フレイニャのブログ

英文法・英単語,ゲームを中心に書いてゆきます。ツイッターの相互フォローと,英文法・英単語の質問を(ガチで)募集中です。質問はコメント欄か,こちらにお願いします→ kfreynya@gmail.com

覚え方が簡単なので覚えないと損な難語16選(recur, depictなど)

単語を覚える際はもちろん重要度・頻度の高い単語から覚えるべきですね。「重要度順・頻度順」を謳った単語集は山ほどあります。私は有名な森一郎試験にでる英単語』をみっちりやりました。

ただし,覚え方が簡単なのならマイナー語・難語でも覚えておいた方が得です。

 

(1)recur

occur「起こる」を覚えていることが条件です。

occurはhappen「起こる」に似ていますが,toが続く時は

happen to N「Nの身に起こる」

occur to N「Nの頭に浮かぶ」

という違いがあるので注意しましょう。

recurはre「再び」+occur「起こる」,つまり「再発する」です。これは覚えておかないと損ですね。

 

(2)depict

pictはpictureのpictです。depictは「描写する」という意味です。

deは無視してもOKですが,「はっきりと」でしょう(2020/2/4のブログ参照)

 

(3)diminish

よく見るとminiが含まれていますね。diminishは「縮小する」です。

★2020年度東京大学二次試験1(B)の英文中にdiminishは登場しました。

 

(4)resentment

ルサンチマン」という語を知っていることが条件です。「ルサンチマン」は「怨念・恨み」という意味のフランス語(ressentiment)です。これとは綴りがやや違いますが,resentmentは「憤慨,恨み」という意味です。リゼントメントのような発音になります。

さらに言うと,re(再び)+sentiment(センチメント=感情)と覚えるのも有効です。「返す返すも腹立たしい」といった言い方がありますが,「繰り返し起こる感情」→「憤慨」ということです(英語ではiは無いので注意)

なお,動詞形も重要です。

resent O「Oに憤慨する」

他動詞であり,前置詞at/withなどを使わないので注意してください。resent himで「彼に憤慨する」です。

 

(5)abuse

すみません,これは決してマイナー語ではなく,重要語ですね。

abは「abnormalのab」と理解してください。よってabuseは「abnormalなuse」,つまり「乱用[濫用](する)」です。名詞は「アビュース」,動詞は「アビューズ」です。もう1つの重要な意味は「虐待(する)」です。

drug abuse「薬物の乱用」

child abuse「児童虐待

です。

 

(6)retrieve

「レトリバー(retriever,リトリーヴァー)」は,獲物を猟師の下へ「回収する」猟犬です。この猟犬の役割から逆に遡ってretrieve「回収する;(ファイルを)検索して取ってくる」の意味を覚えましょう。PCに詳しい人はretrieving ...filesのようなログを見たことがあると思います。

 

(7)kinship

kind「種類」を知っているならkin「親類・同類」は覚えておきましょう。kinship「血縁関係,親近感,類似性」です。またこれにaloudやasleepなどの“a”を付けたakinも重要です。be akin to...「……に似ている」

 

(8)remedy

“medy”はmedicalの“medi”です。これに“re”(再び)がついて,remedy「治療法,解決策」です。“re”に着目しなくても,“medy”=“medical”に着目すれば意味は出てきますね。

 

(9)rejoice

joy「喜び」から簡単に推測できます。「喜ぶ」という動詞です(rejoice at...)

×rejoyceと綴ってはいけないところだけ注意ですね。Asgard Stories 911でrejoiceは登場しました。

 

(10)probe

演劇用語の「ゲネプロ Generalprobe」(通し稽古,総稽古)を知っていれば覚えておきましょう。probeは「調査(する)」という意味です。また「宇宙探査機」の意にも使われます。

 

(11)donate

donor「寄贈者,ドナー」から逆に覚えましょう。donateは「寄贈する,寄付する」です。なお「donateされる人」にはdoneeという語がありますが,臓器の提供を受けて移植手術を受ける人はrecipientと言うようですね。

 

(12)impair

repair「修理する」を知っているなら覚えておいて損はありません。impairは「損なう」です。imには「中」の意もありますが,ここのimは〈打消〉ですね。

 

(13)reconcile

禁断の語呂合わせに手を出してしまいました。でもどんな珍妙な覚え方でも,覚えられたら勝ちですよ!「りこんさいばんを調停する」でreconcile「調停する,仲裁する」を覚えましょう。

語呂合わせ最大の弊害が発音です。reconcileは/rékənsàɪl/という発音です。本当は「レ……」ですね。

 

(14)lament

ラーメン無い嘆く」。lament「嘆く」/ləmént/

 

(15)prowess

「プロレスには技量が必要」。prowess「技量」/práʊəs|práʊes/「プラウアス,プラウエス」です。prowは「船首,機首」という意味ですが,無関係ですかね。

 

(16)intrude

「入って(in)取るどー(trude)」。intrude「侵入する;押し付ける」/ɪntrúːd/。intrusive「押し付けがましい」。inが「中に」という点だけは正しいです。

 

(17)私は,どんな難語でも覚える価値があると考えます。確かに難単語は試験において,それ自体の意味がノーヒントで問われる可能性は低いです。しかし

文脈をヒントにその難語の意味を推測して答えさせる問題は出題され得ます

そういう場合はしっかり文章を読むべきですが,最初から単語の意味を知っていればなお有利です。

また,

その語の意味は問われなくても,それを知っていることで他の部分の読解のヒントとなり,有利になる場合があります。

さらには

その語の意味が問われず,また大して他の部分のヒントにもならなかったとしても,文章中の難語の意味が分かることは心理的負担を下げることが期待できます。試験の結果は精神的なものに左右される部分が少なくありません。気持ちが乗れないときよりも,乗れたときの方がパフォーマンスが良くなることは試験以外でも言えることでしょう。

 

私は『試験にでる英単語』を学習することで初めてintoxicate「酩酊させる,ほろ酔い気分にさせる」という語を覚えたのですが,これが受験本番に出たのです。もちろんこの語自体の意味は問われなかったし,知らなくても要旨の把握に影響はなかったです。でも試験本番において「本当に『試験にでる英単語』から出た!」という驚きと喜びは大きかったものです(なおintoxicateについては2020/5/20の記事で取り上げました)

 

まだまだこの手の「マイナー語・難語だが覚え方が簡単なので覚えないと損」な単語は見つかりそうですね。見つかったら今回の記事に足していき,タイトルも「6選」「7選」と変えて行きたいと思います。

 

更新履歴

2020/2/10:「5選」として公開

2020/4/18:(6)〜(8)を追加し「8選」に

2020/5/20:(9)〜(12)を追加し「12選」に

2020/6/26:(13)〜(16)を追加し「16選」に

 


よろしければクリックお願いしますo┐〜〜

 

総合索引はこちら!

www.freynya.com