコックに214-155で勝利

1881年の退任後,教育に力を入れ奨学金の普及に尽力

1889年,妻死去

1893年,死去

 

(20)ジェームズ・ガーフィールド(1831-1881;1881.3-1881.9)

※リンカンに続き暗殺された2人目の大統領

1831年オハイオ州カヤホガ郡の丸太小屋で生まれる

1833年,父死去,貧困生活に。16歳の時船員として働く

1850年,洗礼を受ける

1851年,ウェスタン・リザーブ折衷学研究所(Western Reserve Eclectic Institute)に学ぶ

※後のハイラム大学ウェスタン・リザーブは「西部保留地」のこと

1854年ウィリアムズ大学に3年生から編入

1856年,ウェスタン・リザーブ折衷学研究所の古語教授

“最も博学の大統領で、片手でラテン語、もう一方の手でギリシャ語を同時に書くことができた”ウィキペディア

1858年,ルクレティア・ルドルフと結婚

1860年法曹界入り

1861年南北戦争勃発北軍に入隊。指揮官となり,最終的には少将

1863-1880年オハイオ州選出連邦下院議員

1880年大統領選挙で共和党ガーフィールド民主党のハンコックに214-155で勝利

1881年3月,ガーフィールド大統領に就任

1881年7月,ギトーにより銃撃される

“ギトーは、自分が選挙活動でガーフィールドを応援した見返りを求めていたが、彼は何の役職にも就けず、この一件で大いにガーフィールドを恨んだ”ウィキペディア

1881年9月,死去

1907-1909年,息子のジェームズ・ルドルフ・ガーフィールドセオドア・ルーズベルト内閣の内務長官に

1918年,妻死去

 

(21)チェスター・アーサー(1829-1886;1881-1885)

ジョン・タイラーミラード・フィルモアアンドリュー・ジョンソンに次いで4人目の昇格した大統領

1829年バーモント州生まれ。父はアイルランド系移民

主に労働者階級向けの教育運動,ライシーアム(lyceum)にて学ぶ

1845年,ニューヨーク州スケネクタディのユニオン大学に進学

1848年,フラタニティファイ・ベータ・カッパ(ΦΒΚ)のメンバーに(他にジョン・クィンジー・アダムズ,ナサニエル・ホーソーン,ヘンリー・ワーズワースロングフェロー,R.W.エマーソン,前大統領ガーフィールドセオドア・ルーズベルトなど)

1851年,弁護士を開業

1854年共和党

1861年南北戦争勃発。アーサーは准将(brigadier general)になるなど活躍

ニューヨーク税関の地位を得るもラザフォード・ヘイズ大統領と対立し職を追われる

1880年大統領選挙で共和党ガーフィールド民主党のハンコックに214-155で勝利アーサーは副大統領に。なお,既に1869-77と2期務めているグラント前大統領も3期目の大統領指名を求めたがガーフィールドに敗れている

1881年3月,ガーフィールド就任

1881年7月,ガーフィールド銃撃され,9月死去。アーサーが大統領に昇格

1883年,公務員改革のペンドルトン法(Pendleton Civil Service Reform Act)可決

※公務員を試験で選ぶという至極まっとうな法律。公務員が政党に資金提供することを禁止。要するに従来は「猟官」というものがまかり通っていた

ja.wikipedia.org

1884年の大統領選挙の共和党候補指名でアーサーはブレインに敗れる。大統領選挙は民主党クリーブランドがブレインを219-182で破り勝利

※美食家でありパーティー好きだったアーサーは腎臓を悪くしていた

1884年ニコラ・テスラ(1856-1943),アメリカで働き始めるもエジソンと対立

1885年,大統領を退任

1885年,マーク・トウェイン,『ハックルベリー・フィンの冒険』を発表

1886年,健康が悪化し,死去

========

次回は第22代クリーブランド民主党),第23代ハリソン(共和党),第24代クリーブランド民主党)です。

 

アイキャッチ画像は「ヘイズ大統領によりニューヨーク税関を追われるアーサー」です。以下の記事や,アーサー大統領の英語版記事にあります。

en.wikipedia.org

 

 

 

www.freynya.com