フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲーム中心です。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問・ミス指摘はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

/dʒ/ と /ʒ/ の違い。語頭では /dʒ/ が多い

結論から言うと,

/dʒ/ は// の有声音化(濁音化)

/ʒ/ は /ʃ/ の有声音化(濁音化)

です。実践してみましょう。

churchの「チ」/tʃ/ を静かに出してみて下さい。ささやくような「チ」です。そこから声を出して「濁らせて」いって下さい。「チッチッチッチッ……ヂー」となる音が/dʒ/です。「じめん」「じっと」とかいうときの「じ」が近いと思います。

 

次に,sheやshadowの「シ」/ʃ/ を静かに出してみて下さい。子どもに「シーッ」っていう時の「シ」が近いと思います。そこから声を出して「濁らせて」いって下さい。「シーッシーッ……ジ(ュ)ー」となる音が/ʒ/です。フランス語の「ジュテーム」みたいな柔らかい感じの「ジ(ュ)」です。

 

自分でやってみると,柔らかいの/ʒ/ときは舌が口の中でどこにも触れずに浮いており,/dʒ/の時は舌が上がって口の中の天井に触れるか接近すると思います。というより//と言おうとしたら舌は上がりますよね。それを濁らせるわけです。

 

次に,どういう場合にどちらになるかですが,英語では語頭では/dʒ/が基本です。例外にgenre/ʒɑ́(ː)nrə/がありますが,フランス語からの外来語です。

外来語を除けば,本当に語頭では/dʒ/多いのでしょうか? 幾つか見てみましょう。

July /dʒuláɪ/

judge /dʒʌdʒ/

giant /dʒá(ɪ)ənt/

John /(米)dʒɑ(ː)n(英)dʒɔn/

語頭では//ですね。genderでも,Gemini「双子座」でも,junk「ガラクタ;ヤク」でも,何でも引いてみて下さい。外来語を除き語頭は//のはずです。

 

これに対し語頭以外では難しいですね。measureは/mé(ɪ)ʒər/ですから/ʒ/です。しかしmajorは/méɪdʒər/だから//です! 上のjudge/dʒʌdʒ/は//ですね。bridgeも//です。もしかしたら“-dge”は//一択かもしれませんね。

英語によく見られる「……ジョン」は,

pigeon「鳩」は/...dʒ(ə)n/

religion「宗教」も/...dʒ(ə)n/

region「地域」も/...dʒ(ə)n/

occasionは/...ʒ(ə)n/

conclusionは/...ʒ(ə)n/

です。もしかしたら“-gion・-geon”は/...dʒ(ə)n/,“-sion”は/...ʒ(ə)n/で,綴り(gsか)で判別できるのかもしれませんね。もっとも,英語は綴り字と発音の関係が当てにならない珍しい言語なので,少しでも気になったら辞書を見るようにしましょう。

なお,「ブリヂストン」はbridge /brɪdʒ/ の // をちゃんと「チ」の有声音化の「ヂ」と表記していて,発音に対する配慮があったと思います。

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜

 

www.freynya.com