フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

政治経済歴史マニアクイズ2「明治4年の円ドル相場は?」

政治経済歴史の記事も徐々に増やしていきたいと思います。

とはいえフレイニャはただの猫人ですので,自己責任でおニャがいします。

政治経済歴史マニアクイズ1に引き続き,2です。

 

1871(明治4年)の円ドル相場は?

1  1円

2  10円

3  100円

4  1000円

 

ヒント(となるか分かりませんが):戦後の固定相場制(1949-1971)では1ドル360円

現在は1ドル105円程度

 

 

(thinking time)

 

 

===============

答えを言う前に…きっかけは「インフレ」を調べていた時でした。

 

インフレには内部要因と外部要因があると思います。

 

内部要因

セイ的発想では,まず供給する。品物が余ったら価格が下がるから,供給されたものは全て需要されるという無茶な発想で,インフレは起こりにくい。

ケインズ的発想では,まず需要創出だから,供給が後で追いつく形となり,インフレ圧力がおこりやすい。

 

外部要因

しかし急激に生活を危機に曝すインフレは,外部要因で起こるでしょう。

日本ではオイルショックが有名ですが,これは(第4次)中東戦争産油国が「イスラエルと仲良くしたら石油値上げするぞー」と言ったため。

 

世界では戦間期ドイツのハイパーインフレで,これは敗戦で1320億金マルクの賠償金を課されてしまったため。その結果1ドル4マルクが10年で1ドル4兆マルクになってしまった(原因として英仏のせいのみではなく,ドイツ帝国が戦時国債を発行しすぎたのもあるらしい)

 

そこでこの1320億金マルクがどれくらいなのか調べようと思ったわけです。

まず当初1ドル=4.2金マルクでしたので賠償額は約300億ドル

これを現在のドル価値と比較すればよかったですが,まず当時の円に換算したくなった。

そこで調べた結果,1871年の円ドル相場は…なんと1ドル約1円

 

今は1ドル100円強で,固定相場制では360円だったから,昔のドルはもっと高かったのではと思うでしょうが,1円も明治時代は価値が高かった。

初め1円はほぼ1両の価値だったのです。

で,それが大正期には1ドル2円で推移していたそうです。

よって,ドイツに課された賠償金は当時の600億円。当時の日本の国家予算は10億円くらいだったそうです……

 

www.freynya.com