フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲーム中心です。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

複合関係詞を解説します!(1)

」(普通の辞書と違い雑学的なので「事典」)「」をブログ上で展開したいフレイニャです(´∀`)

 

複合関係詞」とは,関係詞(関係代名詞・関係形容詞・関係副詞)とeverが合体したwhatever,whichever,whoever,whenever,howeverなどです。

いっぺんにやると混乱するので今回はwhatever1つに絞って解説します。whatever複合関係代名詞の1つですが,複合関係詞が導く節は大きく

(1)「……は何でも」という意味と,

(2)「たとえ何が……しようとも」という譲歩の意味

に分かれます。そしてwhoeverであれば「何」が「誰」に,whicheverであれば「何」が「どちら」に変わるだけなのですが,今回はwhatever1本で。

 

実例を示す前に1つだけ。

(1)の場合は名詞節となり,主語・目的語・補語として文から消去できない要素となります。

(2)の場合は副詞節となり,文から消去しても文は崩れません。また,助動詞may(譲歩のmay)を使うことが出来ます。

 

では実例を。

(1)

Whatever he said bothered me.「彼が言ったことは何でも,私を煩わせた」

I can handle whatever happens.「私は,起こることは何でも対応できる」

上の文が主語になっている例,下が目的語になっている例です。文から主語や目的語を消去すると文が成立しなくなりますね。例えばI can handleだけだと目的語が欠けます。

なおこれらの文を「彼が何を言っても私を煩わせた」とか「たとえ何が起こっても私は対応できる」と(2)の訳し方のように訳しても差し支えはありません。ただ文法的には今述べたように(1)と(2)は区別されます。

 

(2)

Whatever he says, ignore him.「(たとえ)彼が何を言っても,彼を無視しろ」

Whatever happens, I'll do my best.「(たとえ)何が起こっても,私はベストを尽くす」

この2例のwhateverが導く節(whatever節)は副詞節になっており,文から消去しても残された文(斜体部のところ)は成り立っています。よって(1)か(2)か判別したければ,消去して残された文が成り立つか調べることです。

さらに(2)では譲歩のmayを使っても良いと言いました。

Whatever he may say, ignore him.「(たとえ)彼が何を言っても,彼を無視しろ」

Whatever may happen, I'll do my best.「(たとえ)何が起こっても,私はベストを尽くす」

このように譲歩のmayがあれば,即座に(2)と判断できます。

なお先程は述べませんでしたが,(2)の場合no matter whatと言い換えられます。

No matter what he says [he may say], ignore him.「(たとえ)彼が何を言っても,彼を無視しろ」

No matter what happens [what may happen], I'll do my best.「(たとえ)何が起こっても,私はベストを尽くす」

No matter... のパターンにできるのは(2)のみです。

上の写真は副詞節になるWhatever節の例ですね。「たとえ今日,何をするにしても」という意味です。 

 

(1)と(2)の違いは大きいのか?

(1)と(2)は文法的な違いはあります(名詞節と副詞節とか)が,意味の違いは微妙ですね。一応,(1)は素直に「何でも」というのに対し,(2)は譲歩ですから,いわゆる逆接になります。(1)を(2)のような訳し方で訳してみて違和感がなければ,別に(2)の訳し方でもいいでしょう。

 

初学者への注意

普通の関係代名詞はwhatを除き,先行詞(関係代名詞で修飾される名詞)を必要とします。

the man who... とか言う時のthe manが先行詞(whoで修飾される名詞)です。whatだけは先行詞を必要としません。複合関係代名詞はwhatと同様で,先行詞を必要としません。だから「起こることは何でも」と言うときに ×the thing whatever happens のようにしてはなりません。単にwhatever happensでよいです。「やって来る人は誰でも」と言うときに ×the man whoever comes とはしません。単にwhoever comesです。

ところで,なぜ最初にwhoeverを解説しなかったのでしょうか。関係代名詞を教わる時はまずwhoからでしょう。実はwhoeverにはwhomeverという目的格の形もあるのです。ということでややこしくなるので,まずは形が1つしかないwhateverからやりました。whoeverは次に複合関係詞をやる時にやりたいと思います。

 

複合関係代名詞ではないwhatever

whateverには他の用法があります。

(3)Whatever.「何でもいい」「なんとでも言え」「どうでもいいわ」

決り文句です。

(4)no+...+whateverで「...はあり得ない」

no+...の強意形です。no+...+whatsoeverとも言います。

no money < no money whatever < no money whatsoever

no doubt < no doubt whatever < no doubt whatsoever

 

複合関係詞には複合関係副詞howeverHowever hard he studies)などまだまだありますよ! とりあえず次に複合関係詞をやる時はwhoeverをやりたいと思います!

いきなりテスト

どちらが正しいか。

(a) We welcome whoever comes.「来る人は誰でも歓迎しています」

(b) We welcome whomever comes.「来る人は誰でも歓迎しています」

 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

 

www.freynya.com