フレイニャのブログ

new!!→【ガチ英文法解説】カテゴリ創設! 元鉄緑会社員兼講師の英語・ゲームブログです。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

『ウィッチャー』英単語ノートその24

エスケルとランバート

エスケルランバート(ウィッチャー3より)

『ウィッチャー』原作小説を読み,お役に立ちそうor面白そうな単語を紹介するコーナーです。その23はこちら

 

(231) hideous /hɪ́diəs/「ぞっとするような,嫌な」 

エスケルの顔にある恐ろしい傷跡(scar)の形容です。上にエスケル(手前)とランバート(奥)の画像を貼りましたが,エスケルの顔には物凄い傷があります。魔物の鉤爪によるものでしょうか。

 

(232) purse「(財布の)がま口;(唇を)すぼめる」

purse one's lips で「唇をすぼめる」です。不満を表す表現ですね。

 

(233) lines「セリフ」

memorised lines [memorized lines]「暗記したセリフ」の形で登場しました。通例複数形で使います。また lines には「皺」の意味もあります(これも通例複数形)

他に line は「職業,専門分野」の意味も重要ですかね。

 

(234) indisposed「気乗りしない」

訓練を断るセリフとしてトリスがシリラに覚えさせた単語です。disposed には「気分が……である」といった意味があり,それの否定形です。

 

(235) curtsey, curtsy /kə́ːrtsi/「(女性が)丁寧にお辞儀する」

カタカナにすれば「カートスィ」でしょうか。見るからに courtesy /kə́ːrtəsi/「礼儀正しさ,厚意」と関係していますね。court「宮廷」から来ていますが,court は /kɔːrt/「コート」 です。

 

(236) abide by...「(嫌でも)(約束)を守る,……に従う」

abide には「我慢する」という意味があるので,そういうニュアンスで「従う」ということでしょう。

 

(237) humane「人道的な」

human に e が付いた語で,「ヒューマン」ではなく「ヒューメイン」/hjuméɪn/ です。

urban(アーバン)「都会の」 からの urbane(アーベイン)「都会風の,おしゃれな」もあります。

トリスが「あなたがシリラに草の試練をやらせなかったのは人道的だった」と言っています。シリラはものすごい能力を持っていますが,草の試練を受けていないということは,やはり特別な血を引いているからでしょうか。

 

(238) look daggers at O「Oをすごい目で睨みつける」

イギリス英語です。dagger は「短剣」ですね。

 

(239) dryad /dráɪæd/「森の精」

ゲームでも「ドリアード,ドリヤード」として登場するものですが,英語では「ドライアド」です。ギリシア神話の「ドリュアス」に由来します。

ja.wikipedia.org

 

(240) kick up a fuss「騒ぎ立てる,大騒ぎする,苦情を言う」

簡単に make a fuss とも言います。 シリラをネネッケ(Nenneke)の学校に入れるという方針を伝えたときのシリラの態度です。ネネッケでググると,グウェントのカードにあるようですね。ネネッケの学校は女神メリテレ(Melitele)の聖域にあるようで,メリテレは『ウィッチャー2』に出てくるようです。

 ========

シリラの教育方針について熱く討論するトリスvs男衆(ヴェセミル,ゲラルト,ランバートエスケル,コーエン)です。トリスは全く引かず,場の空気を支配しています。316ページ中74ページです。

 

にほんブログ村 英語ブログ 英単語・英熟語へ
にほんブログ村

 

www.freynya.com